私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

おすすめのヴェポライザーランキング

      2019/04/07

最近人気が高いヴェポライザー。

たばこを控えてヴェポライザーを楽しむ人も増えています。

でもいざ銘柄を選ぼうとすると、種類も多く迷うこともあるかと思います。

そこで今回は、おすすめのヴェポライザー製品をランキング形式でご紹介したいと思います。

ぜひ、ご自身に合った製品を見つけていただければと思います。

第1位 「WEECKE C-VAPOR3」


Amazonで詳細を見る

151件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

次世代のヴェポライザーとして注目されています。

アイコスやグローなどの加熱式タバコは専用のタバコでないと対応していません。

しかし、WEECKE C-VAPOR3はどんなタバコ葉でも吸うことができて、アイコスやグローのタバゴもセットして吸うことができます。

さらに、市販の紙巻タバコまで使えますし、使う量が少ないのが特徴です。

紙巻タバコの約5分の1程度にタバコ代を抑えることができますから、コスパを抑えたい人におすすめです。

紙巻タバコを使う場合でも、火を使いませんしタールなどの有害物質をかなり減らしてくれて、本格的なニコチンの味のみ楽しめます。

火を点けていませんから煙も出ないですし、タバコ特有のニオイも発生しません。

詳細はこちらから

第2位 「WEECKE Fenix (フェニックス)」


Amazonで詳細を見る

135件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

コンベクションという独自の加熱方式で、熱した空気を利用しているヴェポライザーです。

直接チャンバーを加熱する方法ではありませんから、一部分のみ加熱されてムラになるということがありません。

タバコ葉そのものの味を楽しむことができて、おいしい本格的なタバコを吸いたいという方におすすめです。

チャンバーを直接熱していませんから、チャンバーが焦げ付いたり傷んだりしにくく、メンテナンスも楽です。

アイコスなどのタバコ葉や紙巻タバコ、ジャグや紅茶など、あらゆる種類のタバコ葉に対応しています。

コスパも約5分の1程度に抑えられますから、タバコ代の節約にもなります。

火を点けてすうタイプではありませんから、有害物質の発生も少なく健康が損なわれにくいです。

詳細はこちらから

第3位 「XMAX STARRY」


Amazonで詳細を見る

43件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

スリムで小型の持ち歩きしやすいヴェポライザーで、バッテリー交換までできてしまいます。

全てセラミック製で、バージョンアップでチャンバーのサイズも大きくなっています。

チャンバーが劣化しにくくメンテナンスも楽です。

チャンバーを直接熱するコンダクションタイプで、クリアでマイルドなタバコ本来の味が楽しめます。

超高速ヒートアップで使い方にもよりますが、30秒ほどで温まってくれます。

スタイリッシュなデザインですから女性にもおすすめです。

詳細はこちらから

「WEECKE C-VAPOR3」の詳細

WEECKE C-VAPOR3は、数多くあるヴェポライザーの中でも、コストパフォーマンスが優れている機種です。

そのため、今までヴェポライザーを購入したくても、値段が少し高くて、購入に踏み切れなかった方には魅力的な機種です。

WEECKE C-VAPOR3は利便性の優れた機能も備えられているので、今までヴェポライザーを利用してきた方にも、おすすめの機種になっているので、その魅力に迫ってみましょう。

WEECKE C-VAPOR3のバッテリー

ヴォポライザーは節約しながらタバコを吸う事ができますが、バッテリーが短期間で足りなくなるようでは、利用しづらいので、注意する必要があるのです。

そこで、WEECKE C-VAPOR3はリチウムイオンバッテリーを採用する事によって、2300mAhにもなっています。

Amazonでは、WEECKE C-VAPOR3よりも値段が高く販売されている『WEECKE Fenix』でも2200mAhになっています。

実際に、WEECKE C-VAPOR3は低価格な機種で、Amazonでは税込価格7,980円で販売されているのです(2018年11月24日時点)。

それを考えたら、バッテリーの残量を気にしやすい方には、WEECKE C-VAPOR3はおすすめのヴェポライザーです。

コンパクトなサイズ

ヴォポライザーが好きな方は、自宅だけではなく、外出中でも利用したくなるでしょう。

外までヴォポライザーを持ち運ぼうとしたら、サイズが大きくなっていたら、荷物になってしまうので注意しなければいけません。

そこで、WEECKE C-VAPOR3はコンパクトなサイズ(50.5×26×118mm)にする事によって、運びやすくなっています。

他のヴェポイザー『XMAX STARRY』のサイズが110×35×24mmになっている事を考えたら、WEECKE C-VAPOR3が持ち運びやすい機種である事がよく分かるでしょう。

液晶表示で確認

ヴォポライザーは、通常タイプのタバコとは違うので、設定温度やバッテリーの残量などを把握しておかなければ、好きな時に利用できいない場合もあります。

そこで、WEECKE C-VAPOR3は『液晶画面』で、設定温度・バッテリー残量・現在の温度などが表示されるようになっているのです。

これだけ細かく表示されるので、WEECKE C-VAPOR3であれば、好きな時に利用する事は十分に可能です。

WEECKE C-VAPOR3の使用方法

WEECKE C-VAPOR3を利用する場合には、まずボタンを2秒以内に5回連続で押したら、電源をONとOFFに切り替えられます。

さらに、電源がONになっている時に、ボタンを長く押していたら、温度変更が可能になっているのです。

温度の幅は広くなっていて、160~230度まで変更できるようになっているのです。

ただし、タバコの葉を取り出す時にはWEECKE C-VAPOR3が常温に戻るのを待ってからにしなければ、火傷をする可能性があるので、気を付けて下さい。

軽めのヴェポライザー

WEECKE C-VAPOR3はコンパクトなサイズになっている事から『軽量タイプ』になっていて、重量がわずか126gになっています。

そのため、服のポケットが広くなっている場合には、WEECKE C-VAPOR3を入れても、それほど邪魔に感じません(個人差があるので注意)。

ただし、WEECKE C-VAPOR3が入れられるポケットを備えている服は、それほど多くないので、多少はハミ出てしまう事は覚悟したほうが良いでしょう。

クリーニングの方法

ヴェポライザーは便利な家電製品ですが、利用していくうちに汚れていきます。

そのため、定期的にクリーニングする必要があるのです。

クリーニングの方法は、チャンバーの内部をクリーニングブラシで軽くこするようにして、クリーニングします。

この時に強くこすってしまえば、コーティングが剥がれてしまうので、注意して下さい。

そして、綿棒には無水エタノールを染み込ませた上で、特に汚れている部分を軽くこすって、クリーニングしましょう。

「WEECKE C-VAPOR3」のまとめ

WEECKE C-VAPOR3は値段が安くなっているのに、液晶画面には様々なものが表示されるので、扱いやすいヴェポライザーになっています。

そのため、気づかないうちにバッテリーの残量が足りなくなってしまう事を防げるので、好きな時間に利用しやすくなっているのです。

ただし、タバコを吸う道具であっても家電製品に変わりはないので、故障しないように、取り扱いには注意して下さい。

「WEECKE Fenix (フェニックス)」の詳細

紙巻タバコの代替品として有力な候補がヴェポライザーです。

これは電子タバコの一種で、アイコスなどと同じく加熱式の機構を採用している喫煙具となります。

また既存の加熱式タバコよりも自由な点が魅力的です。

今回はそんなヴェポライザーを代表する製品の1つである「WEECKE Fenix」についてみていきましょう。

ヴェポライザーの概要から本製品の仕組みや使い方をじっくりと解説していきます。

どんなタバコ葉でも使える

一般的に広まっている加熱式タバコにはそれぞれ専用のカートリッジが用意されています。

アイコスならヒートスティック、プルームテックなら専用カプセルといった具合です。

ですがヴェポライザーにはそうした制約はありません。

紙巻タバコの葉を使うこともできれば手巻きタバコの葉も使えます。

さらには紅茶やコーヒーだって使おうと思えば使えるのです。

自由度の高い加熱式タバコということができるでしょう。

基本的な加熱の仕組み

ヴェポライザーにはチャンバーと呼ばれる釜状のパーツが備え付けられています。

ここにタバコ葉を入れて加熱し、そこから発生する蒸気を吸い込むというのがヴェポライザーの仕組みです。

いわばタバコ葉を燃やすかわりにいぶすような形になります。

そして加熱機構はコンダクション方式とコンベクション方式に分けることができます。

コンダクションとは英語でConductionと書き、熱伝導方式のことを指す形です。

チャンバーを直接熱することでタバコ葉を加熱していきます。

対してコンベクション方式というのは英語でConvectionと書き、熱対流方式のことを指しています。

事前に熱い空気を作り出しておき、吸引する際にタバコ葉に熱い空気を通すことで香りを引き立たせる仕組みです。

より良い香りを楽しみたいならコンベクション方式のヴェポライザーをおすすめします。

コンダクション方式は簡易的な機構なので安価な製品で採用されることが多くあります。

コンベクション方式の方は高価な機種に搭載されることが多い形です。

そしてWEECKE Fenixに搭載されているのは熱対流のコンベクション方式となります。

コンベクション方式だから香りがクリア

チャンバーを直接熱するコンダクション方式では香りにムラが出たり焦げ臭いものになったりします。

ですがコンベクション方式なら均等にタバコ葉を熱することができ、焦げることもまずありません。

そのため均一でムラの無い、クリアな香りを楽しむことができます。

またチャンバー内にタバコ葉がこびりつかないというのもコンダクション方式の魅力です。

少し掃除するだけで綺麗になるので手間がかかりません。

充電してタバコ葉を入れて準備完了

WEECKE Fenixの使い方は簡単です。

まず加熱するために使われるバッテリーを充電します。

付属の充電要USBケーブルを本体とコンセントに差し込めば良いだけです。

充電が完了したらチャンバーにタバコ葉を入れます。

チャンバーはマグネット式で開閉する仕組みなので簡単に扱うことができる形です。

充電とタバコ葉の補充が澄んだら次は加熱です。

電源ボタンを5回押すと加熱し、2回押す度に温度を変更することができます。

十分に加熱したら吸引できるようになるので後は味わうだけです。

予備パーツも充実

きちんと別途予備パーツが販売されている点も嬉しいところです。

吸い口はもちろん、マウスピース部分のフィルターの機能を果たしてくれるメッシュや、Oリングも手に入れることができます。

部分的にこうしたパーツを失くしたり破損したときでも予備パーツを取り付ければ問題解決です。

「WEECKE Fenix (フェニックス)」のまとめ

ヴェポライザーの基本的なところからWEECKE Fenixについてみてきました。

この製品はコンベクション方式を採用しているのでクリアな香りを楽しむことができるでしょう。

また扱いも簡単で清掃が楽なので毎日不便なく使っていくことができます。

メンテナンス面も予備パーツが販売されているので安心です。

最初に選ぶヴェポライザーとしてWEECKE Fenixは相応しい製品といえます。

「XMAX STARRY」の詳細

爆発する可能性の低さ

海外で爆発事故が起きてしまったのは『電子タバコ』と呼ばれる製品で、口元の近くで爆発が起きた事から大怪我をしてしまった方がいます。

そのため、同じようなヴェポライザーも危険な物と思って、敬遠したとしても、無理はありません。

ところが、爆発事故が起きた電子タバコの中には『加熱式タイプ』はないのです(2018年8月時点)。

ヴェポライザーは加熱式になっているので、少なとくとも爆発をする可能性は低くなっています。

そのような事を考えたら、爆発する可能性が低い電子タバコを探している場合には、ヴェポライザーとなっている「XMAX STARRY」はおすすめです。

温度を確認

「XMAX STARRY」が、温度を確認できるようになっているのは、温度が変わったら色まで変わるようになっているからです。

実際に、本製品は4種類のカラーが用意されていて、グリーンが170度・ブルーが180度・パープルが190度・レッドが210度になっています。

温度を変更する場合にはボタンを押すだけで良いのですが、色の点滅が終わるまでは加熱が完了していない状態なので注意して下さい。

タバコ代を節約

「XMAX STARRY」は、筒状のボディにタバコの葉を加熱して、煙を吸い込むタイプになっています。

実は、「XMAX STARRY」が使うタバコの葉の量は少なく済むので、経済的なタバコです。

現在の日本では、タバコの煙を嫌う方がいる上に、日本の財政が厳しい事から、タバコの税金は上がり続けています。

かつては、200円程度だったタバコが、現在では400円を超えている製品が多くなったので、気軽にタバコを吸えない時期になりました。

そのため、タバコを買うお金を用意する事が辛くなってきた場合には、「XMAX STARRY」を検討してみる価値があります。

害の少ない加熱式

タバコの利用を続ける事に辛く感じている方たちの中には、税金が高くなっているだけではなく、体に害がある事も気にしている方は多いでしょう。

実際に、タバコは有害物質が多いので、肺ガンになってしまう方が多いのは事実です。

ところが、「XMAX STARRY」は電気的な加熱を行う事から、有害物質の発生が少なく済むので利用しやすいです。

「XMAX STARRY」の利用法

「XMAX STARRY」を利用する際には、電源ボタンを5回早く押して、ONにします。

それから2回早く押したら温度を調整できるようになるのです。

さらに、「XMAX STARRY」のチャンバー(加熱室)に葉を入れて利用する事になりますが、使用していくうちに汚れていくので、定期的にクリーニングするようにして下さい。

「XMAX STARRY」のコストパフォーマンス

爆発する可能性が低くなっているだけではなく、温度を確認する事もできるので、ある程度までコストをかけたヴェポライザーになっています。

そのため、Amazonでは送料無料で税込価格9,800円になっているのです(2018年12月9日時点)。

ただし、通常タイプのタバコを吸い続けたら、簡単に10,000円を超えてしまうので、それを考えるとコストパフォーマンスの高さが分かるでしょう。

「XMAX STARRY」は、温度を色で確認する事ができるので、今までヴェポライザーの利用に戸惑っている方でも気軽に利用できます。

さらに利用法も簡単になっているので、短期間で操作法に慣れる事ができます。

ただし、ヴェポライザーは今まで爆発事故が起きてないとは言え、完全に安全という訳ではないので、取り扱いには注意して下さい。

参考URL

https://ranking.excite.co.jp/134085
https://adorable-pirport2012.com/ca…
https://assault-lifelog.com/life/va…



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー