スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

ビジネスバッグはユニクロのもので済ませても大丈夫?それとも印象悪い?

   

ビジネスバッグを買う際には、どのくらいのビジネスバッグを買うべきか迷うものです。

でも多くの方は出来れば安く済ませたいと思うものなのではないでしょうか?

安く済ませると言えば、やはり浮かぶのはユニクロです。

では、ユニクロのビジネスバッグと言うのはアリなのでしょうか?

それともやはり印象が悪いのでしょうか?

ここではそれについてみていきます。

私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ユニクロでも印象が悪くなることはない

結論から見ていくと、たとえユニクロのビジネスバッグでも、ビジネスバッグがユニクロだからと言って印象が悪くなることはないと言えます。

なので、もしビジネスバッグを安く買いたいと思ったら、ユニクロのビジネスバッグを選ぶのもアリでしょう。

ただ、ユニクロのビジネスバッグを使用する際には注意点もあります。

カジュアルに見えないものを選ぶ

ユニクロと言うブランドは、基本的にはシンプルなカジュアルアイテムが多いです。

シンプルであることは、ビジネスシーンにおいてはすごく助かることではあるのですが、基本的にベースとなっているのは、カジュアルなアイテムなのです。

そしてそれは、バッグであっても同じことです。

だから、ユニクロのビジネスバッグは、ビジネスバッグではあるけれどカジュアルに見えるようなものが少なくありません。

もちろんそれは、シーズンやアイテムによって違うでしょう。

このシーズンのバッグは、ビジネスバッグとして使うにはややカジュアル過ぎるけれど、次のシーズンのバッグ、あるいは前のシーズンのバッグはビジネスバッグとして問題なく使用出来る。

そんなようなことも多々起こります。

だから、しっかりとアイテムを見て選んでいかないとならないと言えるでしょう。

カジュアルに見えてしまうと印象が悪くなることもある

もしビジネスバッグがカジュアルに見えてしまうと、そのせいで印象が悪くなることはあります。

カチったとしたアイテムは、その人をすごく仕事ができそうに見せてくれるアイテムになります。

たいしてカジュアルに見えるアイテムは、やや信頼性に欠けて見えてしまうことがあるのです。

つまり軽い人物に見えてしまう事があるということです。

カジュアルにみられることで、とっつきやすさや話しやすさは感じさせることが出来るでしょうが、それはあまりビジネスのシーンでは役に立たないと言えます。

だから、カジュアルに見えるビジネスバッグは避けるべきなのです。

ユニクロでビジネスバッグを選ぶことも全然問題はありませんが、出来るだけカチッとして見える物を選ばないとダメです。

私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

幾つかの用途に使えるものは買わない

ユニクロでビジネスバッグを買う際には、いくつかの用途で使えるものは避けるのがおすすめです。

たとえば、2Way3Wayで売り出されているバッグが、ユニクロには多くあります。

しかしそういうバッグは、やはりカジュアル度が高く見えてしまうのです。

だからそういうものを買うのが避けるべきだと言えるでしょう。

ブリーフケースとして使うバッグを選ぶ

そういう幾つもの用途に使えるものではなく、ブリーフケースとして使用するバッグを選ぶようにしていきましょう。

そういうバッグは、ユニクロからは毎シーズンでているわけではないでしょう。

だから常にアンテナをはっていないとなりません。

そして実際にそういうブリーフケースとしてだけ使用できるバッグが出てきたら、いくつか確保しておくと良いでしょう。

そうすれば汚れた時にも壊れた時にもスムーズに、そして安く対応できるようになります。

また新しく出るとは限らないですから、買える時に買っておくというのが、ユニクロでの一番賢い買い方だと言えるでしょう。

黒以外を選ばないことがポイント

ユニクロでビジネスバッグを買うのであれば、黒以外を選ばないことがポイントになるでしょう。

基本的には黒という色は、シックに見える色になります。

だから、黒のビジネスバッグであれば、たとえ安いビジネスバッグであっても、それの安っぽさがあまり感じられないようになるのです。

カジュアルに見えるようなビジネスバッグもよくありませんが、それと同じように、安っぽく見えてしまうようなビジネスバッグもよくありません。

安っぽく見えてしまうようなビジネスバッグの場合、やはり仕事が出来そうなイメージは与えられないのです。

安いのがダメなわけではない

安っぽく見えてしまうのがダメなのであって、実際に安いかどうかは関係ありません。

だから、ユニクロのビジネスバッグでも全然問題はないのですが、ユニクロのビジネスバッグは安っぽく見えてしまう物も少なくありません。

実際に安いわけですからそれも仕方ないですが、安っぽいビジネスバッグは避けないとならないので、そういうものを選ぶわけにはいきません。

そういうことがあるので、ユニクロでビジネスバッグを選ぶ際には、黒のビジネスバッグを選ぶようにするべきなのです。

靴はきちんとしたものを選ぶこと

もしユニクロでビジネスバッグを選ぶのであれば、その際には、靴はきちんとしたものを選ぶ必要があると言えます。

持ち物が与える印章と言うのは、連鎖するものです。

だから、ユニクロのビジネスバッグがもし安っぽく見えてしまったら、全体的に安く見られてしまう可能性が高くなります。

そうなったらやはり仕事ができそうには思われなくなるので、初対面などでは不利になることも出てくるでしょう。

もちろんそもそもそうならないように、なるべく安っぽく見えないようなビジネスバッグを選んでいるでしょうが、それでも安っぽく見えてしまう事はあります。

そうしてビジネスバッグが安っぽく見られた時に、全体のイメージを安っぽくしない為の保険として、靴は良いものを選ぶようにしていきましょう。

ビジネスバッグにお金をかけていない分、靴にはお金をかけることも出来るのではないでしょうか?

しかも靴は、ビジネスバッグ以上に目立つと言えます。

脱いだり履いたりすることも多いモノになりますし、そして何より、昔から靴は良いものを履けと言うのがファッションの基本だと言われていました。

だから、靴には目が行く人が多いのです。

そんな靴まで安っぽいのはよくありません。

出来れば5万6万くらいはするきちんとした靴を選んでいきましょう。

靴がきちんとしていればバッグも高く見える

また、靴がきちんとしていることは、ユニクロのビジネスバッグが安く見られた時に、全体まで安く見えてしまうことに対する保険という意味合いの他にもう一つ大事な意味があります。

靴が、靴がきちんとしていることで、全体までも高く見えるようになることがあるということです。

靴が与える印象はすごく大きいわけなのですから、そこが高く見えたら、たとえユニクロのビジネスバッグで合ってもそれがすごく高く見えるようになることがあります。

実際に値段やブランド名を聞いてくる方なんてそうそういませんから、高く見えたらこちらのものです。

そういう意味でも、靴はやはりきちんとしたものを選んでおくべきだと言えるのです。

まとめ

ユニクロでビジネスバッグを買うのも全然ダメなわけではありません。

でも、ユニクロでビジネスバッグを買う際には、安っぽく見えないようなもので、かつカジュアルに見えないようなものを選んでいかないとなりません。

それは意外と大変であることは間違いないでしょう。

だから何も無理してユニクロで選ぶ必要はないでしょう。

たまたま条件に合うものがあるのであれば、それは買いではありますが。