私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

禁煙にも繋がる?電子タバコで禁煙するための方法とは

   

電子タバコは良く、それが禁煙に繋がると言われることがあります。

でも、電子タバコで禁煙をするには、やはりただ電子タバコを何も考えずに吸っているだけではダメでしょう。

では、どうすれば電子タバコで禁煙することができるでしょうか?

ここではそんな、電子タバコで禁煙をする方法について紹介していきたいと思います。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

先ずニコチンが含まれていないものを吸う

まず一つすごく大切なことがあります。

それが、ニコチンが含まれていないものを吸うということです。

電子タバコには、基本的にはニコチンは含まれていないと言われています。

しかし、絶対にニコチンが含まれていないかと言うと、そういうわけでもないのです。

日本では、ニコチン入りのリキッドを販売することは禁止されています。

でも、海外では別にそれは禁止されていないのです。

なので、ニコチン入りのリキッドを海外から取り寄せるということも可能になります。

またそれは、代行してくれるところもあります。

なので、ネット上で電子タバコのリキッドを買おうとしたら、うっかりそういうニコチン入りのリキッドを買ってしまう事もあるでしょう。

そうするとやはりそれに依存するようになり、いつまでも電子タバコを止めることは出来なくなります。

なので、電子タバコで禁煙するためには、ニコチンが含まれていないものを吸うようにしていきましょう。

加熱式は含まれるので注意

また、電子タバコには、加熱式の電子タバコもあります。

そんな加熱式の電子タバコは、タバコの葉のフィルターを通すことになるので、その際にニコチンが含まれてしまうでしょう。

たしかにその量は、紙のタバコに比べるとかなり薄いものです。

でも、含まれてしまうことは確かなのですから、それによって依存してしまうようになる可能性はすごく高いです。

そうならないようにするためにはやはり、加熱式の電子タバコもやめた方が良いでしょう。

電子タバコで禁煙したいのであれば、あくまでも一般的な水蒸気を吸うタイプの電子タバコを選ぶようにしていきましょう。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

煙が調節できるものを使う

電子タバコで禁煙をするためには、煙の量が調節できるものを使うのがおすすめです。

というのも、電子タバコの吸い心地は煙の量で決まると言っても過言ではないのです。

煙の量が少ないと、かなり薄味になりますし、煙の量が多いとその分だけ吸った時のインパクトも増していきます。

やはりタバコを吸う事が好きな方や、それに依存してしまっているという方は、タバコを吸った時のインパクトが好きだったりします。

なので、そのインパクトがないことに慣れていけば、次第に吸っても吸わなくても平気になり、いずれ吸わなくなるでしょう。

そしてインパクトがないことにならせるためにも、煙の量が調節できないとならないのです。

最初から少ないと我慢できない

いちいち煙の量を調節しなくても、そもそも最初から煙の量を少なくしておけば良いのではないかと思う方もいるかもしれません。

でも、それは間違いです。

いきなり紙のタバコのすごく強いインパクトから、電子タバコの、しかも煙の量がすごく少ない極薄インパクトのものに変えていっても、全然吸った気がしないでしょう。

だから、タバコの中毒症状をごまかすことが出来ません。

つまり、そういう電子タバコを吸ってもすぐに紙のタバコを吸いたくなるのがオチなのです。

それでは当然禁煙なんてまずできません。

では、煙の量が調節できればどうでしょうか?

煙の量が調節できれば、最初はしっかりと煙を出してインパクトに対抗することが出来ます。

そしてしばらくはそれを吸い続けることになるでしょう。

そんな風にソレを吸い続けているウチに、ニコチンの中毒書状などがうすれていくはずです。

だから、次第に煙の量を少なくしていけるようになるのです。

そうやって徐々に減らしていき、いずれ0にするのです。

このようにして禁煙は完遂されます。

味が濃いリキッドを使うこともポイント

電子タバコで禁煙をするためには、味が濃いリキッドを使用することもポイントだと言えるでしょう。

というのも、電子タバコのインパクトは、煙だけではなく、やはり味にもあるのです。

たとえばあまり味がしないような煙よりも、極甘のリキッドの方がはるかにインパクトは強いです。

なので、ちょっと吸っただけでもかなり吸った感が出るでしょう。

吸った感が出れば、そちらに移行していきやすいです。

そういうことがあるので、電子タバコで禁煙したいのであれば、味が濃いリキッドを使うことも大切なポイントになるのです。

味が濃いのはどんなものか?

では、そもそも味が濃いリキッドとはどのようなモノになるでしょうか?

電子タバコのリキッドには本当に色々な物があります。

たとえばフルーツ系のものから、ちょっとしたスイーツみたいなもの、あるいはタバコ味と言うようなものもあれば、変わり種のカレー味みたいなリキッドもあります。

そんな中、特に味が濃いのはやはり甘い系のリキッドになります。

人はやはり、甘さというのは感じやすいのでしょう。

なので、あまいリキッドはすごく味が濃く感じられ、すごく吸った感があります。

甘いのが苦手な人にもおすすめ

そんな電子タバコの甘いリキッドは、甘いものが好きな人にはもちろんのこと、甘いものが苦手な人にもおすすめになります。

甘いものが好きな人はそれをおいしく吸えるでしょう。

だから、少しずつ少しずつ煙の量を落とすことで禁煙することになります。

でも甘いものが苦手な人は、そもそもソレをまずく感じるでしょうから、どんどん煙の量を減らしていきたくなるはずです。

そうしてまずさが勝ち、禁煙出来るようになったりもするわけですから、甘いものが苦手な人にも、甘い味のリキッドはおすすめできます。

タバコのある場所に近づかないことも大切

電子タバコで禁煙をするためには、タバコのある場所に近づかないという事も大切になります。

タバコのある場所に近づかないというのは、何もタバコがおいてある部屋に近づかないとか、コンビニに行かないとかそういうことではありません。

そうではなく、タバコが吸われているところに行かないようにするのです。

たとえば喫煙所です。

喫煙所では、タバコや電子タバコに関係なくタバコが吸われているでしょう。

そういうところでタバコの香りを嗅ぐと、どうしてもタバコを吸いたくなるのがタバコが好きな人です。

そうなると電子タバコではカバーできなくなることがあります。

なので、禁煙に失敗する可能性も高くなるのです。

そうならないようにするためには、タバコのある場所に近づかないのが一番です。

部屋でしか吸わなくなり減っていく

そうなると、電子タバコも自分の部屋でくらいしか吸えなくなるでしょう。

となると当然、電子タバコを吸う量も減っていくはずです。

そもそもの量が減れば、当然煙の量を減らしていくペースも早くすることが出来ます。

なので、そうして部屋でしか電子タバコを吸わなくなるというのは、すごく良いことだと言えます。

まとめ

電子タバコで禁煙をしたいとおもったら、是非これらの事を参考にしてトライしてみてください。

これらのことを参考にしていけば、意外とあっさり禁煙デキる人もいます。

もちろん全然これが合わなくて、全然記念できない人もいますが、それでも少なくとも試してみる価値はあると言えるでしょう。

ぜひ試してみてください。

そして、禁煙に成功していってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ