私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

甘いけど大丈夫?電子タバコを吸っていても虫歯にはならない?

   

KAMIKAZE E-JUICE カミカゼ ラズベリーアッサムフレーバー RASPBERRYASSAM 電子タバコ 日本製国産 リキッド 15ml 1本

電子タバコの中には、あまりフレーバーで甘い味がするものがあります。

そうした甘いフレーバーで甘い味の電子タバコを吸っていると、一つ心配になることがあるのではないでしょうか?

それが、虫歯にならないだろうかということです。

実際、電子タバコを吸っていても虫歯になることはないのでしょうか?

以下ではそれを見ていきます。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコでは虫歯にはならない

電子タバコには、別段糖分が含まれているわけではありません。

だから、結論から言うと、電子タバコを吸っているからといって、そのせいで虫歯になるということはないと言えるでしょう。

電子タバコの甘みは添加物による甘みだったり、あとはフレーバーによる効果だったりします。

なので、別段虫歯になるような危険性が高いものではないのです。

もちろん絶対に虫歯にならないかと言われたら断言は難しいでしょう。

中にはそれでも虫歯になってしまう人はいるものです。

しかし、そういう人はそもそも電子タバコを使う使わない以前に虫歯になってしまったりするものです。

たとえば寝る前に水やお茶以外の水分、たとえばミルクティーなどの糖分が含まれている飲み物を飲んだらそのせいで虫歯になってしまう事でしょう。

あるいは日中に食べたものの糖分を歯磨きで落としきれず、そのせいで虫歯になるということもあるでしょう。

だから、電子タバコがどうこうというのはあまり関係なくなるのです。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコの味が間接的に原因になることはある

電子タバコが直接的に虫歯の原因になることはほぼほぼないと言って問題ないでしょう。

しかし、電子タバコが間接的に虫歯の原因になることはあります。

もし、電子タバコを吸っていて虫歯になってしまったという方がいたら、それが原因なのではないでしょうか?

電子タバコは合わせて何か食べたりしたくなる

間接的に虫歯の原因となるというのは、電子タバコとあわせて何か甘いものを飲んだり食べたりしてしまうということです。

電子タバコというのは、タバコとは違いフレーバーがあるものです。

でもそうしてフレーバーがあるからこそ、それに合わせて何かが食べたくなったり飲みたくなったりするという方も多いのではないでしょうか?

そしてそこで食べるものが甘いものだったりしたら、やはり電子タバコを吸わない時よりも甘いものをたくさん食べることになるでしょう。

とういことはつまり、それだけ虫歯になるリスクが高くなるということになります。

そうやって、虫歯になっていったりするのです。

タバコから切り替えてきたらなおさら

もしタバコから切り替えて電子タバコに来たのであれば、なおさらそうした甘いものを食べる機会が増えることでしょう。

タバコの吸い始めが電子タバコだった人は、そもそもニコチンを摂取していないのでニコチン中毒ということはありませんが、タバコから電子タバコに来た人は、ニコチン中毒の症状になやまされることもあるでしょう。

電子タバコはタバコとは違いニコチンが含まれていないわけですから、幾らソレをすってもニコチンを欲しているという自分の症状が改善されることはまずありません。

そうしてニコチンを強く欲することはストレスになります。

だから、そのストレスを解消しようと思って、甘いものを欲してしまうことがあるのです。

電子タバコのフレーバーだけが原因ではなく、そうしたニコチンの問題もあるので、電子タバコは間接的に虫歯の原因になることはあると言えてしまうのです。

中には、ストレスは感じるものの甘いものは別に欲さないという方もいるかもしれません。

しかし、ストレスは甘いものだけではなく、ただの暴飲暴食にもつながりますし、そうしてたくさん食べるとやはり結果的に糖分をたくさん摂取することにもなるでしょう。

そうして結果的に虫歯の原因を作ってしまうことになるのです。

電子タバコが悪いわけではない

ただそれは、電子タバコが悪いわけではないと言えるでしょう。

フレーバーだって、自分が選んだものです。

それ一つで満足できるような味の物や、あるいは今までと同じように吸える、タバコ味のフレーバーなどにすればそれとあわせて甘いものを欲することもなくなるでしょう。

ニコチンに関しては、自力で乗り切るしかありませんが、電子タバコを使用していた方がタバコっぽい雰囲気を味わえるので乗り切れる可能性は高いと言えます。

だから、電子タバコはむしろ虫歯を予防することに役立てることも出来るのです。

中には糖分が含まれるものもあるかもしれない

基本的には電子タバコには糖分は含まれていないですし、ニコチン中毒対策として使えますし、虫歯の原因になるどころかむしろ虫歯を作らない為に役立つくらいのものだと言えますが、すべての電子タバコがそうだとは言えないでしょう。

電子タバコというのは、リキッドを使って煙を出していくものですが、そのリキッドも今や本当にたくさんの種類のものがあります。

ということは当然その中には、糖分が含まれているものもあるかもしれません。

たとえば、日本ではそのリキッドの中にニコチンを含むことは禁止されているのですが、海外では別にそれは禁止されていません。

なので、海外からそういうリキッドを買えば、日本でもニコチン入りの電子タバコを吸うことは出来るのです。

ということはつまり、海外から買えば、糖分がたっぷり含まれたリキッドだってあるかもしれないということです。

これからそういう物が増えることもある

もちろん日本のリキッドだって、たっぷりと糖分がはいったリキッドが隠れているかもしれませんし、これからたくさん出てくる可能性だってあります。

今や空前の嫌煙ブームで、タバコを吸う人が減っていますが、その代わりに電子タバコに手を出す人はすごく増えてきています。

ということはリキッドだってこれからどんどん増えてくることが想像されます。

リキッドの数がそうしてどんどん増えてくれば、当然ながらその中には他との差別化を図ろうと、味で勝負してくるところが出てくるでしょう。

味で勝負するのであれば、やはり砂糖は大きな武器になるはずです。

そういうこともあるので、盲目的に糖分が含まれていないと信じきるのは良くないでしょう。

寝る前に歯磨きをして予防するのが一番確実

基本的には問題はないのですが、中には糖分が含まれてしまっているものもあるかもしれないので、やはり一番確実なのは、電子タバコを夜に吸ったら、寝る前にはしっかりと歯磨きをして予防するのが良いと言えるでしょう。

寝る前にしっかりと歯磨きをしていけば、たとえ電子タバコの中に糖分が含まれていたとしても、しっかりとそれらを落とすことが出来るようになるので、虫歯になるリスクはしっかりと減らすことが出来るでしょう。

あるいは、夜に歯磨きをした後にはもう電子タバコを吸わないようにするというのもアリです。

夜に電子タバコを吸うと、タバコを吸っていると勘違いして覚醒作用がおこってしまう可能性もありますし、色々な面で見ても、夜には吸わないようにするのがおすすめです。

まとめ

電子タバコが虫歯の原因になるということは基本的にはないけれど、これだけリキッドが出回っている今の時代、中には糖分が含まれているものもあるし、間接的に虫歯の原因になることはあるので、歯磨きをしっかりするという基本的なケアは欠かさず行っていく必要があると言えるでしょう。

そうして、しっかりと虫歯予防をしていってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ