私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコにすでに切り替えた人の切り替えて良かったこととは?

   

電子タバコ スターターキット YTA 電子タバコ 本体・Vape 電子タバコ1100mAH 大容量 2本バッテリー・4本アトマイザー 禁煙減煙サポート 禁煙セット 電子タバコ セットEGO 【メーカー直営】

喫煙者にとって世間の目は厳しくなる一方です。

でもタバコはやめられないと言うニコチン愛好者の方は、その目をかいくぐって喫煙すると言う厳しい立場に置かれています。

そこに登場したのが、電子タバコです。

早々に普通のタバコから切り替えたと言う愛煙家も多いようですが、切り替えて良かったという意見を集めてみました。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

普通に電子タバコと言っても2種類あります

電子タバコと言う言葉でネット検索などした場合、大体引っかかってきますのが、リキッドタイプの電子タバコです。

こちらは、日本ではニコチン入りのリキッドは制限がかかっていますので、煙に見えるフレーバー付きの蒸気を吸い込むと言う、所謂タバコとは一線を画す品物です。

普通のタバコに近いのは、タバコの葉を熱して吸い込む加熱式の電子タバコです。

こちらは勿論、ニコチン入りですのでまだ禁煙には程遠い愛煙家に好評の品物です。

どちらも電子タバコと言うくくりに入っていますが、似て非なるものであることは一目瞭然です。

ニコチンは入っていないけれど、タバコの煙を吐き出しているように見えるリキッドタイプの電子タバコに対して、ニコチン入りなのは従来のタバコと同じだけど煙は出ない加熱式の電子タバコと言う2種類です。

すでにこれらの電子タバコに変更した人の、普通のタバコをから変えて良かったと言う話を、幾つかまとめて見ました。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

普通のタバコから切り替えて良かった電子タバコ

実際に切り替えてみた場合、勿論個人差もありまた気持ちの問題もあるでしょうが、ほぼ共通して良かったと思える意見がこちらです。

主にニコチン入りの、加熱式タバコに切り替えた人の意見が中心になります。

タールが入っていないので歯の色が戻ってきた

加熱式電子タバコはニコチンが入っていますが、タールは殆ど含まれていません。

そのおかげで、歯が黄色く染まると言う事が無いのです。

またすでに染まってしまった人の場合も、歯磨きなどで段々歯の色が元に戻ってくると言う事もあります。

この、ヤニで染まった黄色い歯と言うのは、小説などでも悪役の表現の一つになっていますので、出来れば避けたいものです。

加熱式のタバコなら、ニコチンは補給出来るけどタールは無縁と言う事で、その辺り安心できるのです。

歯の着色が気になるけどタバコはやめられないと言う人には、確かにおすすめですね。

タバコの匂いから脱却出来た

タバコは好きだけど匂いは駄目と言う贅沢者も、実は多く存在します。

髪の毛や洋服に匂いが付くのは避けたいと言う喫煙者も、多く実在するのです。

つまりこういう人の場合、喫煙所などでタバコを吸うのが苦痛と言う、ジレンマに陥ってしまうのです。

でも加熱式の電子タバコもリキッド式の電子タバコも、タバコの匂いとは無縁です。

そのため部屋でも匂いを気にせず吸えますし、近頃問題視されているベランダでの喫煙も可能になると言う事です。

特に紙巻きたばこの場合、紙が焦げる匂いと言うのが実はかなり強いのです。

電子タバコなら服や髪に匂いがつかないので、匂い消しの出番も減りますね。

口臭が軽減された

喫煙者の口臭と言うのは、吸わない人にとってはかなりきついものです。

また本人にとっても、折々に自分の口臭に悩んでいることでしょう。

この口臭の元になるのは、ニコチンよりもタールです。

タールの殆ど入っていない加熱式電子タバコの場合、口臭は問題になりません。

リキッド式の場合は、勿論言うまでもありません。

加熱式電子タバコの場合ニコチンが含まれますが、ほぼ問題にならないくらいカットされていますので、他人の迷惑にはならないと言っていいでしょう。

タバコのポイ捨ての悪習から脱出できた

喫煙者がタバコを吸える場所が減ってきた分、歩きたばこや街角での喫煙が増えています。

勿論携帯用の灰皿を用意している人もいますが、ポイ捨てする人もまた多く存在します。

電子タバコの場合、このポイ捨てはしようと思っても出来ませんので、町の美観などを損なうこともありません。

またポイ捨てによってのボヤの危険や、他の人の火傷などの危険からも縁が無くなってくれます。

何よりも、ポイ捨てしてしまったと言う後悔をしなくて済むようになると言うのが、一番の成果では無いでしょうか。

火の消し忘れによる火災などの心配から脱却できる

寝タバコは勿論、疲れていたりした時についタバコが手から落ちて、等と言う火災の原因は少なくありません。

火を使用しない電子タバコの最大のメリットが、この寝タバコなどでの火災を避けられると言う事では無いでしょうか。

うっかりさんには、本当におすすめです。

まあ出来れば寝タバコなどは、電子タバコであろうが普通のタバコであろうが、しないに越したことは無いですね。

お財布にも結構優しい

年々タバコの値段が上がってきて、愛煙家にとってはお財布に負担がかかってきています。

電子タバコの場合、初期にある程度の投資が必要ですが、その後は結構コストは安く済みます。

現在のままタバコの値段が上がり続けた場合、電子タバコに切り替える方がコスパが良くなるのは明らかです。

初期投資がちょっと辛いかもしれませんが、その後はお財布に優しくなるという意見は意外と多く出ていますので、切り替えの一つのポイントになるのではないでしょうか。

吸殻の始末から解放された

この吸い殻と言うもの、実は部屋に置いておけば悪臭の元にもなるものです。

出来るだけ早く片付けるのが好ましいのですが、毎日はゴミの回収も無いしと、ついつい放置しておくと部屋の匂いの元になってしまいます。

電子タバコの場合、灰も出ませんし勿論吸殻も出ません。

ゴミも減りますし、悪臭の元にもなりません。

灰皿を流しで洗って、そのニコチンやタールの匂いで気持ち悪くなる、等と言う事からも解放されるわけです。

期待し過ぎてさすがにと言う事もある

長所も数々ありますが、いささか期待し過ぎて今度は肩透かしを食らった、と言う点もあるそうです。

持ち歩きがちょっと不便

携帯性においては、勿論普通のタバコの方が面倒ではありません。

電子タバコの場合どうしても、重さや大きさが携帯するにおいてちょっとネックになってきます。

またバッテリー切れの問題もありますので、その辺りも注意が必要です。

出先でバッテリーが切れると、それまでと言う事になってしまいます。

かと言って充電器や、替えの電子タバコを携帯すると言うのも、いささかと言ったところでしょう。

手入れはこまめにしなくてはいけない

普通のタバコなら手入れと言うものとは無縁です。

しかし電子タバコの場合、リキッド式でも加熱式でも本懐やフィルターへの手入れが必要になってきます。

これを面倒と考えるか、パイプやキセルの手入れをゆったりした時間を楽しむとしていた古人に習うかで、感覚は違ってくるでしょう。

いずれにせよ、手入れと言うものが必要だと言う事は、覚えておかなければなりません。

メリットデメリットを踏まえそれでもタバコを吸いたい人に

電子タバコ愛用者は、ある意味大変に欲張りな方々であると言っていいでしょう。

ニコチンや、煙を吐き出す時の爽快感は諦められないけれど、でも今の世の中では堂々と喫煙するわけにもいかず、両立の道を探した結果電子タバコに行きついたわけですから。

しかしそういった方のために開発されたのが、これら電子タバコであることも事実です。

切り替えを考えている方の場合、こういった経験談を元に考慮なさってみてはいかがでしょう。

まとめ

実際に経験して見ないと解らないことは多いですが、経験者による経験談と言うものも大変に参考になるものです。

電子タバコと言うものがもてはやされているようだけど、ある程度初期投資が必要なようだし、それで実際に使ってみたら自分には合わなかったと言うのもお金の無駄遣いになるだろう、と迷っている方に参考になってくれればよいと思います。

禁煙は出来ずでも、他人への迷惑を少しでも減らしたいと言う方に、実際役に立ってくれるのが電子タバコなのですから。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ