高圧洗浄機でらくらくきれい!

このサイトは高圧洗浄機、高圧スチームを中心とした情報提供を行っています。

*

高圧洗浄機はまずは便利な使い方から知っていくようにする

   

ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 (標準セット) 50Hz (東日本地区専用) 【国内最高クラスの圧力!】

高圧洗浄機の購入に迷ってる人は、とても多いと言えます。

高圧洗浄機は購入しても実際は頻繁に使用する機会がないと考えてしまい、結局購入しないままになっていることが多いのです。

しかし、高圧洗浄機の便利な利用方法などを理解すれば、高圧洗浄機は間違いなく便利な道具になります。

高圧洗浄機について理解を深めていき、快適な掃除を行いましょう。

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングはこちら

スポンサーリンク

高圧洗浄機ならではの掃除

車の洗車で利用する

高圧洗浄機に興味を持っている人は、とても多い傾向にあります。

その理由として、高圧洗浄機は今まで面倒だと感じていた掃除を簡単に、そしてスピーディーに行うことができる能力を持っているからです。

高圧洗浄機があれば真っ先に活用したいと考える掃除は、やはり車の洗車でしょう。

車の掃除はとても面倒で、さらに綺麗に汚れを落とすには高い水圧能力のあるホースが必要でした。

洗車場などでは、高圧洗浄機を利用して掃除を行うことが基本であり、プロに洗車を依頼するときにも当たり前のように高圧洗浄機を利用します。

高圧洗浄機は、まさに洗車用とも言えるほど車に最適な道具なのです。

手の届きにくい場所の掃除

掃除を行っていると、どうしてもての届かない場所の汚れが気になってきます。

その代表的な場所と言えば、外壁の汚れです。

外壁は常に外気にさらされており、とても汚れが目立ってきます。

とくに明るい色の外壁の場合には、数年経てば黒く汚れが目立ってくることになります。

こうした掃除のしにくい場所でも高圧洗浄機があれば問題を解決してくれます。

高圧洗浄機は、広い範囲をさらに手の届きにくい場所でも高い水圧で汚れを除去してくれます。

さらに汚れによってはゴシゴシと擦る必要はなく、水圧の力だけで汚れを除去させることができますので、自宅の掃除にはなくてはならない器具だと言えます。

外壁の掃除をする場合には、真っ先に高圧洗浄機をイメージしましょう。

排水管の掃除への活用

自宅の排水管などの汚れは、そのまま放置してしまうことでさらに汚れが酷くなっていき、最悪の場合には汚れの詰まりから排水管としての機能を発揮できない状況になることがあります。

こうした状況を防いでくれるのも、高圧洗浄機の力なのです。

高圧洗浄機の水圧は9.0MPaもあり、酷い汚れにも対応できる能力を持っています。

こうしたレベルの高い水圧で能力を利用すれば、排水管の掃除や樋の掃除など今まで無理だと諦めていた掃除を可能にさせることができます。

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングはこちら

スポンサーリンク

高圧洗浄機を選ぶ場合

誰でも使える手軽さ

高圧洗浄機が欲しいけれども、自分に使いこなせるか不安に感じている人は少なくありません。

とくに女性の場合には、複雑な機能などを持っている高圧洗浄機は、できれば使用したくないと感じてしまいます。

そのため、高圧洗浄機はできるだけシンプルな機能を備えているタイプを利用するようにしましょう。

電源と水を確保して、ホースを繋げばスイッチを入れればすぐに使用できるタイプはまさに誰でも使用できる高圧洗浄機だと言えます。

高圧洗浄機を選ぶポイントはたくさんありますが、こうしたシンプルさは一番に考えておきましょう。

耐久性にも重視する

高圧洗浄機はとてもシンプルな機能なので壊れにくいと言う特徴を待っています。

しかし、常に高圧で水を使用していると言う特徴から、水漏れなどのリスクはやはり高くなってしまいます。

できる限りこうしたリスクを減らすためにも、耐久性を重視した選び方は考えておく必要があります。

とくにホースの接続部分などは漏れが起こりやすく、一度漏れが発生してしまえばなかなか止めることはできません。

こうした耐久性については、実際に使用してみなければ分からないこともありますが、インターネットなどの口コミを事前に確認しておけば、防ぐことができる可能性があります。

騒音も選ぶ重要なポイント

そして、騒音対策がされている高圧洗浄機を選ぶことも大切なことです。

高圧洗浄機は、タイプによっては会話が聞こえないほど大きな音が発生する物もあります。

自分だけに影響を及ぼすのであればとくに深く考える必要はありませんが、家が隣接している場合には、間違いなく近所迷惑になってしまいます。

こうした問題を解決してくれるのが、消音タイプの高圧洗浄機です。

最近では驚くほどの消音機能を備えている高圧洗浄機もありますので、こうしたタイプを積極的に選んでいくようにしましょう。

消音タイプは高額になってしまう特徴がありますが、それでも消音タイプを選ぶ意味は大きいと言えます。

高圧洗浄機の上手な使い方

水圧が強い箇所を知る

高圧洗浄機はとても高い水圧を持っています。

しかし、当然ホースから出る水の位置が遠くなればなるほど水圧能力は低下してしまいます。

高圧洗浄機を上手に活用するためには、まずは水圧がどの部分が一番強いのかを知ることです。

こう言ったことが理解できれば、よりスピーディーに洗浄作業を行うことができます。

また、洗浄を行う対象物によっては、あまり強い水圧で洗浄を行なうことが望ましくない物もあります。

こうした場合には、少し距離を置いて高圧洗浄機を利用するなどの工夫を行いましょう。

こうした調整が上手くなれば、高圧洗浄機はさらに便利な掃除道具になってくれます。

慣れるまでにはどうしても時間がかかってしまいますが、時間をかけて極めていきましょう。

おすすめの高圧洗浄機3選

ヒダカHK1890

ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 (標準セット) 50Hz (東日本地区専用) 【国内最高クラスの圧力!】

リーズナブルな高圧洗浄機と言えば、まずはこのヒダカです。

ヒダカHK1890は、リーズナブルでありながらレベルの高い水圧能力を持っていることで有名です。

水圧レベルは9.0MPaであり、多くの高圧洗浄機の中でもトップレベルの洗浄能力を得ることができます。

また、持ち手がとても大きくなっていますので、女性でも楽々と持ち運ぶことができるようになっています。

初めての人でも使いやすい設計になっていますので、多くの人におすすめの高圧洗浄機です。

K4サイレントホームキット

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K 4 サイレント ホームキット(50Hz)

K4サイレントホームキットは、その名の通り消音機能に優れている高圧洗浄機になります。

消音機能が優れていれば、どうしても水圧能力が低いのではないかと感じますが、常用吐出圧力は8.0MPaと、十分な洗浄能力を持っています。

優れた消音能力で、時間を気にすることなく利用できます。

バランスの良い高圧洗浄機を求めている場合にはおすすめです。

AJP1310

リョービ(RYOBI) 高圧洗浄機 AJP-1310 699800A

リョービの高圧洗浄機AJP1310は、とくに収納力を考慮して作られた高圧洗浄機になります。

高圧洗浄機は使用していないときには、意外に収納に困ってしまい、物置などにオイテモ綺麗に収納できないことがネックになっていました。

しかし、AJP1310はコンパクトなボディだけではなくホースなどの収納がとても楽に行え、収納した後もスマートに見せることができます。

多くの高圧洗浄機がりますが、これほどまでに収納力にこだわったタイプは少ないと言えます。

水圧能力にも優れていますので、トータルバランスの良い高圧洗浄機だと言えます。

まとめ

高圧洗浄機が便利な道具であることは間違いありません。

しかし、多くの人は高圧洗浄機の便利な使い方を理解しないまま使用していることが多く、本当の高圧洗浄機の能力を発揮できていない面があります。

高圧洗浄機を使用するには、まずは基本的な使い方からしっかり学び、そしてさまざまな応用に活かしていくようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 家庭用高圧洗浄機