私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

コイルは消耗品!電子タバコのコイルの交換時期はいつくらい

   

電子タバコ Aspire BVC交換コイル(coil)1.6Ω Maxi K1 Vivi Nova Mini Vivi Nova-S ET ET-S他対応

電子タバコを吸うには、コイルは欠かせないアイテムになります。

コイルによってリキッドが吸えるようになるわけですから。

でも、そんなコイルは実は消耗品になるのです。

ではそんな電子タバコのコイルは、いつごろ交換するのが適切なのでしょうか?

ここではそんな、電子タバコのコイルの交換時期について紹介していきたいと思います。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコのコイルは2週間から1ヶ月で交換

まず目安としての時期をあげると、電子タバコのコイルは、2週間から1ヶ月程度で交換するのが適切だと言えます。

2週間から1カ月程度での交換となると、ややペースが早いように思える方もたくさんいるでしょう。

しかし、残念ながら電子タバコのコイルはそのくらいの頻度で変えていかないとならないのです。

ただもちろん、そもそも電子タバコをどのくらいの頻度で吸っているのかと言う、頻度によっても変わってくるでしょう。

消耗品と言うことは、一回使えばその分だけダメージガ蓄積されていくということになりますから、毎日何回も何回も吸う方であれば、2週間と言わずに1週間程度でダメになってしまうこともあるでしょうし、3日に1回くらいしか吸わない人であれば、1ヶ月と言わずに2ヶ月くらい持つこともあるかもしれません。

でも基本的な目安としては、2週間から1ヶ月程度だと思っていた方が良いでしょう。

コイルはストックしておくべき

それくらいを目安に変えないとならないということは、コイルはストックしておかないとならないということになります。

ストックをしないでそのペースでコイルを交換していったら、気が付いたら変えるためのコイルがないということになる可能性もあります。

それはやはり良くありません。

さらに、コイルは消耗品ですから、どんどん売れていきます。

それがないと電子タバコを吸えないわけですから、なくなる前に買おうとするのが当然ですし、電子タバコに人口はドンドン増えているわけですから、コイルの寿命も増えていると言えます。

なのでどんどん売れていくのです。

そんな風にどんどん売れていくとなると、一つ問題が生じてきます。

それが、品切れ問題です。

もちろん種類にもよりますが、コイルは割と品切れになることも多いのです。

それもコイルをストックしておくことをおすすめする理由の一つです。

吸いたいときに吸えなくてしかも買えないともなると、それはやはり大きな問題となりますから。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

味に苦みが出たら交換の合図

でも、2週間から1カ月程度でコイルを交換しないとならないとはいっても、2週間から1ヶ月のどのタイミングで交換すれば良いのかわからない方も多いでしょう。

もしまだそのコイルで問題なく吸っていけるのに、2週間くらいたったからとどんどんコイルを変えていたら、それはやはりすごく勿体ないです。

もちろんそうすれば健全には吸えるのでしょうが、それはやはりあまりおすすめはしません。

では、2週間から1ヶ月程度たったときの、どのタイミングで電子タバコを変えるのが正解になるのでしょうか?

電子タバコを変えるのに正解のタイミングは、味に苦みが出てきたらです。

コイルに寿命がくると味が苦くなる

実は、電子タバコでは、コイルに寿命がくると味に苦みが出てくるのです。

コイルがこげたりして苦みが出てくるのか、その詳しい内情はわかりませんが、とにかくコイルに寿命がくると、電子タバコの味が変わってしまうのです。

だから、今日なんとなく電子タバコの味が苦いなぁと思ったら、その時はそれがコイル交換のタイミングです。

ただ、1本だけ苦いのであれば、それはコイル交換のタイミングなのではなく、たまたま口の中の状態がそうなっているだけという事もあるので、その点は注意が必要です。

たとえば、甘いものを食べた後に甘い飲み物を飲んでも、それがあまり甘く感じずに、逆に酸っぱく感じたりすることもあります。

そんな風に、人間の舌というのは意外と敏感だったりするのです。

なので、そのコイルの苦みが本当にコイルの寿命から来ているということを判断するためにも、一度電子タバコを苦いと感じても、その後でもう1本くらいは吸うようにしてみてください。

それでもなお電子タバコを苦いと感じたら、その時にはコイルを交換するタイミングだと言えます。

寿命がくると煙が少なくなることもある

また、電子タバコのコイルの寿命がくると、味が苦くなるだけではなく、そもそもの煙が少なくなるという事もあります。

なのでもし、何も設定していないのに電子タバコの煙が少なくなってきたというのであればその時には、コイルの寿命がきたと思った方が良いでしょう。

煙の少なさは、吸い心地に直結します。

なので、それは別段意識しなくても分かるのではないでしょうか?

電子タバコは、やはり紙のタバコに比べると吸い心地が弱いところがあります。

そうして吸い心地が弱いのですから、それを補おうとして煙をたくさん出すのは当然です。

だから、煙が強くないと、あまり満足できないのです。

それなのに、コイルに寿命がきて、煙の量が少なくなってきたら、やはり口は物足りなく感じるはずです。

そうなればそれにもすぐに気がつくでしょう。

コイルを変えないとどうなるのか

このように、電子タバコのコイルの交換時期はなかなか早くきますし、寿命がきた時の症状も割とわかりやすいといえます。

でも、そうして寿命がきた時の症状を見ていると、一つ疑問が生じてくることもあるでしょう。

それが、もし寿命がきても無視して電子タバコを吸い続けたらどうなるのかと言う疑問です。

実際問題、もし寿命を無視して電子タバコを吸い続けたらどうなってしまうのでしょうか?

そもそも吸えなくなる

まず一つ言えるのは、電子タバコを吸う事ができなくなるということです。

コイルに限界がくると、そもそもコイルを利用してリキッドを水蒸気にすることが出来なくなるでしょう。

そうしてリキッドを水蒸気にできなくなるということは、吸おうとしても何も吸うものがなくなるということになります。

だから、コイルの寿命を無視してそのまま使い続けていたら、いつしか電子タバコは吸えなくなると言えるのです。

当然身体にも悪影響が

また、そうして寿命がきたコイルを使い続けていたら、それは当然身体にも悪影響を与えてしまうと言えるでしょう。

寿命がきたコイルを使用しつづけていたら、そのコイルの焦げや、そのコイルを使用することで生じるコゲ等がリキッドにうつってしまうでしょう。

そうなると、当然清潔な状態のリキッドではなくなります。

となれば当然、それを加熱して作った水蒸気も万全な状態ではなくなると言えるでしょう。

ということはつまり、その水蒸気が身体に入った時、体に悪影響を与えてしまうのです。

それは焦げなのですから、たとえばガンになったりする可能性もあると言えます。

そうした大きな問題につながってしまったら、やはり後悔してもしきれないはずです。

なので、そうならないように、電子タバコのコイルは、寿命が来たらしっかりと変えるようにしていってください。

まとめ

電子タバコのコイルの寿命は、だいたい2週間から1カ月程度で、味に苦みが出たり、あるいは煙の量が少なくなってきたら、そのタイミングが換え時だということになります。

是非これらのことを参考にして、正しく電子タバコのコイルを変えていって下さい。

そして、コイルを変えないせいで身体に悪影響を与えるということが無いようにしていきましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ