私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコに切り替えようと思った時、向き不向きも考えてみましょう

      2017/12/13

近頃愛煙家にもすっかりおなじみになってきたのが、電子タバコです。

職場や家庭での喫煙が、どうも肩身が狭くなったのでと渋々切り替えた人もいれば、他の理由があって嬉々として切り替えた人もいるでしょう。

また、出来れば切り替えたいけどきっかけがつかめないと言う人も、また少なくは無いと思われます。

やはりこの電子タバコ、向き不向きと言うのがあるのでしょうか。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコと総称されるのは2種

普通電子タバコと言われるのは、ニコチンの入っていないリキッドをセットして、蒸気を吸い込むタイプの物を指します。

これに対して、タバコの葉を熱して吸い込むタイプを、加熱式と呼んでいます。

加熱式もまた電子タバコの内ですが、区別の為かこちらは普通加熱式タバコと表示されています。

早い話が、ニコチンが入っているかいないかで、分けているようなものです。

リキッドタイプの物の場合、ニコチンを身体に入れることはできませんが、蒸気を吸い込むことによって気分的に、タバコの煙を吸い込む満足感を得ることが出来ます。

一方の加熱式の場合、普通のタバコから煙と匂いを無くして、ニコチン摂取だけにしたと言う感じです。

禁煙アイテムとして使用するなら、リキッド式でしょう。

一昔前の禁煙グッズと同じく、口寂しい時に加えて味と香りを楽しめることになります。

加熱式は、タバコのニコチンの摂取は止められないが、でも周囲の状況が喫煙を許さなくなってきたと言う人向きです。

残念ながら、禁煙グッズとしてはイマイチかもしれません。

この2種類が総称、電子タバコと呼ばれています。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコに切り替える?それとも

勿論様々な理由があって、周囲の状況もあって切り替えるわけですが、切り替えて良かったと思っている愛煙家の意見から、切り替えるのがおすすめと言うタイプを見て見ましょう。

タバコは好きだけどどうも臭いが付くのが嫌

人間と言うのは贅沢なもので、タバコは好きだけど臭いがどうしても嫌だと言う人がいます。

実は筆者も、そうでした。

筆者が喫煙していた頃はまだ、列車などにも喫煙席がありましたが、臭いが嫌で禁煙席を取ったものです。

吸いたくなるとデッキか、喫煙席に遠征していました。

このタイプが結構、愛煙家にも多いのです。

家で吸う時も、言われるまでもなく窓を開けてその側でとか、換気扇を回しつつと言う人も結構います。

それでもタバコがやめられないのですから、これはもう業としか言えません。

そんな人には、加熱式タバコは救いになることでしょう。

煙が無く、臭いも殆ど無いので家で吸っても匂いもつかず、壁の着色もありません。

周囲の人に、副流煙で迷惑をかける心配も激減します。

また紙巻での問題、タバコを包んでいる紙が燃える匂いと言うのは、実はバカになりません。

臭いに敏感な、それでも吸いたい我儘喫煙家には加熱式がおすすめです。

ニコチンは要らないけど手持ち無沙汰だし煙が懐かしい

煙を吸い込んで吐きだすと言う行為は、喫煙した人には解るちょっとした快感です。

もう実はニコチンは、気持ち悪くて吸い込みたくないと言う人も、あの煙を吸って吐きだすと言う感覚だけは忘れられないと悩んだりもします。

昔の禁煙グッズの一つで、吸い込むと口の中にちょっと味がして、口寂しさと手持ち無沙汰は解消してくれるものがありました。

ただ煙は出ませんでしたので、それだけが不満と言う人もいたのではないでしょうか。

筆者も時にはお世話になりましたグッズでした。

そう言った不満を解消してくれるのが、リキッドタイプの電子タバコです。

手持ち無沙汰も、口寂しさも、煙の問題も全て解消してくれて、でもニコチンは含有されていないので周囲に迷惑をかけることもありません。

副流煙の問題も、勿論ありません。

禁煙はしたいけど、あの煙の吸ったり吐いたりが懐かしくて失敗していると言う人には、リキッドタイプがおすすめです。

周囲の目が大変に気になる人

時々刻々と、愛煙家の肩身は狭くなっていきます。

特に副流煙の問題は、社会的にも大きく取り上げられて、それこそ愛煙家は隔離させられそうな勢いです。

その昔、駅のホームにも灰皿が多くセットされ、待合室は勿論喫煙者のたまり場、職場でもタバコ当たり前のそんな世の中の記憶がある人にとって、今の世の中生きづらくなっていませんか。

だったら禁煙してやる、と割り切れる人は問題ありませんが、それでもタバコと縁が切れない場合は、今や多数派になった非喫煙者と共存を目指さなくてはなりません。

そんな場合にも、電子タバコは大きく役立ってくれます。

特に副流煙の問題を大きく進歩させた電子タバコです。

これなら周囲も何時の日か理解を深めてくれることでしょう。

タバコは吸いたいけど健康も心配と言う贅沢な人に

タバコの害は今や、大きく喧伝されています。

医者の待合室にも、怖いポスターが貼られていますので、それを見ると禁煙したほうがいいのかなあと、そんな思いに駆られる人もいるでしょう。

まあのど元過ぎれば熱さを忘れると言う言葉の通り、ポスターの前から去ってしまえばまた気にならなくなると言う事も、無いではありません。

それでも、喉に引っかかった魚の骨のように、時に健康について考えてしまうのもまた事実でしょう。

リキッド式の場合ニコチンは、日本生産の物には含有されていませんので、そう言った意味ではタバコの害からは無縁でいられます。

しかしニコチンは欲しいし、でも健康が心配だと言う人には、紙巻きに比べればまだマシな加熱式をおすすめしたいです。

とは言え、タールは殆ど含まれていない加熱式も、ニコチンはしっかりと含まれていますので、健康的とは決して言えないことも事実です。

電子タバコに切り替えは無理なタイプ

古くからの愛煙家は特に、これが喫煙の目的と言ってもいいので電子タバコは無理、と言う人もいます。

その人たちの言う、これとは一体どんなものでしょう。

意外と、ニコチンよりも大事なものがあるようです。

タバコに火をつける瞬間が

仕事に一区切りついて、大きく伸びをしつつ椅子の背に寄りかかり、おもむろにタバコの箱を取り出して火をつける、この行動が何よりも目的だと言う人がいます。

こういうタイプの人の場合、意外とその後の喫煙時間は短かったりします。

気持ちの切り替えのために、タバコの箱を取り出してそこからタバコを出す、ライターかマッチで火をつける、その行動がメインなのだそうです。

その後のタバコのひと吸いも勿論気分替えになるようですが、そこまで行けばすでに満足と言う感じでしょう。

この一連の行動が出来ない電子タバコの場合、こういったタイプの人には不向きとしか言えません。

ちなみにこのタイプ、葉巻派に多いと言う事です。

目で紫煙を追うのが何より楽しみ

火のついたタバコの先から立ち上る煙、それをじっと目で追ってそれ以外の行動はせずに、心を無にしたい。

そんな人もいます。

気持ちの切り替えと言う場合もあれば、何かに行き詰まった時に頭をクリアにするために無意識にやる場合もあるようです。

残念ながら、リキッド式の蒸気は吸い込まない限り出てきません。

吐いた時に煙に似た蒸気は出ますが、やはりこの辺りにこだわりのある人には、いささか物足りないようです。

電子タバコに切り替えた時の注意点

さてめでたく電子タバコに切り替えられたり、ニコチンとは縁が切れてでも手元が寂しいのでリキッド式を利用することになった場合、公共の場所ではそれでも注意が必要です。

家や職場で理解を得られた場合は、まず問題はありません。

しかし公共の場所での電子タバコの使用は、ニコチンの入っていないリキッド式でも使う時には注意してください。

当人にとってはタバコと言う意識がすでに無くても、周囲はそうは見てくれません。

特にリキッド式は、知らない人が見た場合しっかり煙の出るタバコです。

公共の場所では、どの電子タバコも喫煙所で利用することを、心得ておいていただきたいです。

まとめ

電子タバコ、リキッドタイプにしても加熱式にしても、向き不向きがあるのは事実です。

単にニコチンの摂取だけが目的なら、普通のタバコを電子式に変更するのも難しくはありません。

特にリキッド式を使用して、禁煙の一助にするのはかなり有効だと言えます。

しかし単にそれだけでは無く楽しみをタバコから得ている人の場合、切り替えても結局元に戻ってしまうことが無いとは言えません。

ご自分の喫煙のタイプを見極めて、電子タバコの利用を考えてみてはいかがでしょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ, 電子タバコの選び方