寝る前にBCAAを摂取する事はデメリットが多いので注意

BCAAは、必須アミノ酸の一種で、筋力アップしたい方にとって、嬉しい効果があります。

しかし、BCAAを摂取する場合にはタイミングが重要になるので、寝る前に摂取する場合には、注意しなければいけません。

摂取するタイミングを間違えなければ、メリットを得る事ができます。

しかし、寝る前にBCAAを摂取したい方もいると思うので、なぜ寝る前は注意したほうが良いのか、解説していきましょう。






寝る前にBCAAを飲んだ場合のデメリット

寝る前にBCAAを飲んだら、様々なデメリットがあります。

そのデメリットを知らないで、寝る前に飲み続けてしまえば、お金を払ってBCAA関連の商品を購入する意味がなくなってしまうので、デメリットについて紹介しましょう。

睡眠の質が低下

BCAAは、メリットのある成分でも、摂取した場合には、脳へ『トリプトファン』が取り込みづらくなるので注意しなければいけません。

トリプトファンも必須アミノ酸の一種ですが、この成分を多く摂取したら『セロトニン』を増やす事ができます。

セロトニンは、別名で幸せホルモンと呼ばれるもので、寝つきをよくするために必要なホルモンです。

つまり、BCAAを寝る前に摂取したら、セロトニンが増えづらくなってしまうので睡眠の質が低下してしまうのです。

疲労を蓄積

寝る前にBCAAを摂取して、睡眠不足に陥ってしまえば、疲労が蓄積されていきます。

なぜなら、私たち人間は、眠る事によって、体や脳の疲れを取っているからです。

BCAAは、筋力トレーニングをサポートする効果はありますが、筋肉の疲れを取る事ができなければ、筋肉痛を引き起こす恐れがあるので注意しなければいけません。

筋力アップのために、BCAA関連の商品を購入したのに、筋肉の疲れを取れなくなってしまえば意味がないので、気を付けて下さい。

集中力が低下

睡眠不足に陥った場合には、脳の疲れがたまってしまうので、集中力が低下してしまいます。

実際に、オフィスの仕事や、勉強をしている時に頭が疲れているような状況でも、仮眠を取ったら集中力が回復しているように感じる事があるでしょう。

これは、眠る事によって、脳の疲れを取っている事が大きく関係しています。

しかし、睡眠不足に陥ってしまえば、集中力が低下して仕事や勉強だけではなく、筋力トレーニングにも集中できなくなるので気を付けて下さい。




BCAAを飲む前に抑えるべきポイント

寝る前にBCAAを飲みたい方にとってはデメリットが多かったので、落胆してしまったかもしれません。

実は、いくつかポイントを抑えておけば、寝る前にBCAAを飲んでもデメリットをカバーしやすくなるので詳しく紹介しましょう。

トリプトファンを含む食材

トリプトファンを脳へ取り込みづらくなる場合には、トリプトファンを多く摂取する事によって、寝る前にBCAAを飲んでもデメリットをカバーしやすくなります。

実際に、トリプトファンを含んでいる食材はいくつもあって、それが、豆腐・味噌・納豆・醤油・牛乳・チーズ・ヨーグルト・ピーナッツ・卵などです。

意外にも様々な食材にトリプトファンが含まれているので、食生活に注意していれば、良質な睡眠を確保する事は十分に可能です。

眠りやすい環境

寝る前にBCAAを摂取したからと言って、必ず睡眠不足に陥る訳ではないので、眠りやすい環境にするだけで、良質な睡眠を確保する事ができます。

眠りやすい環境とは、光や音を消している状態です。

寝つきが悪い方は、テレビや電気を付けているほうが眠りやすいと思うでしょう。

しかし、光と音は睡眠の質を低下させる原因になってしまうので、消したほうが良いのです。

実際に、テレビを付けた状態で眠っていたら、テレビの音が聞こえてくる時があるでしょう。

そのような場合には、睡眠の質が下がっている状態なので、注意して下さい。

食事と睡眠のタイミング

食事をした後に、満腹になったら眠りやすくなります。

しかし、眠くなってきたとは言え、満腹の状態で眠ってしまえば、睡眠中に胃が消化活動を行ってしまうので睡眠の質が低下してしまいます。

食事で満腹になった状態で、BCAA関連のサプリを飲んでしまえば、さらに睡眠の質が低下してしまうので、気を付けなければいけません。

そのため、良質な睡眠を確保したい場合には、食事をしてから、1~2時間後に眠るようにしましょう。

寝る前にBCAAを摂取するメリット

寝る前に、BCAAを飲んでも良質な睡眠を確保する事ができれば、様々なメリットを得る事ができます。

そのメリットを知れば、BCAA関連の商品の利用価値がよく分かると思うので詳しく解説します。

疲労を軽減

眠る事によって、体の疲労を取る事はできますが、栄養を全く摂取していない状態では、疲労を軽減する事は難しいです。

実際に、ダイエットしようとして、空腹の状態で眠ろうとしたら睡眠の質が低下してしまって、途中で起きてしまう事があります。

そのため、眠る前に、BCAAを摂取しておけば、筋肉の疲れを取る事も可能です。

実は、BCAAは筋肉の疲れを取る事ができるので、睡眠の質が低下しなければ、筋肉痛になる可能性が低くなります(筋力トレーニングの内容によって違いが出るので注意)。

筋力アップしやすい状態

筋肉に負荷をかけたら、筋力アップする事はできますが、筋肉痛の状態では本来の力を発揮する事ができません。

1日でも早く筋力アップしたい場合には、筋肉痛になっている場合でも筋力トレーニングしたいと思うかもしれません。

しかし、筋肉痛の状態で筋力トレーニングしようとしたら、状況を悪化させてしまうので、休憩を取る事が重要です。

そのため、寝る前にBCAAを摂取して筋肉の疲れを取っておけば、筋力トレーニングで本来の力を発揮する事ができるので、筋力アップしやすくなります。

筋力アップするメリット

筋力トレーニングをしながらBCAAを摂取して、筋力アップできたら、様々なメリットを得る事ができます。

そのメリットは、見た目がよくなるだけではなく、健康面や美容面で大きなメリットになるので詳しく紹介しましょう。

健康的な体

筋肉は健康をキープする上で、重要な部分になります。

例えば、肩の筋力が低下していたら、肩こりになりやすいので、肩や首付近の筋肉を鍛える事は、デスクワーカーの方にとって重要なポイントです。

腰付近の筋肉は、腰を支える働きがあるので、腰の筋力が低下したら腰痛になりやすいので注意しなければいけません。

腰痛になってしまえば、ウォーキングやランニングの運動を行う事が難しくなるので、日頃から筋力トレーニングをするメリットは大きいです。

消費カロリーがアップ

筋肉は、脂肪とは違ってカロリーを消費する事ができるので、筋力アップできたら消費カロリーを増やす事ができます。

実際に、テレビ番組で、スポーツ選手が信じられないほどの食事量を摂っていても、脂肪が増えづらくなっているのは、筋肉量が大きく関係しているのです。

好きなものを食べても、太りづらい体質になるので、極端な食事制限をする必要がありません。

そうすれば、ドカ食いをする可能性も低くなるので、ダイエットしやすくなります。

まとめ

BCAAは、筋力トレーニングをサポートする働きがあるので、筋力アップしたい方には魅力的な成分です。

しかし、寝る前にBCAAを摂取したら、睡眠の質が低下する恐れがあるので注意しなければいけません。

本来であれば、筋力トレーニングした後に摂取する事が理想ですが、寝る前に摂取したい場合には眠りやすい環境にしましょう。

そうすれば、寝る前にBCAAを摂取しても、良質な睡眠を確保する事は十分に可能です。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.y-koseiren.jp/health_su…
http://cp.glico.jp/powerpro/amino-a…
http://cp.glico.jp/powerpro/amino-a…
https://www.otsuka.co.jp/health-and…