私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコで煙をたくさん出すことのメリットとデメリット

   

電子タバコでは、煙の量を調節できるものがあります。

と言うことはつまり、電子タバコにおいては、煙をたくさん出した方が良いというパターンと、あまり煙を必要としないパターンがあるということになります。

では、電子タバコにおいて煙をたくさん出すことには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ここではそれを見ていきます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

たくさん煙を出すと吸った感が強くなる

まず、電子タバコにおいて煙をたくさん出すことのメリットから見ていきたいと思います。

電子タバコにおいて煙をたくさん出すことのメリットは、吸った感が強くなるということです。

煙をたくさん出せば、それだけガツンと何かを吸った感が出るのは当然です。

紙のタバコには、ニコチンやタールが含まれていますから、吸った時のガツンと感がありますが、電子タバコにおいてそれらは含まれていない事が多いです。

それらが含まれていないということは、基本的には電子タバコは吸った感が強いものではないのです。

でも、やはり電子タバコを吸うという方は、紙のタバコから移行してきた方が多いでしょうし、吸った感があまりないと、いまいち電子タバコを吸う気にはならないでしょう。

ですが、煙がたくさん出せる電子タバコであれば、その吸った感はカバーできると言えます。

電子タバコにおいて煙をたくさん出すということには、そういうメリットがあるのです。

味や香りだけではカバーしきれない

電子タバコのリキッドには、そうした吸った感の弱さを補うために、味や香りが加えられています。

しかしそうした味や香りだけではいまいちカバーしきれないものです。

それはなかには、すごくインパクトの強い香りや味もあって、そういうものであれば多少はカバーできますが、そういうものでカバーするよりも、煙の量でカバーした方がよりしっかりとカバーできます。

また、味や香りのインパクトがすごく強いような電子タバコのリキッドは、えてしてあまりおいしくないものです。

あまりおいしくないと感じる電子タバコを無理に吸い続けるのはやはりあまりおすすめは出来ません。

なので、電子タバコにおいて煙をたくさん出すことは、大きなメリットに繋がると言えます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

煙がたくさん出ると遊べる

電子タバコで煙がたくさん出ることのメリットは、何もタバコとしてのインパクトが出ることだけではありません。

それは確かに、一番大きいのはそのメリットにはなるでしょう。

しかし、そのメリットだけではなく、遊べるというメリットもあるのです。

煙に形を作ることが出来る

煙があまり出ない電子タバコの場合、電子タバコはただ吸って吐くだけのモノになります。

しかし、煙がたくさん出る電子タバコの場合は、煙を吐きだす際に、たとえばソレでリングを作ったり、あるいは竜巻のような形をつくったり、すごく遊べるのです。

もちろんそれは、電子タバコとしての本来の楽しみ方ではないのかもしれません。

でも、そういう楽しみ方があるのも事実ですし、そういう風に遊べれば、より電子タバコを吸う事がたのしく感じられるようになることは当然です。

だから、煙がたくさん出る電子タバコを使えば、もっと電子タバコを好きになる可能性も高いと言えるでしょう。

youtubeに投稿している人も多い

そういう電子タバコの遊び、いわゆるトリックは、youtube等に投稿している人も多いです。

ということは、そういう投稿を見てその技をまねて遊ぶこともできますし、自分がもっと上手くなってきたら、今度は自分がオリジナルの技などを投稿することも出来ると言えるのです。

そうしてオリジナルの技などを投稿していれば、いつしか人気のyoutuberのようになる可能性もあります。

そうなればそれでお金も貰えるようになるのです。

嗜好品である電子タバコを吸っていて、それでお金がもらえるなんてそんなに素敵なことはないでしょう。

それが出来るのは、煙がたくさん出せる電子タバコだけになります。

たくさん煙が出ると迷惑も増える

では逆に、電子タバコでたくさん煙が出ることのデメリットはどこにあるでしょうか?

電子タバコで煙がたくさん出ることのデメリットは、その分だけ迷惑が増えるということです。

煙がたくさん出れば、当然ながらその分周りまで煙は届きやすくなります。

そうなれば、香りなどで誰かに迷惑をかけてしまう事もあるでしょう。

先述の通り、電子タバコには、インパクトの弱さをカバーするために、味や香りがつけられていることが多いです。

そんな味や香りがつけられている電子タバコですから、周りまで煙が届けばその香りも合わせて周りまで届いてしまうのです。

その香りは、紙のタバコを吸っていたからすると、すごく良い香りに思えるかもしれません。

でも、そもそも何も吸っていない人にしてみれば、その香りだって十分臭く感じる物なのです。

そんな香りが漂ってきたら、迷惑に感じる人もいるでしょう。

それは間違いなく、煙がたくさん出ることのデメリットになります。

煙がくるだけで嫌がられることも多い

別に香りがあまりしなくても、それは同じことです。

中にはほとんど香りがしないような電子タバコもありますから、それを吸っている方もいるかもしれません。

でも、そういうほとんど香りがしないような電子タバコであったとしても、やはり煙がくることを嫌がれることは多いです。

なぜなら、電子タバコであろうとそうでなかろうと、タバコの煙には等しく身体に悪いというイメージが有るからです。

確かに電子タバコは、紙のタバコに比べると健康被害のリスクも少ないと言えるでしょう。

しかし、実際にはまだまだ分からないところも多いです。

なので、100パーセント安全かと言えばそうではないと言えます。

だったらやはり、その煙がくる事を嫌がられるのも仕方ないのです。

そんな風に嫌がられてしまうと、やはり楽しく電子タバコを吸うことは出来なくなるでしょう。

健康被害のリスクが高くなる

また、電子タバコにおいては、煙をたくさん出すと健康被害のリスクが高くなると言えます。

それは、煙をたくさん吸ってしまうからと言う意味ではありません。

たしかに、煙はたくさん吸ってしまうでしょう。

それによって健康被害のリスクが高くなることもあるかもしれません。

でもここで言っているのはそういうことではなく、煙を出す際に、電子タバコが高温になることによって、ホルムアルデヒドが検出されることがあるということです。

ホルムアルデヒドと言うのは、言わずもがなで発がん性の物質になります。

そんな物質が、電子タバコの煙ともに身体の中に入ってきてしまっていたらどうでしょうか?

それは間違いなく健康被害のリスクは高まると言えるでしょう。

だから、それが電子タバコで煙をたくさん出して吸うことのデメリットと言えます。

煙をたくさん出そうとしなければ、電子タバコがそこまで高い電圧で稼働することがなくなります。

なので、そういうホルムアルデヒドのような物質は検出されなくなり、比較的に安全にすえるようになると言えるでしょう。

まとめ

電子タバコで煙をたくさん出すことには、メリットもありますが、当然デメリットもあります。

そしてそのデメリットは、比較的に大きいデメリットでもあると言えるでしょう。

なので、煙をたくさん出して吸うときとそうではない時を設けるなど、使い分けて吸っていくのが一番おすすめになります。

そうすれば多少はデメリットも軽減できるでしょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ