私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコでのどが痛くなる時に考えらえる原因とは?

   

電子タバコを吸っていると、のどが痛くなる事があります。

でも、電子タバコを吸っていてのどが痛くなるのは、なぜなのでしょうか?

やはりそのままのどがいたいまま吸い続けるのはなんだか不安ですし、原因を知り、しっかりと対処していきたいと思うものです。

そこでここでは、電子タバコでのどが痛くなる時に考えられる原因について紹介します。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

煙の量が多すぎる

電子タバコでのどが痛くなる時に考えられる原因として、煙の量が多すぎるということがまず挙げられます。

煙の量が多くなればなるほどに、のどに掛かる負担も増えていくと言えるでしょう。

だから、煙の量が多すぎたらのどが痛くなる事があるのも当然になります。

もし、今使用している電子タバコが煙の量を調節できるタイプなのであれば、その時にはなるべく煙の量を減らして吸うようにしていきましょう。

しばらくそうして少ない量で吸っていれば、次第にその量で吸うことにもなれてくるでしょう。

それに慣れてくれば、その分だけ電子タバコに掛かる負担も少なくなりますし、消耗を抑えることが出来るようになると言えるでしょう。

そして、煙の量を少なくすればその分だけリキッドの減りも少なくなるでしょう。

だから、より経済的に電子タバコを楽しめるようになるのです。

電子タバコを吸うことによるのどの痛みも改善出来て、かつより経済的に電子タバコを楽しむことが出来るようになるのですから、それに越したことはありません。

なので、電子タバコを吸っていてのどが痛くなってしまうという時には、まず煙の量を調節してみてください。

もし煙の量が調節出来ないような電子タバコを吸っているのであれば、この機会にそれを買い替えるのがおすすめです。

吸い心地の足りなさはどうするか

でも、電子タバコで煙の量が多いのには意味があります。

それが、吸った感が増すということです。

ということは、のどの痛みをカバーするために電子タバコの煙の量を減らしていくと、そのせいで電子タバコの吸い心地は足りなくなると言えます。

吸い心地が足りなくなると、あまり電子タバコを楽しめなくなる可能性もあります。

それは困るでしょう。

では、その吸い心地に対してはどう対処していけば良いでしょうか?

電子タバコの吸い心地が足りなくなるという問題に対しては、リキッドの味を変えて対処していくと良いでしょう。

たとえばリキッドをすごく甘い味にしたりすれば、その分吸った感はましていきます。

なので、煙の量を減らしても吸った感は失われなくなるでしょう。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

コイルの寿命がきている

電子タバコを吸った時にのどに痛みを感じるのであれば、それはコイルの寿命の可能性もあります。

コイルには、寿命があります。

だいたい1ヶ月以内程度では、寿命が着てしまうものなのです。

そんな風に1ヶ月以内程度で寿命がきてしまうのですから、気が付いたら寿命が過ぎていたということもあるでしょう。

寿命が過ぎても、別にしばらくは電子タバコを吸い続けることは出来ます。

でも、そうしてその状態で吸い続けていると、そのせいでのどに痛みを感じたりするようになるのです。

なので、もし電子タバコを吸っていてのどに痛みを感じたら、コイルの寿命も疑ってみるのがおすすめです。

そして、一度コイルを変えてみましょう。

それだけでのどの痛みが改善することも珍しい話ではありません。

コイルはしっかりとストックしておくこと

そうしてのどの痛みを感じた時にすんなりコイルを交換するためにも、コイルは、基本的にはストックしておくことが大切だと言えます。

コイルは、消耗品でありますし、しかも先述のように、1ヶ月以内には寿命がきてしまうものです。

早いものであれば、2週間くらいで寿命になる事があります。

ということはつまり、それだけみんな頻繁にコイルを買うということになります。

みんなが頻繁にコイルを買えば、自分が買いたいと思った時に品切れになっている可能性も出てくるということになります。

そうして品切れだと、のどが痛い状態も改善されません。

なので、そうならないようにコイルのストックはしっかりと確保しておくべきだと言えます。

リキッドの量が足りない

リキッドの量が足りないときにも、電子タバコを吸っていてのどが痛くなってしまう事があります。

なので、電子タバコを吸っていてのどが痛くなることがあったら、リキッドの量は足りているか、チェックしてみて下さい。

リキッドの量が足りているかチェックしてみて、それでもしリキッドが足りない様であれば、その時にはしっかりとリキッドをプラスしてあげて下さい。

なぜリキッドが足りないとのどが痛くなるのか

でも、なぜリキッドの量が足りないと、電子タバコを吸っていてのどが痛くなってしまうことが出てきてしまうのでしょうか?

それは、リキッドが足りなくて、煙が焦げ臭くなってしまうからです。

リキッドが足りないと、しっかりとリキッドを加熱する部分にしっかりとリキッドが届かなくなり、空焚きのようになってしまいます。

すると当然焦げていきます。

その焦げた感じが、煙にうつっていくので、焦げ臭くなっていってしまうのです。

焦げ臭いものを吸っていたら、のどが痛くなってしまうというのはなんとなく想像できるところです。

リキッドが足りない状態で電子タバコを吸っていたら、そんな風にしてのどが痛くなっていってしまうのです。

リキッドが合わない

電子タバコを吸っていてのどが痛くなってしまう原因としてあと考えられるのは、単純にリキッドが合わないということです。

紙のタバコを吸っていた方ならば分かるかもしれませんが、紙のタバコにだって合う合わないはあります。

たとえば、メンソール系のタバコを吸っていたらのどが痛くなってしまうという方もいますし、この銘柄とこの銘柄は大丈夫だけど、この銘柄のタバコではのどが痛くなってしまうとか、頭が痛くなってしまうとかということは多々あるものなのです。

ということは、それは当然、電子タバコでも起こりえると言えます。

なので、もし上記のようなことを疑って、それでものどの痛みが改善されないのであれば、その時には、リキッドを変えてみるようにしてください。

リキッドと電子タバコが合わない事もある

また、電子タバコの場合、そのリキッドと自分の体が合わないと言うことの他に、もう一つ相性が関係してくるところがあります。

それが、電子タバコとリキッドの相性です。

電子タバコの場合、電子タバコとリキッドとの相性が悪いということもあるのです。

電子タバコとリキッドの相性がわるいと、やはりそのせいで煙が焦げ臭くなったり、ちょっとのどの対して刺激的になったりすることもあるでしょう。

だから、電子タバコを吸っていてのどが痛い時には、それも疑ってみないとなりません。

もし自宅に今使用している以外の電子タバコがあれば、その電子タバコで今使用しているリキッドを試してみると良いでしょう。

するとリキッドと電子タバコの相性が悪いのか、あるいはリキッドと自分との相性が悪いのかはっきりするでしょう。

まとめ

電子タバコを吸っていてのどが痛くなってしまう時に考えらえる原因としては、以上の通りになります。

このように、意外と色々な原因が考えられるものなので、一つ一つ順番に対処していって、どれが原因でも確実に対処していけるようにしていきましょう。

そして、のどが痛くならずに、電子タバコを楽しんで吸えるように戻っていってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ