高圧洗浄機でらくらくきれい!

このサイトは高圧洗浄機、高圧スチームを中心とした情報提供を行っています。

*

高圧洗浄機とスチーム洗浄機、混同してませんか?違いをはっきりと把握しよう

   

近頃では便利な掃除用具がたくさん出てきてくれて、今までは大変だった大掃除も普段の掃除も、格段に楽になってきました。

特に寒い時期の大掃除は、できるだけ手早く済ませたいですし、家の外回りや普段掃除できないコンロや換気扇も、一気に掃除したいものです。

そんな時に役立ってくれるのが、スチーム洗浄機や高圧洗浄機です。

スポンサーリンク

スチーム洗浄機と高圧洗浄機って違うもの

この2つの洗浄機、混同してしまったことはありませんか。

CMなどで何となく見ているだけだと、どちらもノズルから水が出て汚れを落としている感じです。

なのでつい、同じもので名前だけ違っているのかとも思ってしまいがちです。

しかしこの2つ、完全に違うものですし、各々得意分野があることも忘れてはなりません。

つまり、掃除の難しくやりづらい場所を把握してから、どちらを購入したらいいかを決めるべきだということです。

不得意分野の掃除が上手く出来ないと責められては、機械だってちょっと悲しく感じるかもしれませんね。

スポンサーリンク

汚れだって色々ある

家の汚れと言っても、場部屋によっても様々です。

水回りの汚れ水垢など取るのが難しい汚れです。

加えて、キッチンの主な汚れは油汚れです。

普段の掃除だけではなかなか、落とすことが出来ません。

そして部屋の床にも油汚れが実はついています。

人間の足の裏から出る油が、フローリングの床についてしまった結果です。

これは見た目そうそうわかりませんので、わかった頃にはかなりの汚れになっているということです。

風呂場にはカビの問題もあります。

懸命にきれいにしたのに、気がつけばまたカビが生えてきたので、そのカビの除去ということですね。

そして外回りの汚れも見逃せません。

泥の汚れは勿論のこと、苔などの汚れもありますね。

これらの汚れは、人力でも掃除だと本当に面倒だし時間もかかってしまいます。

高圧洗浄機とスチーム洗浄機はどう違う

水を高圧で吹き出して汚れを吹き飛ばす、もしくは流してしまうのが高圧洗浄機です。

強い水の圧で、大抵の汚れは吹っ飛んでくれますので、特に面積の広い部分の汚れに使用すると、効果的です。

家の外壁の汚れ、しかも苔までついているところなど、ブラシで掃除することを考えるとそれだけで、憂鬱になれますね。

しかし水ハネも多く、流れる水量も半端ではないので、屋内での使用は場所を選びます。

対してスチーム洗浄機の場合、圧ではなく熱での洗浄を目的としています。

高熱のスチームを当てて、汚れを浮かすのですね。

なので水もそれほど跳ねることも流れることもありません。

床に使用しても、軽く拭く程度で済むのが強みです。

特に油汚れを浮かすのには非常に効果がありますので、キッチンには最適の掃除道具です。

外回りの掃除がメインか室内の掃除がメインか

実は高圧線好機とスチーム洗浄機の違いは、この室内の汚れに対するものか屋外のものかで、大体分けることが出来るのです。

高圧洗浄機の場合は外回りメインがおすすめ

水を高圧で吹き出して、その勢いで汚れを取るというのが、高圧洗浄機の特徴です。

なので塀や自宅の外回りの汚れには、大きな効果が望めます。

また泥汚れがつきやすい自動車の外側の清掃にも、力を発揮してくれます。

屋内でも使用できる場所はありますが、水ハネなどの問題もありますし、かなりの水量が排出されることから見ると、屋外での掃除をメインにするほうがいいですね。

とは言え、風呂場の浴槽奥のヘドロなどの掃除には、高圧洗浄機は力を発揮してくれますし、場所柄水でびしょ濡れということも無いのがありがたいところです。

高圧であればあるほど汚れは落ちやすいので、逆を言うと使用場所を上手く選ぶ必要もありますね。

外回りの網戸とか外壁で傷がある場合は、この水の圧で掃除するはずが壊れてしまった傷がついた、などということもありますので注意が必要です。

スチーム洗浄機は屋内の清掃におすすめ

スチーム洗浄機の場合はその名の通り、高熱のスチームで汚れを浮かして取ることになります。

高圧洗浄機の場合水と一緒に汚れは流れますが、スチーム洗浄機の場合は浮くだけなので、その後布で拭いたりというケアが必要になります。

高熱と言えばなにより、油汚れに効果を発揮します。

キッチンの油汚れに換気扇の掃除、床のベタつきなどはスチーム洗浄機のスチームで汚れを浮かせることが可能です。

こびりついてしまって、普通の洗剤では落ちなくなった油汚れも、高熱のスチームなら浮かせることが出来ますね。

それでもこびりついている汚れも、その後洗剤を使用すれば流石に落ちてくれますので、こういった場所の掃除にはぴったりです。

また車のエンジンルームやバイクのホイールなど、やはり油汚れの多い部分はスチーム洗浄機の担当です。

車に強い高圧洗浄機も、エンジンルームの掃除などは流石にかなわない、と言えますね。

ただ熱に弱い素材もありますので、そこには注意が必要です。

使用した後の始末が必要なのがスチーム洗浄機

スチーム洗浄機の場合、汚れを浮かせることが目的なので、そのままにしておくとまた冷えた油がその場に戻ってしまいます。

全部水と一緒に汚れが流れてしまう高圧洗浄機と、この点がいささか違ってきます。

すでに高圧洗浄機を使用経験のある人の場合、この点を把握しておかないと、汚れが落ちないではないかとがっかりしてしまうことになります。

これ実は、汚れが全然落ちないと、クレームになったこともあるのです。

落ちないのではなく、浮き上がった汚れを始末しなかったのが問題だったのですが、その辺りの確認もして欲しいところです。

これは特に、高圧洗浄機経験者に多く起こる間違いです。

汚れをどう始末するのか、その方法が違うということ、忘れないようにしてくださいね。

どっちを購入しても間違いではないけど

大きく分けてこういった特徴のあるのが、スチーム洗浄機と高圧洗浄機です。

購入時にこれを間違えると、なぜうまく汚れが落ちないのだろうと悩むことになってしまいます。

上手く使用するためには汚れに対応する方を選ぶことが必要なのです。

なのでもし、年末の大掃除に役立てたいとどちらかを購入する場合、屋外の掃除メインなのか屋内がメインなのか、しっかりと把握してから購入がおすすめです。

寒い時期なので外の掃除を早めに終わらせたいと思ったら、これは高圧洗浄機の出番です。

いややはり、普段はできない油汚れをこの機会に徹底的にと思ったら、スチーム洗浄機ですね。

どこの掃除をメインにするかをまず把握して、それから購入を検討してください。

間違えて購入してしまったら方向転換

これは筆者がやったことです。

高圧洗浄機のつもりで、スチーム洗浄機を購入してしまったのです。

返品しようかと思ったのですが、忙しい時期ですし面倒でしたので、そのまま使用場所を変えて使いました。

本当は高圧洗浄機で、ベランダの汚れの除去とか網戸の清掃をしたかったのです。

しかしこうなったからには、ちょっと目標を変えて風呂場とキッチンの清掃をメインにすることにしました。

結果、風呂場のカビの除去に水垢の軽減、キッチンの壁紙の油汚れとコンロの清掃に成功しました。

網戸にも試してみましたら、それなりにきれいになってくれましたが、やはりその後拭くという作業があったので、まあ普通に手で掃除しても同じかなと言う感じでしたね。

間違った結果、即方向チェンジしたのであまり失敗した感じではありませんでしたが、こういったことのないようにどうぞご注意ください。

まとめ

高圧洗浄機とスチーム洗浄機、似て非なる掃除道具です。

そしてどこの汚れ落としをメインにするか、はっきりさせてこそ効果の出る掃除道具でもあります。

間違いやすい2種なので、そして決して安くはない買い物なので、購入前にどう使うのかどこに使うのかをはっきりさせて、その後の購入がおすすめです。

正直言えば、両方あったら鬼に金棒であることも、事実なのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スチーム洗浄機