私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコは単なる禁煙グッズ?それともそれ以外にもお役立ち?

   

電子タバコという言葉が一般化して、かなり時間が経ちました。

実際街中でも電子タバコを吸っている人を見かけることも珍しくなくなりました。

しかしこの電子タバコ、煙草という名前でありながら実は基本的にニコチンフリーのリキッド使用です。

ではこの電子タバコはただの禁煙グッズなのか、それ以外にも利用ができるものなのか、ちょっと悩むところでもありますね。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコと言う名前の製品は

さてここで混乱を避けるために、電子タバコという製品と加熱式タバコという名前の製品の違いを、把握してください。

何となく加熱式タバコも電子タバコの一種、と認識されがちですし、また一時は同等のものと見られてもいました。

しかしこの二種類の製品、実は大きく違った製品であるのです。

どちらもタバコ、と名がついていますが電子タバコはニコチンやタールを含んでいない製品です。

一方の加熱式タバコは、こちたは煙草の葉を加熱して吸う事になりますので、ある意味立派にタバコなのです。

ただ面白いことに、加熱式タバコはほとんど煙とは無縁です。

タバコでありながら、副流煙を極力抑えた製品ですので、目に見える煙は少なくともありません。

なのにタバコでありながらニコチンとタールを含んでいない電子タバコは、見た目煙を吐き出すことになります。

まあ煙と見えているのは実は、蒸気なのですが外から見るとしっかりと煙に見えるのです。

ニコチンもタールも含んでないので、勿論そういった外からは無縁の蒸気です。

この二種類の違い、お分かりいただけますね。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコはどんなシステムで利用する

電子タバコの場合、リキッドをセットしてそれを蒸気化して吸うことになります。

リキッドについては、これは日本製の場合はニコチンを含んだものは製造されていません。

日本製のリキッドは、つまりはタバコではないわけです。

しかし海外のリキッドの場合、ニコチンを含んだものをあります。

それを購入して吸う場合は、確かにタバコの範疇に入るわけです。

とは言え、日本での電子タバコ愛用者は非ニコチンのリキッドを使用している人が殆どですね。

見た目は殆ど煙草の煙いやそれ以上

さてこの蒸気ですが、今まで煙草を吸っていた人が禁煙した場合、懐かしくなるものの第一の煙の代替品になります。

筆者もかなり前に禁煙した1人ですが、時に懐かしくなるのはニコチンよりも煙です。

煙を吸って吐いてと言う行動を、つい懐かしく思うのです。

電子タバコの蒸気は、その欲望を満たしてくれます。

と言うより、煙草の煙以上に出る蒸気ですから、充分すぎるほどに満たしてくれるといえますね。

ただこれは非喫煙者から見ると、かなりの煙を出しているように見えますから、吸う時にはちょっと気遣いも必要かもしれません。

電子タバコは禁煙だけのグッズなのか?

さてこう書いてくると、電子タバコというのはいかにも禁煙のための製品のように、感じられますね。

実際禁煙のためにも役立ってくれますが、ちょっとした気分替えなどのためにも役立ってくれる製品なのです。

禁煙のために大活躍

煙草を長く吸っている人の場合、所謂ニコチン中毒になってしまっています。

そういう場合は正直なところ、いきなり電子タバコにチェンジしてもニコチン不足で欲求不満になってしまうかも知れません。

そうなると禁煙しようと思っても、逆に辛くてしそこなうこともないではありません。

でも禁煙もしたいし、周囲の目も気になるという時には、加熱式タバコで禁煙準備してから電子タバコに移行するのがおすすめです。

加熱式タバコでだんだん軽くしていって、禁煙できたとしても、ちょっと口さみしい時には電子タバコで気分良く煙を吸って吐いてというのは、悪くないですね。

昔まだそれほど禁煙が叫ばれていなかった時代、と言うより喫煙のほうが当たり前だった時代には、勿論禁煙グッズなどというものはありませんでした。

その時代に、そろそろ煙草を止めようかと考えた人たちは、口寂しさを紛らわせるために飴などを舐めていました。

筆者の近くでも、禁煙する時に口が寂しいと言って、氷砂糖を常備していた人もいました。

そんな時代の禁煙ファイターたちに比べれば、電子タバコのある現代は本当に恵まれていますよね。

ちなみに禁煙に使用する場合、味に馴染みもありしかも味がはっきりしているミントなどのクール系がおすすめです。

タバコを吸っている気分でちょっとお洒落も

昔のタバコのキャッチコピーに、タバコは歩くアクセサリーというのがあったのを、憶えている人もいるかもしれません。

実際当時は、男性でも女性でも指に挟んだタバコは、ちょっとしたお洒落も演出してくれたのです。

片手にタバコの火をくゆらせつつ、もう一方の手にカクテルグラスなどという場面は、映画の中での大人の男女を演出するのによく使われたものです。

そんなお洒落を演出したくなった時にも、電子タバコは活躍してくれます。

とは言え、蒸気が多くでますのでちょっと注意しつつ楽しんでくださいね。

仕事の合間のひと息に

集中して仕事をしていて、ちょっと休憩をとなった時、何か飲み物をという人もいますし、軽く食べたいという人もいます。

でもいささかこのところ体重がね、といった場合このひと息に利用できるのも、電子タバコです。

いろいろな味が揃ったリキッドがありますから、好みの味のものを何種類かデスクの引き出しに入れておけば、カロリーを気にせずに口寂しさを紛らわせることが出来ます。

その昔の人が仕事の合間に一服したように、電子タバコで一服というのもまたお洒落ではありませんか。

電子タバコは周囲に迷惑をかけないか

電子タバコは日本製のリキッドを使用している限り、周囲への迷惑はまずありません。

しかしそれでも周囲には、ちょっと気を使っておくべきですね。

煙を吐いているように見えるのは注意が必要

無害な蒸気ですが、はたから見ればタバコの煙に見えてしまいます。

ニコチンが含まれていないといっても、周囲には中々わかってもらえないものです。

ニコチンを止めたはずなのに、何故か周囲にニコチンを吸っている喫煙者だらけの喫煙所で、一緒に吸うのはおかしなことかもしれません。

しかし電子タバコの煙の出方は本当にかなりのものです。

よほど気の知れた、しかも電子タバコについて充分に知識を持った人たちと一緒の時以外、喫煙所で利用することをおすすめします。

電車のポスターにもなっていますが

電車の車内ポスターでも見かけますが、タバコはご遠慮くださいの文字と並んで、電子タバコもとなっています。

イラストを見るとわかるのですが、確かに加熱式タバコではなく電子タバコですね。

つまり車内やホームでの喫煙は禁止されているのと同時に、電子タバコの使用も禁止されているということです。

無害なのだからと安心せずに、やはりマナーはしっかりと守ってくださいね。

もう少し世間にも電子タバコの無害さをアピールしたいものです

電子タバコと加熱式タバコの違いが、もう少し世間の知るところになれば、電子タバコ愛用者ももっと電子タバコを楽しめるようになるはずです。

無害で、でもタバコを吸っている気分を味わえる電子タバコです。

リキッドの味で楽しむことも出来る電子タバコです。

何時かはもっと、禁煙グッズとしてではなく楽しめるようになるといいですね。

まとめ

電子タバコは禁煙グッズだし、禁煙できたらお払い箱と考えている人も少なくないはずです。

でも実際は、リキッドの味を楽しんだり気分を変えたりするのにも役立つのが、電子タバコです。

今はまだ、普通のタバコや加熱式タバコと混同されている感がありますが、実はかなりの違いがあるということわかっていただけるとうれしいです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ