私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

デカいけどどう? ボックス型の電子タバコにはどんな特徴があるの?

   

ボックス型の電子タバコは、他のタイプの電子タバコと比べて大きいです。

なので、持ち運びづらいというデメリットがありますが、それでも人気のアイテムでもあるのです。

では、なぜそれが人気なのでしょうか?

それはやはり、それにしかない特徴があるからでしょう。

そこでここでは、そんなボックス型の電子タバコの特徴について紹介していきます。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

ボックス型は味がおいしいと定評

ボックス型の電子タバコは、味がおいしいと定評です。

それにはもちろん理由もあります。

ただ、ボックス型でサイズが大きいから味がおいしいとか、そういうことではなく、きちんとした理由があるのです。

温度調整が出来るから

ボックス型の電子タバコの味がおいしいと言われるのは、温度調節機能があるからです。

ボックス型の電子タバコには、温度調節機能が付いています。

そしてそんな温度調節機能がついているということは、ある温度に設定をすると、その温度で電子タバコを吸える様になります。

それは、設定しているわけなのですから、それを吸う環境がどんな環境であれば、その温度で吸えるということになるのです。

どんな環境であれその温度で吸えるということは、常に同じ味の感じ方になります。

だから、ボックス型の電子タバコは味がおいしいと言われるのです。

焦げた味などもしない

また、そうして温度が調節できるということは、焦げたりすることもないということになります。

ということは、焦げるような味がすることもありません。

電子タバコでは、マレに焦げたような味がすることがあります。

それは当然すごくまずいと言えるでしょう。

そういう味がしないのですから、それは味がおいしいということに他なりません。

そういうこともあって、ボックス型の電子タバコは味がおいしいと言えるのです。

味を求める方には最適

確かにボックス型の電子タバコは、他のタイプの電子タバコと比べると、持ち運びにはかなり不便にはなるでしょう。

でもそうして不便になる代わりに、味がおいしくなるのですから、電子タバコに求める物が味である方にとっては、ボックス型の電子タバコはすごくあっていると言えるでしょう。

なのでそういう方にとっては、ボックス型の電子タバコはすごくおすすめできます。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電池の持ちが良い

ボックス型の電子タバコの特徴として、電池の持ちが良いことも多いということも挙げられます。

電池の持ちは、当然よい方が良いです。

電池の持ちが悪いと、いざ電子タバコを吸おうと思った時に据えないことも出てくるでしょう。

でもそうして、いざ吸おうと思ったタイミングで電子タバコが吸えないとなると、それはやはりすごくストレスが溜まるでしょう。

ストレスを解消するために電子タバコを吸っている方も多いでしょうが、そうしてそれが吸いたいタイミングで吸えないことがまた新たなストレスを生むのであれば、それはすごく勿体ないです。

なのでそうならないように、電池の持ちが良い物を使うべきなのです。

そしてそんな電池の持ちが良いものが、ボックス型の電子タバコになります。

大きい分バッテリーも強い

やはり、サイズが大きい分、その分バッテリーもより持ちが良いパワフルな物を使用出来るのでしょう。

ともすれば、温度調節などの色々な機能がついている分、ボックス型の電子タバコの方がバッテリーの消耗が早くなってもおかしくはありません。

でもそもそも搭載されているバッテリーのレベルが違えば、たとえ多少使う電気が増えたとしても、逆にバッテリーの持ちは良くなります。

だから、ボックス型の電子タバコは、電池の持ちが良いと言えるのです。

たくさんの煙を出すことが出来る

ボックス型の電子タバコは、たくさんの煙を出すことが出来る物が多いです。

たくさんの煙を出すことが出来るというと、部屋が煙たくなったりしそうで、逆に嫌なのではないかと思う方もいるでしょう。

でも、全然そんなことはありません。

むしろ、たくさんの煙を出すことができるというのは、メリットでしかありません。

吸った感をより強く感じられる

たとえば、煙がたくさん出る電子タバコを吸っていれば、その分だけすった感をより強く感じられるようになります。

電子タバコにはニコチンやタールは含まれていません。

ニコチンやタールが含まれていないということは、その分吸っても物足りなく感じることが多いのです。

でも、物足りなく感じるとなると、電子タバコに愛想を尽かして、紙のタバコに行きたくなってしまうこともあるでしょう。

そうしない為には、どうしたらよいのでしょうか?

そうしないためにはやはり、電子タバコにおいて、吸った感をもっと出していくしかありません。

そんな、電子タバコで吸った感を出すために必要なのが、煙の量なのです。

煙の量がたくさんあれば、その分入ってくる煙の量も多くなると言えるので、その分吸った感を強く感じることが出来るようになります。

だから、煙が多く出る電子タバコであれば、あまり物足りなく感じることはないでしょう。

トリックなどの遊びも出来る

また、煙がたくさん出ていけば、トリックなどの遊びも出来ると言えます。

電子タバコでは、煙をたくさん出して、それを輪っかにしたり、あるいはなんらかの形にしたりするような、トリックと呼ばれる遊びがあります。

でもそれは、たくさんの煙がないとできません。

逆に言えば、たくさん煙を出すことが出来るような電子タバコを吸っているのであれば、トリックも出来るのです。

トリックなども行って、楽しみながら電子タバコが吸えるようになれば、より電子タバコがたのしくなることは言うまでもありません。

だから、煙が多く出るというのは、メリットだと言えるのです。

見た目がタバコっぽくない

ボックス型の電子タバコの特徴として、見た目がタバコっぽくないということも挙げられます。

ボックス型の電子タバコは、いうなればちょっと機械的なパックジュースのような見た目をしています。

それを口にあてて、そしてそこから煙が出ているわけなのですから、それでそれが電子タバコだと理解できるでしょうが、それがないと、それが電子タバコであることにすら気が付かない人もたくさんいると言えるでしょう。

なので、あまりタバコ感の強いものを持ち歩きたくない、吸いたくないという方には、ボックス型の電子タバコの方が向いていると言えるでしょう。

ペンもスティックも見た目はタバコっぽい

ボックス型の電子タバコの他に主流の電子タバコとしては、ペン型とスティック型をあげることができますが、どちらも見た目はすごく細いです。

細くてスマートだというのは、本来であればいいことであることは間違いありません。

でも、細くてスマートなその見た目はちょっと機械的ではあるものの、やはりタバコなのです。

だから、タバコを吸っている感は強く出てしまうでしょう。

たとえば小さい子どもがいる環境とか、女性で、あまり人にタバコを吸っているのを知られたくないという場合には、ボックス型の電子タバコのように、見た目がそれっぽくないものを使用していくのがおすすめです。

まとめ

ボックス型の電子タバコには、このような特徴があると言えます。

ボックス型の電子タバコは、ただ持ち歩きづらいだけの電子タバコではなく、きちんとそれならではのメリットがある電子タバコなのです。

それどころか、そのメリットは他のどれにも負けないくらいに魅力的だと言えるでしょう。

なので、メリットと持ち運びづらさなどを照らし合わせて、よく考えてみてください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ