スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

ブランド品のキャリーバッグを中古で買う時の注意点4つ

   

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) ペガス55 N23294 キャリーバッグ モノグラムキャンバス ユニセックス (中古)

たとえばルイヴィトンやグッチ等のビッグメゾンにも、キャリーバッグはあります。

でもやはりそういう物を新品で買うとかなり値段になります。

だから比較的に手頃に買える中古のブランドキャリーバッグを狙っているという人もたくさんいるでしょう。

しかしブランド品の中古を買う際には、注意点もたくさんあります。

ここではそんな注意点についてみていきます。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

なるべく名のあるお店で買う

ブランド品の中古を買うのであれば、なるべく名のあるお店で買うのがおすすめです。

たとえば大黒屋や、ラグタグ、あるいはカインド、そして最近ではゾゾタウンのユーズド販売サイトである、ZOZO USEDなどもそれに当たると言えるでしょう。

そういうところであれば、まずしっかりとした本物のブランド品で無いかぎり買取はしないと言えるでしょう。

そのためのノウハウなどもしっかりとしているので、偽物を掴まされている可能性はかなり少ないです。

そしてもし偽物を掴まされていて、自分がそこで買ったものが偽物だと証明することが出来たら、そういうところならしっかりと対応してくれるようになるでしょう。

返品してくれたりするのです。

それができれば最低限自分が損をすることが無いので安心は出来るはずです。

これがもし個人や、あまり名の知れないリサイクルショップなどの場合は、かわされてしまう可能性もあるでしょう。

そうなったら損をするのは自分になります。

だからそうならないように、なるべく名の知れたお店で買うのがおすすめなのです。

名の知れたブランドは偽物も多い

たとえキャリーバッグであっても、名の知れたブランドのアイテムというのは、偽物もすごくたくさんあるのです。

だから、たとえばネットオークションなどで個人から買おうとすると、それが偽物だったりすることも全然あります。

その場合は悪意を持って売っていることも多いので、まず間違いなく逃げられてしまうことになるでしょう。

またそういうところから安くものを仕入れることもある、小さなリサイクルショップも同じように危険なのです。

小さなリサイクルショップの場合は、別に悪意があってそうしているわけではないかもしれません。

しかし、だからといってきちんと対応してもらえるかは別の話なのです。

だから一番いいのは、偽物を掴まされないことであることは確実です。

そのためには、ある程度名の知れたお店で買うのが一番でしょう。

私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ネットで個人から買うなら証拠を見せてもらう

もしどうしてもネットで個人からでない買えないというのであれば、その時には証拠を見せてもらうようにしましょう。

ネットで個人から買う方が、ある程度名の知れたお店から買うよりも遥に安く買えることはまず間違いありません。

下手したら1.5倍くらいになることもあります。

だから、危険を承知でネットで個人から買いたいと思うこともあるでしょう。

でもやはり偽物を掴まされたらどんなに安くても意味がないので、どこでキャリーバッグをかったのか、そもそもいくらで買ったのかという証拠を見せてもらうようにして下さい。

その証拠が提出できないのであれば、せめてどこで買ったのか、いくらで買ったのかだけでも聞くようにしていきましょう。

それくらいであればはっきりと覚えている人も多いでしょう。

それを聞いたら、すぐにそれが整合性をとれているか調べるのです。

その整合性がとれていたら、それを購入しても大丈夫だと言えるでしょう。

個人から買うなら慎重さは必須

ネットで個人からブランド品のキャリーバッグを買うのであれば、そうした慎重さはまず欠かせません。

先述の通りキャリーバッグとは言えども、大きなメゾンの模造品というのはすごく多いのです。

ましてや日本人はすごくブランド好きのイメージがありますし、お金があるイメージモありますから、模造品が入ってきやすい環境にあると言えます。

日本ではあまりそんなことはないはずだと思っている人もいるかもしれませんが、日本でも本当に日常茶飯事でありえることなのです。

だから、必ず慎重に購入するようにしていってください。

過去の取引履歴を見てから買う

個人からブランド品のキャリーバッグを買うのであれば、必ず過去の取引履歴を見てから買うようにしないとなりません。

過去の取引履歴を見れば、その人が模造品を中心に扱っている可能性があるかそうでないかは簡単に分かるでしょう。

たとえば模造品を中心に扱っている人なのであれば、直近の取引も同じようなビッグメゾンのモノになるでしょうし、なんなら全く同じものである可能性もあります。

この世の中のどこに、同じブランドの同じキャリーバッグを二つも買う人がいるでしょうか?

そんな人はまずいないはずです。

それが出来るのは、ごく一部の関係者か、あるいは模造品を売っている人になります。

ではその、ネットでブランドのキャリーバッグを売っている人は、どちらである可能性が高いでしょうか?

それは間違いなく後者でしょう。

ごくごくマレに前者であることもあるでしょうが、大半の場合は後者になります。

だから個人で何度も同じブランドのものやあるいは同じキャリーバッグを出品している人からキャリーバッグを買うのは避けるようにした方が良いでしょう。

過去の取引がない人も注意

中にはそうして過去の取り引きを見られることを恐れて、過去の取引を0にして、つまり新規アカウントで売買している人もいます。

でも、そうした新規アカウントの人にはある特徴があります。

それは、新規の割にやたらとしっかりとした商品説明や送料についての説明などがあるということです。

本当に新規なのであればそんなことをかくべきかどうかも分からないはずなので、スカスカの商品説明になったりします。

新規なのにそんなに慣れているのはおかしいのです。

だから、そういう人も要注意です。

ネットではやたらと安いものは避けるべし

ブランド品のキャリーバッグをネットで中古で買う際には、もう一つ注意点があります。

それが、やたらと安いものは避けるようにするということです。

ネットには、マレにやたらと安いブランド品のキャリーバッグも出たりします。

そしてパッと見ではあまり汚れたりしているわけでもないし、別に古いものであるような雰囲気もない。

それなのに何故か安い。

それは明らかにおかしいです。

自分だけがたまたまその商品をみつけたと言うことなんて、早々おこらないものです。

だから、たまたま安く買えるということもまずないのです。

みなが避けているから安いだけ

それが安いのは、偽物である可能性が高いから、目利きの出来る人が避けているというだけの話なのです。

だから、何故か安いキャリーバッグというのは、偽物である可能性が高いと考えて置いた方が安全でしょう。

もちろん本当にマレに、たまたま自分だけが先に見つけたということもありますが、そんなことはめったにないのだと言い聞かせて、一旦冷静に物事を考える頭が必要なことは間違いありません。

そうして冷静に対処して、偽物を掴まされないようにしていきましょう。

まとめ

ブランドのキャリーバッグを中古で買う時には、なるべく名のあるお店で買うようにしましょう。

どうしてもネットで個人からしか買えない場合は、証拠や取引履歴、そして不自然に安くないかなどかから判断して買うようにしていってください。

ずっと楽しみにしてやっと買えたもので偽物を掴まされることほど悲しいものはありませんから。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ