私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

ヴェポライザーと電子タバコの違いを紹介! デメリットもある?

   

タバコは、長い間に渡って、紙巻きタバコが主流でしたが、最近になって『電子タバコ』や『ヴェポライザー』が登場してきました。

しかし、ヴェポライザーと電子タバコは似ているように見えて、その違いが分からない方は多いでしょう。

そこで、ヴェポライザーと電子タバコの違いについて紹介するので、どちらを購入するべきか悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

ヴェポライザーと電子タバコの違い

ヴェポライザーと電子タバコは、どちらともボディ部分は使い捨てタイプという訳ではありません。

しかし、決定的に違うところがいくつかあるので、詳しく解説します。

ニコチン

ヴェポライザーは、タバコの葉を加熱しますが、それに引き換え、電子タバコはタバコの葉を加熱する訳ではありません。

そのため、電子タバコは有害性の高い『ニコチン』が含まれていませんが、ヴェポライザーには、ニコチンが含まれているのです。

ニコチンは有害性が高いので、電子タバコに買い換えてみようと考えている方であれば問題はないかもしれませんが、ヴェポライザーは注意しなければいけません。

そのため、健康のために違うタバコに買い換えようとしている方は、ヴェポライザーにはニコチンが含まれている事は、忘れないようにして下さい。

喫煙するまでの準備

電子タバコは、日本国内で高い人気を集めていますが、それはニコチンが含まれていない上に、あまり手間暇をかけないで済むからです。

実際に、人気の高い電子タバコ『アイコス』は、ヒートスティックという物を差し込むだけで喫煙できるので、短時間で喫煙を楽しめます。

しかし、ヴェポライザーの場合には、ジャグと呼ばれる物を詰め込んで、それを吸わなくてはいけません。

喫煙を楽しむまでに時間をかけてしまうのがヴェポライザーで、あまり手間暇をかけないで喫煙を楽しめるのが電子タバコという事は、覚えておきましょう。

タバコの香りと味

電子タバコは、紙巻きタバコとは大きく違っていて『リキッド』と呼ばれるものを加熱していきます。

リキッドには『香り』や『味』を付けられるものがあって、それは紙巻きタバコのような臭い匂いとは大きく異なります。

それに引き換え、ヴェポライザーはタバコの葉を加熱していくので、リキッドのような香りや味を楽しむ事はできません。

紙巻きタバコのような味や匂いを加熱式で味わいたい方であれば、満足できる可能性は高いのですが、電子タバコのような香りや味が好きな方は注意して下さい。

煙の量

ヴェポライザーを利用してみたら、意外と煙の量が少ない事を気にする方がいます。

実際に、電子タバコの場合には煙を多く吐き出せる機種があって、そのように多くの煙を吐き出す事を『爆煙』と呼ばれています。

爆煙は、紙巻きタバコでも体験できないほどの量なので、やみつきになってしまう方がいるほどです。

一度でも爆煙を体験した方では、ヴェポライザーの煙の量では満足できない可能性は高いです。

ただし、煙の量が少ないので、禁煙している方の近くでも、気軽に喫煙を楽しめる事はできます(友達によってはヴェポライザーの煙でも、嫌悪感を抱く可能性があるので注意)。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

ヴェポライザーのメリット

ヴェポライザーと電子タバコの違いについて理解してもらえた所で、次に、どのようなメリットがあるのか紹介するので参考にしてみて下さい。

満足度が高い

紙巻きタバコと共通点が多いヴェポライザーなので、電子タバコが好きな方では満足できない可能性はあります。

しかし、逆の言い方をすれば、紙巻きタバコが好きな方であれば、ヴェポライザーであれば満足できる可能性は高いです。

実際に、紙巻きタバコの匂いや味が好きな方では、電子タバコのリキッドの香りや味では、違和感を抱いてしまう可能性は高いです。

さらに、ニコチンが含まれているので、紙巻きタバコを吸っていた方でも、それほど不満を抱く事もなくヴェポライザーの利用を続けられます。

コストカット

ヴェポライザーは、タバコの葉を詰めていくので、紙巻きタバコをセルフで作り上げるような製品になっています。

少し特殊な吸い方になっていますが、紙巻きタバコのように高い税金をかけられている訳ではないので、節約する事が可能です。

利用する方によって、費用に違いはありますが、紙巻きタバコに比べて、1/3~1/5程度に抑える事ができます。

タバコの葉を詰め込む量を少なくすれば、さらに節約する事が可能です。

ただし、タバコの葉の量を少なくしすぎたら、物足りない味になってしまうので、注意する必要があります。

ヴェポライザーのデメリット

ヴェポライザーには、様々なメリットがありますが、残念ながらデメリットもいくつかあります。

そのデメリットを知らないで利用していたら、後悔する事になってしまうので詳しく解説します。

依存度の高さ

ヴェポライザーのデメリットの多くは、ニコチンが関係しています。

ニコチンは依存度が高くて、アルコールと同じように途中で辞める事が難しいので、注意しなければいけません。

実際に、アルコールのお酒とニコチンのタバコを辞められなくて、頭を悩ませている方は多くいます。

依存度が高いニコチンなので、途中で禁煙しようとしたら、集中力が低下して、イライラする事もあるのでヴェポライザーの依存度には気を付けたほうが良いです。

心臓への負担

ニコチンは、体に悪い影響を与えると言われていますが、具体的にどのような影響が出るのか分からない方は多いでしょう。

実は、タバコを吸ってしまえば、短時間でニコチンは肺が吸収して、その後に脳へ到達してしまいます。

ニコチンの刺激を受けたら、血管が収縮してしまって、心拍数が増えてしまう事もあります。

そのような事になれば、心臓に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

おすすめのヴェポライザー

ヴェポライザーのメリットやデメリットを知った上で、それでも試してみたくなったとしても、様々な製品が販売されているので、どれを購入したら良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこで、数多くある製品の中から厳選して、おすすめの製品を2種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい。

HERBSTICK ECO 改良版

HERBSTICK ECO 改良版は、2回クリックしただけで『温度』を切り替えられるようになっているので、今までヴェポライザーを利用した事がない方でも、簡単に操作を覚えられるようになっています。

実際に、電源のスイッチを長く押すだけで電源を『ON』にできるので、それほど面倒な操作方法になっていません。

さらに、ボディ部分は熱くなりづらくなっているので、火傷になる可能性が低くなっています。

電子タバコ用のリキッドを少し利用する方法も可能になっているので、様々な吸い方を楽しめる製品になっているのです。

RedFire ヴェポライザー

ヴェポライザーは、多くの製品が円柱タイプになっていて、形状は少し角ばっています。

ところが、RedFire ヴェポライザーは、少し丸みのある形状になっているので、手の平にフィットしやすい使用感になっているのです。

ボディ部分にある『HEDディスプレイ』には、温度が表示されているので、今の温度がどの程度のものか把握しやすくなっています。

HEDディスプレイの下側には、パワーを上げられるボタンと、下げられるボタンが搭載されているので、初心者でも扱いやすいです。

まとめ

ヴェポライザーと電子タバコは、似ているように見えますが、吸い方に大きな違いがあるので、注意する必要があります。

ニコチンが含まれているのは、ヴェポライザーの大きなデメリットですが、紙巻きタバコを吸っている方であれば、あまり違和感を抱く事もなく利用できます。

ただし、個人差があるので、全ての方が違和感を抱かないという事ではないので、気を付けて下さい。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー