スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

旅行用のバックパックにうまく荷物を詰めるコツは?注意したい5つのポイント

   

旅行用のバックパックに荷物を詰めるときは、適当な入れ方をしてはいけません。

何も考えずに荷物を詰めると、どうしても入らないものが出てきたり、中がゴチャゴチャになったりするので、あとから困ることになってしまいます。

それを防ぐためには、正しい詰め方を意識しておくことが大切です。

では、荷物を詰めるときに注意すべきポイントを紹介していきましょう。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

本当に必要なものを見極める

バックパックにうまく荷物を詰めるためには、詰め始める前の段階で注意すべきことがあります。

それが、「何を入れるのか」ということです。

どんなに工夫しても、バックパックの容量をオーバーするほどの量では、すべて詰め込むことはできません。

そのため、まずは荷物の選別が必要になります。

旅行のときは、テンションが上がってしまい、いろいろなものを入れたくなってしまうこともありますが、ただ持って行きたいものを選んでいたのでは、失敗してしまいます。

バックパックに入れるのは、本当に必要なものだけにしておきましょう。

現地で手に入らないものを

荷物を選別するといっても、初めての旅行だと、何が必要で何が不要なのか、よくわからないこともあります。

そんなときは、現地調達について考えてみましょう。

現地でも普通に購入できるものなら、バックパックに入れて持って行くことはありません。

必要なときに買い足せば、特に問題はないのです。

そのため、荷物を絞り込むときは、現地では買えないものだけに注目して選んでください。

この方法なら、無駄な荷物が増えることはなく、コンパクトにまとめることができます。

本当に大事なものは入れない

これは、飛行機を利用するときの注意点になりますが、貴重品や電子機器、薬などはバックパックに入れないでください。

そうしたものは、バックパックに入れて預けるのではなく、手荷物として飛行機の中に持ち込むようにしましょう。

なぜなら、万が一ロストバゲージが起こったとき、バックパックに大事なものを入れたままにしていると、とても困ることになってしまうからです。

ロストバゲージとは、預けたものが紛失してしまうことであり、海外旅行でまれに起こるトラブルのひとつです。

実際に起こったときは、「まさか自分がそんな目に遭うなんて」と驚くことも多いですが、可能性がゼロではない以上、しっかり対策をしておかなければなりません。

なくなって困るようなものは、肌身離さず持っておくようにしましょう。

特に、薬には注意してください。

いつも飲んでいる薬などをバックパックに入れておき、もしロストバゲージが起こってしまったら、大変なことになります。

そのような事態を避けるためにも、バックパックに入れるものを考えるときは、大事なものをしっかり分けておくことが大切です。

割れるものに注意

バックパックに入れない方がよいものとしては、ガラスや陶器などもあります。

そうした割れやすいものは、バックパックに入れていると、いつの間にか破損していることが多く、とても危険です。

ガラスや陶器を旅行に持って行きたいなら、クッションとなるものでしっかり包み、手荷物として携帯するようにしましょう。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

軽いものから入れる

バックパックに入れるものを絞り込んだあとは、いよいよ詰めることになりますが、そのときは、ただ放り込んだりしてはいけません。

荷物を詰めるときの基本的なコツは、まず軽いものから入れていくことになります。

これは、バックパックを背負ったときのことを考慮した詰め方です。

重いものから順に入れていく方法だと、バックパックがずっしりと重くなるため、背負っていると疲れてしまいます。

しかし、最初に軽いものを入れて、その上に重いものを乗せていく方法なら、重さを強く感じることはありません。

また、重いものを背中の方に寄せるようにすると、重心が安定するので、さらに背負いやすくなります。

「とにかく入ればいい」という雑な考え方で詰めてしまうと、あとから困ることになるので、こうした注意点はしっかり押さえておきましょう。

バランスをとる

軽いものを先に詰めたとしても、荷物の配置がどちらか一方に偏っていると、バックパックのバランスが悪くなってしまいます。

重心が安定していないと、背負ったときの違和感が強くなってしまうので、気をつけて詰めるようにしましょう。

バランスを考えるなら、無造作に入れるのではなく、左右対象になるように意識することが大切です。

それなら、どちらかに傾くようなことはありません。

衣類は圧縮

軽いものからバランスよく詰めていく方法は、バックパックのパッキングの基本ですが、そこに注意していたとしても、衣類をそのままにしていると、うまくいかないことがあります。

衣類は、たとえ薄いシャツだったとしても、意外とかさばるものなので、ただ詰め込もうとすると失敗してしまいます。

そこでおすすめなのが、圧縮袋を使い、衣類をコンパクトにしてしまう方法です。

圧縮袋でギュッと圧縮してしまえば、スペースが圧迫されることはありません。

それなら、バックパックの中をよりきれいに整頓することができるのです。

圧縮袋は、100均でも普通に購入することができるので、ぜひ試してみてください。

用途が同じなら一緒に

バックパックに荷物を詰めるときは、取り出すときのことを考えて、きちんと整理しておくことも大切です。

バランスよく詰めることができても、何がどこにあるのかわからず、必要なものを見つけるのに時間がかかってしまうようでは、いざというときに困ってしまいます。

それを避けるには、用途が同じものを、なるべくまとめて入れるようにしましょう。

例えば、石鹸とシャンプーがそれぞれ離れた場所に入っていたのでは、入浴したいときに素早く取り出すことができません。

両方を別々に探さなければならず、とても効率が悪くなってしまうのです。

しかし、石鹸とシャンプーをまとめて入れておけば、どちらも一度に取り出すことができるので、余計な時間はかかりません。

他にも、はさみとカッター、レインコートと傘など、同じことに使うものは、できるだけ一緒に入れておくようにしましょう。

お土産のスペースを確保する

バックパックに荷物を詰めるときは、あまりパンパンにしてはいけません。

隙間なくギュウギュウに詰め込むのではなく、少し余裕をもたせて、あとから荷物が増えても大丈夫なようにしておきましょう。

そうでないと、現地でお土産を購入したとき、入れるところがなくなってしまいます。

これは、旅行ではありがちなミスなので、十分注意してください。

バックパックのパッキングでは、必要なものをすべて詰め込むことばかりに集中してしまい、残りのスペースを気にしていないことがよくあるのです。

しかし、現地での買い物を考慮すれば、やはりスペースの確保は重要です。

いくらきれいに詰め込むことができても、買ったものが何一つ入らないバックパックでは、便利に使うことができません。

お土産をしっかり購入して、旅行を満喫するためにも、必ずスペースを空けておくようにしましょう。

まとめ

バックパックに荷物を詰めるときは、つい適当に放り込んでしまうこともありますが、あとのことを考えれば、きちんと正しい方法で行うべきです。

入れてはいけないものを入れたり、バランスが悪い詰め方になったりすると、余計なストレスのために、せっかくの旅行を楽しめないことがあります。

そんなことにならないように、ここで紹介したポイントを参考にして、上手にパッキングしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック