スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

サコッシュが膨らむ原因は?注意したい4つのNGポイント

   

エレコム ポーチ off toco(オフトコ) サコッシュ バッグインバッグ グレー BMA-OF02GY

サコッシュは、小型で薄く、持ち歩きやすいショルダーバッグです。

しかし、パンパンに膨らんでいると、不便になることもあります。

本来のコンパクトな形が崩れ、かさばる状態になることで、邪魔に感じるようになってしまうのです。

旅行や登山に持って行くなら、携帯しにくい形にするのは避けるべきです。

では、膨らむ原因と対策について、詳しく説明していきましょう。



スポンサーリンク

整理できていない

外出の準備をするとき、ただ適当に投げ入れるような方法で荷物を詰めていると、サコッシュが膨らみやすくなります。

これは、整理できていないために、重なったり固まったりしてしまうからです。

中身がそのような状態だと、サコッシュ本来の薄さを維持することができません。

薄いサコッシュをできるだけそのまま使うためには、ゴチャゴチャになるような詰め方をせず、きれいに整理することが大切です。

それぞれの荷物が無駄に重ならない詰め方をしていけば、大きく膨らむことはなくなります。

少しでも持ち歩きやすくなるように、丁寧に詰めていきましょう。

ポケットをうまく使う

サコッシュの中身を整理するためには、ポケットが重要な要素になってきます。

内側のポケットを上手に活用することで、より整理しやすくなるのです。

これは、小物を分けて入れることができるからです。

まったく振り分けずにただ詰め込んでいくと、すべての荷物が重なり、大きな固まりになることが多くなります。

そうなれば、快適に持ち歩くことはできません。

パンパンに膨らむことを避けるためには、ポケットを使い、きれいに分けて入れるようにしましょう。

分けて整理していけば、スペースを無駄なく使うことができます。

取り出しやすさもアップ

サコッシュの中身がゴチャゴチャになっていた場合、持ち歩きやすさだけでなく、取り出しやすさも損なうことがあります。

荷物を適当に積み重ねた状態だと、何がどこにあるのかよくわからず、目的のものを素早く見つけ出すことができません。

サコッシュの中を掘り返し、少し時間をかけて探さなければならないこともあります。

すぐに必要なものがあるときは、そうした取り出しにくさがストレスになってしまうものです。

できるだけスムーズに取り出すためには、きちんと整理して入れるようにしましょう。

中身が整っていれば、探し物に時間をとられることはありません。

どこに何があるのかわかりやすい状態なら、時間をかけなくても、すんなり取り出すことができます。

そうした使いやすさを重視するなら、サコッシュの整理はきちんと行うようにしましょう。



スポンサーリンク

入れすぎている

きれいに整理しようとしても、荷物の量が多すぎる場合は、なかなかうまくいかないことがあります。

そのため、入れすぎにはくれぐれも注意してください。

サコッシュの中身を整理するためには、少なめの荷物を入れることが大切です。

小型なバッグであるサコッシュは、もともと大量の荷物を詰めるものではありません。

必要最低限の大事な荷物をコンパクトにまとめ、しっかり携帯するために重宝されるアイテムです。

そうした本来の使い方を守り、膨らみを抑えるようにしましょう。

スマートな形を維持することができれば、持ち歩くときに邪魔に感じることはなくなります。

必要なものだけ

荷物の入れすぎを防ぐためには、本当に必要なものだけを厳選することが大切です。

使わないものを省き、無駄なものを極力少なくすることで、整理もしやすくなります。

特に、初心者が旅行をするときは、しっかり絞り込むようにしてください。

旅行に慣れていない人が荷物を詰めると、あまり使わないようなものでも、「もしかしたら必要になるかも」という理由で、どんどん入れてしまうことがあります。

これは、スーツケースなどのパッキングでもよくある失敗のひとつです。

旅慣れている人は本当に必要なものがわかりますが、経験がないと、つい多めに持って行きたくなります。

そんなときは、現地で購入できないものに絞ってみてください。

現地で買っても問題ないものなら、わざわざバッグに入れて持ち出す必要はありません。

貴重品を中心に、持ち出さないと困るものをピックアップし、荷物の量を削っていきましょう。

そうして適度な量まで抑えておけば、中身がきれいに片付き、薄いままで持ち歩くことが可能になります。

多すぎるポケットはNG

整理のためにはポケットが役立ちますが、本当に便利なものを使いたいなら、多すぎるものは避けておくべきです。

ポケットが多すぎると、つい余計なものを詰め込んでしまうことがあります。

入れるところがたくさんあるために、「これくらいなら大丈夫だろう」といった油断が生じてしまうのです。

失敗しないためには、荷物の量に合った適度な数のポケットを探すべきです。

多すぎず少なすぎず、ちょうどよい数になっていれば、荷物が無駄に増えたり、整理できなくなったりはしません。

持ち歩きたい荷物をよく考え、使いやすい物を選びましょう。

サイズが合っていない

サコッシュのサイズが大きすぎるときも、多すぎるポケットと同じ失敗をする可能性があります。

スペースが有り余っているため、つい無駄なものを詰め込みたくなるのです。

しかし、よく考えずに大量の荷物を追加したりすると、膨らみを抑えられなくなります。

持ち歩きやすい状態を維持するなら、大きすぎるものは避けるべきです。

サコッシュは基本的に小さいものですが、縦横の幅はさまざまであり、A4サイズが楽に入るものもあります。

ちょうどよい大きさを選び、きちんとコンパクトにして持ち歩きましょう。

かさばるものが多い

荷物を絞って整理しようとしても、ひとひとつのアイテムが大きいと、思ったほど膨らみを軽減できないことがあります。

それを防ぐためにも、荷物はできるだけ小さいものを揃えておいてください。

小さいアイテムであれば、あまり苦労せずに整理することができます。

小さい財布

財布を入れるときは、長財布のようなかさばるものを避け、二つ折りにできるものを選んでおきましょう。

マチがある大きめのバッグならともかく、薄くて小さいものが多いサコッシュでは、長財布がかなりスペースを圧迫してしまいます。

また、財布の中身を減らすことも大切です。

使わないカードなどもできるだけ省き、小さくしてから入れるようにしましょう。

小さい瓶

大きめの香水の瓶なども、スペースを圧迫する原因になります。

中身を移し替えることができるものは、小さい瓶を用意し、少しだけ持ち出すようにしてください。

移し替える作業が面倒なときは、最初から小さいものだけ購入する方法もおすすめです。

タオルよりハンカチ

サコッシュには、何かを拭くためのアイテムを入れることも多いですが、タオルには注意してください。

厚いタオルを入れたりすると、サコッシュを膨らませることがあります。

本来の薄さを維持するためには、より小さいハンカチに変えてみてください。

薄くて小さいハンカチにしておけば、サコッシュの形を崩すことなく、すんなりと入れることができます。

まとめ

膨らんだ大きいサコッシュは、持ち歩きにくくなってしまい、携帯しているとイライラすることがあります。

サコッシュはいろいろな場面で使われるアイテムですが、どこで使うにしても、余計なストレスは極力少なくしたいものです。

そんなときは、ここで紹介した原因をチェックしてみましょう。

もし当てはまるものがあるなら、しっかり改善してください。

膨らむ原因がなくなれば、快適に持ち歩くことができます。

参考URL・参考文献・根拠など

https://lamire.jp/69144
https://noel-media.jp/news/2788
https://besme.jp/articles/350
https://tabicoffret.com/article/737…
https://my-best.com/6004

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - サコッシュ