私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

どのくらい持つもの? 電子タバコのバッテリーの寿命とは

      2017/12/13

電子タバコのバッテリーには寿命があります。

基本的には電子タバコは、充電を繰り返して使用していくものになります。

そして、そうして充電を繰り返していくものというのは、いつか充電してもすぐに電池が切れてしまうようになるものなのです。

それをバッテリーの寿命といいます。

では、電子タバコのバッテリーの寿命は、どれくらいでくるでしょうか?

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコのバッテリーの寿命は2年程度

電子タバコのバッテリーの寿命は、だいたい2年程度になります。

2年程度使用していると、だんだんと充電してもすぐに電池がなくなるようになっていってしまいます。

なので、だいたい2年くらいで電池を交換しないとならないと思っていた方がいいでしょう。

無理して使い続けることもできる

充電してもすぐに電池がなくなってしまうとは言ってもそのまま無理して使用し続けることもできます。

別に充電して5分で電池がきれてしまうとか、そういう状態にまでなることはそうそうないですから。

でも、充電しても2時間くらいで電池がきれてしまうというくらいになることはあります。

そうして2時間くらいで電池がきれてしまうのであれば、やはりその都度何度も充電しないとならなくなりますし、それはすごく面倒であることは間違いありません。

なので、基本的には充電しても電池がすぐに減るようになってきてしまったというのであれば、電子タバコのバッテリーは変えた方が良いでしょう。

バッテリーを変えることも容易

電子タバコは、別にバッテリーを変えることも容易になります。

そもそもカスタマイズができるというのが、電子タバコの強みでもありますから、当然バッテリーも変えることはできるのです。

そしてそんな電子タバコのバッテリーには、比較的に電池の持ちがいいようなタイプのバッテリーもあります。

なのでもし電子タバコのバッテリーを変えていくのであれば、電池の持ちがいいようなタイプのバッテリーにかえていくのがおすすめになります。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

たくさん吸えば半年くらいで寿命になることも

電子タバコのバッテリーの寿命が2年程度だというのは、一般的な使用量の場合での話になります。

電子タバコというのは、電子機器になります。

そしてそんな電子機器は、使えば使うほどにいろいろなところにダメージを受けてしまうものなのです。

だから、電子タバコも、ヘビーに吸っていけばいくほどに、バッテリーがうける負荷もふえていき、すぐに寿命がきてしまうようになるということになります。

たとえば毎日たくさん電子タバコを吸うのであれば、半年くらいでバッテリーの寿命がきてしまうこともあるでしょう。

さすがにそうしてその都度バッテリーを買い換えていたらコスパも悪いですし、そうならないようにするべきでしょう。

吸いすぎないように気をつけよう

たくさん吸えば吸うほどに電子タバコのバッテリーの寿命ははやくなってしまうわけなのですから、そうしてバッテリーの寿命がはやくきてしまうことを防ぐためには、電子タバコを吸いすぎないようにすれば良いということになります。

電子タバコをたくさんすえば、その分リキッドもどんどん買い換えないとならないでしょうし、コイルもどんどん買い換えないとならなくなりす。

そうするとやはりそれでもコスパが悪くなると言えますし、そして何より、たくさん吸いすぎると健康被害も気になるところです。

基本的には電子タバコは健康被害はないと言われています。

でも、電子タバコはまだまだ世に出てからの期間が長くありません。

なので、実はまだ知られていないだけで、健康被害がある可能性もあるのです。

そしてもし、そんな健康被害の可能性があるのであれば、それは当然たくさんの量を吸っている方に対して起こるものになるでしょう。

そういうところから見ても電子タバコを日々たくさん吸うというのは良くないと言えます。

基本的にはそれは控えて、なるべく丁寧に吸っていくのがおすすめです。

バッテリーの寿命を持たせるには

電子タバコのバッテリーの寿命は、基本的にはだいたい2年くらいになりますが、場合によってはもっとバッテリーを持たせることもできるでしょう。

もしそうしてバッテリーを持たすことができるのであれば、電子タバコのバッテリーは、長持ちした方が良いに決まっています。

では、電子タバコのバッテリーは、どのようにしたら持つと言えるでしょうか?

無駄に充電しない

電子タバコのバッテリーを持たせるためには、無駄に充電をしないということがポイントになります。

無駄にたくさん充電をしていると、その分バッテリーの寿命ははやくなると言えるでしょう。

というのも、電子タバコに限った話ではありませんが、充電するタイプのバッテリーというのは、充電をするごとに寿命が短くなっていくものなのです。

だから、無駄に充電を繰り返していけば、その分だけバッテリーの寿命は短くなることになります。

ついつい充電してしまう気持ちというのもわかります。

電子タバコは電池がないと吸えませんから、電池がないと、吸いたいタイミングで吸えないこともあります。

吸いたいタイミングで吸えないのであれば、もはや持っている意味もあまりなくなります。

だから、そうならないように、ちょっと使ったら充電して、またちょっと使ったら充電して、という使い方をしてしまうこともあるでしょう。

でもそれが電子タバコのバッテリーの寿命を短くしているのですから、なるべくならそうしないようにした方が良いでしょう。

二つくらい持っておくと良い

バッテリーの寿命を持たせつつ、かつ吸いたいタイミングできちんと電子タバコを吸うためには、電子タバコを二つくらい持っておくのがおすすめです。

電子タバコを二つくらい持っておくと、一つの電気が切れてももう一つがあるので、頻繁に充電しなくても安心になります。

なので、二つくらいの電子タバコを使うというのは、すごくおすすめです。

煙の量を減らす

電子タバコのバッテリーの寿命を長くするためには、煙の量を減らすことも一つの方法になります。

煙の量を減らしていけば、その分だけ一回一回の電池の減りが少なくなるのです。

一回一回の電池の減りが少なくなるということはつまり、煙の量を減らしていけば、そんなに何度も充電をする必要がなくなるということになります。

電池が減れば必然的に充電するしかなくなる

もし電池の減りが早いようだと、必然的に何回も充電するしかなくなります。

そうして何回も充電するしかなくなるとなると、当然その分バッテリーの寿命も短すなるのです。

だからそうならないために、なるべく充電しなくてもやっていけるようにするのがベターになります。

そのために一番効果的なのは、やはり煙の量を少なくするということになるでしょう。

煙の量の調節ができないものの場合は、こういう方法でバッテリーを持たせていくことはできませんが、もささ煙の量を調節できるものを使用しているのであれば、是非その量はなるべく少ない量にしていってください。

そして、少しでもコスパよく電子タバコを使っていきましょう。

まとめ

電子タバコのバッテリーの寿命は、普通に使用していたらだいたい2年程度だといえます。

でも、そのバッテリーの寿命を長くしていくような方法もあります。

ならば当然そうして少しでも寿命を長くして使っていった方がよいでしょう。

その方法も決して難しいことではありませんし、是非これらのことを参考にしてみてください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ, 電子タバコの使い方