私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

【2018年】私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキングベスト6

東京オリンピックに向けて禁煙の風潮が進む中、電子タバコがますます人気になっています。

電子タバコを試してみたいという方も多いと思います。

当サイトのおすすめ電子タバコをランキング形式で紹介していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

電子タバコとは

電子タバコとは、タバコ型の吸入器によってタバコやミント、フルーツなどの味・香りをつけた水蒸気を吸引するものです。

吸入器は、カートリッジに入った液体をバッテリーによって加熱、変霧器という部分で霧状にするしくみになっています。

吸入する液体の中に、ニコチンが含まれるものが外国製品にはあります。

しかし、日本ではニコチンの販売が法律で禁止されているため、電子タバコリキッドにニコチンは入っていません。

よってタバコのようにニコチン中毒になることがありません。

タバコの代わりになり、煙やニコチンが含まれていない分、健康に被害が少なくなるとされています。

第1位 「TaEco+」

TaEco+
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

ツライ禁煙を楽しみに変える本製品は、身体に良いタバコとして健康的にも経済的にもおすすめな電子タバコです。

もちろん本製品にはニコチン、タールは一切含まれておりません。

デザインは、低価格なのに高級感があるベーシックシリーズと最高峰の高級感のプレミアムシリーズの二種類です。

フレーバーは、タバコに似せた「ナチュラルフレーバー」と「ミントフレーバー」の二種類をお楽しみいただけます。

煙の成分は水蒸気であり、香りはアロマのような香りなので、臭いや黄ばみ、副流煙の心配もありません。

また、本製品の一番の特徴であり、特許出願予定である「オートジョイント機能」により、バッテリーとの接続時は近くに寄せるだけでマグネットの力で自動で接続でき、取り外しもワンタッチでできます。

詳細はこちらから

第2位 「SMOOTHV!P スターターセット」

「SMOOTHV!P スターターセット」
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

ニコチン・タールを含まない電子タバコとして注目されている「電子VAPE SMOOTHV!P」。

禁煙したい方はもちろん、電子タバコの副流煙が気になる方に、手軽に始められるスムースビップのスターターセットが人気です。

セット内容は、スターターキット(ホワイト・ブラック)をはじめとして、USB充電器・収納ポーチ・追加アトマイザー・追加リキッドの4点が付属します。

色々な道具を揃える必要がなく、購入してすぐにリラックスタイムを楽しむことができます。

2本のリキッドのうち、メンソール1本は固定になりますが、もう1本は7種類のテイストの中から選択が可能。

グリーンアップルやピーチといったフルーツフレーバーから、エナジーやコーヒーなど、どれも性別・年齢を問わず好まれるテイストが多いのも特徴です。

電子タバコが気になる方だけでなく、従来の電子タバコに満足できなかった方もスターターセットであれば気軽に試せるのでおすすめです。

詳細はこちらから

第3位 「VP One」

VP one
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

電子タバコであるVPoneは、操作がとても簡単で、一つのボタンで電源のオンとオフができ、またVAPEも同様にできるシンプルな操作です。

交換方法も同じく簡単で、面倒な分解作業はいらないのが楽です。

色の種類は、ブラック、ワインレッド、シルバー、ゴールド、ダークグレーの5種類の中から選べます。

また、13種類のフレーバーから選ぶことができます。

その中には、ノンフレーバーもあり、香りがあまりついているのが好きではない方にはおすすめです!

本体の重たさなのですが、軽量ではないので、少し重たいと感じる方も中にはいるかもしれません。

また、煙に関しては、水蒸気が出るのですが、タバコよりは薄い煙という感じです。

詳細はこちらから

第4位 「VP MAGIC」

VP MAGIC
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

『VP MAGIC』は、リキット式電子タバコであるため、ニコチンやタールの含有が0mgとなり、健康面での配慮や禁煙にも効果があります。

効果だけでなく、電子タバコとしてのスペックやデザインもしっかりとしており、通常では加熱コイルが一つの抵抗に固定されるものの、可変抵抗により任意に設定することが出来ます。

そのため、煙の量を調整することができ、リキット式電子タバコでは煙が足りなくて満足出来ないといった方でも満足が出来るようになっています。

また、デザイン性も良く、タバコというイメージよりも日本古来の煙管(キセル)に近いものとなっています。

そのため、ファッション性も良いため、女性でも気軽に使用できるという特徴があります。

使用できるリキット自体は、自分の好みに合わせて使用出来る上、アドマイザーがメンソールにも対応しており、電子タバコを検討している方にはおすすめです。

詳細はこちらから

第5位 「Frienbr STANDARD」

Frienbr STANDARD
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

この製品の電子タバコは、フレンバーを楽しむことで、清涼感を得ることができます。

フレンバーを体験したい方にピッタリの製品です。

さわやかな気持ちになり、気持ちも体もすっきりとすることができるのでおすすめです。

フレンバーは国産のもので、マスカット、ストロングメンソール、スウィートストロベリー、ハードブラストメンソールなどいろいろあります。

すっきりしたい方にはメンソール系でさわやかな刺激がおすすめです。

甘い気分を楽しみたい方はフルーツ系がおすすめです。

大人の気分を味わいたい方には、クリスタルミントコーヒー が合います。

蒸気量が多く、エアーコントロールで蒸気の量を調節できるので、自分に合う量を見つけることができるのが特徴です。

詳細はこちらから

第6位 「Frienbr CLOUD17」

Frienbr CLOUD17
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

『Frienbr CLOUD17』は、従来のリキット式電子タバコと異なり、自分でリキットを継ぎ足しする必要がありません。

リキット自体は、専用カートリッジになっており交換するだけの仕様になっています。

これまでの電子タバコは、アトマイザータンクにリキットを入れるものが一般的であり、液漏れの問題やアトマイザータンクの劣化や破損といったことがありました。

しかし、『Frienbr CLOUD17』は専用カートリッジがアトマイザーを兼ねているため、液漏れや破損といった心配が無くなっています。

また、専用カートリッジ自体も大容量となっており、爆煙仕様で何度も吸いたいという方にはおすすめとなっています。

さらに、バッテリー容量も一般的な電子タバコが650mAh前後に対し1700mAhとなっているため、バッテリー不足で使用できないという問題も回避出来ます。

詳細はこちらから

電子タバコの原理

電子タバコには2種類あります。

1種類はタバコの葉が入ったカートリッジを加熱するタイプです。

このタイプはカートリッジタイプと呼ばれます。

このタイプは既存のタバコと比較的同じ感覚で楽しむことができます。

もう1種類は液体を加熱して、蒸気を吸引して楽しむものです。

このタイプはリキッドタイプと呼ばれます。

カートリッジに液体が入っており、電源を入れるとその液体が加熱されるというつくりになっています。

フレーバーつきのリキッドなど、バリエーションが豊富ですので、既存のタバコに抵抗感があった方でもかなり試しやすいものになっています。

電子タバコの種類

電子タバコ 日本製 スマートタバコ 使い捨て 禁煙 ハイクオリティ ニコチン無し たばこ味

人気になった理由

最近、様々なものが外国から日本に上陸し、人気になっているものがたくさんあります。

この電子タバコもその一つです。

1965年にアメリカ人により発明され、2003年に中国人の薬剤師により、現在のモデルとなる電子タバコが発明されました。

しかし、中国では売れず、輸出を開始しました。

そして、ヨーロッパで人気になり世界中に広まりました。

日本では、テレビ番組や、愛用している芸能人が多いことなどを通して人気になり、入手困難になるほど売れています。

電子タバコの種類

電子タバコといっても、種類が豊富でブランドが多いのでまず自分の好みのタイプを決めなければいけません。

これは、大きく3つのタイプに分けられます。

リキッド補充式

バッテリーとアトマイザーが分かれており、アトマイザーにリキッドを補充しながら使用するタイプです。

バッテリーやアトマイザー多くのデザインがあり、それらを自分好みに組み合わせて使用することが出来ます。

また、香りも豊富で、維持費も他と比べると安くすみます。

しかし、手間がかかることが欠点です。

カートリッジ式

リキッドが入っているカートリッジを交換して使用する種類の電子タバコです。

コンビニなどでよく見かける電子タバコは大抵このタイプです。

何より手間がかかりません。

デザインや香りの幅は狭いですが、タバコの代わりに使用するのであれば特に適しています。

使いきり

リキッドを補充したり、カードリッジを交換する必要がありません。

2,000円以内で手に入り、大体1週間程度でリキッドがなくなり使用できなくなります。

電子タバコを試しに使いたい場合などに適しています。

禁煙を目指すなら

電子タバコの中でも特に人気なのがアイコスです。

しかし、これはニコチンが入っている外国産のものなので中毒性があります。

よって、国産のニコチンが入っていないものでなければ禁煙は難しいです。

タバコと電子タバコは違いますが、ニコチン入りであればそれぞれに依存性があるようです。

禁煙を目指すのであれば国内産の電子タバコをおすすめします。

電子タバコのメリット

なぜ今これほど電子タバコが人気になっているのか、疑問に思うのではないでしょうか。

タバコへの風当たりが冷たくなる中、電子タバコは様々な側面で人気を集めています。

電子タバコの魅力について紹介します。

非喫煙者の感じる不快感が少ない

電子タバコは既存のタバコのように匂いの強い副流煙をまき散らすことがありません。

そのため、非喫煙者であっても比較的抵抗感が少ないと考えられます。

副流煙の匂いがしない、というだけではなく、実際に副流煙に含まれている有害物質が少ないことから、非喫煙者の健康被害のリスクが低いといえます。

飲食店等でも電子タバコであれば喫煙可能というところも多いです。

タバコは周りに不快感を与えがちですから、少しでも非喫煙者に不快感を与えないものを選びたいですよね。

様々なフレーバーがあって選ぶ楽しさがある

タイプによりますが、様々なフレーバーを楽しめるような電子タバコもあります。

既存のタバコの香りがあまり好きではなかった人でも、様々なフレーバーを選べればタバコを楽しめますね。

果物のような香りのものもあり、電子タバコを利用した後でも息が臭くならないのがうれしいですね。

匂いに敏感な女性でも気軽に楽しめる点が人気です。

禁煙にも効果がある

既存のタバコを利用する方で禁煙に悩む方は多いと思います。

禁煙の第一歩として、電子タバコに変えてみるというのも有効です。

電子タバコには様々なタイプがあり、ノンニコチンのタイプもあります。

また、商品によってニコチンの濃さが異なるため、自分の好みに合うものを選択できます。

最初はニコチンを感じられるタイプの電子タバコを選び、だんだんニコチンが低いタイプに変えていき、最終的にはノンニコチンのタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

見た目がおしゃれ

電子タバコはかなり見た目に凝ったものが多いといえます。

そのため、ファッションアイテムとして利用する人が多い印象です。

既存のタバコにオジサン臭いイメージを持っていた人でも、電子タバコであれば恥ずかしがらずに利用することができますね。

電子タバコのデメリット

電子タバコには、タバコに比べてたくさんのメリットがあり良いことだらけと思いがちですが、デメリットもあります。

利用するにあたって、理解しておいてほしいので紹介したいと思います。

健康への影響が解明されていない

有害な化学成分が含まれていないとしても健康への影響がどれほどなのかまだ解っていません。

中には、電子タバコは危険性があるという学者もいるようです。

急に人気になったので、副作用など身体への影響がまだわからないのです。

解明されるまでにまだ時間がかかるようです。

わからないということは、とても怖いことでもあります。

充電が必要

電子タバコは充電が必要で、忘れてしまうと使用できません。

これは、とても気をつけなければいけないところですね。

もし忘れてしまうと、そのことがストレスになってしまいます。

合わない場合も

タバコと電子タバコは違うものなので、あまり合わない方もいます。

長年タバコを愛用している方はなかなか受け入れにくいかもしれません。

手入れが大変

タバコの場合、紙なので吸い終えると捨てるだけです。

しかし、電子タバコは、定期的に掃除したりする必要もあるので面倒です。

また、電子部品なので爆発や発火の可能性もあります。

マナー

今は分煙または喫煙場所が決まっていて隔離されていたりとタバコを吸う方はその場所でしか吸えません。

しかし、電子タバコは煙が出ないため喫煙場所でなくても使用する方もいて問題になりました。

いくら煙が出ないといっても吐く息などから多少は臭いなどが発生します。

ですから、電子タバコであっても喫煙場所で吸うなど配慮しなければいけません。

電子タバコのメリットとデメリットがわかったでしょうか。

タバコに比べて多くの利点があるものの、健康への影響が解明されていないという事が特に欠点といえるでしょう。

また、電子タバコもタバコとかわりありません。

喫煙するという認識をもって周りに配慮する必要があることを忘れないようにしてください。

ニコチンが入っていないものを選び、ぜひ禁煙に向けて電子タバコを利用していただきたいなと思います。

電子タバコの使い方

FLEVO スターターキット [ホワイト]

禁煙するためや、興味があることから電子タバコ(ベイプ)を購入する方は多いかと思います。

しかし、正しい使用方法が分からないという方もいることでしょう。

電子タバコは、正しく使用しないと十分に風味を活かすことはできません。

また、故障の原因となるので注意が必要です。

この記事では、そのような方のために、「電子タバコ(ベイプ)の使用方法と吸い方」について詳細に説明していきます。

電子タバコ(ベイプ)を使う前に行うこと

いざ電子タバコを使おうと思っても、その前に行うことがあります。

それは、電子タバコを吸うための準備になります。

電子タバコは主にアトマイザーとバッテリーで組み立てられています。

販売会社によって形状が多少異なりますが、この構成は変わりません。

そのため、電子タバコを使用する時は、アトマイザー・バッテリー・リキッド・充電器を準備する必要があります。

まずは、電子タバコを使う前の準備について説明していくので、故障を防止するためにもぜひ参考にしてみてください。

電子タバコの心臓部であるバッテリーの充電

電子タバコは電力により煙を発生させるので、バッテリーの充電が必要になります。

バッテリーは主に2種類あり、内蔵されているものとリチウム電池があります。

リチウム電池は、出力が高めなことが特徴となっています。

バッテリーが内蔵されているものは、USBで簡単に充電することができます。

そのため、電子タバコを始める方にとっては、手軽なバッテリーといえます。

また、USBを繋げるアダプターを使用することにより、一般的な家庭のコンセントで充電することもできます。

それに対してリチウム電池は、別の方法の充電器で充電することになります。

電子タバコは、バッテリーが切れていると使用することができないので、始めはバッテリーを充電しましょう。

そして、バッテリーは種類によって容量は異なり、容量が多いほど大きい物になります。

また、バッテリーの容量はmAhで表すことができます。

バッテリーの容量が650mAhだと、使用時間は3時間程になります。

このことをもう少し分かりやすく説明すると、タバコで60本分程になります。

バッテリーの容量が多ければ多いほど使用時間は伸びるので、1日中ストレスなく使用したい場合は、2000mAh以上のバッテリーを使用することをおすすめします。

それと、アトマイザーの機能によってバッテリーの消耗の仕方は変わってくるので注意しましょう。

そして、コンセントで充電する際は、事故などを防ぐためにも電圧の確認はちゃんと行いましょう。

リキッドの補給

バッテリーの充電が終わったら、リキッドをアトマイザーに補給します。

アトマイザーにリキッドを補給する方法は2通りあり、上部から補給するものと下部から補給するものがあります。

そのため、アトマイザーを取り外し、リキッドを入れる部分を確認して補給しましょう。

そして、リキッドを蒸発させ煙を発生させるアトマイザーには、リキッドを補給する部分の真ん中に小さい穴が開いています。

この小さい穴はリキッドの蒸気が流れる部分になり、蒸気を吸うために必要な穴になっています。

したがって、この小さい穴に誤ってリキッドを流してしまい、電子タバコを使用すると、液体のリキッドが口の中に入ってしまいます。

また、故障の原因となるので注意が必要です。

つまり、小さい穴に入らないようにリキッドを入れることが大切になります。

日本の電子タバコのリキッドにはニコチンが含まれていませんが、海外の電子タバコの中にはニコチンが含まれているものがあるので、リキッドを飲まないように気を付けましょう。

電子タバコ(ベイプ)の正しい使い方

電子タバコを使用する準備が整ったら、使用可能になるので実際に吸ってみましょう。

電子タバコの種類は色々ありますが、基本どの電子タバコも使用方法は同じになります。

まずは、電子タバコの電源を入れます。

そして、ボタンを押しながら吸って使用し、止める時は電源を切ります。

このように、使用方法はとても単純なため、誰でも簡単に使用することができます。

しかし、連続で何度もボタンを押して電源が入るものが多くあり、電源の入れ方が異なる場合があるので、説明書をちゃんと読んで使用しましょう。

電圧を変えられる電子タバコのVVとVWについて

電子タバコには、電圧を変えることのできるものがあります。

電圧を変えることによって、煙の量を変えることができます。

また、風味の感じ方も変化します。

そのため、自分好みの電子タバコにすることができます。

始めは低い電圧で試し、徐々に電圧を上げていくと良いでしょう。

電圧を変えることのできる電子タバコには、「VV」と「VW」があります。

VVは、VariableVolt(ヴァリアブルボルト)の略称になり、定められた範囲内で電圧を変えることができ、微妙な調整によって蒸気量や風味を細かく変えることができます。

それに対してVWは、VariableWatt(ヴァリアブルワット)の略称になり、始めにワットを設定してからアトマイザーにセットすると、自動的に抵抗値を計測します。

その計測した抵抗値から設定した出力になるような仕組みになっています。

初心者がこれらのことを聞いても理解することは難しいと思うので、分かりやすく説明すると、VVよりもVWの方が電圧の調整を細かくできるものになります。

電子タバコの温度の設定について

電子タバコの中には温度を管理することのできるものがあります。

この電子タバコのメリットは、バッテリーが切れにくくなったり、コイルユニットのウィックが焦げにくくなることです。

電子タバコを使用する前に温度を設定することで、その設定温度よりも高くならないようになります。

そのため、そのようなメリットを得られることができるのです。

始めは低めの温度で設定し、徐々に設定温度を上げて自分好みの温度を見つけると良いでしょう。

温度により電子タバコの風味の感じ方は変化するので、温度を変えて試してみましょう。

電子タバコ(ベイプ)を吸う方法

電子タバコは自分の好きなように吸ってもかまいませんが、吸い方によって風味の感じ方や、吸う満足感が変わってくるので、これから説明する吸い方を参考にしてみてください。

まずは、蒸気(煙)を口の中に溜め込んでから、肺に入れて吐くという吸い方を説明します。

自分が好きな量の蒸気を口の中に入れることによって、リキッドの風味や煙を十分に楽しむことができます。

この吸い方はタバコの吸い方と同じなため、禁煙のために電子タバコを使用している方にとっては馴染みのある吸い方になります。

次に、深呼吸の要領で行う吸い方を説明します。

この吸い方は、深呼吸をするように吸うため、たくさんの蒸気を吸うことができます。

そのため、先程説明した吸い方よりも、力強く風味を感じることができます。

深呼吸の要領で吸うので、初心者でも簡単にできる吸い方になります。

次に、肺に蒸気を入れない吸い方を説明します。

この吸い方は、口の中だけで蒸気を留めておく吸い方になり、肺に蒸気を流しません。

そのため、風味が薄くなりにくく、鼻を通して吐くとさらに香りや味を楽しむことができます。

注意すること

初めて使用する電子タバコには注意することがあります。

それは、リキッドをコイルユニットのウィックに十分に染みこませることになります。

アトマイザーのコイルユニットはリキッドを蒸発させる部分になり、ウィックにリキッドが染み込んでいないと、お風呂でいう空焚きのような状態になります。

そのため、ウィックが焦げたり、コイルユニットが壊れたりする恐れがあるので注意しましょう。

したがって、初めて使用する時は、リキッドを補給してからしばらく置いておくと良いでしょう。

そうすると、電子タバコを安全に使用することができます。

電子タバコの使い方まとめ

以上のように、電子タバコを吸うには準備することがあったり、知っておいたほうが良いことが色々あります。

そのため、これまで説明したことを参考にし、正しく使用することによって、電子タバコを十分に楽しむことができます。

また、アトマイザーの下の方にあるエアフローという空気穴の位置を確認することも必要になります。

エアフローを回すことによって、穴の大きさを調整できるので、風味や煙の量が変わってきます。

このことも理解して、電子タバコを上手に利用すると良いでしょう。

アトマイザーの選び方

WOLFTEETH 電子タバコCE4 1100mAH禁煙セット*ハイクオリティ*ニコチン無し 日本語取扱説明書付

あなたは、現在の電子タバコの味や煙の量には満足していますか?

もし、満足していないのなら、アトマイザーを変えることをおすすめします。

アトマイザーは、リキッドを蒸気に変える部分になり、電子タバコの風味や煙の量に深く関係している部分になります。

そのため、自分に最適なアトマイザーを選ばないと、満足できる電子タバコを使用することは難しくなります。

それでは、アトマイザーの選び方を紹介していきます。

煙と味どちらにこだわりたいのか

アトマイザーは蒸気を発生させる部分になるため、アトマイザーの種類が違うと風味や煙の量も違ってきます。

そして、質の悪いアトマイザーを使用すると、味が悪かったり、煙の量が少なかったりします。

そのため、アトマイザー選びは大切になります。

アトマイザーを選ぶ際ポイントになるのが、「味と煙どちらにこだわるのか?」ということになります。

味をしっかりと感じることのできるものか、爆煙くらい煙が出るものが吸いたいのか、選ぶと良いでしょう。

どちらかを重視することにより、アトマイザーの選び方は変わってきます。

それでは、アトマイザーの種類や性能などを説明していくので、アトマイザー選びに迷ってる方は、ぜひ参考にしてみてください。

アトマイザーの種類

電子タバコの風味や煙量を大きく左右するアトマイザーは、重要な部分になります。

その種類は主に二つに分類することができ、「タンク式アトマイザー」と「リビルダブルアトマイザー」になります。

リビルダブルアトマイザーは上級者向けのものとなっており、自分でコイルを巻いて取り付けなければいけません。

また、コイルに流れる電流の抵抗値を測る必要があります。

そのため、電子タバコの知識が乏しい初心者がリビルダブルアトマイザーを選ぶと、上手くセッティングできない可能性が出てきます。

電子タバコを長年使用していて知識がある人は、リビルダブルアトマイザーは楽しいものになりますが、知識のない初心者はタンク式アトマイザーを選びましょう。

タンク式アトマイザーはバッテリーに接続し、リキッドを補給するだけになるので、初めての方でも簡単に使用することができます。

電子タバコ(ベイプ)のアトマイザーの正しい選び方

ここまで、アトマイザーの種類について説明してきたので、次はアトマイザーを選ぶ際の、要点を説明していきます。

ある程度、電子タバコを使用した人向けに、アトマイザーの選び方について説明していくので、初心者には難しいと思いますが、覚えておいて損はないので、良かったら読んでください。

アトマイザーは質や種類により煙量や風味が異なってきますが、その原因の一つがアトマイザーのコイルの抵抗値(Ω)になります。

抵抗値を分かりやすく説明すると、電気の流れに対する抵抗の値にないます。

そのため、抵抗値が低いほど電流は流れやすくなります。

電流が流れやすくなるので、コイルが加熱しやすくなります。

つまり、抵抗値が低いほど煙の量は多くなるのです。

しかし、抵抗値が低いと高い熱により、リキッドの味は飛びやすくなるため、風味が薄く感じてしまいます。

コイルユニットの抵抗値以外にも、コイルユニット自体の大きさも煙量や味が影響します。

コイルユニットが大きいものには、コイルに付いてあるウィックが多いので、リキッドがたくさん染み込みます。

そのため、煙の発生する量が多くなり、風味も薄くなりにくくなります。

煙を多く出したい人向けのアトマイザーの選び方

煙の量が少ないと、今まで紙タバコを吸っていた人にとっては、物足りなく感じてしまいます。

それに対して、煙の量が多いと、タバコを吸っている感を十分得ることができるので、爆煙が好みの方もいます。

しかし、煙の量が多すぎる爆煙の電子タバコは、味が飛び過ぎるので、吸った時に風味が感じにくくなります。

そのため、煙の量重視の人は、煙が多く出て風味が良いものを見つけるのがベストになりますが、そのような優れた電子タバコを見つけることは困難なことになります。

ですが、そのような電子タバコに近づけることはできます。

サブオームとコイルユニットの大きさ

まずは、煙を多く発生させるのに必要なサブオームになります。

サブオームとは、0.9Ω以下の抵抗値のことを言います。

コイルの抵抗値(Ω)が少ないほど電気が流れるので、煙の量は多くなります。

そのため、0.5Ωくらいだと爆煙を生み出すことができ、味が飛び過ぎることはありません。

しかし、もっと低い抵抗値のものを使用すると、味が薄くなりすぎてしまうので注意しましょう。

そして、次に大切になることは、大きいコイルユニットを使用することになります。

コイルユニットが大きい方が、リキッドを染み込む部分であるウィックが多いので、強い電圧で使用しても味が飛びにくくなります。

そのため、リキッドの風味をしっかりと感じることができます。

しかし、大きすぎるコイルユニットはリキッドの消費が早いため、費用がかかることになります。

内径の広いドリップチップとエアフローの大きさや数

次に重要なことは、内径の広いドリップチップを使用することです。

多く発生した煙を吸うには、そのようなドリップチップが最適になります。

また、アトマイザーのエアフローと呼ばれる空気が通る穴が大きいことや、エアフローが2つ以上あることが重要になります。

ここまで説明した条件が揃うと、煙の量が多く、風味も満足できる電子タバコに近づきます。

しかし、爆煙レベルになるとリキッドの消費が早いため、アトマイザーのタンクの容量が多いものを使用すると良いでしょう。

味に満足したい人向けのアトマイザーの選び方

煙の量と味の関係性

煙の量が多ければ味が濃くなる訳ではなく、煙の量が少ない方が味をしっかりと感じることができます。

そのため、フレーバーの美味しい味をしっかり感じたい場合は、煙が発生する量を抑える必要があります。

そのため、爆煙が好きな人は、味を重視することは難しいといえます。

先程、煙の量を多くしたい人向けの選び方を説明しましたが、あの説明は煙を多く発生させつつ、味もなるべく引き出す方法になります。

そのため、煙と味の両方を重視するのは困難なことになりますが、煙重視で味も楽しみたいという方は、先程の説明を参考にしてください。

そして、フレーバーの美味しい味をしっかりと感じたい場合、アトマイザー選びの要点の一つになるのは、コイルの抵抗値になります。

爆煙のように煙の量が多くなければ、リキッドの風味をしっかり感じることができるので、サブオームではない1.0以上の抵抗値のコイルユニットを使用すると良いでしょう。

ですが、現在の電子タバコは、サブオームと1.0Ω以上の両方使用できるバッテリーがあるため、あえて1.0Ω以上のコイルユニットを選ぶ必要はなく、両方使用できるものを選ぶことをおすすめします。

味重視にはエアフローとドリップチップも重要

風味を重視する上で次に大切なことは、エアフローになります。

エアフローとは空気の流れる穴のことを言い、味にこだわりたい方は、エアフローの大きさを調整できるアトマイザーを選ぶと良いでしょう。

エアフローの数が多かったり大きかったりすると、見た目の蒸気量は多くなりますが味が薄くなってしまいます。

このことをドローが軽いといいます。

それに対して、エアフローを小さくすると、見た目の蒸気量は少なくなり味が濃く感じます。

このことをドローが重いといいます。

これらのことから、味に満足したい方は、ドローを重くできるアトマイザーを選ぶと良いでしょう。

また、ドリップチップも電子タバコの味に関係してきます。

ミストが流れてくる道が細いほど味を濃く感じることができ、太いほど薄く感じてしまいます。

そのため、味重視の方は、気道の細いドリップチップがおすすめになります。

アトマイザーの選び方まとめ

以上のように、煙と味のどちらを重視するかで、アトマイザーの選び方は変わってきます。

また、メンソールフレーバーによるタンクの変質・損耗を防ぐためにも、ガラス製のアトマイザーを使用すると良いでしょう。

そして、バッテリーの抵抗値範囲に合うアトマイザーを選ぶことも重要になります。

これらのことを理解し、自分の目的に合う電子タバコのアトマイザーを選びましょう。

フレーバーの種類

どのフレーバーを選ぶかによって、電子タバコの美味しさは大きく変わってしまいます。

美味しくないフレーバーのリキッドを使うと、不味く感じてしまいせっかく買った電子タバコも長続きしません。

そのため美味しい電子タバコのリキッドを探すことが、電子タバコを楽しむ為に大変重要な事になってくるのです。

数あるフレーバーの中から、初心者の方におすすめのフレーバーをご紹介したいと思います。

メンソールフレーバー

実際、本物のタバコを吸っている人の中にも、メンソールでなければ嫌だという方がいるかと思います。

そんな方におすすめなのがメンソールフレーバーです。

電子タバコのメンソール味は非常にすっきりとしているので美味しく感じると人気が高いフレーバーです。

またフレンバーでは、日本製のストロングメンソール味のリキッドも販売されています。

まるで本物のメンソールのみを抽出して吸っているような、刺激的な感覚を得ることが出来るのが特徴です。

フルーツフレーバー

初めて電子タバコを使う方や、女性の方におすすめのフレーバーです。

オレンジ、グレープフルーツ、マスカット、キウイ、ストロベリーといった、比較的すっきりとした風味のフレーバーが多いです。

スッキリ系のフルーツフレーバーを試してみたいという方は、フレンバーのオンラインショップがおすすめです。

またトロピカルフレーバー、ラズベリー、スイカ、メロン、りんごなど、比較的甘いフレーバーも、疲れた時間にリフレッシュしたい時には最適です。

よりスイーツな風味を味わいたいなら、JP Vaporで販売されているオリジナルフレーバー、Fantasiaや、V-SMOKE、Magesticなどの海外のブランドもおすすめです。

お菓子フレーバー

お菓子の味のフレーバーというのもあります。

意外と女性に限らず男性も吸っている人が多いのが特徴です。

チョコレート、バニラ、クリーム などが多く、濃厚な煙で吸うと、口の中一杯に風味が広がり、まるで本当にお菓子を食べているような錯覚に陥るのが特徴です。

タバコフレーバー

タバコフレーバーも人気が高いです。

既存のタバコの味に似せようとしているリキッドや、電子タバコに合う味を追求して作られた深い味わいの物などたくさんの種類が存在します。

非常に人気なのが、ジョンソン・クリークというアメリカのメーカーが作っているオリジナルタバコ味J.C オリジナルです。

エナジードリンクフレーバー

エナジードリンクのフレーバーというものもあります。

お馴染みのレッドブルなど、色んな銘柄に似せた味の物が販売されています。

エナジードリンクを毎日飲んでいる方、馴染みのある方にはおすすめかもしれません。

フレーバーの種類まとめ

このように電子タバコには様々なフレーバーがあります。

自分の好みに合ったものを使用することにより、より長続きし禁煙が成功しやすくなります。

もし禁煙に成功すれば肩身の狭い思いをしなくても良くなりますし、何より健康面や経済面でも良いことづくしです。

電子タバコを上手く利用し、この禁煙ブームに乗っかりましょう。

初心者におすすめの電子タバコ

電子タバコ, THORVAP ® 電子タバコ iBox TC 60W e-cigarette Vape Mod 温度管理 電子タバコセット スターターセット 禁煙セット ハイクオリティ ニコチン無し 日本語取扱説明書付

今現在流行りの電子タバコですが、初心者ならどれをまず最初に購入すべきか悩んだり分からなかったりするかと思います。

そんな初心者の人達に向けた電子タバコのスターターセットというのを各メーカー販売しています。

今回はその中でも特に初心者にも優しく高性能で使い勝手も良い、レビューなどでも評価されている人気な電子タバコを紹介していきたいと思います。

タバコ感を求めるならアイコスがおすすめ

iQOS(アイコス) 2.4 Plus ホワイト

初めて電子タバコを利用する場合、タバコを吸った気がしないという人が多いのは事実です。

ですが、フィリップモリスのアイコスなら、既存のタバコと同じような感覚で利用可能です。

アイコスはタバコの葉を加熱するタイプの電子タバコです。

吸った時の感覚の良さにより、既存のタバコから流入しやすい商品ですが、難点としては本体の掃除が面倒という点が挙げられます。

においを気にするならプルーム・テック

M1.25 バージョンアップ仕様(ソフトキャリーケース)【新品】【正規品】プルームテック 本体 正規品 (プルームテックキット)

JTのプルーム・テックはにおいの弱さで人気の商品です。

プルーム・テックはタバコの葉を直接加熱するのではなく、タバコ葉カプセルを加熱することでニコチン入りの蒸気を発生させるタイプの商品です。

タバコの葉を直接加熱するタイプに比べて、においも煙も少なく、場所を問わずに利用できます。

また、他の商品に比べてコストパフォーマンスが良いとされています。

難点としては、ニコチン感が弱いため、これまで強めのタバコを吸ってきた方は満足しにくい商品だということです。

においを気にする女性や、今後ニコチンの摂取量を抑えていこうとしている方、コストを抑えていきたい方におすすめです。

健康に気をつかうならVAPEのego AIO

Joyetech eGo AIO スターターキット【日本語説明書】付 ブラッシュドガンメタル

VAPEはノンニコチンの商品であり、狭義の電子タバコに当たるものです。

香料を含む蒸気を吸い込むような仕組みになっています。

加熱式タバコに比べてフレーバーが充実しており、フレーバーを楽しみたい方にはおすすめできます。

また、価格面も加熱式タバコに比べて安価ですので、価格を気にする方におすすめできます。

健康面では議論があるところですが、ノンニコチンであることから、少なくともニコチン依存の危険性はないといえます。

ただし、100%健康面で問題のない商品と言い切ることはできないため、VAPEに関しても利用しすぎには気を付けましょう。

ego AIOはVAPEの中でも初心者におすすめできる商品です。

VAPEはアロマ的な商品であることから、利用方法も加熱式タバコとは異なり、初心者は失敗してしまうこともあります。

一方、ego AIOは比較的使い方が容易になっているため、VAPEに慣れていなくとも問題なく利用できます。

注意点としては、安心できるところで購入するということです。

VAPEの場合、特にネット上で安くて怪しい商品が出回っていることがありますが、そのような商品を購入するのは危険です。

少々高くても店舗で正規品を購入するようにしましょう。

iStick Pico 75W スターターキット

Eleaf iStick Pico イーリーフ アイスティックピコ 75W スターターキット (シルバー)

電子タバコのスターターキットの中でもコンパクトで持ち運びやすく、女性でも重みをそこまで感じないのがこのiStick Picoです。

電子タバコは重たくてポケットにもしっかり収まらないというイメージを持つ初心者の方も気軽に使えるキットでもあり、バッテリーもかなり長く持ちます。

カラーも何種類もあり、デザイン重視で選ぶ事も出来ます。

味は喫煙者も納得の美味しさがあり、電子タバコを初めて試すという人にも違和感なく美味しさを感じらるようになっています。

価格は13,800円。

色は7種類から選べ、女性向けなピンクなどもあってオシャレでもあります。

コンパクトな電子タバコで電子タバコデビューしたいという人にはおすすめです。

レビュー評価

口コミレビューではやはりコンパクトさや持ち運びの便利さを評価している方が多いです。

ボタンの押し込みもカチッと音がして使用しているら実感がきちんとあるとの声も評価理由としても上がっています。

更に電池が内蔵式ではなく交換式なのがヘビーユーザーにはありがたい。

という声もあります。

味に関しては従来の喫煙者の方の意見で美味しい、美味い、違和感なく吸える。

などかなり絶賛されており、美味しいタバコが吸いたいという人にも良いとも書かれています。

しかし輸入品ゆえに日本語の説明がかなり不足しているとの声もあります。

その点はネットなどを見て扱い方を調べた方が良いとの声もありました。

説明書が読めなくても扱える作りには一応なっていますが、念のためです。

その他色んな方の意見がありますが、基本的にはどれも好評で、星の数も5つ星で絶賛している方が多いです。

EMILI スターターキット

EMILI スターターキット EMILI日本正規代理店限定 【正規日本語説明書、正規メーカー1ヶ月保証書同封】 (ホワイト)

初心者なら最初は試しに安くて使いやすそうな電子タバコを使いたくなります。

そんな方におすすめなのがこのEMILのスターターキットです。

従来のタバコと同じサイズで扱え、2本を収納し充電もできるケースが付いています。

他にも初心者には嬉しいバッテリーやアトマイザーチューブなども付いていて価格は7000円。

しかし低価格なのにしっかりと煙の量もあり、バッテリーもかなり長い間持つようになっています。

お試しにコスパの良い電子タバコを使うというならこの電子タバコは実に良いアイテムであり、おすすめです。

レビュー評価

レビュー評価でも低価格さとそれに対する品質の良さが評価されており、星の数も5つだったりします。

日本語のマニュアル付きのもあり、それもかなり良いとも評価されていたりもします。

味や臭いが気になるという人ならアトマイザーチューブを別のに交換すると良いという意見もあり、かなり使い勝手も良いみたいです。

初心者向けだという意見はかなり多く、初心者には口コミレビューでも結構おすすめされています。

しかしやはりヘビーユーザーには物足りなさがあるみたいなのがほんの少し評価を下げていたりもします。

Cool Fire IV plus

従来のタバコはヘビーユーザーで、電子タバコも初心者ではあるがかなりガッツリ使えるのが欲しい。

そんな人に持って来いなのがこのInnokinのCool Fire IV plusです。

バッテリーは大容量3300mAhであり、かなり長い間使えるようになっています。

パワーも70W、7.5Vとかなり強いパワーを発揮してくれるので物足りなさというのが無く、ヘビーな愛煙家でも満足出来ます。

しかし比較的コンパクトであり、ズボンのポケットやカバンの中にも収まる小ささでもあり、持ち運びもかなり便利な電子タバコです。

価格は店舗によって若干異なりますが高くても12,800円です。

電池は内蔵型。

アトマイザーチューブを取り付ければすぐに使用出来るほどの容易さがあります。

デザインも高級感あるメタリックなデザインをしており、カラーもレッドやホワイトなどから選べるようになっています。

リキッドは店舗によってはセットで販売していたりもするので、初心者ならそちらから購入するのがおすすめです。

レビュー評価

レビュー評価でもやはり大容量バッテリーな点が評価高く、1日使っても保つと絶賛されています。

パワーもかなり強いという風に書かれており、煙もしっかり出てくれているみたいです。

味は割と濃いめらしく、その点は個人差がかなり出るみたいです。

濃い味が好きな方にはおすすめみたいです。

初心者向けでもあるのですが、大容量バッテリーな点は買い替えを検討している人やヘビーユーザーな方にもおすすめとも言われています。

マイナス意見としては外見デザインの色味が安っぽい気もするというのがありますが、その点くらいであとは基本的に評価高くなっています。

TheCouncil Of Vapor ミニボルト

電子タバコ初心者に優しい機能面に特化した電子タバコがこのTheCouncil Of Vaporのミニボルトです。

美しいLEDディスプレイで充電残量を分かりやすく表示してくれ、更に自動で電源をオフにする機能で電源の切り忘れなどを防止しており、使い慣れていない初心者の方でも安心して快適に使用できるようにしています。

バッテリー容量は1300mAhとヘビーユーザー用ではないですが、それでもしっかりと使える容量をしています。

サブ機でも活躍出来、メインとしてでなくサブで試しに使ってみるというのもおすすめです。

更にこのバッテリー容量でパワーが40Wも出力出来る性能の良さもあり、パワー不足の心配もありません。

価格は8,980円とリキッド込みの値段とはいえかなり安い方でもあり、初心者がお試しで始めるのにも本当に良い価格帯でもあります。

コンパクトで成人男性の手のひら以下の胸ポケットにも収まるサイズでもあり、初心者から上級者にまでおすすめ度高い電子タバコです。

レビュー評価

レビュー評価ではコンパクトサイズなのにバッテリー容量はかなり良い。

という評価が多いです。

更にパワー性能が高い点も評価が高くなっています。

コンパクトでパワーがある電子タバコというので購入されている方が沢山いるみたいであり、上級者のサブ機としても良いという意見もあります。

他にはスタイリッシュでメタリックなデザインを褒めている方もいます。

デザイン性で選ぶ人にも評価高いようです。

マイナス評価としては日本語の説明がついてないという意見が見受けられました。

あと不良品も中にはあるみたいなので、そこは少し注意が必要かもしれません。

それ以外は基本的にはどれも好評であり、コンパクトでパワーある商品を求めている人には本当におすすめだと言われています。

電子タバコのスターターセットにはコンパクトなのや高性能なのや味、デザインの違いなどもあって豊富に種類があるのが分かります。

今回紹介した以外にももちろん良い電子タバコがあります。

初めて試すという人なら自分はどんなタバコを吸うのか少し考え自分の好みに合う電子タバコを一度じっくり選んだり、その参考にしてみてほしいです。

女性におすすめの電子タバコ

smiss エミリミニ EMILI MINI 電子タバコ リキッド 10本セット ホワイト

電子タバコは、基本的には男性をターゲットにしているものが多いような印象を受けます。

しかし、女性でも電子タバコを吸いたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

そんな風に電子タバコを吸いたいと考えている女性は、どのような電子タバコを吸えば良いのでしょうか?

ここではそんな方に向けて、女性におすすめの電子タバコについて紹介します。

フレンバーは女性の電子タバコの定番

まずおすすめするのは、女性が吸う電子タバコの定番と言える、フレンバーです。

フレンバーと言う電子タバコは、女性が吸う電子タバコの定番となっています。

では、なぜフレンバーが女性が吸う電子タバコの定番となっているのでしょうか?

デザインがスマートで無駄がない

その一番の理由と言えるのはやはり、デザイン性の高さでしょう。

フレンバーのデザインは、あまり無駄がありません。

こてこてした装飾もありませんし、派手な色使いでもありません。

なので、逆に女性らし過ぎないという特徴を持つのです。

女性らしい電子タバコと言うと、無駄に細すぎたり、あるいはこてこてした装飾があったり、色使いが派手だったりすることが多いですが、フレンバーの場合はそんなことはないのです。

実際電子タバコを使用してみると、そういうコテコテした装飾や派手な色使いは恥ずかしく感じることが多いです。

もちろん中にはそれが好きだという方もいるでしょうから、一概にそういう物が女性が吸う電子タバコとして向いていないかと言うと、そういうわけでもないのですが、やはり基本的にはそういう物よりももっとスマートな物の方が街中でも吸いやすいでしょう。

街で馴染みやすい

そういうスマートなデザインの物の方が、街で馴染みやすいから、街中でも吸いやすいと言えるのです。

でもなぜそういうスマートなデザインの物の方が街中でも馴染みやすいと言えるのでしょうか?

それは、男性用の電子タバコがやはり、コテコテした装飾の物がなかったり、派手な色使いの物がないからです。

その分太かったり、ごつかったりすることはありますが、基本的にはあまり無駄を省いているデザインのものが多いです。

そこに混じって電子タバコを吸うわけですから、あまり女性らし過ぎると浮いてしまい、吸いづらくなるのです。

なので、あまりコテコテしすぎず、さりげない女性らしさを加えるくらいがちょうど良いと言えるのです。

そしてそのさりげない女性らしさが加わっているのが、フレンバーだというわけです。

エミリも女性にはおすすめ

smiss エミリミニ EMILI MINI 電子タバコ リキッド 10本セット ホワイト

女性におすすめできる電子タバコとして次にあげられるのは、エミリです。

エミリと言う電子タバコは、すごくコンパクトな電子タバコになります。

コンパクトな電子タバコは、それだけでおしゃれに見えるところがありますし、女性の手にもぴったりだと言えるでしょう。

基本的に女性の手は、男性に比べると小さいです。

なので、男性と同じようなサイズ感の電子タバコを持っていると、それだけですごく弟子タバコが大きく見えてしまうところがあるのです。

別に電子タバコが大きく見えても良いという方はそれで良いかもしれませんが、やはり電子タバコが大きく見えてしまうと、その分だけたたずまいに違和感が生じてきます。

もっと分かりやすく言うと、ダサく見えるようになってしまうのです。

なので、出来れば女性が電子タバコを吸うのであれば、ある程度コンパクトなサイズ感の物を選ぶのがおすすめです。

そしてそのある程度コンパクトなサイズ感の電子タバコが、エミリなのです。

エミリはケースもオシャレ

エミリと言う電子タバコには、ケースもオシャレと言う特徴があります。

電子タバコは、一般的にケースに入れて持ち歩くものになるでしょう。

そうしてケースに入れて持ち歩くということは、ケースのおしゃれさがすごく重要になってくるというわけです。

エミリはその点もクリアしているわけですから、特にそうしたおしゃれさが気になる女性にはぴったりだと言えるのです。

コスパが高いアーカスもアリ

VapeOnly Arcus ベイプオンリー アーカス スタータキット 電子タバコ [並行輸入品]

女性には、コスパが高いアーカスもおすすめできます。

アーカスという電子タバコは、電子タバコの中でもかなりやすい類のものになります。

それでいて、コンパクトでスリムな見た目や、さりげないデザイン性の良さも兼ね備えています。

なので、女性にはピッタリだと言えるでしょう。

コスパが良いに越したことはない

電子タバコというのは、あくまでも嗜好品になります。

嗜好品だということは、実際にはそれは吸わなくても良いものなのです。

そういう実際には吸わなくても良いものを吸うのですから、そこにかけているお金は、正直な話無駄遣いになります。

男性であれば、データ的には女性よりも収入が多い事も多いですし、女性に比べると出費も少ないです。

だから、多少無駄遣いをしてもあまり問題はないでしょう。

しかし女性は、化粧品代などもすごく高いお金がかかりますし、それだけではなく、ご飯代等の交際費なども男性に比べるとすごくかかるでしょう。

男性は、定期的に飲みに行ったりする交友関係は限られがちですが、女性の場合は久しぶりにあう友人と数年ぶりに飲みに行ったりすることなども多々あるでしょう。

なのでやはり無駄遣いをしている余裕はないことが多いのです。

だったらやはり、電子タバコのコスパは良いに越したことはありません。

アーカスはコスパが良い上に、女性が吸っていても違和感がない位にスマートでオシャレなのですから、女性にすごくおすすめできる電子タバコであると言えます。

女性が吸うならリキッドもすごく重要

女性向けの電子タバコで特におすすめなのは、上記の3つになります。

ただ、では上記の3つの電子タバコであれば、どのように吸っていても大丈夫かというと、そうではないところがあります。

女性が電子タバコを吸うのであれば、リキッドもすごく重要だと言えるでしょう。

もちろん男性であってもリキッド選びはすごく重要であることは間違いありません。

しかし、男性の場合は、そもそも体臭なども女性と比べるとキツいことが多いですし、別にタバコを吸った後に多少臭くても何も思われないことが多いでしょう。

でも女性の場合はそういうわけにはいきません。

女性の場合は、リキッド選びを間違えて、臭くなってしまったら、やはりすごく変な目で見られてしまうでしょう。

いつもはいい匂いであったり、あるいはまわりの女性たちは良い匂いである事が多いでしょうから、そうなってしまうのも仕方がないのです。

だから、そうならないようなリキッド選びをしていく必要があります。

どういうリキッドならば良いのか

では、女性が電子タバコを吸う場合、どういうリキッドならば問題なく吸うことが出来ると言えるのでしょうか?

女性が電子タバコを吸う場合には、出来ればフルーツ系の電子タバコのリキッドにすると良いでしょう。

フルーツ系でも、当然独特の香りはあります。

しかし、バニラ系などに比べるとだいぶその香りは残りづらくなっていると言えるでしょう。

なので、それが苦手でなければ、そういう物を吸うのがおすすめです。

女性にも、おすすめできる電子タバコはこのように色々あります。

なので、女性だからと電子タバコを敬遠する理由なんてどこにもないのです。

是非これらの事を参考にして、電子タバコを吸っていき、今よりも健康的にタバコを楽しめるようになっていってください。

少なくとも電子タバコは、紙のタバコよりは体への害は少ないでしょうから。

電子タバコのバッテリー(MOD)の選び方

Aspire Cleito サブΩ アトマイザー 電子タバコ MOD VAPE (シルバー)

電子タバコ(ベイプ)の動力源はバッテリーになります。

そのため、バッテリーの容量が電子タバコの使用時間に大きく関わっています。

また、煙を発生させるアトマイザーの機能を引き出すことにも関わっています。

これらのことにより、自分の目的に応じた電子タバコを使用するには、バッテリー選びが重要になります。

それでは、電子タバコ(ベイプ)のバッテリーの選び方を紹介していきます。

電子タバコ(ベイプ)のバッテリーはMOD

電子タバコのバッテリーは「MOD」とも呼ばれています。

MODとは、「Modifycation」の略で、自分の好きなように組み立てて使用する電子タバコのバッテリーことをいいます。

スターターセットなどの電子タバコの機能やデザインは決して悪いものではありませんが、カスタマイズして自分の好きなデザインや機能を備えることにより、満足できる電子タバコを使用することができます。

そのため、電子タバコにこだわりたい方は、自分に最適なバッテリーを選び、電子タバコをカスタマイズする必要があります。

そして、電子タバコには、MODといわれるもの以外のバッテリーも存在します。

しかし、ベイプのバッテリーは主にMODと呼ばれているバッテリーを使用するため、バッテリーを購入する時はMODを買いましょう。

電子タバコ(ベイプ)のバッテリーの形と機能の関係

電子タバコ(ベイプ)のバッテリーの形は、色々なタイプのものが販売されています。

一般的な紙タバコのような大きさのもの、それよりも太いもの、四角い箱のような形のものなど、色々なタイプがあります。

紙タバコのような形のバッテリーはMODではなく、ベイプに分類されません。

そのため、ベイプとは使用目的が異なっており、性質や性能は違ってきます。

スティックタイプとボックスタイプ

一般的に、ベイプといわれている電子タバコに使われているバッテリーは、スティックのような形状をしている物か、四角い形のしたボックスタイプの物になります。

バッテリーは容量が多いほど形が大きくなり、現在の技術ではこのことを改善することはできません。

しかし、容量が多いものほど使用時間は伸びるため、容量が多い物を使用したほうがストレスなく電子タバコを使用することができます。

四角い箱のような形をしたバッテリーには、制御基盤や安全装置などが備わっています。

そのため、スティックのような形状をしているバッテリーよりも、箱の形状をしたボックスタイプの方が好まれています。

つまり、機能面を重視するのなら、機能性に優れたボックスタイプのバッテリーを選ぶと良いでしょう。

MODの種類と選び方

電子タバコ(ベイプ)のバッテリーには、「メカニカルMOD」と「テクニカルMOD」があります。

これらの性質は全く異なるため、その性質を理解して選ぶ必要があります。

メカニカルMODは、バッテリーケースの中に電池を入れて使用するもので、電池の電力をそのまま流すだけになるため、単純な作りといえます。

そして、制御基盤は備わってなく、温度管理もできません。

つまり、取り付ける方の技術次第で変化する、中級者から上級者向けのMODといえます。

このタイプのMODは、取り付け方を間違うと発火などの事故を起こすことがあるので、注意が必要になります。

それに対しテクニカルMODは、電池が内蔵されているものと、電池を入れるものがあります。

そして、制御基盤や温度管理機能などが備わっており、電力や電圧の出力の調整ができます。

多くのものには安全機能が備わっているため、電子タバコ初心者でも安心して使用することができます。

しかし、過去に事故が起きたこともあるため、信用のできる販売会社のものを選ぶことをおすすめします。

メカニカルMODとテクニカルMOD

バッテリーを選ぶ時、「メカニカルMODとテクニカルMODのどちらが良いのか?」ということになりますが、先程説明した通り、初心者はテクニカルMODの方が良いでしょう。

テクニカルMODはシンプルで小さいので、手軽に使用することができそうですが、作りがシンプルなため、電池の電力をそのまま流すことしかできません。

要するに、初心者に欲しい制御基盤や安全機能が備わっていないため、メカニカルMODを使用するには知識が必要になります。

これらのことによりメカニカルMODは、電圧と電流と抵抗値の関係性を理解している中級者や上級者に向いているといえます。

今の電子タバコ(ベイプ)の世界は、テクニカルMODが大部分を占めています。

それは、バッテリー自体がコイルユニットの抵抗値を計算し、最適な電流を流してくれるためです。

そのため、電子タバコの知識に乏しい初心者でも簡単手軽に電子タバコを楽しむことが可能となっています。

例え、通電したらショートする抵抗値のコイルユニットを誤ってセッティングしても、テクニカルMODは抵抗値の動作範囲が定められているため、安全機能が働き、使用できないようになっています。

そのような点からも、初心者はテクニカルMODの方を選ぶと良いでしょう。

VVとVWのバッテリー

テクニカルMODは、制御や安全を管理する機能が備わっており、電力の設定に対して自動的に計算し電圧をかけてくれます。

テクニカルMODにはこのような、VV、VW、温度管理機能が備わっているのが特徴になります。

VVとはVariableVolt(ヴァリアブルボルト)の略になり、決められた範囲内で好きなように電圧を調整することができ、煙量や味を変えることができます。

そして、VWはVariableWatt(ヴァリアブルワット)の略になり、最初にワット数を決めてアトマイザーを接続すると自動的に抵抗値を計測し、それに適した電圧をかける機能になります。

どちらが良いのかは一概に言うことはできませんが、VVよりもVWの方が電圧を細かく操作することができます。

バッテリーに備わっている温度管理機能

そして、温度管理機能が備わっているバッテリーも販売されています。

温度管理機能とは、上限の温度を設定することにより、電気を伝える機能になります。

温度を設定しているため、リキッドが足りなくなってもウィックが焦げることはありません。

普通はリキッドが不足すると温度が上がり、ウィックが焦げてしまいます。

しかし、温度管理機能が備わっている電子タバコは、リキッドが不足して設定温度よりも上がると電気の流れが止まるため、焦げることはありません。

そのため、初心者でも気軽に何度も電子タバコを使用することができます。

温度管理機能は、ウィックが焦げるのを防止する以外にも、フレーバーの特徴に合わせて温度を調整できることがメリットになります。

そして、MOD(バッテリー)には温度管理機能が使えないVVやVWのMODがあるため、温度管理機能が欲しい場合は注意して選びましょう。

電子タバコ(ベイプ)のバッテリー選びの要点

バッテリー選びで重要になることは、アトマイザーに合うものを選ぶことになります。

アトマイザーに合わないと使えない可能性も出てくるため、注意が必要です。

そのため、使用するアトマイザーに適した抵抗値範囲のバッテリーを選ぶ必要があります。

バッテリー商品の説明には、使用できるアトマイザーの抵抗値が書かれているので確認することが大切です。

また、バッテリーには電圧を出力できる範囲が定められています。

つまり、使用するアトマイザーに適した出力範囲のバッテリーを選ぶ必要があります。

これらのことにより電子タバコ初心者は、バッテリーよりもアトマイザーを先に選ぶと良いでしょう。

バッテリーに備わっている機能は、種類によって異なってくるため、自分好みのものを選ぶ必要があります。

また、バッテリーの容量も重要で、紙タバコの代用として頻繁に使用する場合は、2000mAh以上のものを使用すると安心でしょう。

しかし、電子タバコの使用時間はバッテリーの容量だけでなく、アトマイザーやバッテリーの出力も影響するので、覚えておくと良いでしょう。

電子タバコの身体への影響と安全性について

VAPE(ベイプ) X6 KAMRY社製 リキッド式 電子タバコ スターターキット (リキッド2個/取り替え用コイルユニット2個) ウッド【正規輸入品】

一般的に電子タバコは、身体に悪い影響を与えないと思われています。

それは、タバコのようにニコチンやタールなどが含まれていないためです。

また、ニコチンが含まれている電子タバコもありますが、日本のものにはニコチンは含まれていません。

これらのことから、電子タバコは身体に害がないと多くの方が思っていますが、本当に害はないのでしょうか。

ここでは、そのことについて詳細に紹介していきます。

電子タバコは身体に悪くない?

電子タバコは禁煙成功率が高いアイテムなため、多くの方が禁煙のために利用しています。

一般的なタバコには、ニコチンやタールなど有害物質が多く含まれており、身体に悪影響を与えてしまいます。

そして、電子タバコにはニコチンが含まれているものもありますが、その他の有害物質が含まれていないので、タバコから電子タバコに変える方は多くいます。

そのため、電子タバコは健康を害する恐れがないという方もいますが、安全性については完全に信用することはできません。

それは、電子タバコも身体に悪いと言う方がいるからです。

果たして、どちらが正解なのでしょうか?

この記事では、その問題の答えを出すために、現在分かっていることを説明していきます。

一般的な紙タバコと電子タバコどちらが安全?

電子タバコは、一般的な紙タバコの代用品として使用できることから、当然安全性についても比べられています。

タバコにはニコチンやタールなどの有害物質が含まれているので、身体に悪いのは当たり前ですが、電子タバコにはそれらが含まれていないことから安全だといわれています。

では、電子タバコで使用するリキッドの安全性や、電子タバコ本体の安全性はどうなのでしょうか?

そのことについても後々説明していきます。

タバコと電子タバコに含まれている物質の違い

電子タバコの安全性を疑う方がいることから、電子タバコを吸わないほうが安全だと言うことができます。

では、一般的なタバコと電子タバコの安全性を比べると、どちらが健康を害する危険性があるのでしょうか。

現在の時点では、タバコよりも電子タバコのほうが危険性がないとハッキリ言うことはできません。

それは、そのことが実証されていないためです。

しかし、一般的な紙タバコには、ニコチンやタールや一酸化炭素などの有害物質が200種類以上含まれており、発がん性物質は50種類以上あります。

その他にも、有害物質で有名なヒ素やカドミウムも含まれています。

そして、電子タバコにはそれらの物質が含まれていません。

この点から、タバコよりも電子タバコの方が安全だといえます。

ですが、電子タバコで発生する物質が身体に与える影響はまだ解明されていないため、電子タバコは安全だと断定することはできません。

では、ニコチンやタールなどの有害性について説明していきます。

タバコの三害について

タールについて

タバコに含まれているタールは、換気扇などを茶色くしてしまう粘着性のあるもので、いわゆる「ヤニ」になります。

そのため、ヤニが歯や壁や換気扇などにこびりついてしまうと、落とすことが困難になります。

そのようなタールには発がん性物質が含まれおり、その物質は数百種類といわれています。

そのため、喫煙している方は、癌になる危険性が高いといえます。

電子タバコにはタールが含まれていないことが、健康に害する恐れが少ないといわれている理由の一つになります。

ニコチンについて

ニコチンには、タールのような発がん性物質が含まれていません。

しかし、神経に悪い影響を与えるため、心拍数や血圧が上がったり、動脈硬化の危険性が高まる恐れがあります。

そして、一番厄介な症状が「ニコチン中毒」になります。

タバコを吸ってニコチンを摂ると、ニコチン中毒になり、ニコチンに依存するようになってしまいます。

そのため、しばらくタバコを吸わないとニコチンが不足し、ニコチンを摂るために有害物質を多く含んだタバコが吸いたくなります。

これらのことにより、ニコチンは身体に有害だといわれています。

一酸化炭素について

一酸化炭素とは、炭素が燃える時、酸素が足りない状態で燃焼が不完全になると発生する気体になります。

タバコの煙には一酸化炭素が1~3%くらい含まれています。

この一酸化炭素は「タバコの三害」ともいわれており、身体に悪い物質になります。

一酸化炭素がヘモグロビンと結びついた物質は減少するのに数時間かかるため、タバコを多く吸う方は酸素が慢性的に足りない状態になります。

また、赤血球を増やそうとします。

そのため、血管が硬くなる動脈硬化という症状を引き起こす可能性が高くなります。

タバコの有害物質のタールやニコチンは有名ですが、一酸化炭素も恐い物質になります。

そして、これらのことにより、一酸化炭素をサイレントキラーと呼んでもいいかもしれません。

その一酸化炭素は、電子タバコには含まれていないので、タバコよりもベイプの方が健康を害する恐れがないといえます。

電子タバコ(ベイプ)が発生する物質

電子タバコには、ここまで説明したタバコの有害物質が含まれていないことが、大きなメリットとなります。

ですが、それらが含まれていないからといって、安全だと断定することはできません。

それでは、電子タバコにはどうような物質が含まれているのでしょうか。

電子タバコはホルムアルデヒドが発生する?

電子タバコのリキッドからホルムアルデヒドが発生するという方がいれば、発生しないという方もいます。

そのホルムアルデヒドとは、刺激臭のする色の無い気体になります。

有機媒体として使用されるメタノールを、空気で酸化することにより生成されます。

ホルムアルデヒドは作るのに費用がかからないので、接着剤や塗料や防腐剤など幅広く使用されています。

接着剤特有の臭いは、ホルムアルデヒドの臭いになります。

ホルムアルデヒドを多く取り込むと、呼吸困難や肺腑種を引き起こすことがあります。

また、長期間ホルムアルデヒドを吸い続けることにより、結膜炎や咽頭炎も起きやすくなります。

そのため、電子タバコがホルムアルデヒドを発生させていたとしたら、大変なことになりますが、リキッドにはホルムアルデヒドは使用されていません。

ですが、今の段階では、電子タバコは安全であると断定する研究結果が出ていないため、電子タバコによる健康被害について色々なことをいわれています。

健康被害を受けないために

電子タバコには、ニコチンやタールなどの有害物質が含まれていないことから、癌になる危険性は低いことになります。

しかし、現段階ではハッキリとした研究結果が出ていないため、電子タバコは癌にならない要因だと断定することはできません。

そして、世の中には質の悪いリキッドも多数存在しており、身体に有害な物質が含まれている可能性もあります。

そのため、信用のできない怪しいリキッドは避けたほうが良いでしょう。

また、リキッドに質の悪いものがあるように、電子タバコ本体にも質の悪いものが存在します。

質の悪い電子タバコは爆発などをする恐れがあるため、信用のできるメーカーのものを購入することをおすすめします。

そして、電子タバコ自体に異変が起きた時は、使用するのを中止しましょう。

ここまで読んでくださった方は、「結局電子タバコの健康被害はどうなの?」と思うかもしれません。

他のサイトでも電子タバコによる健康被害の情報が色々あり、答えがハッキリしていません。

研究結果も断定できる結果が出ていないため、何とも言えませんが、電子タバコを趣味の一つとして楽しむことは悪くないと思います。

運動や料理には怪我、食べることには太る、などのリスクがあるように、何事にもリスクはあります。

そのため、リスクを理解し電子タバコを使用すると良いでしょう。

「VP MAGIC」の詳細

VP MAGICの電子タバコは、どこでも楽しむことのできるものであり、実際に利用している人たちからは良い内容のレビューが複数寄せられています。

タバコを楽しみたいという人には強くおおすめできるアイテムであると言えるでしょう。

様々な特徴が存在するため、電子タバコを楽しみたい人からの興味が強く示されています。

匂いやヤニの心配がない

VP MAGICはタバコ特有の匂いやヤニの心配のない点が特徴として挙げられています。

匂いについては服や髪の毛に付着する心配がなく、女性でもタバコを楽しむことが可能です。

また、ヤニが口腔内に付着する心配もないため、歯がヤニで黄ばんでしまうという心配もする必要がありません。

通常のタバコで気になることのある匂いやヤニを気にしている人にとっては、このような電子タバコはおすすめできるのではないでしょうか。

また、初めてタバコを楽しみたいという人も、VP MAGICを選択することで満足いく喫煙ができると言えるでしょう。

専用のフレーバーリキッドの付属

VP MAGICには、専用のフレーバーリキッドが付属しています。

フレーバーの種類は複数あり、メンソール、コーラ、チョコレート、コーヒーのテイストがラインナップされています。

このフレーバーリキッドは電子タバコ本体にあるタンクに充てんして使用する形式であり、簡単な充てんの方法で利用することが可能です。

複数の種類のフレーバーが用意されており、自分の好みのものを選んで楽しむことができるのではないでしょうか。

また、ニコチンが含有されていないという特徴もあり、このフレーバーリキッドを使うことで体に害を与えずタバコを楽しむことも可能です。

細かく変更できる電圧

電圧を調整して、VAPEの楽しみ方をアレンジすることもできます。

3.3V、3.8V、4.3V、4.8Vの4段階で電圧を変えることができ、電圧を上げることでタバコを濃密に楽しむことが可能となります。

電圧が高くなるにつれて、リキッドを消費する量は増えるものの、その時の気分に応じてタバコの楽しみ方を変えたい人には、電圧調整機能はおすすめされるでしょう。

電圧を調整する場合には、ダイヤルを回して変更することが可能であるため、簡単に腸背できる点も魅力的であるとされています。

USBケーブルによる充電

VP MAGICを充電する場合には、USBケーブルを用いて行います。

変換アダプタを利用してコンセントに接続して行う充電方法になり、フル充電をする場合には最長で3時間程度の時間を要します。

充電の必要が出てきた場合には、電源ボタンが15回点滅するため、利用している最中でも分かりやすくなっています。

また、使用中に電池の残量を知りたいときには、電源ボタンを押すことで簡単にチェック可能です。

フル充電に近い場合は白、80%から30%程度であると青、そして電池が切れるタイミングが近付くと赤く転倒します。

複数のカラーバリエーション

シルバー、ブラック、ワインレッドという3つのカラーバリエーションが用意されているため、好みの色のVP MAGICを購入することが可能ではないでしょうか。

いずれのカラーも、単にタバコを吸うということだけではなく、吸っている姿をスタイリッシュに見せられるカラーリングであることから、どの色も人気を博しています。

どのような場所でも電子タバコを楽しく味わえることにも繋がる特徴であると言えるのではないでしょうか。

「VP MAGIC」のまとめ

VP MAGICの電子タバコは、通常のタバコで気になる匂いやヤニを心配せずに楽しめ、USBで充電する仕組みが特徴的です。

そのため、いつでも気軽に電子タバコを楽しむことができ、長く楽しめるのではないでしょうか。

人体への影響の少ないニコチン無配合でもあるため、初めてタバコを楽しむ人でも安心できると考えられています。

「TaEco+」の詳細

いざ禁煙を決意しても、思っていたほど簡単にはいかないもの。

自分の意思が弱いとかではなく、習慣になっていたことを突然止めるということはストレスや精神的負荷も重くのしかかってきます。

煙草には依存性がありますから尚更ですよね。

そこで頼りになるのが電子タバコ!

今回紹介させていただくTaEco+は周りにも自分自身にも優しい設計で、満足させてくれること間違いなしですよ!

味があるから口寂しくならない

喫煙者の中には、煙草を吸わないことでなにか口寂しくなってしまうという方も多いのではないでしょうか?

飴玉やガムも良いけれど、なにか違う…といったあなたもご安心を。

このTaEco+の電子タバコに入っているフレーバーリキッドは使用者からも絶大な人気を誇っており、禁煙初心者さんにもおすすめです。

無理なく始めることができる優れもの。

ミントやグレープフルーツ、オレンジなどの味があり、爽やかな香りが口内に広がります。

一切ニコチンやタールなどは含まれておりませんので、吸う本人にも安全かつ、周囲の人たちにも全く迷惑がかからない環境に優しい電子タバコとなっています。

デザインがクール

禁煙は自分の体や将来のためにも周囲のためにももちろん良いことではありますが、吸っている格好が悪いのではあまり手を出そうとは思えませんよね。

しかしこのTaEco+の電子タバコは、見た目が非常にシックでシンプル、格好良いものとなっているのです。

ベーシックシリーズとプレミアムシリーズがあり、両者ともにブラックおよびシルバー。

色合いは高級感溢れる上品なものとなっています。

接続が簡単だから面倒臭くならない

何をするにも、ひと手間というのは意外にも人を面倒臭がりにしがちなもの。

電子タバコを使用する上では欠かせない充電だったり、アトマイザーの装着だったりが、こちらの商品はワンタッチとなっているので全く手間にはなりません!

たったカチッと嵌めるだけ。

疲れて帰宅してもたったワンタッチで済んでしまうので、毎日継続するのには全く苦にならないのが嬉しいですね。

できるだけ使用者が禁煙に取り組みやすいようにと徹底的にこだわった設計になっています。

口コミや評判が良い

実際に使ってみるとなると、気になるのは使い心地やその効果。

しかし公式ウェブサイトなどでは良いことが書いてあって当然なので、いまいちどれをどこまで信用していいのか分からなかったりしますよね。

しかしこのTaEco+の電子タバコは、実際に口コミが良いので安心です。

「思った以上にリアルな感触で驚いた!」や、「車の中で吸っても嫌な臭いがないから大丈夫」、「完全に脱タバコができた!」など、喜びの声でたくさんです。

それだけで数多く発売されている電子タバコの中でも特におすすめできると言えるでしょう。

出費が大幅に抑えられる

電子タバコは決して安いとは言えません。

例えばTaEco+であれば、ベーシックシリーズで¥6,000弱ほど、プレミアムシリーズであれば¥8,000弱ほどもします。

しかし考えてもみて下さい。

本物の煙草はメジャーなものだと¥400以上するのが普通なので、これを毎日1箱でも吸っていれば月々¥10,000以上もします。

¥10,000あれば他に何ができますか?

家族と外食をする足しにしてもいいですし、趣味に没頭することもできるかもしれませんよね。

さらには健康な体も手に入れられるのですから、一石二鳥だとは思いませんか?

「TaEco+」のまとめ

禁煙をするにあたり、電子タバコにシフトチェンジするメリットは上記以外にもたくさんあります。

最近では特に喫煙場所が減少していく傾向にあるので、今のうちに禁煙をしておけば肩身の狭い思いをしなくても済むというのもありますね。

自分の体に良いというだけでなく、家族も喜ばせることができるのですからTaEco+の電子タバコにチャレンジしない手はありませんよ!

「VP one」の詳細

電子タバコは最近はブームになっています。

煙も出ずに、また香りを楽しめるこの電子タバコは、アメリカで最初につくられ、その後世界に広がっています。

日本でも最近はiQOS(アイコス)といった電子タバコのブームが来ていると思います。

その電子タバコの中で、VP oneという電子タバコについて紹介をしたいと思います。

VP oneは電子タバコを手軽に楽しめる商品であり、おすすめの商品です。

では、VP oneの特徴について紹介をします。

まずフォルムがスマートです

VP oneの電子タバコの本体はとてもデザイン性に富んでいます。

VP oneの本体はステンレス製で軽く、見た目も細くてスマートです。

そして何と言っても、通常のタバコとは違い、吸い殻などのゴミが出ませんので環境にも優しい電子タバコであると言えます。

匂いも本来のタバコの匂いではありません

通常のタバコですと、煙が薄くても服に匂いがこびりつくことがあります。

自宅に帰るとタバコの匂いのきつさで部屋中がタバコの匂いにとなる場合もありました。

一方で、VP oneの場合、電子タバコであるため、匂いもありませんし、服に匂いがこびりつくこともありません。

嫌な匂いを気にせずに、VP oneを利用することができます。

タバコのヤニもつきません

通常のタバコの場合、歯にヤニがつくことがあります。

私もいつも歯をケアして綺麗にしていたとしても、次第にヤニがこびりつく場合があります。

そして、このヤニがこびりつくとヤニをとることが大変になります。

専用の歯ブラシや歯磨き粉を利用したとしてもなかなかとることができませんので、私の場合、歯医者で歯の掃除をしてもらったこともあります。

一方で、VP oneの場合は、電子タバコ特有の水蒸気での吸引ですので、ヤニもつくこともなく、歯のケアを実施する必要もありません。

無害です

通常のタバコの場合は、ニコチンやは煙を吸うことにより、肺が真っ黒になります。

そして喫煙歴が長くなるにつれて、肺気腫や肺がんになるリスクが高くなるということがあり、体にはよくないと言われています。

さらに、タバコにより、歯の歯槽膿漏が進行してしまうことや、脳への影響など、体のあらゆる部位で影響が発生する恐れがあります。

一方、VP oneは完全に無害であり、ニコチン含有量0.00mgというフレーバーリキッドがあり、このリキッドにより気分をスッキリさせてくれます、

家計にも優しいVP oneです

通常のタバコの場合、最近は毎年のようにタバコの価格改定により、高くなっています。

ちょうど15年前に300円前後の値段であったと思いますが、最近では500円近くまで値上がりしています。

今後の値上がりを余儀なくされ、家計もどんどんと圧迫しそうなタバコです。

一方、VP oneの場合、本体を購入する際の初期費用はかかりますが、以降のランニングコストは抑えることができます。

VP oneでの算出としては、フレーバーリキッド1本で約920円です。

このフレーバーリキッド1本分で3600服するとして、通常のタバコ1本を8服するとして450本分とし、タバコ代を20本で440円とすると、1ヶ月だけで約1万円の差が出て来ます。

これが喫煙を継続することにより、1年では約14万円を節約することができます。

あくまでVP oneでの試算ですが、体にも害がなく、安価な価格でタバコを楽しむことができます。

「VP one」のまとめ

VP oneの特徴である本体のスマート感や無臭に近い感覚で、フレーバーを楽しみながら体に優しく、そして安価であるということは、手軽さという意味では非常に良い商品であると言えますし、何と言っても手軽さがいい商品です。

通常のタバコの味を楽しみたいこともあるとは思いますが、体のことを気をつける場合には、電子タバコへの切り替えもおすすめします。

「Frienbr STANDARD」の詳細

喫煙者の肩身の狭い時代になりました。

全面禁煙という空間も増えていますよね。

そんな中、今注目を集めているのが電子タバコです。

電子タバコといってもタバコとは異なり、灰や煙などが出ないので、環境や健康のためにも良いと評判です。

中でもFrienbrSTANDARDは初心者の人にもおすすめの電子タバコです。

FrienbrSTANDARDについての内容や特徴は以下の通りになります。

FrienbrSTANDARDの内容(販売価格4980円税別)

①専用ハードケース

②バッテリー

  1. 650mAh(充電が満タンの状態で吸引時間2秒から3秒で約600回から800回まで使用可能)
  2. Frienbr取扱のアトマイザーであればどれでも使用可能
  3. 大きさ:長さ81mm/直径14mm/重さ30g

③アトマイザー

  1. リキッドの内容量2.0ml
  2. Frienbr取扱のバッテリーであればどれでも使用可能
  3. コイル交換が可能
  4. 大きさ:長さ72mm/直径14mm/重さ25g

※初めての使用の際にはコイルにリキッドが染みるまで3分から5分ほど置きます。

リキッドの浸透が少ないとコイルが焦げる原因となります。

※消耗品なので、蒸気の量が減少したり、味が変わったと感じた場合は新しいコイルに交換しましょう。

※バッテリーとの接続箇所にリキッドが溜まった場合は拭き取るようにしましょう。

  1. 予備用コイル
  2. USBケーブル
  3. 説明書
  4. 選んだフレーバー

FrienbrSTANDARDの特徴

  1. 排出される蒸気の量が大幅に増量
  2. 蒸気の量を調節できるアトマイザー
  3. 電圧切り替え機能付きバッテリー

国産フレーバー付きなのですぐに使用でき、気軽にFrienbrを楽しみたいと思っている方におすすめです。

また、スマートでおしゃれな専用ケースやシャンパンゴールドやメタルなどのおしゃれなカラーが取り揃えられているので、プレゼントにも喜ばれる電子タバコと評判です。

FrienbrスターターキットACに付属するフレーバー

FrienbrスターターキットACではこれらの12種類のフレーバーの中から好きなものを選ぶことができます。

全てのフレーバーは国内産で、化粧品や医薬部外品なども製造している信頼できる工場で作られていて、安心して利用することができます。

メンソール系

①ストロングメンソール

一般的なメンソールに比べて、スッとする感じがやや強めで癖になるフレーバー。

②ハードブラストメンソール

ストロングメンソールよりも更に強い清涼感で刺激あるレーバー。

フルーツ系

①マスカット

Frienbrならではのオリジナルの爽やかなマスカットフレーバー。

②スウィートストロベリー

ベリー系好きにはたまらない甘酸っぱい香りを楽しめるフレーバー。

③ピーチミント

白桃にミントが加わった甘くて爽やかなフレーバー。

飲み物系

①グリーンティーミント

香り優しい緑茶と爽やかなミントが混ざったスッキリ感あるフレーバー。

②ブルーハワイ

爽やかスッキリだけでは物足りない人にプラス優しい甘さのあるフレーバー。

③ストレートティー

紅茶の香りで嫌味なくスッキリしたフレーバー。

④クリスタルミントコーヒー

コーヒーとミントの絶妙な配合でコーヒー好きにおすすめの大人のフレーバー。

その他

①アロマティークバニラ

甘くてマイルドなバニラのフレーバー。

②ハワイアンココナッツ

ココナッツの独自の香りが楽しめるフレーバー。

③ビターチョコレート

ほんのり甘く、ほんのり苦く大人な香りを楽しめるフレーバー。

「Frienbr STANDARD」のまとめ

様々なメーカーから、色々な電子タバコが販売されているので、どれにしようかと迷ってしまう人もいるでしょう。

FrienbrSTANDARDは、初心者の方でもすぐに使えて、お値段もお手頃、デザインも男女問わずシンプルで上品なのが良いですね。

気になった人はぜひFrienbrの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

Frienbrの会員になると新製品を先行販売で買えるなどお得な情報もあります。

「Frienbr CLOUD17」の詳細

最近では、電子タバコも普及してきて、禁煙目的やオシャレアイテムとして持ち歩く人も増えてきたのではないでしょうか。

電子タバコの中でもVAPEタイプの電子タバコは、ニコチンを含まないリキッドもあるので、健康面に悪影響を与えることなく香りを楽しむことが出来ます。

今回この記事では、VAPEタイプの電子タバコの中でも特徴的なデザインをしたFrienbr CLOUD17について紹介していきます。

Frienbr CLOUD17って

Frienbr CLOUD17はTHE Frienbr SHOP(ザ・フレンバー・ショップ)から販売されている電子タバコで、値段は12,800円(税別)となっており、同店で販売されている他のシリーズよりも高額な商品となっています。

高額ではありますが、Frienbr CLOUD17には他シリーズには無い機能性と、大容量のバッテリーにより充電が長持ちするなど魅力的な特徴があります。

Frienbr CLOUD17の特徴

Frienbr CLOUD17の特徴は

  1. 他のVAPEタイプの電子タバコと比べて特徴的なデザイン
  2. 面倒な手間がかからず簡単操作
  3. 充電長持ちで何回も楽しめる
  4. 満足感を味わえる煙の量

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

他のVAPEタイプの電子タバコと比べて特徴的なデザイン

普通、電子タバコというと長細いデザインのものが多いと思います。

しかし、Frienbr CLOUD17は長細いデザインではなく、手のひらにすっぽり収まるような特徴的なデザインをしています。

また、長細いデザインではないのでポケットに入れたときに、先端部分だけ入りきらないということもなく、持ち運びもしやすいのも特徴です。

他人と違うデザインのものを持ち歩きたいという人には嬉しい特徴ですね。

面倒な手間がかからず簡単操作

Frienbr CLOUD17の最も優れた特徴はこの簡単操作にあるかもしれません。

というのも、Frienbr CLOUD17は他のVAPEタイプの電子タバコと違い、リキッドの注入をする必要がありません。

リキッド入りのカートリッジの交換をするだけで、すぐに香りを楽しむことが出来ます。

面倒な手間いらずなので、リキッドの注入が面倒な人にはおすすめです。

充電長持ちで何回も楽しめる

電子タバコは充電がなくなると、使用することが出来なくなってしまうので、こまめな充電が必要になります。

しかし、Frienbr CLOUD17は一度の充電で長く使用することが可能です。

こまめな充電が面倒だったり、忘れがちな人には嬉しい利点となっています。

満足感を味わえる煙の量

Frienbr CLOUD17を求める人は、この特徴に期待する人が多いかもしれません。

Frienbr CLOUD17が上級者向けと言われる理由が、煙の量にあります。

他のVAPEタイプの電子タバコに比べて、Frienbr CLOUD17は多くの煙を出します。

煙の量が多いため、十分な満足感を味わいたい人にはおすすめです。

Frienbr CLOUD17の悪い点

上記では、Frienbr CLOUD17のおすすめしたい魅力的な特徴について紹介しましたが、もちろん悪い点もあります。

その悪い点とは

  1. 本体のカラーバリエーションがブラックの一種類
  2. リキッドの種類は三種類しかない

となっています。

上記の悪い点について説明します。

本体のカラーバリエーションがブラックの一種類

男性向けとして販売されたためなのか、Frienbr CLOUD17にはブラックの一種類しかカラーバリエーションがありません。

せっかくの特徴的なデザインも、色の選択肢がないというのはマイナスな特徴と言えるでしょう。

リキッドの種類は三種類しかない

Frienbr CLOUD17に用意されたリキッドは、カートリッジの関係もあるためか三種類しかありません。

ストロングメンソールとマスカット、ハードブラストメンソールの三種類です。

わずか三種類だと、味に飽きてしまう場合もありますので、リキッドの種類の少なさもマイナスな特徴となっています。

「Frienbr CLOUD17」のまとめ

Frienbr CLOUD17には魅力的な特徴もありますが、悪い点もあります。

Frienbr CLOUD17の悪い点を許容出来て

  1. リキッドの注入作業が面倒と感じる
  2. 他にはない特徴的なデザインのものを使いたい
  3. 多くの煙の量で大きな満足感を味わいたい
  4. 充電が長持ちするものを使いたい

上記のような要望を持つ人達にはおすすめな電子タバコとなっています。

男性向けとはなっていますが、女性が使用するにも全く問題ない商品ですので、気になった方は是非、購入を検討してみてくださいね。

「EMILIスターターキット」の詳細

EMILIスターターキットは、初めて電子タバコを使う人に向いているセット内容となっています。

充実したセットの中身であるため、電子タバコを使う際にも満足いくものであると言えるのではないでしょうか。

簡単に使い始めることのできるところも、スターターキットの良い部分として挙げられることが多く、評価されています。

2本セットでの販売

EMILIスターターキットには、電子タバコが2本セットで入っています。

これらの電子タバコは、本来のタバコと同じサイズであり、取り扱いやすい形状になっていることも魅力的な部分として挙げられています。

この2本の電子タバコは、それぞれブラックとホワイトであるため、その時の気分に合わせて色を選ぶこともできるのではないでしょうか。

また、2本が同梱されることによって、異なったフレーバーを楽しむことも簡単にでき、電子タバコを最大限に楽しむことができるとも考えられています。

電子タバコのデザインもスタイリッシュであり、男性はもちろん女性も電子タバコを楽しめるのではないでしょうか。

2本同時に充電できる携帯ケースの付属

電子タバコを2本同時に充電できる携帯用ケースも、EMILIスターターキットには含まれています。

ケース自体は重さが130gであり、厚さがおよそ15mmと非常にコンパクトな形状です。

普段電子タバコを持ち歩く際にも、重さを感じず簡単に携帯できるため、その点がメリットとして挙げられています。

外出する際にEMILIを楽しみたいという人にとっては、このような携帯ケースの付属したスターターキットは購入がおすすめできると言えるでしょう。

また、充電時には約3時間で2本の電子タバコをフルに充電でき、迅速にバッテリーを回復させることが可能です。

このような点も、EMILIスターターキットが評価される一因として挙げられています。

リーズナブルな値段での販売

EMILIスターターキットは、電子タバコや充電ケースを含めて税込7000円で販売されています。

また、eTabacoの会員に登録して購入することで、税込6500円で一通りのスターターキットを手にすることが可能です。

そのため、気軽に電子タバコを始めてみたいと考えている人に対しては、このスターターキットを購入することがおすすめされています。

また、初めてタバコを楽しもうとする人にも十分満足できるセット内容となっており、おすすめできるのではないでしょうか。

また、取扱説明書も付属されていることから、電子タバコの使い方が分からない場合でも安心して購入することが可能です。

購入後のサポート内容も充実

スターターキットを購入した後のサポートも、非常に充実している点が特徴として挙げられています。

実際にEMILIスターターキットを購入した後の問い合わせへの対応をしてもらえるほか、購入後7日以内であれば初期不良が生じた場合に交換対応してもらうこともできます。

また、3か月以内は保証期間となっていることから、その期間内にも交換や修理などに対応してもらうことができるため、安心してスターターキットを購入できる環境が形成されていると言えるのではないでしょうか。

このような購入後のサポートについては、電話での問い合わせができ、迅速に対処してもらうことができると評価されています。

こうしたサポートの充実は、購入者からも良い側面のひとつとして取り上げられているのではないかとみられています。

「EMILIスターターキット」のまとめ

EMILIスターターキットの電子タバコは、初めて使う人にとって充実した内容となっており、満足度の高いものとして評価されているのではないかとみられています。

電子タバコ自体を初めて取り扱うという人にとっては、特にこのようなセット内容が魅力的に認識されていると考えられていることから、このタイプのタバコを楽しみたい人にもおすすめできると言えるでしょう。

「eGo AIO スターターキット」の詳細

初めて電子タバコを持ちたいと考えている方におすすめの製品です。

コンパクトサイズなので、家庭で使うだけでなくカバンに入れて持ち運びにも便利です。

そして、リキッド漏れが少ないので、取り扱いしやすく安心して使用することができます。

リーズナブルな所も買いやすくおすすめで、電子タバコデビューする方に最適な製品です。

電子タバコはカラーバリエーションが選べる

ブラック、シルバー、ホワイト&ブラック、ホワイト&レッドから好きな色を選ぶことができます。

長く愛用したいものだからこそ、好きな色の電子タバコを持つことで、気持ちが豊かになってきます。

男性女性を選ばないおしゃれな電子タバコです。

バッテリーライトの色が選べる所も魅力です。

アトマイザータンク内が窓のようになっており、バッテリーライトの色見えるようになっています。

赤・黄・緑・青・水色・紫・白の7色から好きな色を選んで設定出来ます。

暗いところでもよくわかり、自分だけのオリジナルな電子タバコができます。

オリジナルな電子タバコが欲しい方におすすめです。

電子タバコは驚異の大容量バッテリー

コンパクトサイズながら大容量のバッテリーのため、長時間の使用が可能です。

最大充電時間は4.5時間なので、こまめに充電する必要がありません。

忙しくて、充電するのが大変な方にもおすすめです。

また、こまめに充電するのが面倒な方にもおすすめです。

バッテリー残量は表示されます。

光り方が変わっていくので、充電のタイミングがよくわかります。

たくさん吸いたい方も、きっと満足できることでしょう。

リキッド漏れの心配がない電子タバコ

この製品は、アトマイザータンク一体型です。

画期的な構造で、電子タバコ上部からリキッド充填が出来ます。

アトマイザーキャップを上から閉めるので、リキッド漏れの心配が激減しました。

この製品に使われているリキッドは、安心して使えるように細心の注意を払って製造されたものです。

世界的検査機関TUVの検査もクリアできています。

電子タバコの空気吸入量が調節できる

電子タバコは、空気吸入量が調節できる所が特徴です。

この製品には、アトマイザーキャップに調節リングがあり、空気吸入量が無段階に設定することができます。

好みの空気量は、人によって異なります。

自分に合った空気量を楽しむことで、電子タバコをもっと好きになることができます。

最小空気量から最大空気量に変更するには、90度動かすだけなので簡単に調節できます。

その時の気分に合わせて変えられるところがうれしいです。

電子タバコは誤作動防止ロック機能付き

電子タバコは誤作動が心配です。

そのため、電子タバコが誤作動を起こさないように、誤作動防止ロック機能が付いています。

カバンに入れていて振動で誤作動を起こすこともありません。

使用後は、ロックをかけることで安心して使用することができます。

しかし、小さな子供が触ると心配です。

子供がいる家庭では、手が届かない場所に保管しましょう。

電子タバコは空焚きに気を付けることで長持ちできる

低抵抗アトマイザーヘッドを採用しているので、爆炎が期待できます。

使用時には、空焚きに気を付けます。

空焚きによる焦げ臭いにおい防ぎ、さわやかな気分を楽しむことができます。

長持ちさせることでもあります。

アトマイザーヘッドにリキッドが十分に染み込むように、2分ほど時間をかけることがコツです。

「eGo AIO スターターキット」のまとめ

電子タバコは、初めての方にも手軽に簡単に取り扱うことができます。

空気量を調節したり、自分の好きな色を選ぶことで、電子タバコを十分に楽しむことができます。

小さいながらもバッテリーが大容量なので、充電の手間が少ないのもおすすめです。

リキッド漏れが少ないこと、誤作動防止ロックが付いていることで、より親しみやすくできた製品です。

「spire プレミアムキット」の詳細

年齢と共に健康志向が高まってきていたり、喫煙場所の制限やたばこの価格上昇を受けて禁煙を始めようとする方は増えてきたと思います。

ニコレットやニコパッチ、禁煙外来などの方法を取られる方もいらっしゃいますが、ここ近年で電子タバコを利用する方が多くなっています。

そこで、電子タバコを長年利用しておられる方におすすめなaspire(アスパイヤ)の電子たばこをご紹介したいと思います。

本物とかわらない感覚aspireの電子タバコ

aspireの電子タバコは、ニコチンをふくまず、臭いも残らないのに、本物のタバコと変わらないほどの刺激と煙が喉を通る感覚を楽しんでいただける、上級者向けの電子タバコです。

その特徴の1つに、エアフロー調節機能の採用があります。

独自の4種類のポートによって、エアフロー(空気の流れ)をご自身のお好みのものにコントロールできるように作られているのです。

一番小さい0.9mmを使用すると、かたく熱い吸い心地。

最大の1.8mmでは柔らかく冷たい吸い心地となります。

2つ目の特徴としてaspireの電子タバコには、バッテリーの底部に電圧可変リングが備えられています。

3.3V、3.8V、4.3V、4.8Vの四段階で調節が出来、この電圧によってお好みの煙の量を楽しめるつくりとなっています。

また、ステンレスを使用している吸い口の内部には、全長55mmのアトマイザー(透明管)が通っており、コイルで熱されたリキッドを絶妙な温度と口当たりにして届けてくれるという特徴もあります。

これだけのフルスペックがあれば、これまでに様々な電子タバコをためしてこられた上級者の好みをより忠実に再現できますし、また電子タバコが初めての方でも自分好みに合わせられるため、始めやすいかもしれません。

一体コストはどれほどかかるの?

電子タバコ経験者の方はご存知かもしれませんが、気になる電子タバコのコスト面をみてみたいと思います。

禁煙を始めようとした時に、ニコレットやニコパッチを2週間使用すると仮定しておおよそ6000円ほどかかります。

また、禁煙外来を受診して4週間の薬を出してもらった場合はおおよそ12000円ほどになるのではないかと考えられます。

aspireの電子タバコはプレミアムキット(リキッド2本付き)のもので、12500円程で購入できそうです。

初回は本体や付属品等の購入が必要となりますので高くつきますが、初回以降は、リキッドのみの購入となり1500~3000円程で追加購入していく形となります。

もちろん、部品が破損した場合や、バッテリーが切れてしまって場合はその都度購入する形となります。

その気になるバッテリーですが、aspireのプレミアムキットには大容量の1000mAhのバッテリーリチウムイオンが使用されています。

3時間の充電で約300回の充電が可能となっておりますので、他社と比べると大変長く使用していただけます。

上級者向けの洗練されたボディー

aspireの電子タバコのボディに、車のエアロパーツでも人気があるカーボンを採用することで高級感を演出しています。

その洗練されたボディは、電子タバコ上級者のリラックス時間をかっこよく、色っぽく演出してくれます。

さらに、aspireのプレミアムキットは他の電子タバコをためしたけれども、もうひと段階上を味わいたい方におすすめ。

空気の流れや電圧まで調節できるフルスペックは、違いの分かる上級者に楽しんでいただきたい、極上の味わいとなっているのです。

「spire プレミアムキット」のまとめ

禁煙を始める方の第一歩をサポートする電子タバコ。

沢山の商品が出回っている中で、まるで本物を味わっているかのような感覚にさせてくれる、充実の機能を持ち合わせたspireの電子タバコは大変おすすめです。

自分好みの吸い心地にカスタマイズできるので、電子タバコの上級者にもってこいです。

電子タバコを購入するのは初めてだけど、始めるからにはかっこいいデザインがいいと思われる方にもぜひ手にしてほしい一品です。

「グロー」の詳細

glo(グロー)シルバー スターター・キット 製品未登録(my glo)保証書付属 未開封

一番人気がある電子タバコは言わずと知れたアイコスになるでしょうが、グローはそれに近いものなので、人気になってくるのもわかります。

でも、グローはアイコスに比べて何が良いのでしょうか?

ここではそんな、グローのメリットについてまとめます。

電子タバコグローは続けて吸える

電子タバコグローの利点としてまず挙げられるのは、続けて吸うことができるという点でしょう。

アイコスは、一本吸った後にインターバルが必要になります。

でも、グローではそれが必要ないのです。

なので、どんどん連続で吸うことができると言えます。

それは、続けて吸いたい人にとってはすごくうれしいメリットだと言えるでしょう。

電子タバコはタバコに比べるとやはり吸った感が薄いものになります。

なので、ついつい連続で吸いたくなることもあるでしょう。

グローならばそれをかなえてくれます。

連続で吸えるのはデメリットでもある

ただ、そうして連続で吸うことができるのが、必ずしもよいことかと言われると、それには疑問符が付きます。

なぜなら、そうして連続で吸い続けている限り、いつまでもタバコの本数は減らないからです。

タバコから電子タバコにするとき、経済的な理由や、見た目的な理由だけではなく、そもそもタバコをやめたいと思ったから電子タバコにしたという方も多いのではないでしょうか?

電子タバコにすればタバコを吸っている感も薄くなりますから、それを吸い続けているうちに次第にタバコなんて吸いたくなくなるかもしれない。

そう思って電子タバコを吸っている方も多いでしょう。

しかし、こうして連続で吸い続けることができると、今度はそれに依存する可能性が極めて高くなります。

なので、結果的にタバコを止めることにはつながらなくなったりするのです。

それはやはりデメリットとなるでしょう。

もちろん最初から別にタバコを止める気はなく、そもそもおしゃれだから電子タバコにしているとか、みんなが電子タバコになってきたから流れにのっただけとかいうのであれば、これはデメリットでも何でもないでしょう。

香りがあまりしない

電子タバコグローのメリットとして、香りがあまりしないということもあげられます。

電子タバコは、結局それ特有の何とも言えない香りがすることが多いです。

その香りがあるからこそ、タバコの代わりとなれるような喫感になるわけなのですから、それもしかたないことだとはいえます。

しかしやはり、香りが強いというのは、デメリットであることの方が多いです。

なぜなら、香りが強ければ強いほど、外でそれを吸う時に気を使わないとならなくなるからです。

外でそれを吸う時には、電子タバコも周りに流れていくことになります。

その煙の香りが強ければ、その強い香りを周りの人につけてしまうことになるでしょう。

そうなったら、すごく嫌な顔をされることもあるかもしれません。

当然ながらそのまま吸い続けることは難しくなります。

では香りがあまりしないものであればどうでしょうか?

香りがあまりしなければ、そうして外で吸っても誰かに迷惑をかけるということはなくなります。

なので、気兼ねなくどこでも吸うことができるようになるでしょう。

基本外で吸うことが多いはず

もし、電子タバコは家の中でしか吸わないというのであれば、これはあまりメリットにはならないかもしれません。

しかし、まずそんなことはないのではないでしょうか?

電子タバコを吸うところは、むしろ外の方が多いはずです。

家の中では香りがこもってしまいますし、そもそも家の中ではほかにやることもたくさんあるでしょうから、なかなかそうしてゆっくり電子タバコを吸う時間もないでしょう。

でも外であれば、たとえば仕事が一息ついたときとか、お昼休憩中とか、意外とやることがなく持て余す時間も多いです。

そうして時間を持て余したら、電子タバコを吸いたくなることも多いでしょう。

だから、電子タバコは外で吸うことが多いと言えるのです。

だったらやはり、外で吸いやすい電子タバコを使うのがおすすめです。

そしてそんな外で使いやすい電子タバコがグローなのです。

アイコスと比べると安い

電子タバコグローのメリットとして、アイコスと比べると安いというメリットもあります。

アイコスもグローも加熱式の電子タバコになるのですが、基本的に加熱式の電子タバコというのは、ほかの電子タバコと比べると高い傾向にあります。

アイコスなんて、本体だけで10000円近くしますから、かなり高額だと言えるでしょう。

ほかの電子タバコであれば、本体だけなら3000円とか4000円くらいで購入できます。

そんな風に加熱式タバコは基本的に高いわけですから、残念ながらグローも決して安いとは言えません。

しかしグローは、アイコスに比べると安いと言えます。

だいたい8000円くらいで購入できることが多いでしょう。

細くて吸いやすい

グローは、もつところはかなり太めになります。

しかし、吸うところはかなり細くて、吸いやすいようになっています。

基本的にはやはり、吸うところは細い方が吸いやすいと言えるでしょう。

それは、ストローを想像してみるとわかるのではないでしょうか?

ストローの場合、たとえば某有名コーヒーチェーンのフラペチーノのように太いストローを使用した場合、その分しっかり吸わないとすえません。

しかし、細いストローであれば、そこまでしっかり吸わなくても、中身を吸うことができるのです。

それは、電子タバコにおいても同じことです。

吸いづらいと頭が痛くなることも

ではもし、太いストローのような、吸いづらい電子タバコを使用していたらどうなるでしょうか?

太いストローのような吸いづらい電子タバコを使用していたら、それを吸い続けているうちに次第に頭が痛くなることがあります。

たくさん空気を吸おうとしている状態が長く続くわけですから、頭が痛くなることもあるのです。

それは、実際にムダにたくさん空気を吸いこんでみるようにすればわかるでしょう。

そういう風に頭が痛くなることを避けるためにも、細目の電子タバコを使用するというのはおすすめです。

ただしちょっと見た目的には難がある

ただ、そうして持つところは太くて、吸うところは細いというグローのその構造は、実際問題見た目的にはやや難点があると言えます。

はっきりというと、あまりおしゃれには見えないでしょう。

タバコから電子タバコに変える理由が、その方がおしゃれに見えるからだというのであれば、グロー以外の電子タバコを選んだ方が無難かもしれません。

見ようによってはおしゃれに見せることもできるかもしれませんが、やはり基本的にはほかのスタイリッシュな電子タバコの方がおしゃれに見えるでしょう。

なので、オシャレ度を求める方は、そういうものを使用する方が満足度は高くなるはずです。

グローという電子タバコには、これだけのメリットがあります。

まだまだじわじわと人気になってきている段階で、そこまで有名ではないかもしれませんが、これからもっともっと人気が出てくる可能性は高いです。

なので、今のうちから目をつけておくというのは大いにありでしょう。

一度是非、グローも選択肢に入れてみてください。

公開日:
最終更新日:2018/05/20