私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコは肺に入れるのとふかして吸うの、どっちが正解?

   

電子タバコの吸い方は、大きく分けて二つあります。

一つは紙のタバコのように、煙を肺まで入れていくという吸い方です。

そしてもう一つは、ただただ煙を口の中にためて、そしてそれをそのまま吐き出すという吸い方です。

でも、この二つの吸い方のうち、どちらの吸い方で吸うのが正解になるのでしょうか?

ここではそんな、電子タバコの吸い方についてみていきます。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

ふかして吸うと香りが強く感じられる

まず、電子タバコをふかして吸う吸い方の特徴から見ていきたいと思います。

電子タバコをふかして吸うという吸い方の特徴は、香りが強く感じられることです。

電子タバコには、紙のタバコとは違い、香りがあるという特徴があります。

もちろん紙のタバコにも、それはそれで特有の香りがあったりはしますが、それは電子タバコのそれとは少し趣向が違います。

電子タバコの香りというのは、そういう紙のタバコのような香りとは違い、もっと甘かったり、フルーティだったりするものなのです。

ふかして吸う吸い方をすると、それの香りがガツンと感じられるでしょう。

電子タバコらしい吸い方

紙のタバコをふかして吸うと、ニコチンやタールを肺の中に入れることができなくなります。

なので、あまり紙のタバコの特徴を感じることができなくなります。

ということはつまり、それを吸っていてもあまり意味がなくなってしまうということです。

だから、紙のタバコを吸っている場合には、ふかして吸うという吸い方はおすすめできません。

しかし、もし電子タバコをすっている場合には、ふかして吸うのもおすすめできます。

なぜならそれは、電子タバコらしい吸い方だからです。

ふかして吸うことで、電子タバコ特有の特徴である、香りが強くなるという効果があるのですから、より電子タバコを楽しめるようになると言えます。

より電子タバコを楽しめるということはつまり、その分だけ電子タバコを吸う意味を強く感じることができるでしょう。

せっかく紙のタバコではなく電子タバコをすっているのですから、そうして電子タバコを吸う意味を強く感じられるというのは、すごく良いことなのではないでしょうか?

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

肺まで入れるとタバコ感が増す

では逆に、電子タバコの煙を肺まで入れる吸い方をした場合の特徴は、どんなところにあるのでしょうか?

電子タバコの煙を肺まで入れる吸い方をした場合の特徴は、紙のタバコを吸っているような、タバコ感がますことです。

肺まで入れるというのは、紙のタバコでは欠かせない行動になります。

それと同じ行動をすれば、その分だけ、より強くタバコ感を感じられるのは当然でしょう。

電子タバコの物足りなさは軽減する

そうしてタバコ感を強く感じることができるようになれば、その分だけ電子タバコの物足りなさを感じることがなくなるといえるでしょう。

電子タバコには、ニコチンもタールも含まれていません。

ということは、紙のタバコのようなガツンとくる感じはないのです。

でも、そういうガツンとくる感じがないと、物足りないと感じるという方は多いでしょう。

しかし物足りないまま吸っていても、電子タバコをやめてしまう可能性が高くなります。

だから、物足りなく感じる方は、どこかでインパクトを増していかないとなりません。

そんな、インパクトを増す方法が、電子タバコの煙を肺まで入れるという方法なのです。

紙のタバコを吸っていた方におすすめ

そういうことがあるので、この、肺まで入れるという電子タバコの吸い方は、もともと紙のタバコを吸っていたという方におすすめになります。

もともと紙のタバコを吸っていたからこそ、電子タバコに物足りなさを感じることがあるのです。

そもそも電子タバコからスタートなのであれば、そうした物足りなさも感じることはありません。

最初からがつんとくる感じをしらないわけなのですから。

ふかして吸うという煙がたくさん出る

電子タバコをふかして吸うことの特徴として、煙がたくさん出るということがあげられます。

口の中にためてだすだけなので、煙がどこにも消えていかず、電子タバコから出た分だけ、そのまま口から吐き出せるようになるのです。

口の中に電子タバコの煙をためておくのも、そんなに長い時間ためておくわけではありませんから、そうしてたくさん煙が出るのは、当然です。

でも、こうしてたくさん煙が出せるというのは、メリットでもあり、デメリットでもあります。

煙がたくさん出れば遊べる

煙がたくさん出れば、その煙を使って遊べるようになります。

たとえは煙をわっかのようにして吐き出すこともできますし、煙を文字のようにしてだすこともできるようになるかもしれません。

そうして遊べれば、電子タバコの楽しみ方はますます広がるでしょう。

どうせ電子タバコを買ったのであれば、それの楽しみ方はたくさんあった方が良いに決まっています。

その方が電子タバコへの満足度はあがるでしょう。

たくさんの煙が出せるようになることには、そういうメリットがあります。

デメリットは迷惑になること

では、電子タバコの煙がたくさん吐き出せるようになることのデメリットはどこにあるでしょうか?

電子タバコの煙をたくさん吐き出せるようになることのデメリットは、迷惑になる可能性がますことです。

たとえ喫煙OKのところでもたくさんの煙を出す方がいて、その人がやたらとたくさんの煙を出していたら、間違いなくそのスペースは煙たくなります。

喫煙OKのところであっても、そうしてやたらと煙たくなるのは心地よく思わない方もいるでしょう。

なので、そうして迷惑に感じられてしまうこともあるのです。

それは自分としてもあまり気持ち良いものではないでしょう。

だからそれが、デメリットと言えます。

肺に入れると味が薄まる

肺に入れるという吸い方には、煙の味が薄まってしまうという特徴もあります。

電子タバコにおいては煙に味が付いているというのが、最大の特徴とも言えます。

そんな最大の特徴でもある煙の味が、いったん肺に入れていくことによって、失われていってしまうのです。

もちろんそれでも多少の味を感じることはできます。

しかし、口に入れてそのまま吐き出すことに比べると、それはかなり薄くなってしまうでしょう。

味が好みでないときにはメリットに

それは、100パーセントデメリットにしかならないように感じるかもしれません。

でも、そうして味が薄まることがメリットになることもあります。

それが、味があまり好みではないときです。

電子タバコの味は、あまり好みではないこともあるでしょう。

そんなあまり好みではない電子タバコの味をつよく感じてしまっていたら、それを全て吸いきるのが難しくなることもあるでしょう。

しかし、こうして肺に入れることでうまく味を薄めていくことができれば、あまり好みではない味でも、問題なく最後まで吸いきることができるようになるでしょう。

そうすれば、電子タバコを無駄なく吸っていけると言えます。

なので、味が薄まってしまうというデメリットにしか見えないことも、ときにはメリットになることもあるのです。

まとめ

電子タバコをふかして吸うことには、それにはそれのメリットがあり、そして肺まで入れて吸うことにも、それにはそれのメリットがあると言えます。

なので、一概にどちらが正解というのがないのが、電子タバコの吸い方になるでしょう。

ただただ一番良いのは、時と場合によって電子タバコの吸い方を変えていくことなのではないでしょうか?



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ