スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

ビジネスバッグはもっと便利になる?上手に使うための4つのポイント

   

ビジネスバッグは、仕事で必要なものを入れておくための便利な商品です。

これを上手に活用することで、仕事をスムーズに進めることができます。

ただし、ビジネスバックを活用して仕事をしやすくするためには、ちょっとしたコツを意識しておくのがおすすめです。

しっかりコツを押さえておくことで、適切に使うことができます。

では、ビジネスバッグを上手に使うための4つのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ちょうどよい大きさを選ぶ

ビジネスバッグを上手に活用するためには、選び方に注意しなければなりません。

選び方を間違えて、使いにくい商品を購入したりすると、上手に使おうと思っても、なかなか使いこなすことができないのです。

そのため、ビジネスバッグを選ぶときは、適当に決めてしまうのではなく、じっくり考えて慎重に選ぶようにしましょう。

そこで注目しておきたいのが、ビジネスバッグのサイズになります。

ビジネスバッグは、商品によってさまざまな大きさがありますが、使いやすさを確保するためには、サイズがとても重要です。

例えば、サイズが大きすぎた場合は、持ち運びを妨げてしまう可能性があります。

サイズが大きければ、それだけ重量が増すことになるので、何も入れていない状態であっても、重さを感じてしまうものです。

さらに、容量がたっぷりあるため、中に入れる荷物の量も、つい増やしすぎてしまうことがあります。

そうなっては、持ち運びに多大な労力を費やさなければなりません。

逆に、サイズが小さすぎた場合は、必要なものをすべて詰め込むことができなくなります。

すると、複数のビジネスバッグに分けて入れなければならず、とても不便になってしまうのです。

このようなデメリットを回避するためには、サイズをよく見て、ちょうどよい商品を選んでください。

大きすぎず小さすぎず、自分が最も使いやすいサイズを購入すれば、上手に活用していくことができます。

目的に合わせる

ちょうどよいサイズとは、必ずしも中間がベストなわけではありません。

ビジネスバッグを使用する目的はさまざまですが、場合によっては、少し大きめのサイズが必要になることもあります。

例えば、出張のためにバッグを選ぶときは、なるべく容量の多い商品にしておくべきです。

多くのものが入るサイズの大きい商品の方が、便利に使うことができます。

出張するときは、仕事で使うもの以外に、着替えなども用意しなければなりません。

そうなると、中間のサイズでは容量が足りないことが多く、複数に分けることになってしまいます。

しかし、大きいサイズの商品を選んでおけば、ひとつだけで事足りるため、余計な荷物を増やすことはありません。

つまり、ビジネスバッグを購入するときは、使用する目的を考えて、それに適したサイズを選ぶことが大切なのです。

目的に合った最適な商品を選ぶことで、しっかりと使いこなすことができます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

持ち方に注意する

ビジネスバッグを上手に使っていくためには、持ち方にも注目しておきましょう。

持ち方は、手提げだったり肩掛けだったり、商品によって異なるものです。

その持ち方が自分に合っていない場合、不便に感じてしまうことが多くなり、あまり上手に活用することはできません。

例えば、手提げや肩掛けのビジネスバッグはよくある商品ですが、持っている方の肩に負担をかけるというデメリットをもっています。

そのため、長く持ち歩いているうちに、肩こりになってしまう恐れがあるのです。

特に、中身を入れて重くなっているときは要注意です。

重量が増えれば、それだけ肩にかかる負担も大きくなります。

すると、肩こりで痛みを感じることも多くなってしまうのです。

それでは、快適に持ち運ぶことができず、上手に使うこともできません。

なるべく肩に負担をかけないためには、リュックサックのように背負う持ち方がおすすめです。

手提げでも肩掛けでもなく、背負うのであれば、どちらか一方の肩に負担が集中することはありません。

持ち方が変わる商品を選ぶ

ビジネスバッグを背負っていれば、肩にかかる負担を大きくすることはありませんが、その持ち方だと、あまり見栄えはよくありません。

負担を減らすことは大切ですが、場合によっては、手提げや肩掛けにしたくなることもあるのです。

その点を考えると、最も適しているのは、持ち方を変えることができる商品になります。

手提げ、肩掛け、そしてリュックという3つの持ち方ができれば、どんな状況にも対応できるため、とても便利に使うことができるのです。

あまり長時間でなければ、手提げや肩掛けでも肩への負担は少ないので、3つの持ち方を上手に活用していきましょう。

入れるものを絞る

ビジネスバッグの上手な使い方を考えるのであれば、バッグそのものではなく、中身の方を工夫することも大切です。

例えば、サイズが大きいからといって、ただ荷物を放り込んだりしてはいけません。

そんな詰め方をしたのでは、いくら大きいビジネスバッグでも、すぐにパンパンになってしまいます。

あまり詰め込みすぎると、重量が増して持ち運びしづらくなったり、すぐに必要なものを取り出せなかったりするので、とても不便に感じてしまうのです。

これを避けるためには、ただ詰め込むのではなく、入れるものを絞り込まなければなりません。

本当に必要なものだけを入れるようにして、なるべくコンパクトにまとめるのです。

それなら、軽々と持ち運ぶことができ、中身の出し入れもスムーズになります。

必要なものを選別する

ビジネスバックをもっと上手に使いこなすには、しっかりと中身の選別を行い、本当に必要なものを見極めることが大切です。

例えば、ビジネスバッグに筆箱を入れている人は多いですが、それは本当に必要かどうか、改めて考えてみてください。

使っているペンは1本か2本だけであり、他はほとんど使っていないようなら、わざわざ筆箱に入れて持ち運ぶことはありません。

本当に使っているペンだけを抜き出し、ポケットにでも入れておきましょう。

それなら、ビジネスバッグの中のスペースを節約することができます。

また、紙とデータにも注目してください。

紙でなければ困るものだけを残し、あとはデータにして持ち歩くようにすれば、中のスペースを大幅に空けることができ、出し入れも容易になります。

また、大量の紙を入れていると、かなり重くなってしまうので、持ち運びを楽にするためにも、きちんと選別を行いましょう。

このように、中身を改めて見直すようにすると、ビジネスバッグはもっと使いやすくなります。

出しやすいように整理する

ビジネスバッグを便利に使うためには、入れるものを絞るだけでなく、その入れ方にも気をつけてください。

いくら入れるものを絞り込んでも、それを適当に詰め込んでいると、「入れたはずなのに見つからない」といったトラブルが起きやすくなってしまいます。

使いやすいビジネスバッグにしたいなら、きちんと整理して詰めるようにしましょう。

中身が整っていれば、何がどこにあるのか一目瞭然であり、出すときに手間取るようなことはありません。

ゴムやクリアケースでまとめる

ビジネスバッグの中を整理しておくには、ゴムやクリアケースなど、小物をまとめることができる便利なアイテムがおすすめです。

そのようにして、ある程度まとめてから入れるようにすると、バッグの中が雑然とした状態になることはありません。

バラバラに入れていると、見つけるのが難しくなってしまうことも多いので、きちんとまとめて、取り出しやすくしておきましょう。

すぐに見つけてスマートに取り出す仕草は、相手にもよい印象を与えるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

ビジネスバッグはとても便利な商品ですが、より上手に使いこなすためには、ここで紹介したようなポイントをしっかりチェックしておきましょう。

選び方や使い方が適当だと、本来は便利なはずのビジネスバッグが、不便なものになってしまうのです。

それでは、普段の仕事にも影響が出てきます。

ポイントを押さえてビジネスバッグを使いこなし、仕事を効率よく進めていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ