スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

基本に立ち戻って考え直してみよう、自分に合ったスーツケースの選び方は?

   

初めての海外旅行、初めての一人旅、初めての友達同士の旅、そんな時まず考えるのがスーツケースの購入です。

実際、よほど旅慣れている人以外は、バックパックひとつで長期の旅行は、難しいものです。

多分必要だろうというものを入れるには、それなりのサイズのスーツケースを選びたいですね。

とは言っても、百人百様の旅の形や当人の個性というものがあります。

スーツケース選びにも、反映させておきたいものです。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

スーツケースも多様化しました

昔はスーツケースと言えば、手に持って運ぶのが当たり前のものでした。

キャリアーに乗せて運ぶ人もいましたが、手で持つのが普通の使い方でした。

何しろその前に使われていたトランクタイプの旅行カバンは、重くて取り扱いに人出を要するものが多かったのです。

なのでいわゆる、赤帽などの手を借りて列車に乗せたり、飛行場のチェックインカウンターまで運んでもらったりしたものです。

まあその頃長期の旅行は、一部裕福な人達に限られていたようなものですから、人手を借りるのは当たり前と言ったところでした。

しかも殿様タイプの旅行でしたから、特に船旅の場合はトランクを10個、などという人もいたようです。

しかし長期の旅行や仕事での旅行が増えてくると、自力で運べるタイプの旅行カバンが必須になっています。

スマートなスーツケースが、普及したのですね。

でもこれもそれなりに重量はあると言うことで、スーツケースの下部にキャスターを付けたタイプのものが、販売されました。

そしてその後、これまた持ち運び移動のしやすさを考慮して進化したタイプの、キャリーバッグタイプのものが主流になっていったのです。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

スーツケースと言えば一応これら全て

売り場で旅行用のカバンを探したいと思った時、ほとんどの人が、スーツケース売り場はどこですか、と聞くでしょう。

キャリーバッグスタイルなど多様化しましたが、それでも旅行用のカバンの総称としては、スーツケースと言う言葉が使われます。

とは言っても筆者の年代だと、スーツケースと言えばそれこそ、手で持ち上げることのできる旅行カバンといった感覚です。

まあ旅行に使われる、そこそこサイズの大きなカバンの総称として、スーツケースという名前で呼ばれる、と思うのがよろしいですね。

でもこれ、多様化しすぎてどのタイプをどう選んだらという悩みは、逆に増えてしまいました。

旅行用のスーツケースを選ぶ際の基本中の基本

初の旅行の時など、スーツケース選びは誰でも通る道の1つです。

しかしこの道、道標なしでは迷ってしまうこともあるのでご用心ですね。

旅行日程によるサイズの大小は勿論、その後の使用頻度や使用者の年令によっても、考えておかないとその後の利用が難しくなります。

浮かれて購入、ネットで激安のものを購入の前に、ちょっと旅行の目的など考え直しておくのがおすすめです。

とても簡単な例ですが、仕事の出張で使用するスーツケースと、学生の卒業旅行でリゾートに行く時のスーツケース、同じものでいいとは勿論言えません。

また、レジャー用に購入したスーツケースを、仕事での旅行に持っていったりすれば、それだけで仕事の評価が下がってしまうこともあります。

このあたりも、現在だけでなく先も見据えて購入したいものですね。

スーツケースを選ぶには目的から

まずはその旅の目的を、確認しておきましょう。

純粋に遊びのための旅行

学生の卒業旅行とか、社会人の長期の休みの時の旅行がこれに当たります。

こういった際には、荷物自体も明るく楽しい感じのもの選びたいところです。

仕事用の、きっちりした地味なスーツケースだと、折角の休みの気分までちょっと下降してしまいますね。

とは言え、このタイプの旅行を年に1回必ずという人以外、レジャー用のスーツケースは家においておいても意外と役に立ちません。

社会人の場合、仕事用のスーツケースと両方しまっておく場所を見つけなくてはいけなくなり、場所ふさぎになりかねません。

レンタルをうまく使用するのが、結構おすすめになりますね。

遊びだけでなく仕事にも使用

遊びの時にも使用したいけど、そこはやっぱり社会人なので仕事にも利用できるスーツケースが欲しい、と言う場合もあります。

こういった場合は、仕事を優先したタイプのものを選んでください。

地味なスーツケースを遊びで使う場合、シールなど貼ってちょっとおしゃれにすることは可能です。

しかし遊び用の派手なスーツケースを、仕事用に地味にビジネスライクに見せることは、まず不可能です。

たった一つのスーツケースで両用という場合、仕事で使用をメインにしておきたいですね。

旅行目的にかかわらず気にしておきたいこと

旅行の目的は勿論心得ておきたいですが、もっと基本的に購入の時に気をつけたいこともあります。

行き先の道路事情

ヨーロッパの古い都市でよくあることですが、歩道や普通の道が石で出来ていると、キャリータイプのものは非常に使い勝手が良くないのです。

つまり、転がりにくいのですね。

こうなると結果、持ち上げて運ぶことになりますので、もっと持ちやすく作られている、手に持つのを前提に作られているスーツケースの使用がおすすめになります。

キャリータイプのスーツケースだと加えて、この石の道でキャリー部分が壊れるということも、無いではありません。

旅先でキャリーバッグのキャスターが壊れてしまうと、正直途方に暮れることになります。

旅先の道路事情を踏まえて、スーツケースのタイプを選ぶのも忘れないでください。

何回も使うのかそれとも

購入したスーツケースをこの先もずっと使用する、つまりこの先も長期の旅行の予定がある場合は、しっかりとした作りのものがおすすめです。

餅は餅屋で、スーツケース専門ブランドのものを選ぶようにしてください。

アフターケアもしてくれますし、何と言っても専門ブランドの名は伊達ではありません。

長く使える良い品を製造販売してくれています。

数回使えればそれで充分ならともかく、その後も愛用したいなら激安とかの製品は、あまりおすすめできません。

少々高く感じても、その後の保証と思えば安いものですし、10年使用できればそれこそ元を取れることになります。

安いスーツケースだと数回で壊れてしまうこともあるのです。

海外の飛行場の荷物の扱いの手荒さを、見くびってはいけません。

筆者的におすすめのスーツケースの特徴

これは筆者的におすすめの、長期使用のスーツケースの選ぶ基準です。

個人差もありますので、参考として読んでください。

まずは、スーツケースブランドの製品であることです。

加えて、できるだけ軽量で堅牢なものを選びます。

キャリータイプのものでも、スーツケースにキャスターが付いているタイプのものでも、軽量なのが条件になります。

結構出先でスーツケース、持ち上げる機会は多いのです。

軽いに越したことはありません。

そして堅牢でないと、飛行機の手荷物預かりで壊れることも珍しくありません。

ただし、頻繁に旅行の場合、しかもカジュアルな旅行の場合は、筆者はビニール製の安物のスーツケースを使用しています。

壊れても惜しくないですし、貧乏旅行だと思われて盗難もありません。

治安のあまり良くない場所に行く場合、逆手をとってこういったスーツケースで行くのも、実は手なのです。

まとめ

たかがスーツケースの選び方ですが、されどスーツケースの選び方でもあります。

何しろある程度の大きさのあるものですから、きちんと購入時に考えて購入しないと、単に収納場所の邪魔になってしまうだけです。

そうならないように、また仕事で人物評価を下げないように、旅行先で堅苦しいやつだと思われないように、そういった先のことも考えての選択、してくださいね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スーツケース