スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

就活でのビジネスバッグにリュック型のものはアリ?それともナシ?

   

EDWIN(エドウィン) リュック 多機能 ポケット PC収納 大容量 ボックス 型 ブラック Free

就活では、ビジネスバッグを使用しないとなりません。

でも、ビジネスバッグと一口に言っても、たとえばリュック型のビジネスバッグもあるのです。

では、就活でリュック型のビジネスバッグを使用するのはアリなのでしょうか?

それともそれはナシになるのでしょうか?

ここではそんな、就活でリュック型のビジネスバッグを使う事の是非についてみていきます。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

就活ではリュック型はナシ

まず結論から言うと、就活と言うシーンにおいては、リュック型のビジネスバッグはナシだと言えるでしょう。

だから基本的には就活では、ブリーフケース型のビジネスバッグを使用するのがおすすめです。

もちろんたとえリュック型のビジネスバッグを使用していても、それは会社によっては、特に何も思われないこともあるでしょう。

しかし、逆にすごく違和感を覚えられてしまうこともあるのです。

第一印象が悪くなる

そうしてリュック型のビジネスバッグに違和感を覚えられてしまうということはつまり、第一印象が悪くなるという事になります。

第一印象が悪くなると、それはなかなか取り戻すのは難しいでしょう。

一般的に就活で大事なのは第一印象だと言われています。

それは、就活の面接と言う短い時間では、人が最初に抱いた印象は、なかなか逆転しないからです。

特に、持ち物が原因で抱かれた印象に関しては、すごく改善しづらいでしょう。

そうしてイメージを逆転させるのが難しいというのは、自分が面接官になったシーンを想像するとわかりやすいのではないでしょうか?

自分が面接官として誰かを面接する際、第一印象が悪い方の言葉は、何を言われてもうわべだけの言葉に聞こえるのではないですか?

逆に第一印象が良い方の言葉は、実際には大したことないことを言っているのに、すごく良いことを言っているように聞こえているというイメージが出来るのではないでしょうか?

それだけ第一印象が与える効果は大きいのです。

なので、就活ではすこしでも第一印象を良くしておくべきなのです。

持ち物での印象なんて、誰にでも改善出来ることです。

それなのにソレをしっかりと整えないのは、すごく勿体ないことなのです。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

リュック型がダメなのは持ちづらいからでもある

また、リュック型がダメなのは、リュック型のビジネスバッグであるという時点で悪い印象を与えてしまう事が多いからと言うだけのことではありません。

リュック型のビジネスバッグを就活で使用するのがおすすめできない理由としては、リュック型のビジネスバッグは、背負わない時の持ち方が難しいからでもあります。

ブリーフケースタイプのビジネスバッグであれば、常に手で持っているので、基本的には就活の面接会場でもそれは手で持つことになるでしょう。

しかしリュック型のビジネスバッグの場合は、基本的には背負うものになります。

だからと言って、それを背負ったまま就活の面接会場に入るのはマナー違反です。

それはコートをきたままその面接会場に行くという事と同じ位にはマナー違反になってしまうと言えるでしょう。

そうさせないためには、やはり会場に入る前にリュックは下さないとならないわけなのですが、いざリュック型のビジネスバッグを下した時、それはどうもてば良いのでしょうか?

基本的には片手で持つことにはなるのですが、そこでどういう持ち方をしても、それはいささかカジュアルに見えてしまうでしょう。

なので、それが原因で印象が悪くなることがあるのです。

持ち方が変わらないビジネスバッグが無難

いちいちその就活の面接の会場と外で持ち方が違うビジネスバッグを使用していると、いまはどっちで持ったら良いか分からなくなるでしょう。

その結果、マナー違反となる持ち方で面接会場にはいったり、あるいは手でリュック型のビジネスバッグを持ったまま街中を移動してしまったりする事もあるでしょう。

前者の場合はいわずもがなで良くないですし、後者の場合もそれで移動するならばあえてリュック型のビジネスバッグを使用する意味が無くなると言えます。

そうした余計なミスで印象を悪くするのも、あるいは持ち方まで気にしていて、他のことに頭がまわらなくなるのも勿体ないですから、就活ではリュック型のビジネスバッグではなく、どこで持つにしても持ち方が変わらないようなビジネスバッグを使用していくと良いでしょう。

それはやはり、ブリーフケースになります。

スーツもしわになりやすい

就活でリュック型のビジネスバッグを使用しない方が良い理由には、まだ言えることがあります。

それが、スーツがシワになりやすいと言う事です。

リュック型のビジネスバッグと言うのは、基本的には肩にかけて使用するモノになります。

肩に何かをかけるということは、肩のあたりにしわが寄ってしまう可能性があるという事になります。

基本的には就活で使用するスーツは、しわのない状態に仕上げているのではないでしょうか?

それは、その方がしっかりして見えるからです。

スーツがよれるとだらしなく見える

スーツがよれよれだと、どうしてもだらしなく見えて印象が悪くなります。

なので、就活で使用するスーツは綺麗にしわを伸ばしてあるでしょう。

しかし、そんなスーツにリュックをかけて移動していたら、肩のあたりにしわが寄ってしまうのです。

結果、きちんと綺麗にしていたはずのスーツでも、印象が悪くなることがあるのです。

そうなってしまっては勿体ないです。

背負わないという選択肢はない

ただ、そうして肩のあたりがシワになるのが嫌だからと言って、それを背負わないという選択肢はないでしょう。

先述のとおり、背負わないのであれば、あえてリュック型のビジネスバッグを使用するメリットが何もなくなりますし、それを使用するのであれば、背負わないとならないのです。

そしてそれを背負うのであれば、やはり就活というシーンでは使用しない方が良いでしょう。

それは、多少スーツの肩のあたりがシワになっていても問題ない、仕事が始まってから使用していくのがおすすめです。

仕事が始まってからであればむしろそのリュック型のビジネスバッグはすごく重宝すると言えるでしょう。

移動も楽になりますし、色々入れてもどこに何があるのかわかりやすいですから。

リュック型は中身もよれやすい

リュック型のビジネスバッグは、比較的に揺れると言えます。

手持ちタイプのビジネスバッグであれば、揺れないように上手く調節していく事も出来るでしょうが、リュック型のビジネスバッグの場合はそういうわけにもいかないのです。

背負って歩くわけですから、どうしても激しめに縦揺れするはずです。

そうして激しめに縦揺れしてしまうと、そのせいでそのビジネスバッグの中身が折れ曲がってしまったりすることも出てくるでしょう。

そこには就活で提出する書類や資料なども含まれていることでしょう。

それが折れてしまっていては、確実に印象は悪くなるでしょう。

なので就活ではそうなりづらいような、手持ちタイプのビジネスバッグを使うのが効果的なのです。

そんなことで印象を悪くしていては勿体ないので、基本的にはリュック型のビジネスバッグは就活では避けていきましょう。

まとめ

リュック型のビジネスバッグは、就活ではなしになります。

シンプルに印象的になしだという事もありますし、持ち方が変になったり、あるいはスーツにしわがついたり、中身がよれてしまったりしやすかったりと、就活で使用するのに置いては、リュック型のビジネスバッグは弱点が多すぎるのです。

なのでそれではなく、ブリーフケースタイプを使用していきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ