私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

どうして焦げ臭いの?電子タバコが焦げ臭い時に考えられる原因4つ

   

電子タバコを吸っていると、たまにソレを焦げ臭く感じる事もあるでしょう。

そうして電子タバコを焦げ臭く感じると、やはり焦るものです。

でも、そもそもどうして電子タバコは焦げ臭くなってしまうのでしょうか?

ここではそんな、電子タバコが焦げ臭くなってしまう時の考えられる原因について、紹介していきたいと思います。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

コイルに寿命が来ている

電子タバコが焦げ臭い時に考えられる原因としてまずあげることが出来るのが、コイルに寿命が来ているという原因です。

電子タバコのコイルは、消耗品です。

そもそも電子タバコとは、コイルでリキッドを蒸発させて水蒸気にするものになりますから、コイルは一回吸うごとに大きな負担を強いられることになります。

なので、それに寿命が来てしまうのも仕方ないと言えるのです。

そしてその寿命は、意外と早く来ます。

だいたい2週間から1ヶ月程度で寿命が来てしまうのです。

そんなコイルの寿命が来た時に見られる症状が、焦げ臭くなるという症状なのです。

もちろんコイルに寿命が来ている時の症状はそれだけではなく、コイルに寿命が来ている時には、たとえば煙の量が少なくなったり、あるいはリキッドの色がかわってしまったりすることもあります。

でも、やはり多いのはこうして焦げ臭くなってしまうことです。

なので、もし電子タバコを吸っていて焦げ臭く感じたら、その時にはコイルを疑ってみて下さい。

見た目に変化がなくても変えてみよう

もし見た目に変化がなかったとしても、一応コイルは変えた見た方が良いでしょう。

目に見らないところが劣化しているような可能性も高いですし、コイルはどのみち消耗品なわけなのですから、そこで変えても別段問題はありません。

なので、そこで一度コイルを変えてみてください。

またコイルを変えた時には、すぐに電子タバコを吸おうとしない事も大切になります。

そのタイミングですぐに電子タバコを吸おうとすると、コイルだけが焦げてしまう事があります。

そうなったら結局電子タバコが焦げ臭いのはなおらないでしょう。

そしてまたコイルの無駄になります。

それはすごく勿体ないですから、そうならないように、電子タバコのコイルを変えた後には、しばらくそのまま吸わずにおいておくようにしてください。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

リキッドが足りない

電子タバコを吸っていて焦げ臭い時に考えられる原因として、リキッドが足りないという事もあります。

電子タバコを吸っていれば、当然ながらリキッドは減っていきます。

そうして知らないうちにリキッドが全然なくなることもあるでしょう。

でも、そうしてリキッドがなくなっていってしまうと、コイルだけ焼きついてしまうようになることもあります。

そんな風にコイルが焼き付いてしまったら、それはやはり焦げくささの原因となります。

なので、もし電子タバコを吸っていて焦げ臭いと思ったら、その時にはリキッドの量を確認してみる事をおすすめします。

なるべく小まめに入れれば良い

もちろんリキッドが足りなくなっていて、それが原因で焦げ臭い香りがするならば、その時にはリキッドを追加して、そして当然焼き付いてしまったコイルも変えるべきだと言えるのですが、そもそもそうならないようにするにはどうすればよいのでしょうか?

やはり一番良いのは、焦げ臭い感じになってから対処するのではなく、そもそも焦げ臭くならないのが一番でしょうから、そのための予防策も知っておくべきなのです。

リキッドが足りなくなって、それで焦げ臭い香りがしてしまうことへの対処法は、すごくシンプルです。

とにかくなるべく小まめにリキッドを補充するようにして、リキッドがなくなるような状況を作らないようにすればよいのです。

そうしてこまめにリキッドを補充しようとすることには、もう一点よいことがあります。

それは、小まめにリキッドを補充しようとすることで、リキッドの残量をこまめに確認するようになることです。

そうして小まめに確認していれば、それが足りないことに後で気が付くということはかなり少なくなるでしょう。

なので、焦げ臭くなることはまずなくなるでしょう。

連続して吸い過ぎていることも原因

また、吸い過ぎているということも、電子タバコが焦げ臭くなることの原因になります。

電子タバコは、そもそも連続して吸い続けるようなものではありません。

なので、基本的にはそんなに連続して吸えないような作りになっているものが多いです。

しかし中には、比較的に連続して吸えるようなものだってあります。

そういう物を使用している人は、電子タバコであってもいわゆるチェーンスモーキングが出来るでしょう。

でも、そうしてチェーンスモーキングをしていると、やはり電子タバコを焦げ付かせてしまうようになるのです。

そして、焦げ臭くなります。

なので、もしそうしてチェーンスモーキングをしてしまう人は、そうしないように手を打たないとなりません。

連続して吸わないためには

では、そうして電子タバコでも連続して吸ってしまうという方は、どのようにしてそれに対処すればよいのでしょうか?

連続して電子タバコを吸ってしまうことに対処するためには、やはり電子タバコを吸う時間を決めてしまうというのが効果的になるでしょう。

たとえば、12時に1回、15時に1回、17時に1回とか、時間と決めて吸うようにすると、その1回をすごく大切に吸うようになりますし、当然そのルール通りにすれば連続して吸うことはなくなります。

まずはそれがおすすめです。

まずい味に変える

あるいは、まずいリキッドに変えるというのもおすすめです。

美味しかったり、吸いやすかったりするから、ついついソレを連続して吸ってしまうというところがあるのでしょう。

でもそれは逆に言えば、もしそのリキッドがまずかったりしたら、それを連続して吸うということはまずなくなるということになります。

なので、自分が苦手であろうリキッドをいくつか買ってみて、その中で特に苦手な物を使用して電子タバコを吸うようにするとよいでしょう。

そうして苦手な電子タバコを吸っていれば、いつしかそもそも電子タバコ自体に興味がなくなる可能性も高いです。

電子タバコ自体に興味がなくなれば、それが一番健康に良いのは確実ですし、これから先、電子タバコの焦げ臭さで悩む事だって当然なくなります。

電子タバコのパワーが強すぎる

電子タバコには、出力を調整できるものがあります。

そうして出力を調整できる電子タバコを使用している時には、ついついその出力はかなり強くしてしまうでしょう。

出力が強ければその分煙の量も増えたりしますから、それもうなずける話です。

でも、その出力がかなり強い場合、やはり焦げ付いてしまいがちになります。

だから、焦げてしまい、焦げ臭くなってしまうのです。

出力はあげすぎないように

それへの対処方法は簡単でしょう。

出力を上げすぎないようにすればよいだけになりますから。

その分煙の量は減るかもしれませんが、それも慣れればどうということはないでしょう。

まとめ

電子タバコが焦げ臭い時には、これらの4つの原因が考えられますから、ぜひこれらの事を参考にして、しっかりと対処していってください。

電子タバコが焦げ臭いというのはやはり気持ちの良いものではないですし、美味しく吸えないのはやはりストレスになるでしょう。

それは良くないので、思いあたる原因があれば、確実に対処していきましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ