私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

タバコ代節約を考えるならヴェポライザーを検討してみよう! 魅力のヴェポライザー!

   

タバコは次から次へと増税され、現在では500円を超える銘柄も幾つか出てきています。

大好きなタバコを吸いたいけれど高くて手が出せなくなっている方も多いでしょう。

そこで検討していきたいのがヴェポライザーです。

ここではヴェポライザーの魅力を徹底的にみていきます。

気になっていた方は商品についてもっと詳しくなっていきましょう。

そもそもヴェポライザーってどんなもの

タバコはビールと似ていて、第2のタバコ、第3のタバコと幾つか種類がありますが、第4のタバコと言われる新商品がヴェポライザーです。

タバコが増税されて手が届きにくくなった現在、この第4のタバコが注目されています。

ヴェポライザーは加熱式タバコの一種で、タバコの葉っぱを200度前後の高温にして、そこから出てくる蒸気を吸うものです。

一般的な紙巻たばこは煙を吸うのに対して、蒸気を吸う点が違います。

また後述しますが、蒸気を吸うことで一酸化炭素などを抑えられるのも特徴です。

なぜ注目されているのか

ヴェポライザーが注目されるようになったきっかけは、タバコが増税した影響もありますが、次のような魅力があるため注目されています。

タバコに比べ有害成分を減らせる

タバコには「たばこ警告表示」と呼ばれる警告文が書かれています。

これはタバコがもつ危険性を伝える意図があり、未成年者などが安易に手を出さないようにするものです。

そのくらいタバコには体に害となる物質が含まれているので、喫煙者と言えど、タバコの健康被害はできるだけ減らしたいと考えるでしょう。

ヴェポライザーは先程も言いましたが、200度前後の温度に加熱して蒸気を吸うので一酸化炭素やタールを抑えられるとされています。

そのため、たばこを吸う時に有害物質が気になる喫煙者にヴェポライザーはおすすめです。

見た目が格好良い

ヴェポライザーは独特の形状をしていて、一見しただけではタバコだとは分からないような商品もあります。

デザインやカラーバリエーションも豊富で、ブラックやシルバー、ゴールドやレッドなど多種多様なヴェポライザーがあり見た目もスマートで格好良かったりします。

コンパクトタイプなら、持ち運びもしやすいですし、サッと取り出して使用することが出来ます。

40代や50代以上の方なら、ブラックのヴェポライザーを使って、クールに喫煙をするのも良いでしょう。

煙が少ない

また、もう一つ見た目に関することとして、煙が少ないというのもヴェポライザーが持っている魅力です。

禁煙は受動喫煙に対する世間の目や風当たりが強くなってきていますので、煙がもくもくと出ているだけでも周りから白い目で見られることもあります。

しかしヴェポライザーなら、シャグを燃やすのではなく加熱する方式なので、目に見て分かるような煙は発生しにくいです。

喫煙者にとって気になってしまう周囲の視線も、煙が少ないのであまり気にしなくて良くなったりします。

臭いも付きにくい

タバコが周囲の人から煙たがられるのは、受動喫煙で健康被害が周囲に及ぶからだけではなく、臭いのせいもあります。

たった一本のタバコを部屋で吸っただけで、その臭いは暫くは落ちなくなることも珍しくありません。

外で吸う場合も、タバコの煙が周囲の人の服や髪にこびりついてしまうことも多いです。

ヴェポライザーは煙が少ないと言いましたが、煙が少ないので臭いなども周囲の人に付きにくくなります。

ヴェポライザーはコスト削減だけではなく、周りの人から冷たい視線を感じるのが嫌だという方にもピッタリの商品です。

健康面やコスト面だけではなく、喫煙者がよく感じる、心理的な面もフォローしてくれるのが人気の秘訣と言えます。

使い方

大抵のヴェポライザーの使い方は至ってシンプルです。

シャグを入れ、スイッチを押して加熱し、出てきた蒸気を吸うという3ステップで吸えます。

シャグは市販されている紙巻たばこを入れて使える商品もあれば、単体で売られているシャグを使える商品もあります。

特に価格を安くしたい方は、シャグ単体で購入してそれをヴェポライザーに入れて使うと良いでしょう。

また、シャグを入れる時に複数ブレンドすれば、オリジナルの味わいを楽しめるようになります。

加熱の時間は速いものだと20秒程度で、蒸気が発生する200度近くまでいきます。

ですから、加熱に待たされる事は少ないです。

喫煙時間は5分から10分程度吸えますので、普通のタバコと同じような感覚で使えます。

価格と普通のタバコとの比較

そして、ヴェポライザーをおすすめする一番の理由は、普通のタバコより安価で使える事です。

最初に初期投資をして、ヴェポライザー本体とシャグを購入しなければいけませんが、一度購入すれば何回も繰り返し使うことが出来ますし、ランニングコストも高い銘柄のタバコに比べればかなり安く感じるでしょう。

ヴェポライザー本体は5,000円もあれば買える商品も多いです。

シャグもネット通販が普及した現在では、気軽にネット購入が出来ますし、価格も大抵は千円前後で販売されています。

喫煙の回数や人によってどの程度安くなるか個人差はありますが、ヴェポライザーを使えばタバコ代はそれなりにカットすることが出来るでしょう。

人によっては毎月のタバコ代が半分、もしくは三分の一以下になったという人もいます。

選び方

ヴェポライザーを選ぶ時は、その機能にまず注目していきましょう。

ヴェポライザーによって違うのは、温度調節の幅、バッテリーの持ちや充電時間、重量やサイズ、シャグのセットのし易さやお手入れの簡単さなどです。

安い小型のヴェポライザーは形態に便利で使いやすいですが、バッテリー容量が少ないと一回充電した後の繰り返し利用回数が少なかったりします。

また、逆にバッテリーが大容量でもサイズが大きければ、重量も重くなってしまうので携帯に不便な場合もあります。

これらの情報を元に、総合的に判断して選んでいきましょう。

その他、ちゃんとした認証を受けた工場で製造されているかどうかもチェックしたいポイントです。

海外からの輸入品も多いヴェポライザーですので、どこで作られているのか、どんな工場で作られているのかはチェックすると安心です。

ヴェポライザーの味はどうなのか

ちなみに、普通の紙巻たばこを吸っていた人がヴェポライザーに乗り換える前に気にかかることが味です。

全ての人に当てはまるわけではありませんが、味については工夫次第で普通のタバコと同じように楽しめます。

シャグを使いますのでタバコの味は感じられますし、味が薄いと感じたらシャグを加湿したりグリセリンを使うなど工夫をしたりして濃くすることも可能です。

実際に吸ってみないと個々人に合うかは分かりませんので、味が気になっている方は、最初はスターターキットからお試ししてみるのも良いでしょう。

禁煙を目指している方はヴェポライザーでまずは節約

禁煙は頭で思っていても、タバコの中毒性により出来ない人もいますが、そんな方にもヴェポライザーはおすすめです。

タバコを辞めることが出来なかったとしても、ヴェポライザーにすればタバコ代だけは抑えられるからです。

完全に禁煙するワンクッションとして、使って見る方法もあります。

まとめ

タバコ代節約の要としてヴェポライザーは有効です。

禁煙を目指している方やタバコ代を減らして使えるお小遣いを増やしたい方は、一度利用してみてはいかがでしょうか。

煙や臭いも少ないので、家族と一緒に暮らしていて、タバコを吸う時に嫌な顔をされているお父さんにもおすすめです。

また、タバコのせいで壁がヤニ汚れで変色する事も抑えられます。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー