私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

ヴェポライザーのメリット・デメリットと他の製品との比較

   

ATMAN OWARヴェポライザーforワックス/コンセントレート/ハッシュ、1100Mah充電式電池、3つの温度設定、トリプルクォーツコイル、セラミックプレート

現在では、タバコの代用商品が様々なメーカーから発売されており、各メーカーによって機能性や利便性、味わいなどもそれぞれで異なる特徴があります。

そんなタバコの代用商品の一つであるヴェポライザーという加熱式タバコに注目が高まり、経済的なお得さからヴェポライザーに変更する方や変更を検討している方も多くいると思います。

そこで、この記事ではヴェポライザーのメリットやデメリットや、従来の紙巻きタバコや他の電子タバコなどと比較した情報を紹介していきます。



ヴェポライザーに変えるメリット・デメリット

新たな加熱喫煙具として注目を集めるヴェポライザーですが、従来の紙巻きタバコからヴェポライザーに変えることによってどのような違いがあるのかは気になるところだと思います。

そこで、ここでは従来の紙巻きタバコとヴェポライザーを比較し、ヴェポライザーに変えるメリットやデメリットなどを紹介していきます。

健康面に対しての影響

従来の紙巻きタバコとヴェポライザーに使用するタバコ葉は、どちらも同じような素材となっていますので、両方とも依存成分のニコチンや有害物質であるタールが含まれた葉を燃焼、または加熱して楽しむ製品となっています。

これだけ聞くと、健康面に対する影響は同じように感じると思いますが、結論ではヴェポライザーの方が体への悪影響は少なくなっています。

その理由としては加熱する温度の違いにあり、有害物質であるタールが発生する温度は約500℃以上となっているため、燃焼部分の温度が800℃前後までになる従来の紙巻きタバコではタールの発生条件を大きく越えています。

一方のヴェポライザーでは、200℃前後の温度までしか加熱しませんので、タールの発生量が大幅に減ることになります。

安全性の比較

従来の紙巻きタバコでは、マッチやライターなどの着火器具で先端部分を燃焼されて楽しむという特徴がありますので、加熱部分がむき出し状態になります。

これによる安全面の懸念材料は、寝煙草や火をつけて置いたままにするなどで生じる火災だと思いますし、マナー違反をした場合には周囲に火傷を負わせてしまう可能性もあります。

それと比較してみると、ヴェポライザーは加熱部分がむき出しになるようなことはありませんので、加熱喫煙具から引火する可能性は極めて低くなっています。

また、喫煙マナーはヴェポライザーでも同様なのですが、人が近くにいても火傷などを負わせる心配も低いと思いますので、安全性に関してもヴェポライザーの方が優れていると思います。

価格・費用面の比較

従来の紙巻きは、20年前と比べると価格は約2倍になっており、価格の上昇はこれからも続けていくと考えられていますので、出費を抑えるためにも1カ月にどれぐらい費用が掛かるのか気になる部分だと思います。

現在の紙巻きタバコの場合、主流の銘柄では1箱500円程度が一般化されており、1日20本の紙巻きタバコを吸うと約15,000円の出費が毎月掛かります。

一方のヴェポライザーでは、1回分の喫煙に従来の紙巻きタバコの3分の1のタバコ葉を使用しますので、1回の喫煙に掛かる費用は従来の紙巻きタバコよりも安くなっています。

それを価格で表すと、従来の紙巻きタバコは1回(タバコ1本)あたり25円となっており、安い銘柄の紙巻きタバコでも約18円となっているのですが、ヴェポライザーを用いて1度に使用するタバコ葉の量は7円~8円程度となっていますので、1回の喫煙で10円~17円程度はヴェポライザーの方が安くなります。

そのため、個人差があるものの、ヴェポライザーを使用した場合は年間で10万円以上も費用を抑えることが可能となっています。

しかし、ヴェポライザーには初期費用が必要で、ヴェポライザーの購入コストは7,000円~10,000円程度が一般的でおすすめできる商品となっていますので、ヴェポライザーに変えた月の出費は少し多くなってしまいます。

喫煙するための利便性

従来の紙巻きタバコは、ライターやマッチなどの着火器具で火をつけるだけで済みますので、とても簡単に喫煙することができます。

一方のヴェポライザーでは、シャグ(タバコ葉)をチャバンバーに詰めてセットし、加熱してから吸い始めるという手間がありますので、喫煙するまでの手軽さを比較すると従来の紙巻きタバコの方が利便性は高くなっています。

また、ヴェポライザーはある程度のお手入れが必要となっていますし、シャグをチャバンバーに詰める際に周囲を汚してしまう場合もありますので、これらの点がヴェポライザーのデメリットと言えます。

吸引したときの味や満足感

ヴェポライザーと従来の紙巻きタバコでは、吸ったときの味や香りが異なっており、この違いは両方の特徴が違っていることと結びつきます。

従来の紙巻きタバコは燃焼させて発生した煙を吸引するのですが、一方のヴェポライザーでは加熱した蒸発した水蒸気を吸引しますので、同じタバコ葉でも異なる満足感となっています。

タバコ葉は、温度によって風味が異なっており、温度が低いほどタバコ葉本来の風味を味わうことができますので、好みではあるのですがヴェポライザーの方が美味しいと感じる人が多くいると思います。

また、ヴェポライザーなら温度設定も可能な範囲内で調節することができますので、自分好みの味わいを楽しむこともできます。

しかし、温度が低いとタバコを吸引したときに感じるガツンとしたキック感が弱くなってしまいますので、キック感の強い紙巻きタバコを吸っている方がヴェポライザーに変更すると物足りなさを感じてしまう場合があります。

従って、吸引したときの満足感に優劣をつけるのは難しく、利用者の好みによってメリットにもデメリットにもなると思います。



ヴェポライザーと他の電子タバコや加熱式タバコの比較

従来の紙巻きタバコの代用品として、様々なメーカーから電子タバコや加熱式タバコが発売されており、紙巻きタバコから電子タバコや加熱式タバコに変更した方も少なくないと思います。

そこで、ここではヴェポライザーと他の電子タバコや加熱式タバコを比較した場合、どのような違いがあるのかについて紹介していきます。

発生する水蒸気の性質

日本国内で販売されている電子タバコや加熱式タバコは、依存成分であるニコチンや有害物質であるタールは含まれていないとされており、製品によってはビタミンやコラーゲンなどの美容成分、または健康成分が配合されていますので、従来の紙巻きタバコとは根本的な性質が異なっています。

一方のヴェポライザーでは、紙巻きタバコにも使用されているタバコ葉を加熱して発生した水蒸気を吸引しますので、成分の発生量に違いはあっても紙巻きタバコの性質と類する部分が多くあります。

従って、同じ水蒸気を吸引する製品であってもヴェポライザーと他の電子タバコや加熱式タバコは別物として分類されても不思議ではありません。

味わいのバリエーション

電子タバコや加熱式タバコでは、発生した水蒸気に様々な味がする製品が多くあり、メンソールやミントなどに加えてグレープフルーツ、マッカット、ブルーベリーなどの柑橘系や、バニラやコーヒーなどの味が楽しめる製品もあります。

これらの商品は、禁煙が目的で紙巻きタバコの代用品として使用する方や、ファッションアイテムの一つとして使用している方など色々な用途があります。

一方のヴェポライザーは、タバコ葉を使用するので味わいのバリエーションが無いように感じる方もいるとは思うのですが、タバコ葉の種類は豊富にありますし、タバコ葉によって味わいも異なっていますので、実は電子タバコよりもヴェポライザーの方が多様性があり、自分好みの味を追求することができる製品となっています。

価格に関する比較

電子タバコや加熱式タバコは、従来の紙巻きタバコと同じくらいの価格で販売されている場合があり、経済的な負担はそこまで変化しない可能性があります。

例えば、電子タバコで人気の高いビタフルや加熱式タバコの需要を大幅に高めたアイコスで考えてみると、ビタフルは使い捨てタイプで約1,000円となっており、カートリッジ付け替えタイプが5個入りで約1,500円で発売されています。

この一本または一つのカートリッジで約500回の吸引が可能となっていますので、従来の紙巻きタバコよりも若干ですが費用を抑えることができます。

また、加熱式タバコのアイコスでは、吸引するために必要なヒートスティックは一般的な紙巻きタバコと同じ本数が入って値段も同じような価格になっていますので、経済的なメリットはありません。

それに比べてヴェポライザーは、上記でもお伝えしたように一般的な紙巻きタバコの3分の1前後の費用となっていますので、ヴェポライザーは格段に経済的なメリットがあります。

ヴェポライザーの使用に際しての注意点

ヴェポライザーの使用に際しては、従来の紙巻きタバコと同様にルールが定められていますので、ここではヴェポライザーの使用に際する注意点を紹介していきます。

法律やルールに注意する

ヴェポライザーは従来の紙巻きタバコと同様に喫煙可能な年齢が定められており、20歳未満の使用は禁止されていますので、必ず20歳を越えてから使用するようにしてください。

また、歩きタバコを禁止している地域に関しては、ヴェポライザーを使用していても取り締まられる可能性がありますので、最低限の喫煙マナーを守りながらヴェポライザーを楽しむようにしてください。

保管方法についての注意点

ヴェポライザーはタバコ葉を用いて楽しむ製品となっていますので、場合によってはタバコ葉を多めに購入しておいて使用することも少なくないと思います。

その際、タバコ葉に余分な湿気が入ると風味を損ねる場合がありますので、保管するときはできるだけ湿気の少ない場所に置いておくようにしてください。

また、タバコ葉は直に口にすると身体に重大な悪影響を及ぼす可能性がありますので、小さい子供やペットの手が届くような場所に保管することは避けるようにしてください。

まとめ

ヴェポライザーに関する情報を中心に紹介してきましたが、紙巻きタバコが値上がりし続ける現状にとっては経済的に非常に助かる製品だと思います。

しかし、ヴェポライザー変えようと考えていたとしても製品に関する様々な情報を確認した方が後々の後悔も少ないと思いますので、この記事に関しても参考資料の一つにして頂き、十分に納得した上で使用してみてください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー