スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

サコッシュを持ち歩きやすくするにはどうする?スマートに携帯するための4つのポイント

   

サコッシュの特徴は、小さくて薄いことです。

とてもコンパクトなので、持ち歩くにはとても便利であり、旅行や登山、ちょっとした散歩などでもよく使われています。

ただし、あまり適当な使い方をしていると、それほどメリットを感じられないこともあります。

便利なアイテムを買ったのであれば、上手に使いこなすようにしましょう。

では、持ち歩きやすさを維持するためのコツを紹介していきます。



スポンサーリンク

中身を整理する

サコッシュが持ち歩きにくいときの原因には、形の変化があります。

荷物を詰めたことで、サコッシュ本来の薄い形が崩れ、膨らんでしまうことがあるのです。

そうなると、邪魔に感じることが多くなります。

サコッシュの大きなメリットは、コンパクトで持ち歩きやすいことです。

しかし、薄さがうまく維持できないようでは、そのメリットが弱まり、使いにくさばかりが気になってしまいます。

本来のメリットを台無しにしないためには、中身をしっかり整理するようにしてください。

すっきりまとめる

サコッシュの中身がゴチャゴチャになっていると、形が崩れやすくなります
中の荷物が重なり、変に固まってしまうような入れ方をすると、膨らむことが多いのです。

適当に放り込んだりすると、中のスペースをうまく使うことができないため、そうした失敗が起こるようになります。

これは、サコッシュに限ったことではありません。

他のアイテムを使うときも、整理しなかったことで膨れ上がることはよくあります。

スーツケースのパッキングで、蓋が閉まらず悪戦苦闘するようなときも、整理できていないことが原因になっていたりします。

中のスペースを無駄にせず、きれいに整えるながら作業を進めることは、バッグに何かを詰めるときの基本的な注意点なのです。

サコッシュの場合は小物を入れることが多いため、つい油断してしまうこともありますが、整理は忘れないようにしてください。

中身をきれいに整えておけば、大きく形が崩れることはなくなります。

ポケットで分ける

サコッシュの中身を整理するといっても、適当に並べていたのでは、うまくいかないことも多くなります。

きちんと整理して膨らむことを防ぐためには、ポケットを上手に使っていきましょう。

ポケットを使って小物を分けるようにすると、かなりきれいに詰めることができます。

無駄に重なることもないため、サコッシュの中で大きな固まりになることはありません。

ただし、この方法で整理するなら、選ぶときにポケットの数を確認しておいてください。

整理したくても、ポケットが少なすぎるものを選んだりすると、分けることができなくなります。

入れたい荷物が何なのかよく考え、数に余裕があるものを使うようにしましょう。

十分な数のポケットがあれば、あまり頭を悩ませなくても、すんなり整理できるようになります。

見つけやすさもアップ

中身をきちんと整えておくことは、探しものをするときもプラスになる要素です。

何がどこにあるのか、パッと見ただけですぐわかるようになるため、取り出すときに手間取ることがなくなります。

荷物が乱雑に詰め込まれたバッグだと、いろいろなものが重なってしまうため、そうした使いやすさはありません。

中身を掘り返して探さなければならず、無駄に時間をとられることもあります。

サコッシュは小さいので、大きなバッグより探しやすそうなイメージもありますが、油断は禁物です。

あまりパンパンに詰まっていると、それほどスムーズな取り出しはできないこともあります。

持ち歩きやすいバッグでも、肝心なときに荷物が出せないようだと困ってしまうので、整理はしっかり行うようにしてください。



スポンサーリンク

大量に荷物を詰めない

サコッシュの膨らみを抑えるなら整理は大切ですが、荷物の量が多すぎると、なかなかきれいに入らないものです。

そのため、膨らませないように入れるには、容量オーバーを避けることも大切です。

持ち歩きやすい形を確実に維持するためには、荷物をできるだけ絞るようにしてください。

サコッシュのように小さいバッグは、何かを大量に詰めるためのアイテムではありません。

必要最低限の荷物をまとめて持ち歩くためのバッグです。

そのことを忘れず、適度な量の荷物を入れるようにしましょう。

初めての旅行に注意

旅行に慣れていないと、旅先で使うアイテムがいまいちわからないため、つい余計なものを入れたくなることがあります。

「よくわからないけど必要な場面もあるかもしれない」といった曖昧な考え方で、旅慣れた人なら入れない荷物を選択してしまうのです。

そうなると、リュックやスーツケースの整理がうまくいかず、蓋が閉まらなかったり、妙に膨らんだりします。

サコッシュの場合も、無駄な小物を多量に詰め込んだりすると、薄さをキープできなくなります。

旅行のための荷物を選ぶときは、ゆるい基準で考えたりせず、しっかり厳選するようにしてください。

本当に必要なものを

サコッシュに入れるものは小物が多いため、選ぶときは油断してしまうことがあります。

大きい荷物と違い、「少しくらい多くても大丈夫だろう」と考えてしまうのです。

しかし、いくら小さいものでも、数が増えれば必要なスペースは大きくなっていきます。

コンパクトなサコッシュにすんなりと収納するためには、本当に必要なものだけを残すようにしてください。

例えば、旅行のための荷造りをするときは、「現地で手に入らないもの」という条件をつけることで、かなり絞り込むことができます。

どんな用途で使うにしても、必要なものとそうでないものはしっかりと分け、サコッシュが無駄に膨らまないようにしていきましょう。

なるべく小さいものを入れる

荷物を厳選したつもりでも、ひとつひとつが大きめだったりすると、予想外にパンパンの状態になることもあります。

スマートな形を崩さないためには、かさばるものをリストから外すようにしてください。

より小さいもので代用できるようなら、そちらを優先すべきです。

例えば、長財布は幅をとりますが、二つ折りで薄めの財布なら、スペースを圧迫せずに済むことがあります。

大きな瓶に入っているものは、小さいものに移し替える方法がおすすめです。

何かを拭くアイテムにしても、厚いタオルなどを入れるより、薄いハンカチの方が適しています。

ひとつひとつのサイズをよく考え、すんなり入るものを選択しましょう。

ショルダーを短くする

サコッシュが持ち歩きにくく感じる原因は、膨らみだけではありません。

薄さをキープできたとしても、歩くときにブラブラと揺れ、足にぶつかるような状態になっていると、不便に感じることがあるのです。

特に、登山で使うときなど、体をしっかり動かす必要があるときは、不安定なことがストレスになりやすいものです。

この問題を解決するなら、ショルダーの長さの調整を試してみてください。

ショルダーを短くして、体にぐっと引き寄せた状態で持ち歩けば、動くたびに大きく揺れたりはしません。

体の近くにあると出し入れも容易であり、より使いやすくなるのです。

サコッシュを選ぶなら、そうした調整機能があることをしっかり確認しておきましょう。

まとめ

持ち歩きにくいサコッシュは、使うたびにストレスをため込んでしまうものです。

それでは、気軽に持ち出すことができません。

不便なものは、なるべく使いたくないものです。

もし使いにくさを感じるようなら、ここで紹介したコツをチェックして、余計なストレスを防ぐようにしましょう。

いつでも快適に使えるようにしておけば、旅行や散歩などをより楽しめるようになります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://lamire.jp/69144
https://noel-media.jp/news/2788
https://besme.jp/articles/350
https://tabicoffret.com/article/737…
https://my-best.com/6004
https://sakidori.co/article/28278
https://heim.jp/magazine/6632204

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - サコッシュ