私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

日本では絶好調だけど…!海外での電子タバコの状況とは

      2019/01/12

Meicent(JP) 電子タバコ 2本セット CE5 改良版 2.0ml大容量アトマイザー 1100mAh USB充電式 禁煙セット キャリングケース ストラップ付き (改良版ブラック+シルバー)

日本では、電子タバコは今や普通のタバコを吸っている人よりも吸っている人がたくさんいるような状況だと言えるでしょう。

では、海外の国での電子タバコはどういう状況にあるのでしょうか?

ここではそんな、海外での電子タバコの状況を見ていきます。

将来的に日本での電子タバコがどうなるのかということもそこから想像できるでしょう。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

アメリカをはじめ世界でも人気

電子タバコは、日本でだけ人気なわけではありません。

実は電子タバコはアメリカをはじめたとした世界各国でも人気だと言えます。

そもそも日本で電子タバコを吸う人の中にも、そうした世界各国にお世話になっている人はいるでしょう。

なぜなら、日本ではニコチン入りの電子タバコのリキッドを売ることは禁止されていますが、海外では別にそれは禁止されていないからです。

ということは、電子タバコでニコチン入りの物を吸おうと思ったら、海外から輸入するしかなくなるのです。

そうして海外から輸入している人もたくさんいます。

海外から輸入することが出来るということは逆に言えば、海外ではそれだけ電子タバコが人気だということになるでしょう。

もし人気がないのであれば、そもそもそうしたニコチン入りの電子タバコのリキッドを作るということすらなかったはずです。

それが、あるのですから、それだけ人気ということなのです。

人気がゆえにあまり状況は良くない

ただ、そんな風に人気がゆえにあまり状況は良くなくなってきているのが海外の現状でしょう。

人気があまり出ると、それを吸う人がすごくたくさん増えて社会問題になります。

日本での紙のタバコを想像するとそれは分かるのではないでしょうか?

テレビの影響や、あるいは小説や漫画等の影響か、一時期日本でも紙のタバコを吸う人はすごく多くなりました。

それを吸う人が多くなると、それに比例するようにマナーの悪い人も増えていきます。

だから、禁煙場所で喫煙をしたり、嫌煙者の前でも平気でタバコを吸う人が出てきたりするのです。

海外では今ちょうど電子タバコがそんな状況で、だんだんと電子タバコに対しての規制が進んでいってしまっていたりします。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

米では公共の場で吸えないところも増えてきている

実際にアメリカでは、公共の場で電子タバコを吸うことができないという州も増えてきています。

今までは禁煙場所であっても電子タバコをすっても良いという風帳があったようですが、そのせいか今では公共の場で吸うことが禁止されているのです。

もちろん公共の場とはいっても、たとえば喫煙可能な場所であれば、電子タバコだけが規制されるということはないですが、電子タバコだけが特別に認められるということはもうないと考えた方が良いでしょう。

日本では公共の場ではモラルの問題と言える

日本での公共の場での喫煙はどうでしょうか?

日本での公共の場での喫煙は、法律的にとか条令的に禁止されているということはまだありません。

ということはつまり、いちおうルール的には禁煙場所であっても吸ってよいということになります。

ただしそこには必ずモラルの問題が付きまといます。

実際見ている方からすれば、電子タバコもタバコも同じですから、禁煙場所で電子タバコを吸いはじめられたら、禁煙場所なのにタバコを吸っていると不快に思われることは間違いありません。

そうして不快に思われてしまうと、トラブルになったりすることもあるでしょう。

だから、条例や法律的に禁止されているということはなくとも、モラル的な問題で、お店側から電子タバコも吸わないようにお願いされることは多いです。

ですから、日本も、だんだんとその世界の流れに乗ってきていると言えるでしょう。

いつか法律的に、あるいは条令的に禁止されることになる可能性も高いです。

もっとも、いちいち法的にしばりつけられなくてもほとんどの人がそういう場所での喫煙をしていない現状、それが法律的に指定されてもあまり困ることはないでしょうが。

製造や販売、所持が禁止されているところもある

海外の中には、電子タバコの製造や販売、そして所持が規制されているところもあります。

たとえばシンガポールやノルウェーがそれにあたります。

だから、もし海外旅行でノルウェーやシンガポールに行こうとして、その時に電子タバコを持ち込もうとしたら、没収されてしまう可能性が高いと言えます。

それくらいに電子タバコに対しての規制が厳しい国もあるのが、現状なのです。

ニュージーランドでは処方箋が必要

そこまで厳しくなくとも、それを使うことに処方箋が必要なところもあります。

それが、ニュージーランドです。

電子タバコを吸うのにいちいち処方箋が必要なんて、そんなに面倒なことはないでしょう。

そもそもどういう名目で電子タバコを処方するのかわかりませんが、そういう国もあるのだということは知っておいた方が良いでしょう。

規制がないうちに楽しむべき

海外ではこのようにやや状況が追い込まれてきている電子タバコですが、日本ではまだ規制はありません。

あると言えば、薬事法による、リキッドへニコチンを加えることの禁止くらいですが、それは別に電子タバコを規制しているというよりは、ニコチンを規制しているということになりますから、ないと言ってしまって問題ないでしょう。

しかし、将来的に規制が厳しい国のようになっていく可能性はあります。

日本がノルウェーやシンガポールに続いていくということはないでしょうが、アメリカやヨーロッパ諸国がそれに続いていったら、ほぼほぼ間違いなくその流れにはのっていってしまうでしょう。

5年10年かけて徐々に規制をかけていくはずです。

そうなったら電子タバコを今のように自由に楽しむことは出来なくなってしまうかもしれません。

だからそうなる前に、今のうちにしっかりと電子タバコを満喫しておくことがおすすめです。

色々なフレーバーを試してみると良い

たとえばフレーバーです。

もしこれからどんどん規制が厳しくなっていったら、徐々にフレーバーの量も減っていくでしょう。

規制が厳しくなれば当然電子タバコ自体の売り上げも落ちていくでしょうし、売り上げが落ちたらリキッド作りから徹底するところも出てくるでしょう。

5年10年かけて規制をしていくわけですから、いきなり多くのブレーバーが消えていくということはありません。

しかし売り上げに乏しいところはどうしても切られてしまうのです。

一部の売れるリキッド以外は捨てられてしまうのは間違いないです。

だから今のうちに色々なリキッドを試しておくべきなのです。

あまり他のブランドでは出ていないようなフレーバーのリキッドなどをみつけたら、とりあえず一回はそれを試してみると良いでしょう。

そういうものは基本的にはあまり売れないから他のブランドが追随しないのであって、規制がかかり始めたら切り捨てられる可能性の高いリキッドだと言えます。

だからこそ、今のうちに試してみるべきなのです。

そうすればたとえこれから電子タバコの規制が強くなっていったとしても、より電子タバコを満喫できるでしょう。

まとめ

今は電子タバコが間違いなく全盛期と言えますが、これからは世界各国の状況のように規制がかかり始める可能性もあります。

だからこそ、今のうちにたくさん電子タバコを満喫しておくべきなのです。

是非いろいろな味を試して、今のうちに電子タバコの世界を満喫していってください。

規制がかからないならそれはそれで良いですし、今のうちに満喫して損をすることはないでしょうから。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ