ロボット掃除機でみんな幸せ

このサイトは、ロボット掃除機を中心とした情報提供を行っています。

*

ロボット掃除機おすすめランキング

いない間に掃除してくれて、帰ってきたら部屋がきれい!ロボット掃除機、あると助かりますよね。

でも、いざ選ぼうとすると意外に種類が多くて迷うこともあるかと思います。

そこで、おすすめのロボット掃除機をランキング形式でご紹介したいと思います。

ぜひ、ロボット掃除機選びの参考にしていただければと思います。

iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622

iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー110件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

本製品は独自のシステムを搭載したロボット掃除機です。

機能や付属品はシンプルなままにお求めやすい価格を実現したので、ロボット掃除機を初めて購入したいという方に特におすすめのモデルです。

本製品に搭載された人工知能が部屋の広さや汚れ具合を判断し、「かきだす」「かきこむ」「吸いとる」という3段階の清掃作業を同時に行います。

このため素早く確実に部屋を綺麗にすることができます。

また気になるのは障害物がある場合ですがこの点も安心です。

2cmまでの段差なら乗り越えることができるので、部屋にラグや敷居があっても止まることなく掃除を続けてくれます。

電気のコードなども絡まらないようにブラシを逆回転して回避をします。

掃除完了時や充電時は自動で充電コネクタに戻り充電する機能や、掃除するエリアを自由に指定できる機能もあります。

畳やカーペットでも使用できるので、本製品ひとつあれば面倒な家中の掃除もすべてお任せすることができます。

詳細はこちらから

iRobot ロボット掃除機 ルンバ ブラーバ380j

iRobot ロボット掃除機 ルンバ ブラーバ380j

Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー89のカスタマーレビュー
詳細はこちらから

ロボット掃除機を活用して、乾拭きや水拭きも行いたいという方にはルンバ『ブラーバ380j』はおすすめです。

通常のルンバは、小さなゴミや埃を部屋の隅々まで吸引してくれますが、どうしても除去し切れない埃やゴミが残ってしまいます。

そのため、モップ掛けにより除去する必要があったものの、『ブラーバ380j』を導入することでより効果的に掃除を行うことが出来ます。

乾拭き用のドライクロスや水拭き用のウエットクロスも使い捨てではなく、水洗いすることで繰り返し利用することが出来るため、経済的になっています。

また、静穏性が高いため、小さなお子さんが寝ている間でも起こすことが無いという点も安心できるロボット掃除機になります。

充電時間も2時間と短く、乾拭きで約56畳かつ約4時間、水拭きでも約20畳かつ2.5時間の稼働となり、広範囲のモップ掛けを全自動で行ってくれるため、掃除の時間を大幅に短短縮してくれます。

本体に専用のクリーニングパッドを挟んでボタンを押すだけで、自動的に最適なモードを選択して部屋の中を四隅まできっちり拭き掃除してくれます。

フローリングはもちろん、タイルやクッションフロアも対応しているので家中がこれひとつでスッキリ綺麗になります。

障害物を感知して回避するので、ラグが濡れてしまったり家具が傷つく心配もありません。

コンパクトな本体でベッドやソファの下まで入り込め持ち運びも楽々です。

音も静かなので赤ちゃんが寝ている時でも気にせず使うことができます。

詳細はこちらから

Proscenic ロボット掃除機 790T

Proscenic ロボット掃除機 790T
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー12件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

Proscenics製のロボット掃除機『790T』は、吸引力が1200Paと強力な上、一般的なロボット掃除機にはないモップ掛け機能が備わっています。

そのため、ロボット掃除機を使用して、掃除の手間を可能な限り減らしたいという方にはおすすめです。

また、専用リモコン以外にスマートフォンからWi-Fi通信により遠隔操作が可能なため、障害物により操作が出来ないといった心配がありません。

そのため、電波の届く範囲であれば、どこでも操作が可能になるため、掃除中の本体を探す必要もありません。

その他、本体オプションとして、吸引オプションとブラシオプションがあり、汚れや対象箇所に合わせて掃除が可能になっています。

そのため、起毛の長い絨毯を誤って巻き込んでしまうとったリスクも回避出来ます。

詳細はこちらから

第4位 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 875A」

iRobot ロボット掃除機 ルンバ 875A

Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー6件のカスタマーレビュー
詳細はこちらから

本製品は高機能なルンバの800シリーズの付属品を最小限に抑えたモデルになります。

ロボット掃除機を使ってみたいけれど、本当に綺麗にしてくれるのか、自分に使いこなせるのか…などの不安をお持ちの方におすすめしたいモデルです。

強力な吸引力を実現するハイパワーモーターユニットが搭載されており、その吸引力は従来のルンバシリーズのなんと5倍です。

自動で充電する機能や、電化製品などのコードの絡まりを防ぐ機能、入って欲しくないエリアを設定できるバーチャルウォール機能などお馴染みの機能はもちろん搭載。

安心してお掃除を任せることができます。

しかもダスト容器がこれまでの1.6倍も容量が増えたので、ゴミ捨ての回数も減りました。

これまで以上に手間いらずでお手入れも簡単です。

詳細はこちらから

第5位 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 870」

iRobot ロボット掃除機 ルンバ 870

Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー156件のカスタマーレビュー
詳細はこちらから

Robot社製のロボット掃除機『ルンバ 870』は、従来製品に比べて吸引力が強力という特徴があります。

これまでの製品では、サイドブラシやモータブラシで集めて、かき取る際に吸引力することでゴミや埃を除去していました。

しかし、それでも細かいゴミや埃が床やカーペットなどに残ってしまうという弱点がありました。

ですが、『ルンバ870』はハイパワーモーターを使用し、本体内部に真空状態を発生させることでより強力な吸引力を獲得し、これまで以上に小さなゴミや埃を除去してくれます。

小さなお子さんやペットがいるご家庭でロボット掃除機の購入を検討しているなら非常におすすめの機種です。

ロボット掃除機では、本当に掃除が出来ているかどうか心配という方もいると思いますが、小型の掃除機以上の吸引力があるため、安心して使用できます。

詳細はこちらから

ロボット掃除機の種類と仕組み

Proscenic JOJO 自動掃除機ロボット 床拭き/2つの清掃モード/240分の連続稼働/静音

ロボット掃除機は壁や家具と接触してから方向転換するものもあれば、部屋を感知して方向転換する機種もあります。

さらに掃除をする仕組みが違う機種もあるのです。

そのため、どの機種を購入すれば良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。

そこで仕組みの違う機種のメリットやデメリットなどを紹介するので、確認してみて下さい。

接触して方向転換する機種

ロボットクリーナー 全自動掃除機 TDP-RM02A ROOMMATE

ロボット掃除機は、壁や家具と接触して方向転換すれば、部屋の隅々まで掃除できるようなイメージがあるでしょう。

しかし、このようなタイプにはメリットもあればデメリットもあるので、詳しく紹介しましょう。

メリット

ロボット掃除機が壁や家具と接触する事によって、方向転換できれば、家具を多く設置しても方向転換して掃除する事が可能になっています。

さらに、壁や家具などを感知する必要がないので、センサーを搭載する必要がないので、低コストになっています。

そのため壁や家具と接触してから、方向転換できるタイプは低価格な機種が多いのです。

実際に安い機種であれば、1,000円前後で購入できる機種もあるのです。

それにひきかえセンサーを搭載している機種の中には、100,000円以上になるような高額な機種もあります。

それを考えたら、ある程度まで部屋を掃除できるのであれば低価格な機種のほうが良い方には、壁や家具と接触してから方向転換するロボット掃除機はおすすめです。

デメリット

壁や家具と接触して方向転換するという事は、壁や家具などにロボット掃除機が接触した時に、壁・家具・ロボット掃除機それぞれにキズが付いてしまう場合があるのです。

新築もしくは賃貸(アパート・マンション)に住んでいる方であれば、壁にキズを付けたくない方は多いでしょう。

そのような方の場合は、壁や家具と接触してから、方向転換するロボット掃除機は購入するべきか慎重に考えたほうが良いです。

部屋の状況を感知して方向転換する機種

BESTEK ロボット掃除機 MAPi スマートマッピング機能搭載 高知能ロボット型クリーナー お部屋をスキャンして、最短コースでお掃除 効率を倍増できる自動掃除機ロボット アプリ対応 リモコン付き グレー BTA9

センサーを搭載して壁や家具を感知して方向転換できるロボット掃除機は、壁や家具を感知できない機種とは違うメリットやデメリットがあります。

そのため、どのようなメリットやデメリットがあるのか知りたい方もいると思うので、詳しく紹介しましょう。

メリット

壁や家具を感知できるロボット掃除機であれば、壁や家具と接触しないように走行するスピードを緩めてくれます。

そのため壁や家具にキズを付ける可能性が低いので、新築もしくは賃貸(アパート・マンション)に住んでいる方でも、気軽にロボット掃除機を利用できるでしょう。

さらに壁や家具と接触した時の音も聞こえないので、新築もしくは賃貸(アパート・マンション)に住んでいる方は、騒音トラブルを起こす可能性も低くなります。

そして壁や家具と接触しなければ、ロボット掃除機が故障する可能性も低くなるでしょう。

上位機種のロボット掃除機になれば壁や家具だけではなくて、部屋中を感知する事ができる機種もあって、部屋の隅々まで掃除する事ができるロボット掃除機もあります。

そのため、部屋の隅々まで掃除できるロボット掃除機を探している方には、壁や家具を感知できるロボット掃除機はおすすめです。

デメリット

壁や家具を感知できるロボット掃除機でメリットとして高額になっている事が挙げられます。

高額なものは100,000円以上になっている機種がある上に、安い機種でも10,000円前後になります。

そのため安いロボット掃除機を探している方は、壁や家具を感知できるロボット掃除機を購入するべきか慎重に考えたほうが良いです。

吸引型の機種

ECOVACS 床用ロボット掃除機 DEEBOT 静音&強力吸引 水拭き対応 クリアホワイト DM82 【日本国内正規品】

ロボット掃除機には、ゴミを吸引するタイプのロボット掃除機があります。

人気の高いロボット掃除機は、このような吸引型の機種が多いので、どのようなメリットやデメリットがあるのか紹介しましょう。

メリット

吸引型のロボット掃除機であれば、ある程度の大きさのゴミであればロボット掃除機が自動で吸引してくれます。

そのため利用者が、事前に大きなゴミを取り除く必要がありません。

さらにゴミを吸引するロボット掃除機はメンテナンスをする回数が少なく済むので、メンテナンスをする事が面倒に感じてしまう方には、ゴミを吸引するロボット掃除機はおすすめです。

デメリット

ゴミを吸引するタイプのロボット掃除機は、大きめのゴミでも吸引する事ができますが、ゴミを吸引するためにはモーターが必要になります。

そのためモーターを稼働する音が出てしまうので、静音タイプのロボット掃除機を探している方は注意しなければいけません。

賃貸アパートもしくはマンションに住んでいる方が、このような機種を夜中に稼働させた場合には、騒音トラブルを起こす可能性があります。

ただし上位機種には、タイマー機能が搭載されている場合があるので、そのような機種であれば平日の昼間に稼働させる事もできます。

そのため騒音トラブルが気になる方は、タイマー機能が搭載されている機種を選んだほうが良いでしょう。

床拭き型の機種

Proscenic JOJO 自動掃除機ロボット 床拭き/2つの清掃モード/240分の連続稼働/静音

床拭き型のロボット掃除機は、吸引型のロボット掃除機とは違うメリットやデメリットがあります。

そこで、床拭き型のロボット掃除機には、どのようなメリットやデメリットがあるのか詳しく紹介します。

メリット

床拭き型のロボット掃除機は、シートもしくはモップをロボット掃除機の底に装着して、床を拭いていく機種が多くなっています。

そのため、ゴミを吸引するモーターが必要ではないので、稼働音が小さくなっているのです。

そのような機種になっているので賃貸アパートもしくはマンションに住んでいる方が、床拭き型のロボット掃除機を利用したら、騒音トラブルになる事もないでしょう。

さらに床の汚れを落とす事ができるので、雑巾掛けをする事が面倒に感じている方には、床拭き型のロボット掃除機はおすすめです。

デメリット

床拭き型のロボット掃除機の最大のデメリットは、大きめのゴミを取り除く事ができない所です。

そのため床拭き型のロボット掃除機を利用する場合には、利用者が事前にゴミを取り除かなくてはいけません。

さらに床拭き型のロボット掃除機に装着させるモップは、1回利用したら洗う必要があります。

シートの場合は交換する必要があるので、メンテナンスをする回数が多くなるので注意して下さい。

両用型の機種

両用タイプのロボット掃除機は、ゴミを吸引しながら床を拭く事ができます。

そのためデメリットがないように考えてしまう方は多いでしょう。

しかし両用タイプのロボット掃除機には、メリットだけではなくデメリットもあるので、詳しく紹介するので確認してみて下さい。

メリット

両用タイプのロボット掃除機は、床を拭く事ができるだけではなくゴミも吸引できるので、事前に大きいゴミを取り除く必要がありません。

そのため床を拭く事ができるロボット掃除機で、大きいゴミを取り除かなくて済む機種を探している方には、両用タイプの機種がおすすめです。

さらに両用タイプのロボット掃除機を購入すれば、吸引型のロボット掃除機と床拭き型のロボット掃除機を一台ずつ購入する必要もありません。

デメリット

両用タイプのロボット掃除機は、吸引型と床拭き型の長所を兼ね備えていますが、モップもしくはシートを貼り付けている状態ではカーペットを乗り越えられない機種が多くあります。

さらにメーカーによって、モップを装着している時には、カーペットで使用しないように注意している場合があります。

そのため掃除をできる範囲が限定されるので、気を付けて下さい。

ロボット掃除機の仕組みによって、メリットやデメリットが違うので、その違いを知らないでロボット掃除機を購入したら後悔する可能性があります。

そのためロボット掃除機を購入する前には、自分が欲しいロボット掃除機と一致する仕組みになっている機種を選ぶ必要があります。

そのため、ロボット掃除機の仕組みが分からない方は、今回紹介した仕組みのメリットやデメリットなどを参考にしてみて下さい。

ロボット掃除機のおすすめの置き場

iRobot Roomba 650 ロボットバキュームクリーナー ■並行輸入品■

ロボット掃除機を買ってきて最初に迷うのは、それをどこにおいておこうかということなのではないでしょうか?

買ってきている以上どこかに置かないとなりませんが、どこに置くのがしっくりくるかわからないとなかなか低位置が定まらないでしょう。

そこでここでは、ロボット掃除機のおすすめの置き場所を紹介していきたいと思います。

ロボット掃除機はベッドの下がおすすめ

最初におすすめするロボット掃除機の置き場所は、ベッドの下になります。

当然ながら、ベッドの下にロボット掃除機が入れるだけの高さがないとなりませんが、もしそれがあるのであれば、ロボット掃除機をベッドの下に入れるというのはおすすめです。

ベッドの下であれば、まず人の目につくことがありません。

そのため、あまり生活感はでないでしょう。

また、必要もないのにスイッチを入れてしまうということはなくなります。

もちろんロボット掃除機の電気代なんてたかが知れているので、そこまで使用をためらう意味もないのですが、たとえば騒音などでいやがられることはあるでしょう。

だからタイミングを見て使うべきなのですが、目に入るところにあったらついついたくさん使いたくなるでしょう。

なので、あまり目にはいらないところに置くのが正解なのです。

物置やクローゼットでは全然使わなくなる

他に目に入らないところと言えば、物置やクローゼットもあります。

でも物置やクローゼットの場合は、確かに目には入りませんが、それを作動させるためにいちいち取りに行かないとなりません。

それが面倒で全然使わなくなる可能性もあるのです。

ベッドの下であれば、休日の日などに、そのまま起き抜けで下から取り出して、スイッチを入れる事も出来るでしょう。

なので、便利さは失われません。

つまりベッドの下というのは、すごくバランスが良い箇所だと言えるのです。

もしベッドがあって、それの高さがある程度あるというのであれば、その置き場所はすごくおすすめです。

テレビボードの上もアリ

ロボット掃除機の置き場所として次におすすめなのは、テレビボードの上になります。

テレビボートというのは、だいたい2段構成の様になっているのではないでしょうか?

もちろんものにもよりますが、何かを収納できるスペースが1段目にあって、その上の天板の上にテレビを置くという形のものが多いでしょう。

なので、その下の段をロボット掃除機置き場にしてしまうのです。

インテリア的に合う

これがおすすめな理由は、インテリア的に合うということです。

テレビボードの収納は、収納と言うよりは何かを置けるだけだったりする事も少なくないので、ロボット掃除機は丸出しのような状態になることも多いです。

なので、ベッドの下に置くことに比べると無駄に使用してしまう可能性は高くはなりますが、それでもあえて見せて収納するというのは、気分をあげてくれることに繋がることもあります。

ロボット掃除機は、高いものはすごく高いです。

たとえ安いものでも近未来感はありますから、それを持っているというだけで、一種の所有欲を満たされている方もたくさんいるのではないでしょうか?

もしそうなら、それは見える所においておいた方が更に満足度は高くなるでしょう。

さらに、テレビボードにおいておけば、テレビとのインテリア的な相性のマッチングが、部屋をよりオシャレに見せてくれるようにもなるでしょう。

最近の薄くて大きいテレビは、ロボット掃除機の近未来感との相性がすごく良いです。

だから、より部屋をオシャレに見せてくれる可能性はすごく高くなるでしょう。

ただし色合わせは重要

ただ、そんな風にテレビボードにロボット掃除機を置いておく場合には、テレビとロボット掃除機の色を合わせる事がすごく重要になります。

テレビとロボット掃除機の相性の良さをもってしても、色があっていない大きな電化製品を近くに置くことは、すごく景観を損ないます。

なので、テレビが黒ならばロボット掃除機も黒を、テレビが白ならばロボット掃除機も白を選ぶようにするのがおすすめです。

壁際にインテリアの様においておくのも正解

テレビボードの上や、あるいはベッドの下というのは、家に上手くなじませようとする置き方でした。

でもロボット掃除機は、そのまま壁際にただただおいておくというのも意外とハマります。

壁際においておいても、ロボット掃除機ならではのおしゃれな外観が、雑多な印象を排してくれるでしょう。

ですから、それをそのまま置いておくのもありです。

ある程度ごちゃごちゃしたところに

ただ、そうして壁際にロボット掃除機を置いておくのであれば、それを置く場所は、なるべくごちゃごちゃしたところがおすすめです。

たとえば、ゴミ箱の横だったり、あるいはシェルフなどがあればその横だったり、ある程度何かがあるところに置かないとならないのです。

もちろん何もないところにポツンと置きたいのであればそれもアリですが、そうすることによってロボット掃除機が浮いてしまう可能性は高くなるでしょう。

浮いてしまうということは、そこを置き場所にしておいているのではなく、置くところがないからそこに置いていると思われてしまう事になります。

それではせっかく狙っておいたのにすごく勿体ないです。

なので、ロボット掃除機を置くのであれば、ある程度ごちゃごちゃしたところに置きましょう。

ごちゃごちゃしたところでないと部屋も狭く見える

ある程度ごちゃごちゃしたところに置くということには、ロボット掃除機と部屋の親和性を上げるというだけではなく、もう一つ良い点があります。

それが、部屋を広く見せる事が出来るという点です。

物は、散らしておくよりも、ある一つのところにまとめておいて、後は何もないスペースを広くとってあげた方が良いです。

そうすることによって部屋にメリハリが出て、家が広く見えるようになるのです。

ロボット掃除機はまずまず存在感もありますから、そうしてまとめておいて、部屋にメリハリを持たせた方が良いでしょう。

逆においてはいけないのは部屋の真ん中

では逆においていけないのはどこになるでしょうか?

まず一つは先述のように、クローゼットの中等、使うところから遠く離れたところに置くことです。

それではいちいちもってくるのが面倒になり、結局コロコロで済ませてしまったりしがちになります。

また、それに加えて、もう一つあります。

それが、部屋の真ん中のあたりです。

別段真中でなくても良いですが、壁際以外に置くというのが良くないのです。

壊れるリスクが高くなる

でも、なぜそうして部屋の真ん中などの、壁際以外のところに置くのが良くないのでしょうか?

それは、そういうところに置くと壊れるリスクが高くなるからです。

壁際であれば、踏んづけたり、何かをこぼしてしまったりするということはそうそうないでしょう。

でも、部屋のよくわからないところにおいてあれば、うっかり踏んづけてしまう事も、うっかり何かをこぼしてしまう事もあるはずです。

なので、それは全然おすすめできないのです。

ロボット掃除機のおすすめの置き場まとめ

ロボット掃除機の置き場所は、使う場所に近くて、かつインテリア的にマッチする場所か、あるいは完全に隠れる場所がおすすめになります。

そうなるとやはり選択肢は、べッドの下か、あるいはテレビボードの上か、壁際においておくという3つになります。

それらの中からしっくりくるところ、あるいはおけるところを選んでおいてみてください。

ロボット掃除機は一人暮らしにもおすすめ

ILIFE V3s Pro ロボット掃除機 ホワイト

ロボット掃除機は、掃除を楽にしてくれるすごく便利なアイテムです。

でも、それはたとえば一人暮らしの部屋の人でも同じように便利に使えるのでしょうか?

大きな家で暮らしファミリーであれば、役立つことはまず間違いないですが、狭い家に暮らしていることが多いであろう一人暮らしの場合はどうなのでしょうか?

ここではそれを見ていきます。

いない間に掃除をしてくれるので役立つ

ロボット掃除機は、基本的には一人暮らしでも役立つと言えるでしょう。

ロボット掃除機は、たとえばいついつに起動するようにタイマーを設定できるものも多いです。

そうしてタイマーを設定していけば、自分がいない間に掃除をしてくれるようになります。

それは確かに、完璧に細かく掃除をしてくれるのかと言うと、そんなことはまずありません。

掃除をしてくれるとはいっても、あくまでも7割とか8割くらいの掃除率にはなるでしょう。

だから結局どこかのタイミングで、自分でも掃除をしないとならなくはなります。

しかし、自分で掃除をする範囲がぎゅっと狭くなることは間違いないでしょう。

なので、基本的にはすごく役立つと言えます。

休みの日には休みたくなるもの

もしロボット掃除機がない状態で、1人暮らしの人が掃除をするとなると、当然それは休みの日になるでしょう。

でも、基本的に休みの日には休みたくなるのが人間です。

だからたとえ休みがあっても、全然掃除をしなくなることも多いのではないでしょうか?

でもそれでは当然家はドンドン汚くなっていきます。

しかしロボット掃除機があれば、少なくとも汚くてどうしようもないということはなくなるでしょう。

なので、基本的にたとえ一人暮らしでも、ロボット掃除機を買うだけの価値はあると言えます。

ただし通るスペースがないと意味がない

ただし、ロボット掃除機をそうして活かすためには、家の大きさと言うのはすごく重要になります。

正確には、家の大きさが重要なのではなく、ロボット掃除機が通るためのスペースがあるかどうかがすごく重要になるのです。

たとえば、ロボット掃除機が通れない位の高さの隙間しか空いてないベッドと、ダイニングテーブル、そしてさらに椅子やソファーやローテーブルと言う風に、小さな部屋の中にたくさんの家具がある場合。

そんな時にはロボット掃除機はほとんど動くことが出来なくなります。

ロボット掃除機とは言えども、まだ家具を勝手にどけて掃除をするだけの力はありません。

なので、そうして家具がたくさんある家では、ロボット掃除機はあまりきちんと働くことが出来なくなるのです。

少ししか動けないならコロコロで十分かも

もし、そんな風にロボット掃除機が全然動くことが出来ないのであれば、掃除はコロコロで十分になる可能性もあります。

座ってコロコロをするのと同じくらいのスペースしか動けないのであれば、自分でソレをすればいいだけの話になります。

手を動かす位の手間であれば、手間に感じる事もないでしょうし、あえてロボット掃除機を導入するメリットがなくなってしまうでしょう。

そして一人暮らしの部屋というのは、えてして色々な物を置きがちになります。

だから色々な物を置いてしまって、ロボット掃除機が通れなくなっている人もたくさんいるのではないでしょうか?

ロボット掃除機は一人暮らしの人でも全然役には立つけど、部屋の状態によっては役に立たない事もあるということはしっかりと意識しておく必要があるでしょう。

この機会に部屋を落ち着かせるのも一つの手段

もし今部屋にものがたくさんあってロボット掃除機を全然動かすことが出来ないというのであれば、この機会に部屋をおちつかせるというのも一つの手段だと言えるでしょう。

部屋を落ち着かせるというのは、余計な家具を処分してしまうということです。

幸いにも今ではオークションアプリやフリマアプリなどもすごくたくさんあります。

だからそういうものを利用して売っていけば、要らない家具を処分しつつお金まで貰えるでしょう。

本来であればお金は自分で払って処分しないとならない事も多いですから、お金をもらえつつ処分も出来るというのはすごくうれしいことです。

そうしてお金を手に入れれば、それを軍資金にしてロボット掃除機を買う事も出来るでしょう。

家のスペースもあけられて、かつロボット掃除機も買うことが出来るので、一人暮らしの人にはそれもおすすめです。

ロボット掃除機があれば掃除機を置かなくて済む

一人暮らしで大切なのは、家の中になるべくスペースを開けることではないでしょうか?

ということはつまり、家の中に大きなものを置くべきではないということになります。

では、ここで一つ疑問です。

ロボット掃除機と一般的な掃除機は、どちらの方が大きいと言えるでしょうか?

ロボット掃除機も確かにそれなりの大きさにはなります。

しかし、どう考えても一般的な掃除機の方が大きいと言えるでしょう。

なので、節スペースになるのはロボット掃除機の方なのです。

ロボット掃除機があれば別に掃除機を置く必要もなくなりますし、そうしてスペースを開けられるという意味でも、1人暮らしの人がロボット掃除機を買うのは意外とアリだと言えるでしょう。

掃除機でないと掃除できないところもあるが

ロボット掃除機があれば本当に掃除機はいらないのかと、疑問に思う方もいるでしょう。

確かにロボット掃除機では掃除できないところがありますから、掃除機はあった方が良いと思う方もいるかもしれません。

しかし、ロボット掃除機で掃除できないところは、結局別に掃除機でも掃除はしづらかったりします。

なので、結果的に手で掃除をすることになることも多いです。

だったら当然、掃除機は別段必要なくなりますよね。

そういうことがあるので、ロボット掃除機があれば掃除機はいらなくなり、節スペースになると言えるのです。

掃除する習慣がなくなるというデメリットもある

一人暮らしの家でロボット掃除機があると、掃除をする習慣がなくなるというデメリットもあるでしょう。

これがたとえば二人暮らし等であれば、掃除をしろと言われたり、手伝ってと言われたりしていやいや掃除をする事もあるでしょう。

でも一人暮らしの場合はそんな事を言ってくる人はいません。

しかもロボット掃除機が掃除をある程度してくれるわけなのですから、残ったところの掃除なんて全然しなくなる可能性もあります。

パッと見は全然汚れてもいないでしょうし。

しかしそれではそこにどんどんほこりなどが溜まっていってしまう可能性もあるでしょう。

それではやはり良くありません。

今は良くても、それに慣れてしまったらこれから大変になることもあるでしょう。

たとえば今後誰かと家族になった時、掃除をする習慣がなくて幻滅されてしまう可能性も出てきます。

そうならないようにするためには、たとえ疲れて休みたい休日でも、しっかりと掃除をする習慣を作る必要があります。

でもロボット掃除機があると、なかなかそうもいきません。

それはある意味ではデメリットになるでしょう。

まとめ

1人暮らしであってもロボット掃除機は役に立ってくれます。

しかし、家にものがたくさんあるといまいちその能力は活かせないので、処分するか、あるいは購入をあきらめるかした方が良いでしょう。

また、自分での掃除を全然しなくなるというデメリットもあるのでそのあたりをしっかりと理解した上で購入して下さい。

よく理解して購入すれば、後悔はしないでしょう。

ロボット掃除機は共働き夫婦にもおすすめ

ECOVACS 床用ロボット掃除機 DEEBOT 静音&強力吸引 クリアホワイト DM82 【日本国内正規品】

ロボット掃除機はすごく便利なものですが、実際にそれが必要な方はあまりいないでしょう。

ただそれが必要な人も一定数います。

その代表格と言えるのが、共働きの夫婦です。

でもなぜ共働きの夫婦にロボット掃除機が必要になるのでしょうか?

ここではそんな、共働き夫婦にこそロボット掃除機がおすすめな理由を紹介していきます。

時間が無くても掃除が出来るようになる

共働き夫婦にこそロボット掃除機がおすすめな理由としてまず挙げられるのは、時間が無くても掃除が出来るようになるということです。

ロボット掃除機には、タイマー機能がついているものが多いです。

タイマー機能がついているということはつまり、誰も家にいなくても掃除をしてくれるということになります。

ということはつまり、掃除の為に時間を作らなくても良くなるのです。

これがたとえば専業主婦の方がいる家庭ならば、掃除する時間をつくることも決してしんどくはないでしょう。

しかし、共働きの場合はそうもいきません。

そもそも家にいる時間がかなり短くなるでしょう。

その短い時間ではお互いにご飯をたべたりお風呂にはいったりしないとなりませんから、なかなか掃除をする時間もありません。

休日にはソレをする時間もあるかもしれませんが、疲れていてなかなか気力がわかないということもあるでしょう。

あるいは、もし休日が夫婦で同じならば、普段できない分休日には出かけたくなってしまうこともあるかもしれません。

なので、共働き夫婦の場合なかなか掃除の時間をとることは難しいのです。

でも、ロボット掃除機があれば、誰もいなくても勝手に掃除してくれるわけですから、共働きでも家を綺麗にすることが出来ます。

多少は自分でもしないといけないが

確かにロボット掃除機を使っても、すべてを綺麗にしてくれるわけではありません。

なので、多少は自分でも掃除をしないとならなくなります。

でも、たとえ共働きでも、その位の時間はどちらかがとれる可能性はすごく高いです。

だから、ロボット掃除機さえあればいつでも家を綺麗に保つことが出来るようになるでしょう。

経済的に問題なく購入できる

共働き夫婦にこそロボット掃除機がおすすめな理由としては、共働き夫婦であれば、経済的にあまり無理なくロボット掃除機を買えるということもあります。

たとえばロボット掃除機で一番人気と言える機種は、だいたい6万円くらいで買うことが出来ます。

これは、1人で購入するとなると、やはりまずまず厳しいと言えるでしょう。

でも、二人で購入するとなるとどうでしょうか?

共働き夫婦二人で購入すれば、1人3万円程度で購入することができます。

3万円程度であれば、お互いに1回結婚式に行ったと思えば問題無く用意することが出来るでしょう。

なので、無理なく購入することが出来るのです。

無理なく購入することが大切

ロボット掃除機を購入する時には、無理なく購入することが大切になります。

たとえば無理して購入したみたところを想像してみてください。

無理して高いお金を出して購入したのに、それをいざ使ってみたら完璧には綺麗にはなりません。

つまり、結局多少自分で掃除をしないとならなくなります。

高いお金を無理して出しているのにそうなったらやはり満足度はかなり下がるでしょう。

だからそれはあまりおすすめできないのです。

では、逆に共働きで半分ずつ出して無理なく購入したとなるとどうなるでしょうか?

それならば負担が少ないので、多少自分で掃除をしないとならなくなってもそこまで満足度が下がることはありません。

そういうことがあるので、共働き夫婦にこそロボット掃除機はおすすめなのです。

家もそれなりに広いことが多い

共働き夫婦ともなると、家もそれなりに大きい事が多いでしょう。

なので、ロボット掃除機を活かすだけのスペースが十分に有ります。

それも共働きの夫婦にこそロボット掃除機がおすすめな理由だと言えます。

共働きの夫婦ともなると、やはりそれなりに収入もあるでしょう。

収入が多い人であれば、ある程度大きな家に住むのは当然と言えます。

だから、共働きの夫婦にはそれなりに大きな家に住んでいる人が多いのです。

そしてロボット掃除機を活かすためにはある程度大きなスペースが必要です。

狭いとあまり動けない

ロボット掃除機は、障害物を勝手にどかして掃除をしてくれるようなものではありません。

もしそうならばある程度狭い家でもしっかりと掃除はしてくれるでしょう。

ただ、家に返ってきたら家具がごちゃごちゃになっているでしょうし、そもそもそうして家具をどかしているうちに家具を壊してしまう可能性すら出てきます。

だから心配であまり起動させることは出来なくなるでしょう。

それではロボット掃除機の意味はあまりなくなりますから、ロボット掃除機にそんなパワーはつけられていません。

なので、障害物があるとそこから先にすすめなくなります。

でも、狭い家だったら、ちょっと動いたらすぐに障害物になってしまうでしょう。

ということはつまり、ロボット掃除機が走るだけのスペースが全然ないのです。

それでは当然掃除も全然できません。

だから買う意味があまりなくなるのです。

部屋が広ければそうなることはなく、きちんとたくさんのところを掃除してくれることでしょう。

そういうことがあるので、ロボット掃除機にはある程度大きなスペースが必要だと言えるのです。

ロボット掃除機はそれなりに大きい

また、ロボット掃除機はそれなりに大きいです。

もしロボット掃除機がすごく小さいのであれば、部屋が狭くても問題なくすいすい移動して、掃除をすることが出来るでしょう。

しかし、ロボット掃除機はどれもそれなりに大きいです。

たとえ小さいと言われているものでもそれなりに大きいのです。

なので、やはりある程度大きい部屋でないと活かしきれないでしょう。

共働き夫婦の場合は細かいゴミも増える

共働き夫婦にこそロボット掃除機がおすすめな理由として、共働き夫婦は細かいゴミが増えるからということも言えます。

なぜ共働き夫婦では細かいゴミが増えるかわかりますでしょうか?

それは、お互いに外にでて、色々なホコリやチリを洋服につけてかえってくるからです。

ましてや働いているわけですから、長時間外にいることになります。

となると当然かなりの量ついてくることになるでしょう。

それが落ちたら、1日2日でも床が汚くなるのは当然のことです。

でも、共働きの夫婦の場合、なかなか日々床を掃除するということは出来ません。

だから、どんどんそれが溜まり、床が汚くなってしまうのです。

しかしそこにロボット掃除機があれば、日々しっかりと綺麗にしていくことが出来るでしょう。

一人暮らしや専業主婦がいるとそこまで汚れない

これがたとえば専業主婦がいる家庭だったり、あるいは一人暮らしだったりしたら、そこまで汚れが付くことはないでしょう。

共働きにくらべると単純に半分くらいになるはずです。

だから、そこまでロボット掃除機を活かせないと言えるのです。

共働きの夫婦の場合、最初の投資以上の価値はきっとある

共働きの夫婦にこそロボット掃除機がおすすめだというのは、何故だかわかりましたでしょうか?

もし自分が共働きの夫婦だというのであれば、是非ロボット掃除機の購入を視野に入れて見てはいかがでしょうか?

綺麗な家は自分たちの気分も高めてくれるでしょうし、共働きの夫婦の場合、最初の投資以上の価値はきっとあるはずです。

ロボット掃除機を畳で使う時のポイント

ロボット掃除機と言うと、海外からの輸入品であることが多いイメージがあります。

海外からの輸入品であるということは当然ながら、フローリングで使用することを想定して作られているものになるでしょう。

では、ロボット掃除機というのは、畳のしいてある和室では使用できないのでしょうか?

ここではそれを見ていきたいと思います。

和室でも使用できるものが多い

ロボット掃除機は、なんとなく和室では使用できないイメージがありますが、別に和室でも問題なく試用できるものが多いです。

和室というのは、畳と畳の間のすきまなどにほこりや髪の毛が溜まりやすいところがありますが、掃除機でそこを念入りに掃除するのは面倒だったりしますよね。

それを自動で掃除してくれるようになるわけなのですから、たとえ和室の部屋がある人でも、ロボット掃除機を買うことは十分におすすめできます。

むしろ、和室に済んでいる人の方がおすすめだと言っても良いかもしれません。

和室にはあまりものがないことが多い

和室にロボット掃除機がおすすめな理由としてまず言えるのは、和室にはものがあまりない事が多いということです。

これが、和室ではなくフローリングの部屋の場合、どうしてもソファーやダイニングテーブルなど、大きめの家具が並んでくることになるでしょう。

しかし、和室の場合はまずそういったものはおかないのではないでしょうか?

和室にそういったものを置くとどうしてもその上に足が食い込んでしまうことになりますし、そもそもテイストとして全然合いません。

なので、和室にはそういったものはおかないのです。

そういったものがないということはつまり、ロボット掃除機の障壁になるものが無いということになります。

なので、和室の上ではロボット掃除機は走らせやすいと言えるのです。

これがフローリングの場合、そういったものを一旦どけてロボット掃除機を使わないとならない事もあるでしょう。

そうなったら結局自分で掃除をしているのと大差なくなってしまうでしょう。

ロボット掃除機の醍醐味を味わいやすいのは和室だったりするのです。

ただしすべてのロボット掃除機が使えるわけではない

ロボット掃除機は和室でも問題なく使えるし、むしろ和室の方がロボット掃除機の醍醐味を味わいやすいと紹介してきましたが、残念ながらすべてのロボット掃除機が和室でも使えるというわけではないのが現状です。

中には和室では使えないようなロボット掃除機もあります。

使えないというよりは、使わない方がよいという表現をした方が適切にはなるでしょうが、とにかくそういうものもロボット掃除機の中にはあるのです。

畳までも吸い取ってしまうものがある

では、そういうロボット掃除機を畳の上で使うとどうなるでしょうか?

そういう畳に合わないロボット掃除機を畳の上で使うと、それによって畳まで吸い取ってしまう可能性が出てくるのです。

もちろん畳まで吸い取ってしまうといっても、当然一回で畳をハゲさせてしまうくらいに吸い取ってしまうわけではありません。

そうではなく、ちょっと畳を削り取るくらいになります。

たとえば、畳は、ちょっとだけほつれたりするところがありますよね?

そういうほつれをゴミだと勘違いして吸い取ろうとしてしまうのです。

そうしてほつれのところをしっかりと吸い取ろうとしてくれたら、そのほつれから畳が少し剥がれることになるでしょう。

そんな風にして畳にダメージを与えてしまうのです。

長期的にみると大きなダメージになることも

それは確かにあまり大きなダメージには見えないかもしれません。

でも、長期的な、長い目で見るとそれはなかなかのダメージになるのです。

毎回毎回そうして畳が削り取られていくわけですから、何回もやっていたらいつしか少し剥げてくることもあるでしょう。

そうなるとそこに引っ掛かって怪我をしたり、靴下やスボンがダメになってしまう可能性だってあります。

なので、ロボット掃除機を和室で使う時には、吸い取ったものを良く注視しないとならないでしょう。

吸い取ったものの中にたくさん畳が混じっていたら、そのロボット掃除機は畳では使用しない方が良いものだったということになります。

畳で使うとながら掃除が出来る

ただロボット掃除機を和室の部屋で使うと、ながら掃除が出来るようになるでしょう。

もちろんフローリングの部屋でも、部屋に十分な広さがあり、ロボット掃除機が縦横無尽に走り回れる広さがあるのであれば、まったく問題ないでしょう。

しかし実際にはそこまで広い家に住んでいる人はあまりいないでしょうし、フローリングでは目を離して勝手に掃除をしてもらうというのは意外と出来なかったりします。

でも、和室の場合は先述の通りあまりものがないので、放っておいても勝手に掃除をしてくれるでしょう。

たとえば和室にあることが多い布団を干しながら、その間にロボット掃除機に掃除をしてもらったりすることが出来るようになるのです。

それが出来るのがロボット掃除機の醍醐味ですから、和室の人にこそロボット掃除機をおすすめしたいです。

もちろん和室で使えるものを選ばないとならなくはなりますが。

ながら掃除ができれば効率はグッと上がる

今まではおそらく布団を干した後に、いちいち掃除機をかけて、それから布団を取り込んだりしていたのでしょう。

でもそれにはかなりの時間がかかります。

短く見積もっても30分以上はかかるのではないでしょうか?

しかし、ロボット掃除機があれば、最後の布団を持ち上げた瞬間にスイッチを入れて、それから外で布団を干したりはたいたりして、戻ってきたらもう掃除が終わっていることになりますので、だいたい15分もあればすべてが終わることになります。

掃除時間が半分になるうえに、もちろん体力的なロスもなくなります。

布団を干した後に掃除もするとなると、それにはやはり体力的なしんどさもあります。

ロボット掃除機があればそれが勝手に掃除をしてくれるだけになりますから、そんなに楽なことはないでしょう。

効率も上がり楽にもなるのですから、和室の人、特に和室に布団をしいている人には、ロボット掃除機はすごくおすすめです。

最近のものは畳も自動で感知してくれる

なぜこういうロボット掃除機が和室でも使えるのかというと、やはり日本向けに、和室の畳も自動で感知してくれるような機能をつけているからでしょう。

ロボット掃除機のシェアは確かに海外の方が多いかもしれません。

日本では全体の5パーセント程度しかロボット掃除機を使っていませんから、あまり売れているとは言えないでしょう。

しかし、それでも日本は一応経済大国ですから、突然人気に火がつくこともあります。

なので、日本向けの商品開発も積極的に行われているのでしょう。

そういうことがあるので、基本的には比較的に新しい商品を購入していけば、畳も自動で感知して、畳を吸い込まないで掃除だけをしっかりしてくれるロボット掃除機を買う事が出来るでしょう。

和室の人は、是非そういう物を購入していってください。

ロボット掃除機は、和室では使えないものも確かにあるけれど、基本的には和室でも使えるし、和室の方がむしろ能力を発揮しやすいと言えるでしょう。

なので、和室の人こそロボット掃除機を買うべきだと言えます。

今和室に済んでいる人、和室のある家に住んでいる人は、是非ロボット掃除機の購入を考えてみてはいかがでしょうか?

「超薄型クリーニングロボット掃除機 DEEBOT SLIM」の詳細

何かと忙しい現代社会。

仕事に追われて毎日を過ごしている方も多いのではないでしょうか。

今は昔に比べ、共働き世帯も増えてきているように思います。

そうなると毎日の家事もとても大変ですね。

今はとても便利な家電製品が増えました。

最近では、ロボット掃除機なども出てきました。

様々なロボット掃除機がありますが、今回ECOVACSのDEEBOT SLIMを紹介したいと思います。

ECOVACS DEEBOT SLIM

今は多くのロボット掃除機が販売されていますが、その中の一つにECOVACSのDEEBOT SLIMがあります。

ECOVACSの製品は、病院やホテルなど数多くの所で導入されており、確かな実績があります。

そういった、常に清潔にしておかなければならない施設で使用されているということからも、その品質、性能は折り紙付きと言えると思います。

そんなECOVACS製のロボット掃除機DEEBOT SLIMは、とてもスリムでシンプルなデザインになっており、次世代の掃除機を思わせるような印象を受けます。

超薄型設計 厚さ5.7cm

DEEBOT SLIMの一番の大きな特徴は、その名の通りとてもスリムなところです。

超薄型設計になっており、掃除機の厚さがなんと5.7cmしかありません。

そして縦が31cm、横が31cm、重さが2.2kgと、とてもコンパクトです。

厚さが5.7cmしかないということは、例えばベッドの下であったり家具の下のすき間部分など、通常の掃除機では掃除出来ないような所でも掃除出来てしまいます。

家具の下のすき間部分などは、特に埃が溜まりやすく、それでいて掃除しにくいので、とても厄介な所です。

なので、どうしても後回しになってどんどん埃が溜まっていってしまうという悪循環に陥っている方も多いのではないでしょうか。

DEEBOT SLIMは、そんな方の大きな味方になってくれると思います。

コンパクトながら頼もしい清掃能力

スリムでコンパクトが特徴のDEEBOT SLIM、肝心な掃除機としての機能はどうでしょう。

ここまでコンパクトだと、ちゃんと綺麗に掃除出来るのかなと思う方もいるかもしれませんが、掃除機としての機能も優れています。

掃除機の底の部分を見てみると、その性能がよく分かります。

左右のサイド部分にブラシが付いており、真ん中に吸引口、そして後方部分には清掃モップが付いています。

ブラシが回ることによって、掃き掃除の役割をし、ゴミを真ん中の吸引口に導いてくれます。

真ん中の吸引口でゴミを吸ったら、最後に後方部分でモップ掛けをします。

掃き掃除から吸引、モップ掛けと一台で三役をこなします。

モップ掛けまで行うので、床がとても綺麗になります。

優秀な自動性能

また、ロボット掃除機と謳われている通り、DEEBOT SLIMには自動性能があります。

まず、階段や段差を感知する落下防止センサーが備わっています。

これにより、階段などから落ちて故障してしまうということを防いでくれます。

次に衝突防止機能です。

自ら衝突を回避する能力があるので、壁などにゴンゴンぶつかることはありません。

その他には、自動充電やスケジューリングシステムがあります。

掃除が終了した時や充電が無くなると自動で充電台に戻ります。

スケジューリングシステムというのは、タイマー機能のことで、自分の掃除したい時間をセットすることが出来ます。

操作はとても簡単

DEEBOT SLIMのセッティングから操作はとても簡単です。

まず充電台は、掃除機が戻ってきやすい所に設置します。

次に、サイド部分のブラシと後方部分の清掃モップを取り付けます。

いずれもカチっとはめるだけです。

そしてあとは、スイッチを押すだけで掃除してくれます。

リモコンも付いているので、操作はさらに便利です。

吸い込んだゴミは、真ん中のボックスに溜まりますが、これも取り外しが簡単で、蓋を開ければゴミを捨てられます。

気になる価格

さて、そんな便利で優秀なDEEBOT SLIMですが、気になるのはやはり価格ですね。

ちなみにDEEBOT SLIMの消費電力は15Wで、最大で90分連続稼働出来ます。

充電時間は4時間で、ダストボックスの容量は320mlです。

そして、本体の他に充電台、リモコン、リモコン用電池、清掃モップシート2枚、ブラシ4つが付いて、販売価格は29,700円です。

これだけの機能を備えて、また便利さなども考えると、非常にリーズナブルと言えるのではないでしょうか。

その他のメーカーのロボット掃除機と比べても、価格は安く設定されています。

家計にも優しいので、是非おすすめしたいですね。

「超薄型クリーニングロボット掃除機 DEEBOT SLIM」のまとめ

さて、ここまでロボット掃除機DEEBOT SLIMを紹介してきましたがいかがでしょうか。

掃除は他の家事に比べると、特に昼間家を空けていないという人にとっては、毎日行うことは至難の業と言えるかもしれません。

DEEBOT SLIMはフローリングだけでなく、畳やカーペット、タイルでも使用可能です。

掃除は自分でやらないと気が済まないという人や、いまいちロボット掃除機に抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。

でも、これまで説明してきた通り、とても便利でリーズナブルです。

きっと、忙しいあなたの助けになってくれることは間違いないでしょう。

「モップ掃除で掃除機よりもキレイ ロボット掃除機 DEEBOT 80」の詳細

掃除を掛ける時間をなかなか割けない方や掃除自体が面倒という方には、ロボット掃除機がおすすめになります。

また、掃除機の掛け残しが気になったり、いつも部屋をキレイにしたいという方も同様です。

しかし、従来のロボット掃除機はブラシ掛けと吸引掃除は可能なものの、モップ掛けや水拭きには非対応でした。

しかし、今回紹介するロボット掃除機『DEEBOT 80』ならモップ掛けも行ってくれ、これまで以上に満足すること間違いなしです。

1.吸引掃除以外に水拭きも可能!

従来の一般的なロボット掃除機は、本体内蔵のブラスによる埃やゴミの寄せ集めとかきこみだけでした。

しかし、『DEEBOT 80』は従来機能の他、モップ掛けにも対応し、乾拭きから水拭きまで可能です。

これまで除去し切れなかった細かいゴミや埃、アレルギー物質まで拭き取ってくれるため、掃除のやり残しが無くなります。

また、モップは繰り返し利用出来る乾拭きモップ用ドライクロスの他、使い捨てのウエットクリーニングクロスおよびドライクリーニングクロスが準備されているため、使用する床面に合わせて選択が出来ます。

小さなお子さんやペットがいる家庭の場合、掃除機を掛けた後、モップ掛けをする手間が無くなる上、床面を清潔に保てるためおすすめです。

2.掃除モードが豊富!掃除のやり残しもない

ロボット掃除機を使用する際、隅々まで掃除をしてくれるのか、そして掃除のやり残しが無いかが重要になります。

安価なロボット掃除機の場合、プログラムパターンが少なく、予想に反してしまうこともあります。

しかし、『DEEBOT 80』は4パターンのプログラムがある上、何度も往復をすることで掃除のやり残しを防ぐことが出来ます。

特にオートモードを利用すれば、部屋の状況に合わせて掃除をしてくれるため、家具や家電製品が床に置かれていても影響なく掃除をしてくれます。

3.高性能フィルターでアレルゲン除去も高効率!

床付近には、埃・粉・ダニ・ペットのふけ・カビ胞子といったアレルゲンが沈着していることがあります。

乾燥した状態で掃除をしてしまうと、これらの物質が舞い上がってしまうこと、フィルターの性能が悪いと掃除機を掛けても、舞い上がってしまうという問題があります。

しかし、『DEEBOT 80』は吸引しながら掃除を行い、高効率フィルターでこれらのアレルゲンを除去してくれます。

その上、何度も往復して清掃をしてくれるため、部屋の空気をどんどんキレイにしてくれるというメリットがあります。

そのため、アレルギーや花粉症、喘息などで掃除をした後、マスクが必要といった方でも安心して使用することが出来ます。

掃除自体は、『DEEBOT 80』に任せてしまい、終了するまで外出するという方法もおすすめです。

4.最大120分の連続稼働が魅力!

ロボット掃除機は、バッテリー残量が少なくなると自動で充電ベースに戻り、充電をしてくれるのが一般的です。

しかし、これまでのロボット掃除機は最大稼働時間が60分と短いものも多い上、充電時間が長いという問題があり、予想に反して掃除が終わっていないというケースもありました。

しかし、『DEEBOT 80』は最大120分の稼働時間となるため、掃除自体が完了していないという問題も無くなりっています。

120分も稼働してくれれば、自分自身でバッテリー切れの心配が無く、広い部屋でも手軽に使用できます。

また、自宅以外では店舗などの広いスペースでも利用が可能になっています。

5.スケジュール設定で夜間の掃除も可能!

『DEEBOT 80』は、専用リモコンによりスケジュール設定を行うことができ、24時間都合の良い時間に稼働するように指示を出すことが出来ます。

これにより、自宅以外での使用に留まらず、掃除の時間帯が限定される店舗でも使用できます。

営業時間外にスケジュール設定をすることで、人件費を掛けずの掃除をすることが可能になるため、コスト削減にも役立ちます。

「モップ掃除で掃除機よりもキレイ ロボット掃除機 DEEBOT 80」のまとめ

ロボット掃除機は、価格が高いというイメージがあるものの、『DEEBOT 80』は2万円以下で購入出来る上、モップ掛けにも対応しているという点で従来のモノより、断然お得さがあります。

また、消費者のニーズに応えた機能がしっかりと備わっており、購入しても損することがないと考えます。

掃除はどうしても手間が掛かり、毎日すれば部屋はキレイになりますが、あまり現実的なことではありません。

しかし、ロボット掃除機を使用することで部屋はいつでも清潔に保て、時間に余裕を作ることも可能になります。

時間を有効活用したいという方は、ロボット掃除機の購入を検討することをおすすめします。

「Proscenic ロボット掃除機 790T」の詳細

ロボット掃除機に掃除を任せて、掃除の手間を減らすだけでなく、阿空いた時間で熱の事をしたいと思う消費者は多い筈です。

今では、スケジュール設定をすることで全自動で掃除してくれるロボット掃除機は一般的になったものの、掃き掃除や吸引のみが一般的であり、細かいゴミや埃が残ってしまいます。

これらのゴミや埃を除去するためには、モップ掛けが最適になるため、同時にモップ掛けをしてくれる掃除機を探す人は多い筈です。

そこで、今回は掃き掃除や吸引掃除、そしてモップ掛けまでしてくれるロボット掃除機であるProscenic製の『790T』を紹介します。

低価格でありながらモップ掛け!水拭きに対応!

Proscenic製の『790T』は、実売価格が約3万2千円ではあるものの、モップ掛けに対応したロボット掃除機です。

さらに、本体内部にはウォータータンクを装備しており、水拭きまでしてくれます。

これまでのロボット掃除機は、モータブラシによるゴミや埃のかき取り、そして吸引掃除が主流だったものの、除去し切れないゴミや埃がありました。

また、床面に付着した汚れを除去できないというデメリットがあったもあったものの、水拭きが可能になったため、今まで以上に綺麗に掃除することが可能になっています。

掃除機掛け以外にモップ掛けの時間も削減出来るため、掃除をする時間が無いという方には非常におすすめです。

オプションの選択で最適な掃除が実現!

Proscenic製の『790T』は、モップ掛けが出来ることだけが特徴ではありません。

掃除をする際に使用するオプションを『ブラシモジュール』と『吸引モジュール』を選択でき、掃除対象に合わせて使用できます。

大きなゴミや髪の毛の除去をしたいという場合、ブラシモジュールを使用する事で効率良く掃除をすることが出来ます。

また、吸引モジュールを使用することでブラシモジュールでは除去できない埃やダニを除去できます。

特にカーペットやラグといったものを掃除する際に於いては、非常に高い効果を発揮するため、小さなお子さんやペットがいる家庭でも活躍するため、おすすめのロボット掃除機となります。

専用リモコンだけでなく!スマホのアプリで操作可能!

『790T』は、専用リモコンが付属しているだけでなく、スマートフォンでアプリを使用し、操作することが可能です。

これならば、専用リモコンが手元に無くても、手軽に操作をすることができ、手軽に使用することが出来ます。

他社製のロボット掃除機の場合、スマートフォンのアプリが使用できるモデルは、上位機種となり価格も高額です。

しかし、『790T』なら他社製ロボット掃除機の半分の価格で購入出来るという魅力があります。

自宅でWi-Fi通信が可能ならどこでも指示が出来る!

『790T』の強みは、専用リモコンとスマートフォンの専用アプリを使用できることです。

そして、近年家庭内でも当たり前に普及しているWi-Fi通信を利用出来るため、ロボット掃除機がどこにいても操作指示を出すことが出来ます。

専用リモコンの場合は、リモコンの電波が届く範囲に限定されてしまうものの、W-Fi通信ならある程度の壁や障害物も関係なく指示を出すことが出来ます。

そのため、『790T』本体をわざわざ探す必要もないため、効率良く掃除をすることが可能になります。

例えば、料理中でキッチンから離れられない場合でも、遠くにいる『790T』を探さずに済むという点は非常に使い勝手が良いと言えます。

他社ロボット掃除機には搭載されていない機能となるため、主婦の方には心強い機能になります。

「Proscenic ロボット掃除機 790T」のまとめ

今ではロボット掃除機は手ごろに購入出来る価格となり、様々なメーカーから販売されるようになりました。

そして性能が高いものも増え、日常生活で使用することで掃除に掛かる時間を減らせるだけでなく、常に綺麗な部屋で生活できるといった魅力があります。

特にスマートフォンで操作が出来るという機能は、ここ最近で販売されるロボット掃除機に増えつつある機能であり、使い勝手が費用に良くなる機能になっています。

安くて機能が絞られる機種、それともある程度価格は高いものの、機能が充実している機種を選ぶかはライフスタイルに合わせて選択するのがおすすめです。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622」の詳細

掃除をロボット掃除機に任せて、時間の節約や掃除の手間を減らしたいと思う方は多い筈です。

ロボット掃除機なら毎日掃除をすることも可能であり、部屋のゴミや埃を気にせずに済みます。

特に一人暮らしになると快適な空間を維持したいのに対し、時間がない上、高い出費は家計的に痛いところがあります。

しかし、お手頃な価格で購入出来るロボット掃除機としてiRobot製の『ルンバ622』を紹介したいと思います。

上位モデルに劣らない性能でお得!

iRobot製の『ルンバ622』は、定価は約5万円するものの、実売価格は3万円前半で購入可能なお手頃のモデルです。

しかし、価格が安いからといって、ワンランク上の800シリーズに性能が劣る訳ではありません。

ルンバ独自の『高速応答プロセスiAdapt(アイアダプト)』は標準搭載となっており、使用する環境に合わせて、ルンバ自身が周囲を調べ、考えて掃除をしてくれます。

そのため、電源を入れ、スタートさせたら後は放置しておいても、勝手に部屋をキレイにしてくれます。

また、サイドブラシや本体底面のモータブラシの他、吸引機能までしっかりと備わっており、十分な性能を有しています。

お得にロボット掃除機を導入してみたいという方におすすめのモデルです。

さまざまな清掃対象と隅々まで掃除するタフさが魅力!

『ルンバ622』は、これまで販売された機種の技術をしっかりと継承し、進化を続けています。

その結果、以前は苦手だった細かいゴミや埃を吸引機能により、しっかりと除去してくれます。

サイズは小さながらも強力な吸引力を有しており、タフさが増しています。

そして、ロボット掃除機が苦手な小さな段差や掃除対象の変化にも対応し、ベットやソファー下そして部屋のコーナーまでと隅々まで掃除を行ってくれます。

そして、センサーがキレイになるまで徹底して清掃を行ってくれます。

カーペットや畳などロボット掃除機は苦手なものと考えてしまいますが、『ルンバ622』にとっては何も気にする必要の無いものになっています。

そのため、カーペットにモータブラシが引っ掛かり壊れるといった心配が無くなっています。

ライフスタイルに合わせたスケージュール指定!

ロボット掃除機の最大の魅力は、所有者自身が掃除をする必要が無くなり、時間の有効活用を行える点です。

そして、必要となるのはスケジューリング機能となり、『ルンバ622』はしっかりと消費者のニーズに応えたものとなっています。

ユーザーの生活リズムに合わせて設定が可能な上、吸引することで発生する排気量も少なくなっているため、夜でも使用することが出来ます。

通常の掃除機では、深夜の清掃が出来ませんが、ルンバなら問題無く行うことができ、朝起きたら部屋がキレイということも簡単に出来ます。

バッテリーでの長時間稼働!清掃面積も広い!

『ルンバ622』の魅力は、上位モデルに劣らない性能がありますが、バッテリーによる稼働時間や掃除面積も同等です。

通常清掃モードであれば、最大60分となりモードよっては最大20分も稼働してくれるため、バッテリー切れで清掃が中途半端になる心配もありません。

また、部屋が広いと1回の清掃で完了するのか心配になりますが、最大面積は25畳と上位モデルと全く変わりません。

安価なロボット掃除機は多く販売されているものの、バッテリー容量が小さかったり、1回当たりの清掃面積が小さいということがありますが、ルンバならその心配がないためおすすめです。

『バッテリー切れで掃除が中途半端かつ充電ベースにいた』なって事は、非常に少なくなります。

ルンバ自身が異常を知らせて対処も安心!

『ルンバ622』は、自身の異常をエラー表示により所有者へ伝えてくれます。

また、エラー表示は分かり易いように日本語となるため、トラブル対処も容易です。

家電製品のエラー表示の多くは、エラーコード表示が一般的であり、わざわざ取扱説明書を確認する必要があります。

しかし、ルンバならエラーも分かり易くなっており、直ぐに取扱説明書を見る必要もありません。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622」のまとめ

ロボット掃除機は、低価格なものが様々なメーカーから販売されるようになりました。

そして、以前に比べて性能が向上しており、日常生活で使用することで掃除に掛かる時間を減らせるだけでなく、常にクリーンな部屋で生活できるといったメリットを与えてくれます。

もし、購入を検討しているのであれば、上位モデルと下位モデルの性能差が小さいメーカーが非常におすすめであり、購入した後の損もありません。

実績が高く、消費者のニーズに応えたメーカを選択することが重要です。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ 870」の詳細

掃除する時間が無い、または時間を有効活用したいという方にとってロボット掃除機は非常に魅力なアイテムです。

また、常に部屋をキレイにしておきたい方やアレルギー体質の方にとっても便利な面があります。

そして、効率良く部屋をロボット掃除機を利用して掃除したい方は、どの機種が良いのか迷ってしまいます。

そこで、今回はiRobot製ロボット掃除機『ルンバ870』を紹介します。

iAdapt(アイ・アダプト)で自ら判断!

ルンバシリーズの特徴は、高速応答プロセス『iAdapt(アイ・アダプト)』による自己判断機能です。

この機能は『ルンバ870』にも搭載されており、部屋の状況に合わせて自ら考えて掃除をしてくれます。

そのため、掃除方法の設定をユーザー側が指定する必要がないこと、わざわざ掃除し易いように家具を移動するといった手間が無くなります。

まさに、自立型のロボット掃除機となるため、掃除をスタートしたら全てお任せでも問題はありません。

強力な吸引力で細かい埃もしっかり清掃!

『ルンバ870』は、サイドブラシによりゴミや埃を集める、底面のモータブラシでゴミや埃をかき取るだけでなく、本体が吸引をしてくれます。

そのため、より細かい埃をしっかりと清掃してくれるようになっています。

コンパクトながら強力な吸引力を有しており、吸引後に排出されるエアーもキレイになるというメリットがあります。

床面の埃は、掃除の際に舞い上がってしまうという問題があるものの。

『ルンバ870』なら床に張り付くように掃除をする上、キレイに清掃した後方にエアーが排出されるため、埃の舞い上がりが軽減されます。

アレルギーや喘息で悩んでいる方なら、掃除の一切をロボット掃除機に任せてしまい、部屋から離れるといったことも可能になるため、おすすめです。

隅々まで徹底掃除!もはやキレイ好きのロボット

『ルンバ870』は、部屋の隅々まで掃除をしてくれるため、家具やソファーの下、部屋の隅まで綺麗になります。

また、キレイになったと判断出来るまで掃除を繰り返すため、まさにキレイ好きのロボットと言えます。

人の目ではなかなかキレイになったか分からない状況でもしっかりと判断し、可能な限りゴミや埃を除去してくれるため、キレイな部屋を維持することも可能です。

こんな使い方がおすすめ!時間の無駄がない!

やはり、ロボット掃除機の最大のメリットは、人が手を掛けないということです。

通常の掃除機では、人手が掛かり、同時に複数の作業を行うことが出来ませんでした。

特に家事に追われる方など、時間の掛かる掃除の時間を短縮または無くすることは効果的です。

その際、『ルンバ870』なら問題を全て解決してくれ、毎日掃除してくれるという点で非常におすすめです。

しかも、自動で掃除してくれるため、出掛けても問題はありません。

そして、土日や祝日など家族との時間を大切にしたい方なら出掛けている間に部屋中の清掃をしてもらえるため、家族サービスを充実させることも可能です。

これなら掃除をする苦痛な時間も無くなり、ストレスも解消されることは間違いありません。

安心の長時間運転!そして最大面積が広い!

これまでのロボット掃除機は、バッテリー容量が少なく、直ぐに充電のために充電ベースに戻るといった問題がありました。

そして、一度充電に入ると4~6時間も掃除が停止するといったこともあります。

しかし、『ルンバ870』はパワフルでありながら、通常清掃モードでも最大60分の稼働時間を有し、掃除が出来る面積が最大で25畳と広くなっています。

これならば、一般的な日本の住宅であれば、リビングやキッチン周りまで難なくこなせてしまいます。

また、寝室や子供部屋でも十分過ぎる稼働時間となるため、バッテリー切れで掃除が中途半端ということも無くなります。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ 870」のまとめ

ロボット掃除機は、価格が通常の掃除機に比べ割高になってしまうものの、時間の無駄を無くすることが可能であり、毎日掃除をしてくれます。

これならば、時間を別のことに割けるため、効率の良い生活が可能です。

また、消費電力も非常に少ないといった特徴があるため、購入しても直ぐに元が取れてしまいます。

さらに掃除が苦手な方や掃除後に体調を崩してしまう方には非常に便利なものであり、ロボット掃除機に興味がある方は購入を検討してみても損は無いと考えます。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ ブラーバ380j」の詳細

ロボット掃除機はゴミの掃き掃除から吸引まで行ってくれるもの、小さなゴミや埃は完全に除去してくれません。

そのため、定期的にドライシートやウエットシートを使用したワイパーや雑巾などで掃除をする必要があるものの、時間が掛かることや無理な態勢により肩や腰が痛くなることもあります。

その際に、乾拭きや水拭きを行ってくれるロボット掃除機があると非常に便利です。

そこで、今回はiRobot製ロボット掃除機『ブラーバ380j』を紹介します。

広い部屋でも正確にモップ掛けしてくれる!

ロボット掃除機『ブラーバ380j』は、広くて家具の配置が複雑な部屋でも正確にモップ掛けをしてくれます。

『ブラーバ380j』には、『iAdapt2.0キューブナビゲーション』が搭載されており、付属のNorthStarキューブと組み合わせることで、部屋の形状や家具の配置などを把握してくれます。

『ブラーバ380j』本体は、自分がどこにいるかを正確に把握することができ、モップ掛けのやり残しが無いように動いてくれます。

リビングとキッチンが繋がっているといった場合でも、隅々までモップ掛けをしてくれるため、拭き掃除の手間を省くことが出来ます。

今まで時間の掛かっていたモップ掛けをロボット掃除機に任せてしまえば、他のことに時間が割ける上、ついつい手抜きをして掃除のやり残しがあるといった心配が無くなります。

短時間の充電でも稼働時間が非常に長い!

拭き掃除に特化したロボット掃除機となると充電時間が長く、稼働時間も短くならないか心配です。

拭き掃除の場合、通常のロボット掃除機と異なり、床面との摩擦で電力消費が激しい筈ですが、『ブラーバ380j』は約2時間の充電により、乾拭きなら最大4時間で約56畳、水拭きでも2.5時間稼働で最大20畳まで拭き上げ掃除をしてくれます。

これなら広いリビングやキッチンまで掃除をするには十分であり、バッテリー切れで拭き掃除が中途半端になっているという心配もありません。

水拭きモードでもカーペットやラグも安心!

ロボット掃除機で水拭き掃除をする際、非常に心配なのがカーペットやラグに乗り上げてしまい、濡れてしまうといったことです。

通常のルンバは、カーペットやラグを乗り越えゴミや埃のかき取りと吸引をしてくれますが、『ブラーバ380j』はカーペットやラグを乗り越えない設計となっているため、安心することが出来ます。

これならば、帰宅したら部屋はキレイになっていても、カーペットがずぶ濡れになっていたという心配が無くなります。

就寝中でも静か!静穏性が高くて煩くない!

『ブラーバ380j』は、吸引動作が無いため、静穏性が高いことから夕方以降に使用することが可能であり、就寝中でも気になりません。

そのため、マンションやアパートといった集合住宅でも音を気にすることなくいつでも利用出来ます。

また、テレビで映画鑑賞をしたり、読書中でも耳障りな煩さがないため、ストレスを感じることもありません。

通常のルンバと組み合わせ部屋をクリーンに!

『ブラーバ380j』は、通常のルンバと組み合わせて使用することで、清掃効果も高く、時間短縮も大きくなります。

日中はルンバに掃除をさせ、夜間に『ブラーバ380j』で拭き掃除をするといったことも可能です。

また、通常のルンバでは吸引し切れない細かいゴミや埃を除去することが出来るため、アレルギーや喘息、花粉症で悩んでいる場合にはより高い効果を発揮してくれるため、非常におすすめです。

市販のドライシートやウエットシートが使用可能!

『ブラーバ380j』の特徴は、市販のドライシートやウエットシートが使用できることであり、汚れの酷い場合は洗浄力の高いオレンジオイルが配合されたシートも使用可能です。

また、付属のドライクロスやウェットクロスが洗濯中でも掃除をすることが可能になります。

市販品を使用できることでより清潔に掃除をすることも可能であり、常にきれいなシートで掃除が出来るため衛生面でも安心を得ることが出来ます。

床掃除で汚れた専用クロスは可能な限り自宅の洗濯機を使用したくないという方でも手軽に利用することが可能です。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ ブラーバ380j」のまとめ

現在では、ゴミや埃のかき取りおよび吸引、それと同時にモップ掛け掃除をしてくれるロボット掃除機も販売されています。

しかし、稼働時間が短いといった問題があるため、効率良くロボット掃除機で掃除を行い、時間短縮を図りたい方には『ブラーバ380j』は非常に魅力的なものだと考えます。

上手く組み合わせをすることで、掃除に掛かっている時間を全て別の作業に充てることができ、専業主婦の方にはおすすめ出来る商品と考えます。

ロボット掃除機で時短効果を利用することで、自宅外で働く時間も出来るため、家計には大助かりになると考えます。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ ブラーバ380j」の詳細2

ロボット掃除機は自分の代わりに床の掃除を行ってくれる家事の味方です。

ロボット掃除機はさまざまな特徴があるため、自分のライフスタイルに合った製品を選ぶことが重要です。

今回ご紹介するiRobot製ロボット掃除機 ルンバ ブラーバ380jは、床掃除に求められる機能をふんだんに盛り込んでいるため、一人暮らしの忙しい方や、家事や育児に追われる忙しい主婦の方におすすめのモデルです。

水拭きに対応したロボット掃除機

ロボット掃除機というと、底面に搭載されたブラシを使ってゴミを掻き取るタイプを連想しがちですが、このルンバ ブラーバ380jは水拭きに対応しているため、床の雑巾がけをしてくれる心強いロボットです。

同じ場所を3度通ることによって、しっかりと掃除を行うことができます。

また、単に濡らしたクロスをセットするだけでなく、専用のタンクに水を入れて本体にセットするため、クロスが乾いてしまう心配がないのも特徴です。

また、セットできるクロスは専用のものに加え、市販の使い捨てタイプの掃除シートなども利用できるため、常に清潔なクロスを使いたいというニーズの方にもおすすめです。

乾拭きでは対応できないような、油汚れ、皮脂汚れ、液体状の汚れなども水拭きなら掃除することができるため、さまざまなシーンで活躍するモデルです。

付属パーツで最大20畳の清掃に対応

本製品にはNorthStarキューブと呼ばれるパーツが付属しています。

このパーツを利用することで部屋の形状をルンバが把握し、障害物を避けながらくまなく効率的に掃除を行うことができます。

また、このキューブは電池式で動作することに加え、サイズがコンパクトなため設置場所を選ばず、また目立つことなく設置することができます。

このキューブを置くだけで、ルンバの動作範囲を最大で20畳までに拡張することができるため、広めの部屋の掃除にも対応できます。

さらに広い部屋を掃除するような場合には、このキューブを更に追加することによって対応させることが可能です。

静音性もバッチリの設計でいつでも使える

ロボット掃除機の利用は外出中が一般的ではありますが、就寝中などに利用したい場合もあります。

このモデルは静音性も重視したタイプなので、在室時に動作させても動作音が目立たないというメリットがあります。

就寝時の利用に加え、小さい子供を寝かしつけたあとなどのシーンでも利用できるため、いざという時にいつでも気にせず使うことができるのはありがたいポイントです。

もちろん、外出中であっても静音性重視のモデルなので、近隣への迷惑などを気にしなくて良いというメリットがあります。

急速充電ですぐに充電完了

本製品は20畳もの空間を掃除することができるにも関わらず、急速充電を行うことができます。

利用後に自動で充電スタンドに戻って充電を行うのはもちろんですが、充電が切れた状態から満充電までに必要とされる充電時間が2時間と短時間で済むように設計されています。

そのため、一度掃除を行ったあと再び掃除できるようになるまで長時間待つ必要はありません。

本体が小さく狭いところの掃除にもしっかり対応

他のモデルに比べ、本体サイズが小さいのが本モデルの特徴です。

そのため、狭いスペースにも入って掃除することが可能なのです。

また、サイズの小ささ、小回りの良さなどから拭き残しを少なくしながら、効率よく掃除を行うことができます。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ ブラーバ380j」のまとめ

数あるロボット掃除機の中でも水拭きに対応した本モデルは、ユーザーの雑巾がけの手間を減らしてくれる家事の味方です。

使用するクロスも幅広く使えるため、汚れたクロスをいちいち洗浄するのが面倒、という方にもぴったりです。

床掃除全般をルンバ ブラーバ380jに任せ、空いた時間を有効に使ったり、効率よく家事を済ませたりすることができます。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ 875A」の詳細

ロボット掃除機に日々の掃除を任せてしまい、時間の節約や掃除の手間を減らしたいと思う消費者は多い筈です。

ロボット掃除機を家庭に導入することで、毎日掃除をすることも可能になり、いつも部屋のゴミや埃を気にせずに済みます。

でも、ロボット掃除機を購入するなら吸引力が強いのが良いけど、価格を抑えて吸引力が弱くて小さなゴミや埃が残るのは嫌という方におすすめな商品があります。

それは、iRobot社製ロボット掃除機『ルンバ875A』です。

上位モデル譲りの強力な吸引力!

iRobot社製ロボット掃除機『ルンバ875A』の魅力は、何と言っても上位モデルのルンバ900シリーズと同様の吸引力があることです。

『ルンバ875A』では、高速応答プロセスiAdapt(R)が採用されているいるだけでなく、AeroForce(R) クリーニングシステムも搭載されています。

そのため、ハイパワーモーターユニットにより、本体内部に真空エアフローすなわち真空状態を発生させ、強力な吸引力を実現しています。

一般的なロボット掃除機や安価なものの場合、吸引力がいま一つであり、細かいゴミや埃を除去し切れませんでしたが、『ルンバ875A』なら問題を解決してくれます。

アレルギーや喘息がある方、小さなお子さんやペットがいるといった家庭にもおすすめです。

無駄なオプションが無く安価!そして使い易い!

『ルンバ875A』の本体性能は、上位モデルの900シリーズと同じため、販売価格が高くなると心配をするかと思います。

しかし、『ルンバ875A』はオプションを無くすることで、価格アップを抑えています。

ハイスペックな上位モデルになるほど、使い切れないまたは実用上は不要になってしまうオプションが付いてしまい無駄があるものの、『ルンバ875A』はその心配もありません。

また、実用性の高いものがセットになっている分、ユーザーには使い安いというメリットがあります。

性能が高い上、安いといった点ではコストパフォーマンスを重視する方におすすめできるモデルになります。

ダストボックスが下位モデルより大きい!

『ルンバ875A』の特徴は、下位モデルに比べ、稼働時間が長くなっているという点があります。

そして、稼働時間が延長されたことで心配になるのが、ダストボックスの容量です。

『ルンバ875A』はダストボックスが従来品の1.6倍になっています。

そのため、稼働時間が長くなり、吸引力がアップしてもダストボックスが満タンになり、『掃除が中断されている』という心配が無くなります。

吸引力がアップする分、どうしてもゴミの回収率が増えるため、ダストボックスの容量が大きいということは広い部屋の掃除にも対応出来る要素に鳴っています。

専用リモコン付きで任意に操作指示が可能!

『ルンバ875A』は、専用リモコンによりユーザーが任意に指示をすることが出来ます。

上位モデルの900シリーズとではスマートフォンアプリを使用することで操作が可能になっているものの、800シリーズではアプリ操作には対応しておらず、専用リモコン付きのモデルは『ルンバ875A』のみになっています。

わざわざ、ルンバ本体で直接操作指示を行う必要が無いという点では、『ルンバ875A』に付属される専用リモコンは非常に便利に利用できます。

任意操作が遠隔で出来ることにより、掃除の手軽さも格段にアップします。

どうしても全てを任せっきりにしたくない方には特におすすめの付属品です。

忙しくて掃除する時間がない方へおすすめ

忙しいとつい掃除する暇がありませんよね。

そんな時、ロボット掃除機はとても便利なんです。

もちろん自動で掃除機してくれますがそれだけではありません。

スケジュール機能がついているので家に居ない時間などに掃除をしてくれる優れものです。

帰った時に家が綺麗になっていると嬉しいですよね。

女性や高齢者の方へおすすめ

ロボット掃除機は自動で動く為、掃除機を持つ必要がありません。

いつも重たい掃除機を持ち腰が痛くなった経験ありませんか?

ロボット掃除機なら、持つ事がないので掃除機を出したり直したり移動したりする事がありません。

その為女性や高齢者の方でも楽に掃除ができます。

またボタンひとつで作動できる為電化製品に弱い高齢者の方でもてがるに使う事ができます。

ファミリー世帯にもおすすめ

家族で住む家だと皆が集まるリビングや誰も使っていない部屋など分かれてしまいますよね。

そんな時には、バーチャルウォールを使って掃除して欲しくない部屋には入らないようにする事もできるんです。

例えば、日中誰も居ない部屋とおじいちゃんやおばあちゃんが居る部屋があれば赤ちゃんが寝ている部屋もありますよね。

そんな時にはバーチャルウォールを使うと便利です。

掃除が苦手な方にもおすすめ

どこをどう掃除していいか分からない、そんな掃除が苦手な方にもロボット掃除機はおすすめです。

家の中にはテーブルがあったりテレビ台があったりごちゃごちゃしている部屋も多いと思います。

そんな時は、このロボット掃除機ならソフトタッチバンパー機能がついています。

家具をセンサーが察知するも緩めて動く為家具に傷が入らないように防止する機能までついています。

家に居ても忙しくて毎日掃除する暇がない方

忙しいのは仕事をしている人だけではありません。

専業主婦の方でも洗濯や買い物、料理など朝から晩まで忙しいですよね。

お子様が小さい家庭ならなおさらお子様のお世話もあります。

そんな時に、お掃除しながらご飯が作れたら…なんて思った事ありませんか?

ロボット掃除機なら実現できます。

ロボット掃除機をかけながら他の家事をする事ができるのでとたも効率がいいです。

生活リズムが違う方へおすすめ

夜勤のお仕事をされている方ですと、夜中は仕事に出ているし朝は寝ていると他の世帯と生活リズムが違う為つい掃除をする暇がない方いませんか?

そんな時も、ロボット掃除機のスケジュール機能を使えば安心して掃除ができるので大助かりです。

収納スペースが狭い方

特にひとり暮らしの方だと、通常の掃除機を置くスペースがない方いませんか?

ノズルなど含めると意外と場所をとってしまいますよね。

このロボット掃除機は、小さめで軽いのでクローゼットにも簡単に収納できますし、自動で充電もする為まさに収納する必要すらいらない優れものです。

これなら収納場所も考えずに使う事ができるのでひとり暮らしの方でも使いやすいです。

「iRobot ロボット掃除機 ルンバ 875A」のまとめ

現在、ロボット掃除機は価格も手ごろになり、様々なメーカーから販売されるようになりました。

また、以前に比べて性能が向上しており、日常生活で使用することで掃除に掛かる時間を減らせるだけでなく、常にクリーンな部屋で生活できるといった魅力があります。

でも、『安価なモデルでは性能が心許無い』、『上位モデルは欲しいけど安いのが良い』といった方には『ルンバ875A』は魅力的なロボット掃除機であり、使い勝手もいい商品と考えます。

公開日:
最終更新日:2019/01/04