私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコをネットで買うことのデメリットってある?

      2017/12/13

電子タバコは、ネットで買うのが一番楽であり、そして価格的にも安いことが多いです。

しかし、ネットで電子タバコを買うことを嫌う人もいます。

それはなぜかというと、やはりネットで電子タバコを買うことにデメリットがあるからになります。

ここではそんな、電子タバコをネットで買うことのデメリットについて見ていきたいと思います。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

ネットで電子タバコを買うと家族にばれてしまう

ネットで電子タバコを買うことのデメリットとしてまず挙げられるのは、家族にばれてしまうという点です。

ネットで電子タバコを買うと、当然電子タバコが家に届くことになります。

家に電子タバコが届くとなると、それを見た家族に電子タバコを買ったことがばれてしまいます。

勿論一人暮らしであればこれは関係ありません。

また、家族のだれもが自分が電子タバコを吸っていることを知っているのであれば、同じく関係ありません。

しかし、たとえば実家暮らしで、家族に内緒で電子タバコを始めたいと思っているというのであれば、それはやはり大きなデメリットになります。

なので、そういう人にはネットで電子タバコを買うというのはおすすめしません。

開けられるリスクもある

勿論、ばれないような梱包をしているところもあります。

たとえば、アマゾンで電子タバコを買えば、何を買ったかは全然わかりません。

アマゾンは何を買っても基本的には同じ梱包で届きますから、何を買ったかがばれてしまうということはないのです。

でも、ネットで買って届いたものが、そのまま開けないでおいてもらえるとは限りません。

あけられてしまうリスクもあるのです。

そうして開けられてしまっていたら、完全に電子タバコを買ったことがばれてしまいます。

実店舗で買ってくればばれることはない

逆に実店舗で買って来れば、まず家族にばれることはありません。

鞄に買ってきた電子タバコを入れて自分の部屋に行き、そしてどこかに隠しておいて、それを吸う時には家の外で吸えばよいだけになります。

そうして自分だけの楽しみにしている大人の男性は多いです。

電子タバコであっても吸わない人にとってはそれを吸われることを嫌うことは多いですし、家族にばれたくない方が多いのもうなずける話です。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

ネットだとサイズ感が分からない

ネットで電子タバコを買う際のデメリットとして、ネットだとサイズ感が分からないということもあげられます。

ネットで電子タバコを買うと、どうしても正確なサイズ感はわからないのです。

もちろんなんとなくのサイズ感はわかります。

基本的にはWEBサイトであってもサイズ感が記載されていたりしますから。

そうしてサイズ感が記載されていたら、それをメジャーなどを駆使して可視化していけば、なんとなくのサイズ感はわかります。

しかしそれは、あくまでもなんとなくのサイズ感になります。

完全なサイズ感は、わからないものなのです。

実店舗であれば確実にサイズ感が分かる

対して実店舗であれば、確実にサイズ感が分かります。

実際に実物を目で見ることが出来るわけですし、実際に手で持つことだってできることがあります。

なので、確実にサイズ感はわかるようになるのです。

そうしてサイズ感が分かるようになれば、サイズ選びで間違えて後悔することはなくなります。

サイズ選びは意外と重要

電子タバコにおいて、サイズ選びは意外と重要になります。

サイズ選びを間違えていると、たとえば持ち運びづらかったり、あるいは吸おうとしてもなんとなく吸いづらかったりして、いまいち使う気にならないことがでてきます。

また、見た目的にも思ったより大きいとか小さいとかいうことがあると、それを使用する気にならなくなるものです。

だから、電子タバコにおいてはサイズ感というのは一つの大きなポイントになるのです。

それをしっかりと合わせていくことができないというのは、ネットで電子タバコを買うことの大きなデメリットです。

ネットで買うと時間がかかる

ネットで電子タバコを買うと、どうしても届くまでに時間がかかります。

勿論早いものであれば、注文から2日後には到着はします。

最近では早いところが多いので、遅くとも3日後には到着しているというところがほとんどになります。

なので、電子タバコをネットで買うとなってもそこまで待たされることはありません。

しかし電子タバコを買う際には、いま電子タバコが吸いたいと思うから買うものです。

ということは、その2日3日がすごく長く感じることが出てくるのです。

実店舗ならすぐに買えてすぐに吸える

これが実店舗だったら、すぐに電子タバコを買うことができますし、買った瞬間それを吸うことだってできます。

スピード感で言えば、やはりネットで電子タバコを買うというのは、実店舗で買うことには叶わないところがあります。

なので、すぐに電子タバコを吸いたいと思う方には、ネットで買うのではなく実店舗で買うようにするのがおすすめになります。

特にコンビニであれば、吸いたいと思った20分後には買って吸っていることが出来ます。

ネットで買うと送料がかかることもある

ネットで電子タバコを買うと、送料がかかることもあります。

勿論中には送料がかからないところもありますし、いくら以上買えば送料がかからないというところもあります。

そういうところで電子タバコを買っていけば、それはさして問題にはなりません。

しかし、送料がまったくかからないところは、そもそもの電子タバコの価格帯がほかのサイトよりも高いことが多いですし、いくら以上買えば送料がかからないというところは、そのいくら以上の金額が比較的に高めで、まとめ買いをしないとならないということになることも多いです。

なので、やはりどうしても割高になりがちになるのです。

まとめ買いは別に割高なわけではありませんが、一回で払う金額が多いと割高感を感じてしまいますから。

そういう割高感を感じないようなサイトで買ったり、割高感を感じないようにちょこちょこ買おうとすると、送料がかかるのです。

送料がかかれば、結果割高になります。

だからつまり、ネットで買うと割高になることが多いということになります。

実店舗でも交通費はかかる

ただ、別にそうして電子タバコ代以外のお金がかかるのは、何もネットで電子タバコを買う際だけではありません。

電子タバコ代以外にお金がかかるのは、実店舗でも同じことなのです。

なぜなら、実店舗に行くためには、交通費がかかるからです。

そうして交通費がかかっていたら、その分だけトータルでの出費は高くなります。

結果、送料がかかるのと大差なくなることはあります。

多少安いのは交通費ではあります。

送料は、業者によって700円台だったり、800円台だったりします。

交通費は、だいたいの場合で500円台くらいになります。

だから、やや交通費よりも送料の方が高いのです。

ただその分ネットで買う方が電子タバコの金額は安くなることが多いわけですから、実際にはネットでかっても実店舗で買ってもトータルの金額は大差ないのです。

でも送料にかかるお金というのはすごく損した感が強いですから、やはり割高感を感じてしまうのは、ネットで買うことになります。

まとめ

電子タバコをネットで買うのは確かにすごく便利ではあります。

しかしこのように、それにはそれのデメリットもあるものなのです。

メリットしかないようなことなんて、この世の中にはそうそうありません。

それは、電子タバコをネットで買う際にも言えることです。

電子タバコをネットで買うならば、これらのデメリットをよく考えた上で買うようにしていってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ, 電子タバコの選び方