高圧洗浄機でらくらくきれい!

このサイトは高圧洗浄機、高圧スチームを中心とした情報提供を行っています。

*

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングベスト4

      2019/04/07

家庭でも手軽に使える高圧洗浄機が増えてきています。

でも、いざ選ぼうとすると意外に種類が多くて迷うこともあるかと思います。

そこで今回は、家庭用でおすすめの高圧洗浄機をランキング形式でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

第1位 「ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890」

ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

ヒダカ製の家庭用高圧洗浄機『HK-1890』は、家庭向け製品として国内最強の圧力(最大許容圧力12.0MPa、常用吐出圧力9.0MPa)を実現し、これまで落としにくかった頑固な汚れもキレイにすることが出来ます。

また、水道水を利用するだけでなく、池や容器に貯まった雨水を利用することが出来るため、節水効果も兼ね備えています。

ガーデニングで広範囲に水を噴霧したい場合なら、水道水を利用するせずに雨水を利用すると経済的です。

また、高い圧力により、自宅外壁に付着した汚れを効率良く洗浄することも可能であり、距離が遠くなると洗浄力が落ちてキレイにならないといった不満も解消できます。

さらに、標準セット内容も充実しており、延長ホースや自吸機能専用のホースもついてくるため、本体購入時に必要なものは纏めて購入したいという方におすすめです。

また、付属品は本体内部に全て収納できるため、保管時もしっかり整理・整頓したいという方に非常におすすめ出来る高圧洗浄機です。

詳細はこちらから

スポンサーリンク

第2位 「H2Oスチームユニオン」

H2Oスチームユニオン
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

H2Oスチームユニオンは、小型でありながら最高温度110℃の高温でスチーム清掃をすることが出来ます。

水洗いがし難い、または出来ないといった場所でも強力なスチームで汚れを洗浄してくれる上、除菌まで行ってくれます。

また、高温スチームを利用することで布に染み着いた臭いも消してくれるため、臭いが気になった際はいつでも手軽に利用することが出来ます。

さらに、110℃の高温スチームにより除菌能力は高く、ペットやお子さんがいる家庭では非常におすすめ出来る高圧洗浄機です。

その他、小型設計であるため、細かい場所の汚れも清掃することができ、水垢の目立つシンク周りやお風呂掃除にも強い効果を発揮します。

特に水垢はこびり付くと取れ難くなるため、高温スチームでの洗浄が抜群の威力を発揮し、きれいにしてくれます。

また、お風呂の場合はピンク汚れや皮脂汚れも強力洗浄する上、根の浅いカビ菌の除去にも効果的です。

小さいながらも利用範囲の広い高圧洗浄機となるため、家に一台あると非常に便利かつ掃除も楽しくなるのは間違いなしです。

詳細はこちらから

第3位 「KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄機 サイレントK3SLB」


Amazonで詳細を見る

219件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

KARCHER製の高圧洗浄機『サイレントK3SLB』は、小型かつ高性能なだけでなく、高圧洗浄機で問題となっていた騒音に配慮したものとなっています。

これまで、高圧力の水を噴射する際、モーター音が高く、近所に気を使いながら作業をすることがありましたが、この高圧洗浄機はモーターを水冷式にすることで、遮音性能を向上しています。

また、水冷式にすることでモーターが発熱することを防げるため、連続での使用も安心することが出来ます。

屋外で自動車の洗車以外に自宅の外壁やテラスを清掃するのは十分な水圧を誇っており、価格も2万円前半と非常にお手頃になっています。

標準セット内容も充実しており、専用ノズルやトリガーガン、延長ホースそして自吸ホースが含まれているため、初めて高圧洗浄機を購入される方にはおすすめの商品となっています。

『サイレントK3SLB』は静穏性が高いだけでなく、貯めた雨水を利用することも出来るため、水道水を節約することも可能になっています。

自動車の洗車や庭の草木に水やりする際、水道料を気にする家庭にもおすすめ出来ます。

また、製品として心配なのがモーターが高負荷により故障することですが、安心の3年保証が付いているため、長期間の使用も安心です。

詳細はこちらから

第4位 「KARCHER(ケルヒャー) 軽量&コンパクト高圧洗浄機 K2」

KARCHER(ケルヒャー) 軽量&コンパクト高圧洗浄機 K2
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

従来の製品は女性が使うには重たいというのがウィークポイントでした。

せっかく購入しても重たく使いづらいが為に活躍しなかったなんてことはありませんか?

それに比べて、本製品は3.9kgと軽量かつコンパクトですので、女性の方でも楽々運べるようになっています。

また、水圧を自在に変えることが出来るのはもちろん、ノズルを変えればこれ1台で網戸から玄関先まであらゆる所を簡単にお掃除することができます。

さらに洗車に便利な泡洗浄ノズルや洗車ブラシも付いていますので、愛車のお手入れまでバッチリです。

新しくなった本製品で余計な手間をかけず楽々お掃除を楽しんでください。

詳細はこちらから

まとめ

今回は、おすすめの高圧洗浄機をご紹介してきました。

それぞれに特徴がありますし、使い方によっても合う合わないがありますので、ぜひご自身に合った高圧洗浄機を見つける参考にしていただければと思います。

高圧洗浄機とは?

誰もが体験したことがあると思いますが、水の力は結構強く、何か物を洗う時に蛇口やホースから出る水の勢いを強くすると、通常よりも汚れが落ちやすくなります。

高圧洗浄機の働きは、そのような原理と同じことで、水の強い圧力を利用して壁や物などの汚れを効率的に落とす機械になります。

高圧洗浄機には、水圧を変えることのできるものや、水に洗剤や砂などを混ぜて噴射できるオプションがついているものもあり、水圧による洗浄を高めてくれます。

機械の力によって、強い水圧を与え続けることが可能となっているので、落としにくい汚れが面白いように落ちていきます。

そのため、初めて家庭用高圧洗浄機を使うと、多くの人はその洗浄力に驚き感動します。

何か他に洗浄する物がないか探すほど、高圧洗浄機を使いたくなるかもしれません。

しかし、間違った使い方をすると、水圧によって物が傷ついたり壊れたり、なんだか綺麗に見えないムラのある感じになってしまいます。

そのため、高圧洗浄機の機能や性質などを理解し、使い方に慣れる必要があります。

家庭用と業務用の高圧洗浄機

先程の説明により、高圧洗浄機は水圧を利用して洗浄する機械だということが分かったかと思います。

その水圧の強さは、圧力が強すぎると洗浄する物を壊してしまうほどです。

そのため、高圧洗浄機を使用する時は、注意することがいくつかあります。

そして、高圧洗浄器には業務用と家庭用の物があり、性能の高さが違ってきます。

両方とも水圧によって洗浄しますが、基本家庭用は電力で動かします。

それに対して業務用は、軽油でエンジンを動かすものやガソリンでエンジンを動かものがあります。

業務用の大きいものは基本ガソリンエンジンが動力源となっており、騒音でなるべく周りに迷惑をかけないように、防音対策がされています。

家庭用高圧洗浄機は、基本電気が動力源となっているので、水道や水道の蛇口、電源は確認しておく必要があります。

業務用の高圧洗浄機には、とても熱いお湯を噴射できるものもあり、効率的に洗浄を行うことができます。

高圧洗浄機には高い洗浄力があり便利なことから、家庭用高圧洗浄機を購入する人が増えてきており、自動車や自転車の洗車や、ブロック塀や網戸などの洗浄に大活躍しています。

高圧洗浄機によって塗装が剥がれる可能性のある塗装された壁は、水を当てる距離や圧力を変えることにより、綺麗に洗浄することが可能となっています。

高圧洗浄機の選び方

日立工機 家庭用高圧洗浄機 水道接続式 AC100V 1200W 10m高圧ホース付 10m延長ホース、洗浄ブラシ付 FAW110(S)

毎日の掃除をきちんとしていても、ふと気がつくとベランダに砂埃が茶色くついてしまって、普通にこすっただけでは落ちない。

車の洗浄は休みの日にちゃんとやっているのに、気がついたら洗剤の跡がついていた。

等々、日々の掃除だけだと何時の間にか、目に見えないくらいに残った汚れがある日、ふと大きな汚れとして認識されること、ありますね。

こういった汚れを落とすのに最適なのが、家庭用高圧洗浄機です。

土埃のこびりついたものは本当に困りものです

家の外回りの掃除で、中々綺麗にしきれないのが土埃ですね。

ベランダやポーチなど、気がついたら茶色くなっていて、デッキブラシでこすっても落ちなくなった経験のある方も少なくないでしょう。

車のタイヤにも同じく、少しずつたまる汚れがこびりついてきます。

タイヤを長持ちさせるためにも、綺麗に保っておきたいですが、ホースで水をかけての洗浄だけでは中々落としきれません。

そして毎年の大掃除の時に一番面倒に感じるのが、ガラスや網戸の掃除です。

窓ガラスについては、いい洗剤も出ていますしその気になれば一気に片付けることも出来ますが、網戸は結構面倒です。

窓ガラスも、洗剤の跡が残らないように綺麗にするには、いささか時間もかかります。

こんな時にお役立ちなのが、家庭用の高圧洗浄機です。

家庭用高圧洗浄機を選ぶ時の基準は?

掃除の用途によって違いもありますが、幾つか選択の基準を見ておきましょう。

汚れをしっかりと落としたい場合

家周りの掃除、ベランダもですが他にも壁などまで掃除したい場合場、とりあえず水圧の高い洗浄機がおすすめです。

水圧が高いと言う事はつまりは、汚れを吹き飛ばす力が大きいと言う事だからです。

水に圧をかけて押し出すことによって、くぼみなどにまで入り込んだ汚れを落とすわけですから、この水圧は強い方が汚れ落ちがいいのは勿論です。

スペックの表記に、常時吐出圧力の表示がありますのでそこの数値で確認しましょう。

これが大きいほど、洗浄力も強くなると言う事です。

加えて水圧で汚れを落とすことが出来ますので、水の使用量も節約できるというわけです。

住宅街での使用を想定した場合

住宅の密集した地域や集合住宅で使う場合、周囲の家に対しての作業音を気遣う方もいらっしゃるでしょう。

高圧で水を押し出す機械ですので、かなりの音がするのは勿論ですが、そこはやはり気遣いもしたいものです。

少しでも作業音を小さめにしたいと思った場合、静音性に優れた水冷式のモーターを使用した高圧洗浄機がおすすめです。

通常のモーターの場合、空冷式のモーターが組み込まれているものが多いのですが、こちらの方が作業音が目立ちます。

住宅密集地域や集合住宅の場合は、この水冷式のモーターが組み込まれているものを選べば、周囲への騒音も減ると言う事です。

手早く汚れを落としたい場合

こういった作業は作業音の問題もありますし、出来るだけ手早く済ませる方がいいと思われた場合、水量にも注目しましょう。

水圧も勿論ですが水量が多ければその分、汚れも早く落ちると言う事です。

特に冬など、こういった水を使った作業は早く終わらせたいものです。

また洗浄の面積が広い場合も、出来るだけ作業時間を短く出来るように、水圧水量共に大きな機種を選ぶのがおすすめです。

家庭用高圧洗浄機を選ぶ際にちょっと気をつけたいこと

頑固な汚れに対して大変に役立つ家庭用高圧洗浄機ですが、そこはやはり購入前にチェックしておいた方がいいこともあります。

メインで使用する場所に合わせる

家庭用の高圧洗浄機の場合、業務用と違って水圧などは極端には強くありません。

またノズルなどつけることによって、ある程度の強弱はつけられるようになっています。

しかしやはり、用途によって選択することも必要です。

網戸や窓ガラスなど中心に使用する場合、特に網戸の掃除などは下手に水圧が高い機種だと、網戸が負けてしまうこともあります。

ガラスが割れるほどの水圧の物は無いにしろ、木造の家などの場合掃除中に水が水圧で室内にしみ込むことも無いとは言えません。

家の壁やベランダ、車などを目的とする場合は水圧を基準にして選ぶのが勿論ベストです。

本体の重量を確認しておく

業務用本格的な洗浄機の場合は、床において移動させての使用になりますが、家庭用の洗浄機の場合は手に持って使用出来るコンパクトタイプが多く出回っています。

コンパクトで持ち運びも楽なので、こちらのタイプを使用する方が多いと思いますが、この手の機種の場合は重量を確認してから購入しましょう。

勿論作業場所に行ってそこの床に置いての使用をするわけですが、そこまでは手に持って移動です。

近頃は軽量化もされていますが、それでも4キロくらいはありますのでそこも計算に入れておくのがおすすめです。

水場が使えるかどうかの確認を

延長ホースなども付属してある製品が多いですが、やはり水道からあまり離れた場所での作業はやりづらいのは、仕方のない事です。

一戸建て住宅の場合は、庭などに水栓が一つはあるはずですので、そこを利用することが可能です。

しかし集合住宅の場合、特にベランダでの作業の時が結構問題になってきます。

ベランダに水栓が、洗濯機などの使用のためにある場合はともかく、それ以外の場合は屋内の水道からホースを引くことになります。

一直線に引ければ大したことは無いのですが、そこは屋内ですので壁や家具などもあり、かなり曲がりくねってのルートになってしまいます。

購入前に、使用が可能なのかをしっかりと確認しておきましょう。

本体に色々とアクセサリーが付いているものの方がいい?

家庭用の高圧洗浄機の場合、付属でかなりのアクセサリーが付いていることが多いです。

延長ホースや目的別のノズルなど、かなりの種類のアクセサリーが付属しています。

これは必要ないかなと思うものから、これは欲しいなと思うものまで多々ありますが、このアクセサリーの種類に惑わされないようにするのも必要なことです。

勿論値段のうちですので、そこは問題ありませんが、アクセサリーの多さで機種を選ばないほうがいいと言う事です。

使うようで使わないノズルなど、使い始めてみると結構多いものです。

同じ値段なら付属品の多いものと言うより、同じ値段なら使い勝手の良い機種を選ぶ方がおすすめです。

どうしても後に必要なアクセサリーがあった場合は、買い足すことも出来るのですから、最初から多くを望まないほうがよろしいかもしれません。

ただし、延長ホースなどは付属していると便利です。

また同じ機種で、付属しているものと付属してないものがあった場合、お値段的に買い足す方が安いかセットの方が安いかも、購入時のチェックポイントですね。

使用頻度が高い場合いっそ業務用の購入は?

業務用の高圧洗浄機は勿論、耐久性にも性能にも優れています。

家庭でもかなりの使用頻度があって、どうも家庭用の物だと寿命が早く来てしまうと言う方には、業務用の使用も考慮に入れることも可能です。

ただし業務用の物は、作業音も大きく重量も重くまたお値段も高いのは事実です。

付属のアクセサリーなども高額ですので、その辺りを覚悟の上のご使用もありでしょう。

それに加えて、家庭用と業務用ではアクセサリーの互換性は、基本的にはありませんのでそちらにもご注意ください。

正直なところ、ご家庭で使用する場合は家庭用の高圧洗浄機で、性能も耐久性も充分だと言って差し支えないでしょう。

コスパ的にも、家庭用の洗浄機に軍配が上がりますね。

高圧洗浄機の選び方まとめ

こびりついた汚れを見るたびに、この汚れを吹き飛ばしてしまえたらと思う事、結構ありますね。

家庭用高圧洗浄機なら、実際にその汚れを吹き飛ばしてくれるのです。

目的や用途に応じて使用すれば、掃除用具としてこれほど役に立ってくれるものはありません。

ご自分の用途に応じた品を選んで、快適な家庭生活に役立ててください。

高圧洗浄機での掃除に適している場所(物)

高圧洗浄機は汚れを落とす能力が高いので、様々な場所や物を綺麗にすることができます。

その中の一つが自動車になります。

高圧洗浄機は洗車を得意としており、自動車の側面や天井などの汚れ、取りにくい溝やタイヤの汚れまで洗浄することができます。

また、洗車するのが大変な大きい自動車も、楽に洗浄することが可能となっています。

そして、自動車以外にも、バイクや自転車の洗浄にも向いており、水圧によって綺麗にしてくれます。

高圧洗浄機はこれらの車以外にも、浴室や玄関や外壁、ベランダや手の届かない高い場所などを綺麗に洗浄することが可能となっています。

その他にも、網戸も掃除することができ、アクセサリーを使用すれば排水溝も洗浄することができます。

これらの使い方以外にも、植物への水やりなど、面白い使い方をすることもできます。

上記のように、様々な場所に使用できる高圧洗浄機ですが、どんな汚れでも落とせる訳ではありません。

中には落とせない汚れもあるので、そのことは理解しておきましょう。

高圧洗浄機の使い方

家庭用高圧洗浄機のセッティングの仕方は難しくなく、とても簡単です。

そのため、機械に弱い方でも心配する必要はありません。

では、高圧洗浄機の使い方を説明していきます。

まずは、水道の蛇口にホースを取り付けます。

次に、給水ホースを高圧洗浄機の本体に繋げます。

給水ホースを取り付けたら耐圧ホースを本体に取り付け、その耐圧ホースの反対側に鉄砲のような形をしたガンを取り付けます。

そして、水道の蛇口を全開にし電源を入れ、ガンを引き洗浄を行います。

このようにとても簡単なため、機械音痴の方でも迷うことなくセッティングすることができます。

そして、洗浄が終了したら電源を切り、水道の蛇口を閉めましょう。

ここでやって欲しいことは、ガンやホースの中の水を抜くことです。

凍結や劣化を防ぐために必要なことになるので必ず行いましょう。

やり方はまず給水ホースと耐圧ホースを外し、もう1度電源を入れ、中の水が出なくなるまで10数秒以内でポンプを回します。

なぜ10数秒以内かというと、水のない状態で長い時間行うとポンプを傷めるためです。

最後に、ホースや本体などを乾かして収納します。

ここまで説明した使い方は、基本どの家庭用高圧洗浄機も同じになります。

高圧洗浄機の使用で注意すること

人や動物に向けて噴射しないこと

高圧洗浄機は機械なので、注意することはいくつかあります。

まずは、当たり前のことになりますが、人や動物に向けて噴射しないことです。

水といっても、高圧洗浄機から噴射される水の力はとても強いです。

そのため、人や動物に当てると怪我をする恐れがありますので、決して人や動物に向けて噴射してはいけません。

また、壊れやすい物にも当ててはいけません。

音には気を使いましょう

現在の技術で作られた高圧洗浄機でも、結構大きな音がします。

静音性を主張した高圧洗浄機でも、周りに迷惑をかけることがあります。

そのため、迷惑にならないような時間帯に使うと良いでしょう。

また、近所の人に声をかけるなど、気を使ったほうが良いかもしれません。

強い水圧により水が飛び散ること

圧力の強い水によって洗浄するので、壁や物に当たった水は飛び散り、周りにある物がその水を浴びて汚れてしまいます。

そのため、汚れた水がかかって困る物が近くにある場合は、違う場所に移動させておくか、ビニールをかけておくと良いでしょう。

また、手の届かない高い場所に使用する場合は、本人に水が飛び散ってくる恐れがあるので、汚れても問題ない服を着たり、帽子を被ったりすることをおすすめします。

同じ箇所に長い時間水圧を当て続けないこと

水圧を長い時間当て続けると、塗装が剥げたり、対象物が傷んだり壊れたりすることがあります。

そのため、水を当てる時間や距離を調整したり、水圧を調整したりすると良いでしょう。

また、手作業である程度汚れを落としてから高圧洗浄機を使用することもおすすめします。

そして、その他にも注意することがあり、それは空回し(空運転)させないことです。

空回しとは、高圧洗浄機の本体に水が通っていない状態で運転させることを言います。

長い時間の空回しはモータが焼き付いてしまい、故障の原因となるので注意しましょう。

高圧洗浄機の騒音対策

ケルヒャー 家庭用高圧洗浄機 K 2.025

家庭用高圧洗浄機に限った話ではありませんが、基本的に高圧洗浄機というのは、音がすごく気になるものです。

そのため近所への迷惑が気になって、買ったは良いけど使えないということもあるでしょう。

そうならないようにするためには、やはり音対策をしっかりしないとなりません。

そこでここでは、家庭用高圧洗浄の音対策を紹介していきたいと思います。

高圧洗浄機を家の中に入れて使う

これは高圧洗浄機を外で使う時の対策になりますが、高圧洗浄機を家の中にいれて使えば、多少なりとも外に漏れてくる音は遮断できるようになります。

つまり、家そのものを防音ボックスのようにして使用するのです。

家の外で家庭用高圧洗浄機を使う時には、基本的にはそのまま高圧洗浄機を外に持っていって使用するでしょう。

でもやはりそれでは空気振動が広く伝わるようになるので、音もすごく響いてしまうのです。

家の中にいれておけば、少なくともそうした空気振動はかなりカットできるので、外まで漏れてくる音が小さなくなるのは当然だと言えるでしょう。

延長ホースなどで伸ばす

ただ、家の中に高圧洗浄機を入れてしまったら、目的のところまで水が届かなくなるということもあるでしょう。

そうならないように延長のホースを購入しておくのです。

水が出るところさえ伸ばしてしまえば、家の中からでも目的地まで届くようになるでしょう。

それに、たとえ家の外で使うといっても、家からそこまで離れているということはないでしょう。

たとえば外壁だったり、あるいは玄関だったり、高圧洗浄機を外で使うシーンと言うのは、そういうシーンなのではないでしょうか?

だったら、多少の長さの延長ができれば問題なく対応できるはずです。

なので、こういう方法で音対策をするのはおすすめです。

ただし戸建でしか使えない

ただこの方法にも弱点はあります。

それが、戸建てでしか使えないということです。

マンションの場合は、家と家の距離が非常に近いので、家の中で高圧洗浄機を使っても、その音が隣や上下に漏れてしまうでしょう。

だから結局あまり大したカバーにはなりません。

なので、マンションでこの方法を試してもあまり意味はないでしょう。

騒音トラブルになる可能性があります。

高圧洗浄機を防音シートでくるむ

高圧洗浄機に防音シートをまきつけてしまうというのもアリでしょう。

防音シートをまきつけていくと、それによって振動がその外に漏れづらくなるので、多少なりとも騒音を静かにすることが出来るのです。

防音シートは本来地面に敷いたりすることが多いですが、別に巻きつけて使用することだってできます。

ホームセンターなどに行ってそれを購入して、場合によっては適度なサイズにカットして、使用してみてください。

もし心配なら2重にして巻きつけてみるのもアリでしょう。

その分音の漏れがなくなり、よりしっかりと防音できるようになります。

下にも防音シートが必要

もしこうして高圧洗浄機に防音シートをまきつけて使用するのであれば、高圧洗浄機の下にも防音シートを敷いて使用するのがおすすめです。

高圧洗浄機の振動が地面に伝わり、ガタガタなる音も、騒音の一つになります。

だから、それも出来れば抑えた方が良いでしょう。

それを抑えることで全体の音が静かになるようになるはずです。

防音シート何てそこまで高いものではありませんし、是非そうしてみて下さい。

完全に防音出来るわけではないので注意

防音シートというと、なんとなくしっかり完全に防音できるようになるイメージがあるかたもいるかもしれませんが、防音シートにはそこまでの実力はありません。

多少の防音にはなりますが、それでも完全に防音出来るわけではないのです。

だから、防音シートをまいたり敷いたりしたからといって、夜でも朝でも高圧洗浄機が使えるようになるというわけではないのです。

多少防音できても、やはり多少の防音はでてしまうものなので、基本的には家庭用高圧洗浄機を使うのは、お昼前後にしておくのがおすすめです。

お昼前後であれば、どこかまわりから工事の音がしてくることもありますから、多少音をまぎれさせることが出来るでしょう。

防音ボックスを作成する

防音ボックスを作成するという方法も、一つの高圧洗浄機の騒音対策としてあげられるでしょう。

防音ボックスを作ると言うのは、ちょっとしたケースのようなものを作り、その中に高圧洗浄機を入れるということです。

そうすると、たとえば上記であげた防音シートをまいているのと同じような状況になりますし、もっといえば、そのさらに前に述べてきた、家の中に高圧洗浄機を入れて使用するという防音対策のさらに小さいバージョンとなります。

全体をもので囲んでしまうわけですから。

何で作るのが正解なのか

ただ、こうして防音ボックスを作成する時に問題となるのが、何で防音ボックスを作成するのかということです。

何で作成しても多少の防音効果はあるでしょうが、やはり一番効果が高いのは、防音効果の高い素材で作成する事だというのは間違いありません。

防音性能に定評があるのは、ダンボールや発泡スチロールになります。

もちろんそれらは、素材界全体で見てすごく防音性能が高いというわけではありません。

ただ、日常的に手に入るものの中では防音性には定評がある素材になります。

なので、それを使うのが一番現実的でしょう。

まず発泡スチロールでボックスを作り、そこに家庭用高圧洗浄機を入れます。

その上からさらに段ボールをまきつけていけば、簡易的な防音ボックスの完成です。

是非そうして自作して、試してみてください。

静音タイプに買い替える

家庭用高圧洗浄機の騒音対策として一番効果的だと言えるのは、やはり静音タイプの高圧洗浄機に買い替えることでしょう。

家庭用業務用に限らず、高圧洗浄機には静音タイプと普通のタイプの2種類があります。

当然ながら静音タイプの方は音が小さいです。

だから、そもそもそこまで騒音を気にすることなく高圧洗浄機を使えるようになるでしょう。

それももちろん、他の騒音対策と同じように、まったく音がしなくなるというわけではありません。

ですから多少の音は気にはなりますが、少なくとも静音タイプでない高圧洗浄機に比べるとグッと静かにはなるでしょう。

もともと普通の音のタイプの高圧洗浄機を使用していたという場合であれば、よりその音の差を実感できるのではないでしょうか?

加えて騒音対策をすればさらに静かに

また、そうして静音タイプの高圧洗浄機を購入し、それに加えてさらに騒音対策をしていけば、ますます音を静かにしていくことが出来るでしょう。

静音タイプでも多少の音は出るのですから、ここまで紹介してきた騒音対策が多少効果的になるということになります。

だったらやらないよりはやった方が良いでしょう。

静音タイプの高圧洗浄機の代金に加えて、さらに騒音対策のお金がかかるものもありますが、そこまでコストがかさむわけではないので、やってみる価値はあるでしょう。

そうしてなるべく音を抑えて、気持ちよく使えるようにしていきましょう。

高圧洗浄機の騒音対策まとめ

家庭用高圧洗浄機の騒音対策は、だいたい以上のようなことが効果的だと言えるでしょう。

音が気になって使えなくなるというのはすごく勿体ないですから、是非これらの事を参考に、音対策を進めていってください。

防音ボックスや巻きつけるものの素材を変えてみたり、置き場所をかえてみたりするだけでも効果が上がることもあるので、いろいろ試してみてください。

高圧洗浄機の使用時の電気代・水道代はどれくらい?

高圧洗浄機というと、水を高圧力で噴出して、それによって汚れやカビなどを落としていくという機械になります。

でも、そうして高圧力で水を噴出するということは、水もすごくたくさん使いそうなイメージになりますし、大きな機械なので、電気代もすごくたくさんかかるのではないかと不安になることも多いでしょう。

そこでここでは、高圧洗浄機では水道代や電気代は高くつくのかということについてみていきます。

電気代は長くつけても20円前後くらい

高圧洗浄機にもいろいろな種類がありますから、一概に言えるわけではありませんが、だいたいの場合で、高圧洗浄機の電気代は、ある程度長くつけても20円前後だと言えるでしょう。

ある程度長くつけるというのは、ここでは30分前後を想定しています。

そもそも高圧洗浄機というのは、そこまで長い時間稼働しっぱなしにすることがありません。

なぜなら、その前にほとんどの汚れを落としてしまうからです。

そして、だいたい30分前後稼働させておいてとれない汚れは、高圧洗浄機では落とすことができない汚れとなるでしょう。

なので、30分前後を超えて稼働させることはほとんどないのです。

だから30分前後を、ある程度長い時間を言っています。

そのある程度長い時間である30分前後稼働させても、だいたい20円前後の電気代しかかからないわけなのですから、1回の使用においての電気代は、だいたい10円前後だとかんがえることができるでしょう。

それは、思っていたよりもかなり安い金額なのではないでしょうか?

毎日稼働させても300円程度

1回の使用がだいたい10円前後になるのですから、それを毎日稼働させても、だいたい300円程度の金額しかかからないということです。

それはやはり、電気代としてはかなり安いと言えるでしょう。

そしてさらに言えば、そもそも高圧洗浄機を毎日稼働させるようなことなんてまずないでしょう。

高圧洗浄機は、すごく頑固な汚れなどを落とすときに使うのが基本です。

拭けば落ちるような汚れを落とすことに使うことはまずありません。

そして、拭けば落ちるような汚れ以外の頑固な汚れなんて、そうそうつきはしません。

そういう頑固な汚れは、しばらく汚れを放置していたからこそつくものなのです。

ということはつまり、一度そういう汚れを落としたら、少なくとも1か月くらいはそのくらいの汚れがつくことはないと言えるのです。

なので、毎日高圧洗浄機を稼働させることはまずないでしょう。

よほど大きなお城のように家に住んでいれば話は別ですが、そんな方もまずいないでしょうし。

水道代はむしろ節約になる

では逆に水道代はどうでしょうか?

電気代はあまりかからないにしても、高圧洗浄機とは高圧力で水を噴出するものになるわけなのですから、その水道代は、普通にホースなどで水を出しながら手で掃除をするときに比べてかなり高くなるのではないか?

と思う方も多いでしょう。

しかし、それは意外と間違いだったりします。

水道代は、高圧洗浄機を使った方が、ホースなどで水を出しながら掃除をするよりも安くなるのです。

明らかに出している水の量は多く見えるのに、なぜ高圧洗浄機で掃除をした方が水道代が安くなると言えるのでしょうか?

トータルの掃除時間が短くなるから安くなる

それは、高圧洗浄機で掃除をした方が、トータルの掃除時間が短くなるからです。

ホースなどで水を出しながら掃除をする場合、意外とだらだらと30分40分水を出し続けてしまうこともあるでしょう。

それはトータルで見るとかなりの量の水になるはずです。

一回ででる水の量でみれば大した量ではないかもしれませんが、トータルで見るとかなりの量になるのです。

逆に高圧洗浄機の場合は、だらだらと出し続けることはまずありません。

なので、一回で出る水の量はかなり多くなるかもしれませんが、トータルで見るとあまり水は使っていなかったりするのです。

ということは当然、高圧洗浄機で掃除をした方が安くなると言えるのです。

高圧洗浄機の使用に意外とコストはかからない

高圧洗浄機を使う際の懸念材料の一つが、コストがかかってしまうということだったという方も多いのではないでしょうか?

でもこのように、高圧洗浄機を使うことには、意外とコストがかからないのです。

使用の際にコストがかからないということは、かかるコストは最初の購入費用くらいです。

なので、高圧洗浄機を使うことは、意外と多くの方におすすめができます。

当然掃除も楽になる

高圧洗浄機をつかえば、当然ながら掃除も楽になるでしょう。

自分で掃除をする場合は、かなり力を入れてごしごししないとならないこともあったでしょう。

それは、意外と身体を疲れさせたりしてしまいます。

そして自分でそうして掃除をする場合には、その掃除にはかなり時間がかかるはずです。

そうして時間がかかることも、自分の体を疲れさせることにつながるでしょう。

その間中ずっと体に力を入れていないとならないことになるわけなのですから、身体が疲れてしまうのも当然だと言えます。

しかも時間がかかるということは、それは自分の時間を失わせることを意味します。

時間というのは、人にとって等しく平等です。

だから、誰もが大切に使用しないとなりません。

掃除に時間をかけることも、もちろん時間を無駄にしているとは言えませんが、高圧洗浄機を使用すればその掃除を早く済ませることができるのであれば、やはりそこにかけている時間は無駄だと言えるでしょう。

安く使える上に、そうした時間の無駄や無駄な体力の使用を抑えてくれるわけなのですから、やはり高圧洗浄機は効果的なアイテムだと言えます。

導入するメリットは十分

そんな風に、水道代の節約にもなり、かつ電気代も全然かからない、そしてその上で掃除も楽にしてくれて自分に自由な時間をくれるのですから、高圧洗浄機は、すべての方にとって導入するメリットがあるものだと言えるでしょう。

これが、掃除を素早くしてくれたり楽にしてくれたりはするけど、その代わりに水道代や電気代がかなり高くなるというのであれば話は別です。

その場合には、やはり高圧洗浄機を導入できるのは限られた一部の人だと言えるでしょう。

しかし、そうではなく、水道代や電気代は全然かからず、コストの心配がないわけなのですから、あまり掃除道具にお金をかけることができないという方にもおすすめできるのです。

使う用途も広い

そして高圧洗浄機は、意外と用途も広いです。

ベランダや外壁などだけではなく、お風呂場などでも使用できるでしょう。

ベランダや外壁だけの場合、賃貸の人にとってはあまり導入するメリットはありませんが、お風呂場でも使えるとなると、そこにはやはり賃貸の人でも導入のメリットが芽生えてくると言えるでしょう。

賃貸で特に汚れてしまうのは、やはりお風呂場になりますし、お風呂場のカビ汚れや湯垢というのは、すごくしつこく残ることも多いので、なかなか落とすことができないものなのです。

だから、高圧洗浄機を導入して、そこの汚れを簡単に落とせるようになるのは、すごく効果的なことなのです。

高圧洗浄機で懸念されていた水道代や電気代の問題は、このようにまったく杞憂でした。

なので、そういうことは全然気にすることなく、高圧洗浄機の導入を考えてよいと言えるでしょう。

そして、是非高圧洗浄機を利用して、今まで掃除にかけていた時間の縛りやその苦労から自分を解放してあげて、生活の質をあげていってください。

高圧洗浄機の寿命

日立工機 家庭用高圧洗浄機 水道接続式 AC100V 1200W 10m高圧ホース付 FAW105

家庭用高圧洗浄機を買う時の一つの疑問が、やはりその寿命になるでしょう。

どうせ胃うのであれば、誰だって長い間使いたいと思うのが普通ですし、寿命は長い方が良いに決まっています。

でも、家庭用高圧洗浄機の寿命は、だいたいどのくらいになるのでしょうか?

ここではそんな、家庭用高圧洗浄機の寿命について見ていきます。

家庭用高圧洗浄機の寿命はだいたい1年から5年くらい

家庭用の高圧洗浄機の寿命は、だいたい1年から5年くらいだと言えるでしょう。

それだけバラつきがあるのは、やはり家庭用高圧洗浄機にも、色々な物があるからです。

すごく安値で買えるものもあれば、数万円するものまで色々な物があるのです。

そうなると当然、多少値段がはる方が耐久年数も長くなるでしょう。

なので、安いもの、壊れやすいもので1年くらい、比較的に長持ちするもので5年くらいだと言えるでしょう。

1年で壊れてしまうというのは、やはりいくら安くてもあまり良くはないでしょう。

その都度処分もしないといけませんから。

そしてその処分にまたお金がかかることもあります。

そうなるとやはり、結果的にコスパは悪くなるのです。

なので、どうせ買うのであれば、家庭用の高圧洗浄機の中でも比較的に寿命の長いものを買うようにした方が良いでしょう。

もっと短くなることも多い

ただあくまでも上の1年から5年と言うのは、一般的な平均値になります。

ということはつまり、もっと短くなることもありますし、逆にもっと早くなることもあるということになります。

なので、自分はこうした電化製品もやや雑に扱う傾向にあるという方は、もっと寿命が短くなると考えていた方が良いでしょう。

あるいは、これから家庭用の高圧電子機器を使う時には、なるべく丁寧に扱うようにして使用した方が良いです。

週1回以上使わない計算で1年から5年くらい

また上の1年から5年くらいという計算は、使用回数も一般的なものでの計算になります。

家庭用の高圧洗浄機の一般的な使用回数は、だいたい週に1回以下くらいで、かつ一回の使用時間が30分くらいになります。

なので、もしそれ以上使うのであれば、いくら丁寧に使用していても、もっと寿命は短くなると考えた方が良いでしょう。

たとえば、もし寿命が5年持つ高圧洗浄機を買ったとしても、それを週に2回、かつ一回1時間くらい使用していたら、その高圧洗浄機がうける負担は、一般的な使用回数に比べて4倍くらいになりますから、単純計算で1年とちょっとしか持たなくなるということになります。

もちろん、実際には負担が4倍になったからと言って寿命がきっかり4分の1になるというわけではないでしょうが、寿命がその位短くなることは間違いありません。

なので、長く使用したいのであれば、あまり頻繁に使わない、かつあまり長時間稼働させないということも大切になります。

どのくらい使うかよく考える

そういうことがあるので、これから高圧洗浄機を買う時には、それをどのくらい使うのかよく考えて購入していく必要があるでしょう。

たとえば、そもそもの頻度が多いのであれば、家庭用高圧洗浄機ではなく、業務用の高圧洗浄機を買うという選択肢もアリなのです。

家庭用の高圧洗浄機は、どうしても家庭用と言うこともあって、パーツ自体がたくさん使われることを想定されていないのです。

だからたくさん使うと、その分だけどうしても寿命は短くなっていってしまうのですが、これが業務用ともなると、そもそもたくさん使うことを想定されているので、たくさんつかったところでそうそう寿命が短くなることはありません。

もちろんその分だけお値段が高くなったり、無駄に出力が強くなったりすることはあるでしょうが、それでもたくさん使うことが決まっているのであれば、業務用を買うというのもアリでしょう。

もちろん逆にあまりたくさん使わない事が決まっているのであれば、家庭用の高圧洗浄機で十分です。

全然使わないのであれば、それでも5年以上持つこともあるでしょう。

業務用の高圧洗浄機はどれくらい持つのか

では、もし業務用の高圧洗浄機を買うとして、業務用の高圧洗浄機はどのくらい持つものなのでしょうか?

業務用の高圧洗浄機はだいたい10年以上はもつと言われています。

それはやはりパーツがしっかりしているのが大きいです。

10年以上持つのであれば、家庭用の高圧洗浄機との差額を取り戻せる事もあるでしょう。

そのため、業務用も高圧洗浄機だって十分おすすめできます。

10年持つようなものは一生モノとも言える

10年以上もつような高圧洗浄機は、一生モノとも言えるのではないでしょうか?

そもそも10年間使い続ければ、次第にどんどん使用頻度も減っていくでしょう。

だんだんと家は綺麗になっていくわけなのですから、あまり使う機会も少なくなっていくのです。

ということはドンドン寿命も長くなっていくのです。

なので、一生モノといっても過言ではないのです。

一生モノの買い物をすると考えると、ますますその家庭用の高圧洗浄機との差額は気にならなくなるでしょう。

寿命を延ばすにはメンテナンスを

ただ家庭用にしても業務用にしても、高圧洗浄機の寿命をなるべく伸ばすための方法はあります。

それはやはり、メンテナンスに出すことです。

家庭用の高圧洗浄機でも、業務用の高圧洗浄機でも、メンテナンスを請け負ってくれるところはあります。

そういうところに定期的のメンテナンスに出すようにすれば、問題が起きる前のそのトラブルの原因を除去していけるわけですから、寿命も伸びていくでしょう。

もちろんそれにはコストが多少かかることはありますが、いちいち買い替えるコストを考えると、それははるかにお得だと言えるでしょう。

なので、メンテナンスに出すのはおすすめです。

自分でのメンテナンスでもOK

もしそこにコストをかけるのが嫌だというのであれば、自分でのメンテナンスでも良いでしょう。

特に家庭用の高圧洗浄機などの、比較的にリーズナブルな機器を購入している場合は、わざわざメンテナンスに出すのは勿体ないと感じる方も多いでしょう。

だから、その場合は自分でのメンテナンスでも問題ありません。

最近は、どんな情報でも比較的にすぐに手に入れることが出来る時代になってきました。

なので、自分が使用している高圧洗浄機のメンテナンスの方法を検索してみれば、直ぐにその情報をみつけることが出来るでしょう。

なんなら動画でそれが出てくることもあるかもしれません。

もしそうしてそういう動画をみつけることが出来たら、あとは見よう見まねでソレを行うだけで良いのです。

もちろん動画が出てこない場合は、ブログなどの情報でも問題ありません。

それでも情報は色々出てきますから、メンテナンス方法を理解することはできるでしょう。

情報がたくさんある分だけ、もしかしたら情報が間違っているかもしれないという多少のリスクもついてきますが、それでも自分でも出来るということは間違いないので、それもアリな選択肢です。

家庭用高圧洗浄機の寿命は大体1年から5年くらい、しかもそれはあまり頻繁に使用しない状態での寿命になります。

なので、寿命はあまり長いとは思わない方が良いだろうというのがここでの結論になります。

もしもっと使うのであれば、業務用の購入を考えるか、あるいはしっかりとメンテナンスを日々行い、少しでも長く頑張ってもらえるようにするというのが適切でしょう。

高圧洗浄機をお風呂場で使う際の注意点

ケルヒャージャパン 家庭用高圧洗浄機 FR30ME

家庭用高圧洗浄機は、様々なシーンで使うことが出来ます。

なので中には、お風呂掃除にそれを使用しようと思っている方もたくさんいるのではないでしょうか?

でも、お風呂場で高圧洗浄機を使う時には、ある注意が必要になります。

ここではそんな、家庭用高圧洗浄機をお風呂で使う際の注意点について紹介していきたいと思います。

カビや汚れの跳ね返りに注意する

お風呂場というのは、基本的にはそこまで広くはないことが多いです。

もちろん中にはとんでもなく広い家に住んでいる人もいるでしょうが、日本の一般的な家であれば、そこまでの広さはないことの方が圧倒的に多いです。

ということはつまり、高圧な水で何かを吹き飛ばしていったら、それが近くの壁やら何かにたくさん跳ね返り、しまいには自分にあたってしまうということになります。

基本的には別に水が跳ね返ってきても大した問題にはならないでしょうが、お風呂場ではまれに対した問題になることがあるのです。

なぜなら、お風呂場の汚れはちょっと特殊だからです。

お風呂場の汚れと言うのは、基本的にはカビなどになるでしょう。

つまり、跳ね返った水が当たるということは、カビが自分にあたるということになります。

あたっても流してしまえば問題はないですが、それでもやはり自分の肌にダイレクトにあたるのは良い気はしないでしょう。

ましてやそれが顔にあたったりしたら最悪です。

顔にあたると言うことは、目や口に入ることもあるということです。

もしそうなったら体調を崩してしまうことになる可能性もあるでしょう。

そうならないように、対策をしないとなりません。

マスクやメガネなどを着用して行う

ではどうしたらそうした跳ね返り対策が出来るでしょう。

跳ね返り対策として適切なのは、やはりマスクやメガネを着用して行うということでしょう。

マスクやメガネを着用して高圧洗浄機をかけていけば、跳ね返ってきたとしても、それが目や口に入るということはなくなります。

なので、是非マスクやメガネを着用して行うようにしてみて下さい。

肌への跳ね返り対策は、やはり要らない長袖の服などを着るのが効果的でしょう。

タイルがはがれたりすることに注意

お風呂場で家庭用高圧洗浄機を使う時の注意点として、タイルの剥がれに注意するという事も挙げられます。

お風呂は、色々な素材の物があります。

最近ではあまりタイルのものはないかもしれませんが、一昔前のお風呂であれば、タイルで出来ている床や壁などのものもたくさんあるでしょう。

そしてそんなタイルは、強い圧力を当てられると、剥がれてしまうことがあるのです。

剥がれてしまうとすごく汚く見えることは間違いないでしょう。

せっかくお風呂場を綺麗にしようと思って高圧洗浄機まで使用しているのに、それを使用したせいでお風呂場が汚くなってしまったとしたら、そんなに無駄なことはありません。

なので、そうならないように、気を付けて使用しないとならないのです。

近くで当てすぎないように

では、どうしたらタイルがはがれないように高圧洗浄機を使うことが出来るようになるでしょうか?

それにはやはり、近くで当てすぎないようにするというのが効果的になるでしょう。

近くで当てすぎてしまうと、その分だけ圧力は強くなるでしょう。

たしかに、頑固な汚れがある場合は、なるべく近くで当てたくなる気持ちはわかりますが、それはやはりお風呂場が受ける負担も大きいのだと覚えておいてください。

ましてやタイルのお風呂は先述の通り、基本的にやや古いものが多いです。

やや古くなっているということは、それだけより刺激に弱いということになります。

それはつまり、はがれやすくなっているということです。

なので、出来れば近くから当てるのは避けた方が良いでしょう。

塗装ハゲの心配にも注意

お風呂場は、タイルでなくても剥がれる物があります。

それが、塗装です。

塗装されているタイプのお風呂場も、日本にはたくさんあるでしょう。

でも塗装なんていうものは、本当にすぐに剥がれてしまうものです。

ただでさえすぐに剥がれてしまうのですから、高圧洗浄機の圧力を加えていったらまず剥がれてしまうと言えるでしょう。

なので、そうならないように、塗装されているタイプのお風呂に高圧洗浄機を使う時には、細心の注意を払って当てるようにしていって下さい。

使わないのも一つの手段

もしそうした塗装されているタイプのお風呂場なのであれば、高圧洗浄機を無理して使わないというのも一つの手段でしょう。

たとえば、ドアのゴムのところなど、特にカビているであろうところだけに高圧洗浄機を使用して、あとのお風呂場の外壁などは、シャワーとブラシなどで手仕事で洗っていくようにするのです。

そうすると、高圧洗浄機の圧力で塗装で剥がれてしまう事もなくなりますし、カビているところはカビているところである程度落とすことが出来るようになるでしょう。

そうしてうまく使い分けていくのがおすすめです。

お風呂場では音に注意

お風呂場で高圧洗浄機を使う時には、その音にも注意しないとならないと言えるでしょう。

家庭用の高圧洗浄機は、基本的にはある程度うるさいものが多いです。

そしてお風呂場と言うのは、音が反響してしまう事も多いです。

なので、余計にそのうるさい音が響いてしまう事もあるのです。

そうして音がうるさすぎると、周りの人に文句を言われてしまう事もあるかもしれません。

だから、お風呂場で高圧洗浄機を使う時には、しっかりと騒音対策をしておきましょう。

静音タイプを使うと良い

もしまだ高圧洗浄機をもっていなくて、これからお風呂場の掃除の為に高圧洗浄機を買おうというのであれば、静かなタイプの高圧洗浄機を買うと良いでしょう。

高圧洗浄機には、そうした音が静かなタイプと、別に音に特に気をつかっていないタイプの2種類があります。

静かなタイプであれば、多少密集したところに家が建っているという人でも問題なく使用していけるでしょう。

もちろんそれでも多少は音はするのですが、少なくとも普通のタイプの高圧洗浄機よりは音を気にせず使えるようにはなるでしょう。

ただ、静かな音のタイプの高圧洗浄機には弱点もあります。

それが、やや値段が張ってしまうということです。

高圧洗浄機自体それなりの値段がすることが多いですが、静かな音のタイプの高圧洗浄機はそれよりもさらに値が張るのです。

だから、その点だけは注意しないとならないでしょう。

使う時間にも工夫が必要

高圧洗浄機でお風呂を洗う時には、それを使う時間にも工夫が必要になるでしょう。

朝や夜はもっての他です。

それは、たとえ静かな音のタイプであっても同じことです。

夕方以降も、たとえば近くの人が子どもを昼寝させていることがあったりする可能性があるので、あまりおすすめは出来ません。

一番良いのは、午前11時頃のお昼前くらいの時間帯でしょう。

その時間の騒音ならばギリギリ周りにかかる迷惑もある程度少ないと言えます。

子どもを寝かせている可能性も少ないですし、単純に大人が寝ている可能性も少ないですから。

まとめ

家庭用高圧洗浄機をお風呂場で使う時には、これらの注意点に気を付けていってください。

特にタイルや塗装の剥がれには気をつけないとならないでしょう。

カビや汚れが落ちたとしても、そうして結局見た目が残念な感じになったら結局元も子もありませんから。

しっかり注意して、的確にお風呂場を綺麗にするようにしていきましょう。

「H2OスチームFX」の詳細

家の中でも、頑固な汚れの清掃に使用できる高圧洗浄機が無いか、探している方は多いと思います。

また、ただキレイに清掃するだけでなく、除菌も出来る機能があれば、小さなお子さんやペットがいる家庭でも便利です。

わざわざ、消臭および除菌スプレーを買わずに済み手軽に使用できる清掃用品があれば、節約にも繋がります。

そこで、頑固な汚れにも強く、除菌や消臭も可能な高圧洗浄機として『H2OスチームFX』を紹介します。

1.コンパクトでパワフルなスチーム洗浄機!

『H2OスチームFX』の魅力は、コンパクトで持ち運びができ、家の中でも使用できることです。

一般的に高圧洗浄機というと、高圧力の水を噴射するため、家の中で使用すると水浸しになってしまいます。

しかし、『H2OスチームFX』は約110℃の蒸気を高圧で噴射するスチーム型高圧洗浄機となるため、家の中で使用しても水浸しになるという心配がありません。

また、高圧の蒸気を噴射することで少ない水でもキレイに洗浄することができ、高圧洗浄機で気になりがちな水道の使い過ぎの心配もありません。

2.家庭内のあらゆるところで利用可能!

コンパクトで持ち運びができ、コンセントがある場所ならどこでも使用できるため、家庭内のありとあらゆる汚れを洗浄出来ます。

一般的に使用頻度が多くなるのが、コンロ周りや換気扇です。

どうしても、油と埃が付着してしまい、ベタベタな汚れは洗剤でも落ちにくいため、手間や時間が掛かります。

しかし、『H2OスチームFX』を使用するとあっという間に汚れがキレイに落ちます。

また、家の中で気になるのが壁紙の汚れです。

特に人の手が触れる場所は、手垢や皮脂により黒ずんでおり、壁紙用洗剤を使用してもなかなか落ちません。

しかし、110℃の蒸気を当てることでたんぱく質性の汚れが落ちやすくなるため、洗浄効果は抜群です。

その他にも、窓周りや浴室内、トイレなど汚れが目立つ場所は何処でも使用できるため、これまで掃除に悩んでいた問題も解決してくれます。

3.除菌・消臭以外にも効果のある使い方は?

110℃の蒸気をしようしているため、除菌や消臭効果もあり、ソファーカバーやカーテン、プラスチック製品まで使用出来ます。

これならば、小さなお子さんのおもちゃも除菌でき、ざわざわハイターで付け洗いする必要もありません。

そして、ハイターの残留塩素を気にする必要もなくなるため、直ぐにお子さんにおもちゃを与えても安心できます。

高温スチームは、カビにも効果があり、お風呂周りでどうしてもカビの繁殖が気になったり、黒ずんでいる場所でも効果を発揮してくれます。

110℃の蒸気でカビ菌を死滅させることができ、カビ取りスプレーの使用も少量で済みます。

また、手軽に使用出来るため、日常的にお風呂場のカビ発生の防止にも使えます。

4.衣類にも使えて花粉症対策も可能!

『H2OスチームFX』は衣類生地用パッドが付属しているため、衣類に付着した汚れや埃も除去できます。

そのため、帰宅した際に家の中に砂埃を持ち込みたくない方におすすめです。

また、水蒸気を利用するため、花粉にも有効であり、掃除機などで吸い込む際に注意に飛散する心配がありません。

家に入ったら、衣類に付着した花粉を除去することが出来ます。

また、床に飛散してしまった花粉も水分を含ませることにより、舞い上がり難くなるため、あとは軽く床をウエットシート付きのワイパーで拭き取って完了です。

花粉症対策には非常におすすめであり、同様にハウスダストによるアレルギーがある方にもおすすめします。

「H2OスチームFX」まとめ

高圧洗浄機というと、屋外で使用するイメージが強くなっていますが、近年では家の中で使用できるものも増えています。

また、標準セット内容も充実しており、1回の購入だけで消費者のニーズがあるものが全て揃ってお得です。

さらに、様々な用途で使用できるため、家庭に1台常備しておいても損は無いと考えます。

特に掃除用品としては、強い味方となってくれるため、これまで面倒だと思っていた場所も手軽のキレイに出来て、気分も良くなることは間違いありません。

「ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890」の詳細

ご家庭で自動車の洗車をしたり、ガーデニングや家庭菜園で散水ホースを使用し水やりを行ったり、家周りの清掃を行ったりする方は多いと思います。

その際、強い味方のなるのが高圧洗浄機ですが、実際にどのメーカーが良いのか、付属品やオプションはどうすればいいのか悩みます。

また、期待通りに高圧力の水が噴射されるのか、使用する水量が多く水道料金が高くなったりしないかと心配にもなります。

そこで、今回は水圧が高く、お得なメリットのあるヒダカ製高圧洗浄機『HK-1890』を紹介します。

1.噴射される水の圧力はナント9.0MPa!

高圧洗浄機を購入する際、一番気になるのが噴射される水の圧力です。

海外製や安価なもの、コンパクトなものはどうしても水圧が低く、期待するほどの洗浄力が無かったりします。

また、延長ホースを使用すると水圧が下がったり、本体モータの過負荷により連続運転が出来ないといった問題もあります。

しかし、ヒダカ製高圧洗浄機『HK-1890』は国内最高圧力の9Mpaで水を噴射するため、強力な洗浄力を確保出来る上、離れた場所に水を撒くことも可能です。

そして、延長ホースを使用しても圧力のロスが少ないため、本体を離れたところに置いて作業することも可能です。

これまで水圧不足で満足に掃除が出来なかった場所もしっかりとキレイにしてくれます。

2.溜め池や雨水タンクに溜めた水も使用可能!

高圧洗浄機『HK-1890』は、水道水だけでなく、池や雨水タンクに溜めた水も利用することが出来ます。

水道水だと長時間の使用により、水道料金が高くなってしまいますが雨水を利用することで経済的に使用することが可能です。

また、自宅敷地内で水道設備が無い場所でもバケツやタンクを利用することで使用が出来るため、利用可能な範囲も広がります。

雨の日に雨水タンクに大量の水を確保しておけば、ガーデニングや家庭菜園、そして洗車に有効利用出来るというメリットを生んでくれます。

また、散水出来る水は塩素やカルシウムを含まないため、植物には優しく、車のボディに水跡が残り難くなります。

3.ココが凄い!井戸水を使用できる!

動力ポンプやモーターを使用するもので、これまでネックになっていたのが井戸水の利用です。

井戸水の場合、水に含まれる不純物が多く、高圧洗浄機を故障させるリスクがありました。

しかし、『HK-1890』は本体と給水ホース間にフィルターを取り付けることで使用を可能にしています。

庭先に井戸水がある場合、水道料金を気にすることなく使用できる上、高圧洗浄機が故障するといった問題も無くなります。

また、畑などでも利用出来るため、洗浄用機器以外に農業機器としても利用が可能になります。

夏場に雨が降らない場合、どうしても野菜に水やりが必要になり、広範囲に撒くのは重労働です。

しかし、最高圧力9.0MPaにより、広範囲に水を撒けるため、重労働も改善出来ます。

4.充実のスペシャルセット!これならお得!

高圧洗浄機『HK-1890』を購入するなら、スペシャルセットを購入するのがおすすめです。

ここに購入する場合、オプション品は高くなってしまいますがセット購入なら4万3千円ほどで揃ってしまいます。

延長ホースだけでなく、デッキブラシやテラスクリーナー、そしてウォッシュブラシや自吸ホースも含まれるため、このセットだけで家の外回りの洗浄が熟せてしまいます。

本体とオプションを別々に購入するよりも、最初から揃えた方が使用範囲も広がる上、お財布にも優しくおすすめです。

5.雪国の方なら家にあると便利!

雪国なら非常に問題となるのが、融雪剤です。

自動車の車体裏に付着すると錆びの原因になること、コンクリートに残留すると劣化の原因になるということがあります。

そのため、雪解後に高圧洗浄機で洗車やコンクリートの洗浄がおすすめです。

特に車体裏の洗浄は圧力が高いほど融雪剤をキレイに落とせるため、『HK-1890』は自動車のメンテナンスにはおすすめです。

「ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890」のまとめ

最近では、高圧洗浄機も安価に購入出来るようになり、コンパクトかつ軽量なものも販売されています。

しかし、水圧不足により満足に清掃できないといったことや水道水しか使えないといったデメリットがあります。

ですが、多少サイズは大きくなるものの、水圧の高い高圧洗浄機を1台所有しておく方が汎用性も広く、購入後の不満も少なくなります。

「KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄機 サイレントK3SLB」の詳細

自動車の洗車する際やガーデニング・家庭菜園で水やりを行う際、そしての住宅の外壁清掃を行ったりする方は多いと思います。

その際、非常に便利なのが高圧洗浄機です。

しかし、洗浄力が強力な高圧洗浄機だと稼働中の音が煩く、近所迷惑になるのではないかと心配な方もいるかと考えます。

そこで、今回紹介するのは、水圧が高いものの、静穏性も確保できるKARCHER製の高圧洗浄機『サイレントK3SLB』です。

価格はお手頃!静穏性および洗浄力が高い!

KARCHER製の高圧洗浄機『サイレントK3SLB』は、お手頃な価格で購入が出来るハイグレードモデルになっています。

定価は3万6000円ではあるものの、実売価格が2万円前半となっており、付属品もオプション品がフルセットになっており、ベランダ掃除から自吸用ホースまで付属しています。

そして、何と言っても魅力的なのは最高圧力が10Mpaと高圧でありながら、静穏性が高いということです。

これまではモーターポンプが空冷式であったため、静穏性が低く、酒豪住宅や住宅密集地で使用するには音が大きいという問題がありました。

しかし、水冷式にすることでモーター音を50%削減し、朝早い時間帯や夕方に使用しても騒音により、気を遣う心配が無くなっています。

しかも、洗浄力はそのまま維持されているため、汚れ落ちが悪くなる心配もありません。

オプションが豊富!一台でいろいろ便利!

高圧洗浄機『サイレントK3SLB』は、自動車の洗車だけでなく、住宅周りの洗浄に便利なオプションが標準装備されています。

特に標準装備となっているホースは10mと長くなっており、本体を庭に置きながら2階で作業することが可能になっています。

また、デッキクリーナーが付いていることから外壁清掃からベランダ回をもキレイにすることが可能になっています。

また、洗浄剤散布タンクも付属しているため、汚れがひどいところでも強力に汚れを落とすことが出来ます。

また、標準品ではセットになっていない自吸ホースも付属しているため、水道の蛇口が無い場所でも高圧洗浄機を利用することが出来ます。

本体とセット付属品だけで住宅周りの洗浄が出来てしまうため、あれやこれやと追加購入する必要がなく、おすすめです。

溜め水も使用可能!安心のフィルター付き!

KARCHER製の高圧洗浄機では、自吸ホースにより溜め水の使用が可能になっています。

ポイタンクやバケツに溜めた水を使用出来るため、電源さえ供給できればどこでも使用できます。

そして、『サイレントK3SLB』なら溜めておいた雨水でも安心して利用が出来るよう、フィルターが内蔵しています。

これにより、モーターポンプ内にゴミや異物が入り込み故障するといった心配が無くなります。

安心の3年保証!水冷式モーターだからこそ!

『サイレントK3SLB』は、最長3年間の保証を受けられる機種となっています。

従来品の場合、メーカー保証は1年間となっているものの、水冷式モーターの場合は延長保証となります。

延長保証はメーカーホームページからユーザー登録するだけで費用が掛からないため、安心して利用することが出来ます。

その他、モーターが高熱により故障するリスクを軽減できるため、長期的な信頼性が高いものとなっています。

しっかりと選んで、長い期間使用するのであれば、非常におすすめのサービスと保証体制です。

安心安全の保護機能!万が一には自動停止!

高圧洗浄機で心配なのは、異常に水圧が掛かっているときの問題です。

しかし、『サイレントK3SLB』は安全弁が搭載されており、負荷低減が確保出来ていること、そしてモーター過負荷となった場合には自動停止するようになっています。

そのため、水圧が高いまま停止してしまい、復旧処理をする際でも安心して作業が可能です。

また、異常で制御不能になるといった問題も回避出来ます。

「KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄機 サイレントK3SLB」のまとめ

現在はインターネットでショッピングなどを利用すると、高圧洗浄機も手軽に購入出来るようになっており、様々なメーカーの製品を購入することが出来ます。

しかし、高圧な水を連続運転で噴射し続けるため、信頼性が高く、保証体制もしっかりとしているメーカーを選択するのが非常に重要になります。

そこで、信頼性が高く、ユーザーからも高評価を得ているKARCHERなら初めて高圧洗浄機を購入される方から買い替えを検討する方までおすすめ出来ます。

有名メーカーでありながら価格も手頃な上、保証もしっかりと受けられるため、直ぐに壊れるといったことを心配する必要はありません。

「KARCHER(ケルヒャー) 【軽量&コンパクト】高圧洗浄機 K2」

自宅で自動車の洗車をしたり、ガーデニングや家庭菜園でシャワーホースを使用し水やりを行ったり、そしてマイホームの清掃を行ったりする方は多いと思います。

その際、強い味方となり魅力的なのが高圧洗浄機です。

でも、大きな高圧洗浄機は保管や携帯性、取り回しが大変といったこともあり、軽量かつコンパクトなものを検討する筈です。

そこで今回紹介するのは、軽量かつコンパクトでありながら、洗浄力も高いKARCHER製の高圧洗浄機『K2』です。

軽量かつコンパクト!そして、圧力も高く調節可能!

KARCHER製の高圧洗浄機『K2』は、何と言っても本体重量が3.8kgの軽量設計かつ魂魄なところに魅力があります。

また、最高圧力は8MPaで洗浄対象に合わせて水圧調整も可能になっています。

コンパクトな高圧洗浄機の場合、モーターパワーが不足し、水圧が低いという商品もありますが、KARCHERなら軽量性や使い易さだけでなく、実用性も兼ね備えており、期待より洗浄力が無いといった心配がありません。

また、コンパクトなのは使用する際に限らず、ノズル自体が本体に収納出来るため、保管時にかさばるといった問題がありません。

購入した際は、箱に収まっているため、コンパクトに見える高圧洗浄機があるものの、いざ取り出した後は保管に困るといったこともあります。

しかし、高圧洗浄機『K2』はこのような問題もしっかりと解決してくれます。

初心者や女性でも手軽に使用出来るのが魅力!

これから高圧洗浄機を試してみたい初心者や女性にも。

高圧洗浄機『K2』はおすすめ出来ます。

やはり、軽量設計による恩恵は大きく、肩に掛けながら作業を行っても、使い勝手が悪くならないといった特徴があります。

また、圧力調整が容易なことから高い水圧に慣れるまで、圧力を下げて洗浄作業を行う事も可能です。

そのため、手が疲れにくくなること、握力の低い女性でも安心して利用することが可能になっています。

また、高圧洗浄機は長時間使用していると、振動により手の感覚がマヒしたり、握力が弱くなったりしますが、圧力を絞ることでこのような問題も解決出来ます。

どこでも使用可能!溜め水も使用できる!

高圧洗浄機『K2』は軽量かつコンパクトだからといって、水道の蛇口付近での使用しか出来ないといったことはありません。

大型またはハイグレードな高圧洗浄機では、溜め水を利用出来るのが一般的です。

そして、KARCHER製なら全てのグレードでこの機能が備わっているため、水の供給が難しい場所でもタンクやバケツがあればどこでも使用可能です。

そのため、わざわざ長いホースを購入して本体に水を供給する必要がありません。

また、タンクやポリ容器に雨水を溜めて利用することも可能であり、水道料金の節約も可能です。

これならば、庭先やベランダに専用容器を用意して溜めておけば、いつでも使用できるため、外壁清掃など手軽に行うことも可能です。

洗浄力がアップ!洗浄剤散布タンクが使用可能!

高圧洗浄機『K2』は、洗剤の利用が可能であり、洗浄剤散布タンクを装着することが可能です。

特に『K2 クラシック プラス カーキット』なら洗浄剤散布タンクがセットになって、価格も1万5000円以下とお得に購入出来るため、おすすめです。

自動車の洗車ならカーシャンプーが使用出来るため、しつこい汚れも強力に洗浄可能です。

また、住宅周りで良く目立つ黒ずみ汚れなども中性洗剤を利用することで、水だけで洗浄するよりもキレイに仕上がります。

マイホームを自分の手で洗浄して、長い年数をキレイな状態にしたい方にはおすすめです。

「KARCHER(ケルヒャー) 軽量&コンパクト高圧洗浄機 K2」のまとめ

今では、高圧洗浄機も手軽に購入出来る上、安価なものが様々なメーカーから販売されています。

しかし、メーカーの信頼性も高く、ユーザーからも高く評価されているKARCHERは初めて高圧洗浄機を購入される方にはおすすめです。

価格も手頃な上、メーカー保証もしっかりと受けられるため、安価なものを購入してしまい、直ぐに壊れるといった心配がありません。

参考URL

https://my-best.com/236
https://sakidori.co/article/296548

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 家庭用高圧洗浄機