スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

仕事に毎日愛用できる賢いビジネスバッグの選びかたのコツ

   

Koolertron ショルダーバッグ ビジネスバッグ レザー 鞄 斜め掛け 肩掛け メンズ バッグ カバン メッセンジャーバック ワンショルダー PUレザー ビジネス 通勤

毎日仕事に持っていくビジネスバッグをなんとなく選んだという方も多いのではないでしょうか。

気に入れば良いのですが、使い勝手が悪いと物を取り出すときにもスムーズにいきません。

営業などで利用される方であれば、ビジネスチャンスにも関わってくるビジネスバッグ選びは慎重に行いましょう。

プライベートなどでも使うことができるバッグもあり、機能的とデザインで優れたビジネスバッグが多くあります。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ビジネスバッグの種類

ビジネスバッグというと、鍵付きのブリーフケースのような物からトートバッグまで様々なデザインが販売されています。

紳士服売り場やセレクトショップに行くと、パソコンや書類をしっかりと入れることができるものから、リュックタイプまであり迷ってしまいますよね。

自分の仕事スタイルに合わせて最適なバッグを選ぶと、荷物の持ち運びだけでなく持ち物も整頓できて便利です。

ブリーフケースタイプ

ブリーフケースは、多くのビジネスマンがよく持っているタイプのバッグです。

パソコンやA4サイズの書類がたくさん入り、営業職の方もよく使っているタイプになります。

素材はナイロンタイプで雨や汚れに強いものが人気です。

百貨店などに行くと、このブリーフケースタイプを見つけることができます。

トートバッグタイプ

大学生から社会人まで多くの方が利用しているのがトートバッグです。

トートバッグなので、仕事だけでなくプライベートでも利用できるメリットがあります。

素材は布素材を選ぶとカジュアル感が出てしまいますが、レザーなどの素材を選べば高級感もあるのでビジネスにも最適です。

トートバッグですと、荷物が多いという方でも収納を気にせず一箇所にまとめて入れることができます。

3WAYタイプ

最近は自転車で職場へ通勤しているという方をよく見かけます。

自転車通勤になると、従来のブリーフケースやトートバッグは不便です。

そんな方に便利なのが、3WAYタイプのバッグです。

今まで通り、ブリーフタイプで手持ちにすることはもちろんのこと、リュックやショルダーバッグとして利用することができます。

リュックだけだとカジュアルになりがちですが、3WAYバッグは落ち着いた色目や素材を使っているのでビジネスでもカジュアル感が抑えられているのです。

付属のショルダーなどをセットするだけで、荷物量に合わせて必要なスタイルにすることができます。

通勤ではリュックタイプで、営業時にはブリーフケースという使い分けも可能です。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ビジネスバッグの選び方

ビジネスバッグを選ぶときには、中に何を入れるのかを考えておく必要があります。

持ち物は財布と携帯だけという方は、わざわざ大きなビジネスバッグを買う必要もないでしょう。

仕事で必要なパソコンや書類をどの程度入れて持ち運びするのかなどを検討しておくと、必要なサイズのビジネスバッグが決まってきます。

ジッパーが付いているかどうか

カジュアルな布トートバッグではジッパーがついていないものも多いですが、ビジネスバッグであればジッパーがついているものがおすすめです。

仕事の資料や大切な財布などを持ち運ぶ時には、ジッパーがついていると落下の心配もありませんし、盗難などの被害も防ぐことができます。

ジッパーを開けてスムーズに荷物を取り出せるかどうかも重要なポイントです。

開け口が狭いと書類が引っかかってしまい、書類に傷がつくこともあります。

中の荷物を取り出す時にスムーズかつすぐにできるかどうかをチェックして選びましょう。

ポケットが十分ついているバッグ

ビジネスシーンで、ハンカチやスマートフォンなど使うときにすぐ取り出せることが重要です。

トートバッグタイプですと使いたいものがどこにあるのかわからないと迷子になってしまうケースもあります。

機能面に優れたビジネスバッグであれば、フロント部分に十分なポケットがあり、パソコンを守るケースもついていることが多いです。

仕事や持ち運ぶものの内容によって、十分な収納があると安心ですし、決まった場所にものを収納すると自然と整理整頓ができるのでおすすめできます。

ICカードや鍵など小物を収納することができるポケットがあると、改札口や社員証をかざすときでもスムーズです。

バッグをおいても倒れない

職場や営業先に持って行くバッグでは、床に直接バッグを置くというケースが多いです。

床においた時に倒れてきてしまうバッグでは、頼りないですし、中身が出てきてしまう恐れがあります。

バッグをおいてもしっかりと立って入れば安心できますし、見た目も安っぽく見えません。

ナイロンを使っているものであっても、バッグの底に底鋲がついているものを選ぶと良いでしょう。

ブリーフケース自体は容量がある程度決まっているので、それ以上の荷物を入れると形が崩れる恐れがあります。

自立型でも荷物が多すぎて倒れてきてしまうことがあるので、適量を入れるようにしましょう。

荷物の量に合わせてバッグ選びが重要です。

ビジネスバッグのカラー

ビジネスバッグのカラーで赤や黄色のような原色を見ることはほとんどありません。

仕事で使うということから、個性を演出するよりもより仕事にふさわしいベーシックなカラーがほとんどです。

その中でもスーツに合わせやすい色があるので、毎日のコーディネートに最適なカラーを選びましょう。

ベーシックカラーで良い印象を与える

ブラック系のスーツをきている方は、バッグも同じブラックで揃えると高級感が出ます。

ブラックといってもレザーからナイロンまで素材は様々ですので、職種に合わせてバッグを選びましょう。

明るいグレーなどのスーツを着用される方は、ネイビーなどのカラーがおすすめです。

ネイビーとグレーはとても相性が良いので、お洒落な印象を与えてくれます。

上品さやスマートさを出したいという方にもおすすめの組み合わせです。

バッグでもお洒落さをアピールしたい方におすすめなのが、ブラウンカラーのバッグです。

明るいブラウンを選べば、どんなスーツをきていてもお洒落にみえます。

ブラウンを選ぶときはレザーの質が良いものを選びましょう。

プライベートでも使えるビジネスバッグ

どのようなバッグを選べば良いかわからないのという方は、ライベートでも使えるようなトートバッグや3WAYタイプがおすすめです。

どちらもカジュアルに見えてしまうバッグもありますので、黒やレザー素材を選ぶと、オンオフに使うことができます。

ビジネスバッグのお手入れ方法

レザータイプのバッグを選んだ方でお手入れをどうしたら良いか悩んでいる方も多いです。

夏場など汗を書くことも多いと、汚れや匂いなども気になりますよね。

レザーは直接洗ったりすると、皮が縮むので型崩れの原因になります。

雨や汗で濡れてしまったら、できるだけ早く拭き取り乾かすことが大切です。

使用を始める前に皮に使うことができる防水スプレーや抗菌スプレーなどをふりかけて置くと安心できます。

居酒屋などに行って気になるタバコや煙の匂いは、日陰干しをすることで取ることができます。

気に入ったバッグですから、長く愛用するためにもこまめなお手入れを心がけましょう。

まとめ

ビジネスバッグは、ブリーフケースタイプから3WAY、トートバッグタイプまで様々なタイプがあります。

自分の荷物や使うシーンなどに応じて最適なタイプを選びましょう。

着用するスーツに合わせて選べば、印象をアップさせることにもつながります。

機能面でも取り出しやすく、整理整頓がしやすいバッグは人気です。

荷物量に合わせてバッグの大きさを決め、お手入れがしやすいものを選べばオンオフ関係なく長く愛用できるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ