スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

キャリーバッグを守る!キャリーバッグ専用カバーの選び方のポイントとは?

      2019/02/09

スーツケースカバー 防水 透明 クリア ビニール カバー (26インチ, 透明- アルミフレーム専用)

キャリーバッグ専用カバーは、突然の雨から大切な荷物が濡れてしまうのを防ぐ対策がとれるものです。

旅行に出かける際にひとつ携帯しておくことで突然の天候の変化に対応することができますが、実は荷物が雨に濡れるのを防ぐだけではなく、ほかにも様々な機能を備えているのです。

ここでは、キャリーバッグ専用カバーの機能や選び方のポイントをご紹介したいと思います。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

キャリーバッグ専用カバーの便利な機能とは?

突然の雨でもキャリーバッグを濡らさずに済む

キャリーバッグにカバーをかけておくことで、突然の雨でも慌てることなくすぐに対応することができます。

季節によっては突然の雨に見舞われることもあるので、キャリーバッグ専用のカバーがあれば中に入れた荷物を濡らさずに済むので必要な荷物を安心して持ち運ぶことができるでしょう。

洋服の中には雨に濡れると色がほかの衣類に移ってしまうものもあるので、雨に濡れたことによる湿気などにも十分注意しておく必要があります。

空港に荷物を預けた際に傷の予防対策がとれる

機内に持ち込めないサイズのキャリーバッグは空港に預ける必要があります。

どんなに大切にしているキャリーバッグでも、空港ではたくさんの荷物を取り扱っているためバッグに傷がついてしまうことがあります。

キャリーバッグの素材によっては、深い傷がついてしまうと修復できないものもあるので不安になってしまうことがありますよね。

そんな時、キャリーバッグに厚手のカバーを掛けて預けることで傷の予防対策をとることができます。

しかし、いくらカバーを掛けていても完璧に傷やヘコみなどを防ぐことはできない場合があるので、あくまでも対策として使用しましょう。

預けた荷物を受け取る時に見つけやすくなる

旅行先では限られた時間の中でスケジュールに沿って行動するので、空港に預けた荷物を探す際にもどかしい気持ちになることがあります。

自分のキャリーバッグと似たデザインや色のバッグがたくさんあると、自分の荷物を見つけにくい場合があります。

そんな時、目立つ色やデザインのキャリーバッグ専用カバーを掛けておくことで、荷物が見つけやすくなるでしょう。

カバーを掛けているだけでも選別しやすくなるので、貴重な時間を無駄にしないための対策をとることができます。

荷物を預ける際に使用できるタイプのカバーなのか、前もって確認しておくとより安心です。

カバーをかけることで防犯対策がとれる

キャリーバッグは、空港に限らずホテルやレストランなど様々な場所に一時的に荷物を預けることがあるのでセキュリティ対策をとることが大切です。

ほとんどのキャリーバッグに鍵が付いていますが、カバーをかけておくことで万が一キャリーバッグが狙われた際にピッキングされるまでの時間を稼ぐことができます。

完璧な防犯対策がとれるわけではありませんが、鍵を開けるまでに時間がかかるようにしておくことで荷物が狙われないための対策をとることができます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

キャリーバッグ専用カバーの選び方とは?

水を弾く素材で作られたカバーを選ぶ

キャリーバッグに掛けるカバーは水を弾く素材で作られたものがおすすめです。

デザイン性だけに惹かれて防水機能がほとんどない素材のカバーを選んでしまうと、結果的にカバーごと荷物が雨に濡れてしまうことになります。

ナイロン素材のように水を弾くと同時に軽い素材のものであれば、旅行先に手軽に持っていくことができるでしょう。

丈夫な素材で作られたカバーを選ぶ

キャリーバッグ専用カバーの中には薄い素材のものがありますが、小さな傷ができるとそこから破れてしまうことがあります。

キャリーバッグはキャリーバーを持った状態で荷物が自分より後ろの位置にあるため、万が一カバーが破れた時に気づきにくい場合があります。

雨だけではなくキャリーバッグを傷から守る対策として使用するためにも、丈夫な素材で作られたものを選ぶことが大切です。

好きなデザインが施されたカバーを選ぶ

キャリーバッグを様々な角度から守る対策がとれるカバーは、好きなデザインが施されたものがおすすめです。

キャリーバッグのデザインが気に入っていたとしてもカバーが気に入っていなければ、カバーを掛けて移動する際にスタイリッシュに荷物を持ち運ぶことができません。

せっかくお洒落なデザインのキャリーバッグを使用するのであれば、バッグのデザインの雰囲気に合う好きなデザインのカバーを選ぶと良いでしょう。

洗えて何度も使用できるカバーを選ぶ

キャリーバッグにカバーを掛けて使用すると、空気中のチリや砂埃などでカバーが汚れてしまうことがあります。

そんな時、自宅で洗えるカバーならいつでも清潔な状態で使用することができるでしょう。

キャリーバッグのサイズによっては大きなサイズのカバーを購入することもあるので、洗濯機で丸洗いできるカバーなら楽に洗うことができます。

専用カバーはどんなキャリーバッグにおすすめ?

シミになりやすい革製のキャリーバッグ

旅行中もシックなお洒落を楽しみたい方の中には、革製のキャリーバッグを愛用している方がいるかもしれません。

革製のものは一般的な樹脂タイプのキャリーバッグと比較すると、デザインに重厚感があり長く愛用できるデザイン性の高さを備えていますが、雨に濡れるとシミができやすい特徴を持ちます。

大切な革製のキャリーバッグを雨から守るためにも、キャリーバッグ専用のカバーを購入しておくと良いでしょう。

傷の予防対策をとることもできるので、美しい状態でキャリーバッグを使用することができるでしょう。

長時間の雨に耐えられない素材のキャリーバッグ

キャリーバッグの中には、薄手のナイロン製のものや布製のものがあります。

薄手のナイロン製のものは一時的に水を弾くものの長時間の雨には耐えられない可能性が高いかもしれません。

また、布製のバッグは雨に濡れてしまうため中の荷物もずぶ濡れになってしまいます。

雨に耐性のない素材で作られたキャリーバッグを使用する場合には、旅行先にカバーを持って行くと良いでしょう。

ファスナーで開閉するタイプのキャリーバッグ

キャリーバッグの中でも主流となっているのが樹脂タイプのものです。

軽量で雨を弾く特徴を持っていますが、ファスナーで開閉するデザインのものはファスナーの部分が布でできているので雨に濡れてしまいます。

すべて布製のキャリーバッグと比較すると中の荷物がずぶ濡れになってしまうことは避けられるかもしれませんが、ファスナーの部分から染みこんだ雨で中の荷物が濡れてしまう可能性があります。

万全の対策をとるためにもカバーを用意しておくと良いでしょう。

キャリーバッグは旅の相棒!大切にしてあげましょう

キャリーバッグは旅行中の移動を快適にするための大切な相棒です。

いくつもの旅にお気に入りのキャリーバッグを持っていくことで愛着が湧くことがありますが、たくさんの思い出が詰まったキャリーバッグが雨によってシミがついたり、空港に荷物を預けた際に傷がついたりしてしまったのでは、悲しい気持ちになってしまいますよね。

お気に入りのキャリーバッグを長く大切に使うためにも、対策のひとつとして専用のカバーを準備しておくことをおすすめします。

まとめ

お気に入りのキャリーバッグを大切に扱っていたとしても、旅行中に雨に濡れたり移動中にいつの間にか傷がついてしまったりすることがあるかもしれません。

しかし、キャリーバッグ専用カバーがあれば、外部のダメージからキャリーバッグを守る対策をとることができます。

お気に入りのデザインのカバーを見つけて、旅行の際の必需品として携帯しておくと便利です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ