スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

キャリーバッグで旅行を快適に!選び方のポイントとおすすめの商品

   

(Dith) ディス 本革キャリー トランク トランクケース キャリーバッグ アンティーク レトロ 4輪 TSAロック 軽量 2サイズ S M 機内持ち込み サイズ有 (S, ホワイト)

キャリーバッグは、旅行の際には欠かせないアイテムです。

そのため、快適な旅行を楽しむためには、キャリーバッグ選びも重要になってきます。

しかし、一口にキャリーバッグと言っても、その種類はさまざまです。

特に、初めて購入する場合には、戸惑うことも多いでしょう。

そこで、選ぶ際に見ておくべきポイントと、おすすめのキャリーバッグを紹介します。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ソフトとハード

キャリーバッグは、大きく分けて2種類のタイプがあります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、どちらが自分に合っているか考えて、使いやすい方を選ぶとよいでしょう。

ソフトキャリー

ソフトキャリーは、布でできたキャリーバッグです。

このタイプのメリットは、何と言っても、軽くて持ち運びが楽なことでしょう。

旅行の荷物は、重くなってしまうことも多いですが、キャリーバッグだけでも軽くしておけば、負担を減らすことができます。

そして、収納スペースが多いこともメリットです。

メインのスペースだけでなく、外側にファスナーポケットがついているものが多いので、ちょっとした小物などを入れるときに役立ちます。

外側のポケットなら、出し入れも簡単で使いやすいでしょう。

ただし、布製なので、水に濡れると中の荷物にまで染み込んでしまうというデメリットもあります。

そのため、雨を避けるためにレインカバーをかぶせることが多いです。

また、布の破れやすさもデメリットになります。

何かに引っ掛けたり、ぶつけたりしたときに、すぐ破れてしまうことがあるのです。

しかし、素材によっては、ハードキャリー並みの強度をもつ商品もあるので、購入の際はよく検討してみましょう。

ハードキャリー

ハードキャリーは、樹脂素材などを使用したキャリーバッグであり、強度の高さが最大のメリットです。

とても頑丈で、少しぶつけたり擦ったりした程度では、破損する心配はありません。

もちろん、水が浸入することもないので、雨の日でも安心です。

また、ソフトキャリーだと、ナイフなどの道具で破られる危険がありますが、ハードキャリーであれば、簡単にこじ開けることはできません。

したがって、防犯性の高さを重視するなら、ハードキャリーがおすすめです。

一方、デメリットとしては重さがあります。

そのため、荷物の重量と合わせると、持ち運びが大変になることも多いです。

しかし、この点を改良して、強度を保ったまま軽量化を実現している商品も多くあるので、なるべく軽いものを選ぶようにしましょう。

また、基本的に両開きであり、ソフトキャリーのようなポケットもないので、ちょっとした荷物の出し入れでは、不便に感じる面もあります。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

キャスターに注目

旅行ではスーツケースも多く利用されていますが、キャリーバッグとの大きな違いは、キャスターの有無です。

つまり、キャスターはキャリーバッグの最大の特徴と言えます。

そのため、キャリーバッグは、キャスターを見て選ぶというのも、おすすめの方法です。

キャスターの大きさ

キャスターは、商品によって大きさが異なりますが、どれを選ぶかは、耐久性にかかわる重要なポイントです。

基本的に、キャスターは大きい方が壊れにくくなります。

キャスターは、キャリーバッグの中で最も負荷が大きい部分なので、小さいキャスターでは耐えられず、すぐ壊れてしまうことが多いのです。

しかし、小さいキャスターの場合、小回りが利くというメリットもあります。

その点では、大きいキャスターだと、移動で不便に感じる場面が多くなるでしょう。

つまり、キャスターは、大きすぎても小さすぎてもよくないのです。

ある程度は大きさがあり、動きやすさも備えた、中間ぐらいのキャスターを意識して選びましょう。

静音性があるか

キャスターは、移動時にガラガラと音がするものです。

これは、人が多く騒がしい場所であれば特に問題ありませんが、静かな場所でも大きな音がするようだと、周りの迷惑にもなります。

そのため、なるべく音の小さいキャスターを選ぶ必要があるのです。

しかし、キャスターの音は、あまり気にせず選んでしまうことが多く、実際に使用してから後悔することも少なくありません。

キャスターの音の大きさは、メーカーによっては表記されていることもあるので、必ず確認して選ぶようにしましょう。

機内持ち込みを考える

キャリーバッグ選びでは、機内に持ち込めるサイズにも注目しましょう。

飛行機を利用する場合は、機内持ち込みの方がメリットが多いので、それに適したサイズを選ぶ人も多いのです。

機内持ち込みのメリット

キャリーバッグは、機内に持ち込むと、破損を防ぐことにつながります。

持ち込みでない場合は預けておくことになりますが、キャリーバッグは、そこで壊れてしまうことが多いのです。

これは、頑丈なハードキャリーでも起こることであり、ヒビが入って戻ってくることは珍しくありません。

すべてに当てはまることではありませんが、持ち込みにしておけば、少しでもリスクを減らすことができるのです。

また、持ち込みであれば、空港で荷物を待つ時間と、受託手荷物料金も節約できます。

持ち込みできるサイズ

キャリーバッグを機内持ち込みする際は、3辺を合計した長さと、座席数が合っていることを確かめてください。

3辺とは、縦、横、幅の3つです。

この合計が、座席数に対応している必要があります。

座席数が100席未満であれば100cm以内、100席以上であれば115cm以内になっていることが条件です。

あとは、合計の重量が10kg以内になっていれば、手荷物として持ち込みが可能になります。

ただし、これは一般的な数値であり、航空会社によっては、さらに厳しい条件を設けている場合もあります。

そのため、キャリーバッグを選ぶなら、まず利用する航空会社のサイズ規定を確かめておきましょう。

おすすめのキャリーバッグ

では、よく利用されている、おすすめのキャリーバッグをいくつか紹介しましょう。

それぞれ特徴があるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ディス キャリーケース アンティーク レトロ

(Dith) ディス 本革キャリー トランク トランクケース キャリーバッグ アンティーク レトロ 4輪 TSAロック 軽量 2サイズ S M 機内持ち込み サイズ有 (S, ホワイト)

本革のような合皮素材が特徴的なキャリーバッグです。

レトロで大人っぽい雰囲気が魅力で、男性にも女性にもおすすめの商品です。

また、使用されている合皮素材は、とても耐久性が高く、水が染みる心配もありません。

もし汚れた場合でも、拭き取るだけできれいにすることができ、手入れの手間がかからないのもメリットです。

さらに、中身も充実しており、ハードキャリーでありながら収納スペースが多い作りになっています。

ポケットつきの仕切りが付属しているので、それを活用することで、小物もしっかりまとめることができるのです。

オスプレー ソージョン

OSPREY(オスプレー)ソージョン80 フラッシュブラック

高強度ナイロン素材で、高い強度があるソフトキャリーです。

これは、背面システムを取り外すことで、リュックとしても使用できるのが特徴です。

また、ジッパーポケットが多く、たっぷり収納できるため、さまざまな用途で使用できる商品と言えます。

ジッパーポケットのひとつは、上部の手を伸ばしやすい位置についているので、荷物の出し入れがしやすいこともメリットです。

さらに、キャスターが大きめで耐久性があり、音も小さいので、静かに移動することができます。

ビータス TASロックソフトキャリーケース

100席以上の機内に持ち込めるサイズのキャリーバッグです。

この商品の特徴は、コンパクトでありながら、多くの荷物を収納できることです。

ポケットが多く、ノートパソコンやiPadも楽に収納することができます。

また、サイズが4種類あるので、どうしても入りきらない場合は、大きめのサイズを選ぶことで対応できるでしょう。

ただし、大きいサイズになると機内持ち込みができないこともあるので、しっかり確認することが大切です。

まとめ

キャリーバッグには多くの種類がありますが、ここで紹介したようなポイントを意識して選ぶと、自分に合ったものを見つけやすくなります。

旅行の際は、自分に合っていることがとても重要です。

合わないものを選んでしまうと、旅行中も余計なストレスを感じてしまいます。

そのため、性能ばかりに注目せず、自分の目的なども考慮して、適切なキャリーバッグを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ