私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

タバコ代高い健康に悪いでも禁煙できない!ヴェポライザーを使ってみたら?

   

世の中禁煙禁煙です。

吸えない場所はどんどん増えています。

屋外で吸っても、通行人に嫌な顔をされます。

いっそ禁煙してしまえば、と思ってもそう簡単に行かないのが、スモーカーの辛いところです。

そんなスモーカーのお助けに、様々な新しい形のタバコが開発されてきました。

ヴェポライザーはその中でも、最も新しいタイプのタバコなのです。

出来たら禁煙は簡単に

人に迷惑をかける、自分の健康被害もある、吸える場所はどんどん制限される、いっそ禁煙したらいいじゃないとノンスモーカーは簡単に言います。

それが出来れば苦労はしないと、スモーカーはつぶやきます。

ちなみに筆者も、長い間スモーカーをやっていました。

しかしある時にいきなりタバコが不味くなり、丁度タバコ代の上がり時期だったので、これはチャンスとそこで止めてしまったのです。

不味くなったから止めたというのは、大変にいい止め方だし苦労も少なくて羨ましいと言われました。

でも実際のところ、結構苦労でした。

不味いのがわかってるのに、いつもの癖でタバコを手にしたくなり、不味いのはわかっているのにニコチンが欲しくなる、と言う経験をしたのです。

電子タバコや加熱式タバコがあの当時にあったら、そっちに走っていたかもしれません。

かほど左様に、禁煙というのは難しいものです。

不味くてもこれですから、美味しく吸っている人の場合禁煙は、非常に困難だと言うしかありませんね。

副流煙は勘弁して欲しい

そんな筆者ですので、スモーカーの気持ちはわかります。

しかし副流煙の問題に関しては、正直何とかして欲しいと言うのが実際のところです。

歩きタバコの人とすれ違った時、気が付かないで普通に呼吸していると、煙を吸い込んでしまい咳き込むということがあるのです。

まあ歩きタバコはしないで欲しいと思ってしまいますが、それでもきっと他に吸う場所がないんだろうとも思います。

いっそ、煙のあまり出ない加熱式タバコかヴェポライザーにして欲しいと思うのは、筆者だけでしょうか。

特にヴェポライザーの場合、加熱式タバコよりも煙や蒸気が少ないので、周囲に対して優しいタバコと言っていいはずです。

このあたり、考慮に入れてもらえると嬉しいなあ、と思うのです。

ヴェポライザーは第4のタバコと言われる

さてこのヴェポライザー、加熱式タバコや電子タバコVapeに比べると、まだまだ新参者です。

名前を知っている人も、特にノンスモーカーには少ないはずです。

このヴェポライザー、実はかなり加熱式タバコに比べて、多くのメリットが有るのです。

かなり計算して作られた、新しいタバコの形だということですね。

しかも何よりも嬉しいのが、タバコ代が軽減できるということです。

これはちょっと、特にお財布の中身が苦しいスモーカーには、見逃せないメリットですね。

ヴェポライザーのメリットとは

ではそのメリットを、代表的なものを上げていきましょう。

温度が自分で設定できる

これまでの加熱式タバコの場合、品物によっては低温で加熱、煙も匂いも少ないけどタバコ感が薄いというものが一方にありました。

反面、加熱は高温でタバコ感は大きく感じられ、でも周囲に匂いと蒸気が漂ってしまうという製品もあります。

ヴェポライザーの場合、この温度設定が自分でできるのです。

加熱温度が大体、160°から260℃くらいまで余裕がありますので、気分によって変えることが出来ます。

つまり、自分ひとりの時は多少匂いがあってもタバコを感じたい、そんな時には高温設定で使用すればいいわけです。

周囲に迷惑かけずに、でもみんなと話しながら吸いたいという場合は、低温設定にすればあまり周囲に迷惑かけずにすみますね。

タバコ代が大きく軽減できる

スモーカーにとって共通の悩みが、タバコ代です。

加熱式タバコも順調に、値上がりしています。

これがお小遣いに大きな影響を与えていることは、間違いありません。

節約のために禁煙したという人も、いるのではないでしょうか。

ヴェポライザーの場合、シャグと呼ばれるタバコの葉を直接入れて吸引します。

その代りに手持ちの紙巻きタバコを使用するなら、4回か5回数ことが出来ます。

どちらにしても、かなりのタバコ代節約になることは間違いありません。

特にシャグを使用した場合は、お財布にゆとりが戻ってくるのが嬉しいところです。

タバコ感はかなり強い

温度調節によっても変わるタバコ感ですが、口コミによればかなりこれが強く感じられるという意見が多いです。

結構低温で吸っても、それなりにタバコを吸っているという、キック感があるというのです。

まあタバコ葉を直接吸引しているようなものですから、ニコチンも直接の摂取です。

キック感が強いのは当たり前といっていいかもしれません。

ちなみにこれも口コミによれば、吸い続けるとこのキック感は強くなっていくということです。

まあデメリットも無いではありません

メリットがあればデメリットも、勿論あります。

美味しいところだらけのようなヴェポライザーですが、やはりちょっとしたデメリットも見逃せません。

シャグはどこでも売っているわけでは

普通位の紙巻きタバコの場合、コンビニでもどこでも簡単に手に入ります。

しかしタバコ葉、シャグとなると専門店で入手するしかありません。

なので近場にタバコ専門店がない場合、気がついた時にまとめ買いなどするのがおすすめです。

何しろこのシャグを使用するのが最も、タバコ代の軽減につながるのです。

これがちょっと面倒でも、節約のためには仕方ないと割り切ってください。

どうしてもという時には、紙巻きタバコが使用できるのも嬉しいところですが、ちょっと高めになってしまいますね。

1回の喫煙時間が少々短い

機種によっても違いますが、1回の喫煙時間は普通の紙巻きよりも短めになります。

なのでのんびりタバコを楽しみたい人には、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

まあ健康のためには、短い時間のタバコ吸引のほうが望ましいのも事実ですね。

特にマウスピースは手入れを欠かさずに

何度も口にくわえるので、どうしてもマウスピースの部分は汚れてきます。

ここだけでも定期的に洗っておきたいですね。

ちょっと面倒かもしれませんが、清潔さを保って美味しくタバコを味わうためにも、手入れはしておくのがおすすめです。

健康被害について

これは心に留めておいてほしいですが、健康被害は勿論皆無ではありません。

吸う人自体は、タールはほとんど無縁でいられますがニコチンは摂取しますので、そこはやはり健康に問題ありということです。

周囲の人についても、紙巻きタバコに比べれば匂いも煙もほとんど無く、迷惑はあまり無いと言うのは事実です。

しかし周囲に人に対する健康被害が皆無、とは断言できないのです。

ヴェポライザーという新しい形のタバコで、紙巻きタバコよりもずっと健康被害は少なくなると言っても、皆無ではないと記憶しておいてください。

あくまでもタバコ葉を利用した、タバコを摂取しているということを、常に自覚しておいてくださいね。

まとめ

加熱式タバコや電子タバコの普及によって、スモーカーにも未来が見えてきた感があります。

それに加えて、ヴェポライザーの登場です。

周囲への迷惑も一層減り、またタバコ代を大きく軽減されそうです。

とは言えそこはタバコです。

あくまで健康にも響くものであることは忘れないでください。

とは言えこの手のタバコ、ノンスモーカーとしては奨励したいところです。

副流煙がないというのは、正直ありがたいですよ。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー