スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

海外に行くなら必須?キャリーバッグの防犯対策としてするべき4つの事

      2017/03/24

Orchidtent 蛍光風 スーツケースベルト 視認性抜群 目立つ度アップ 十字型 キャリーバッグ用 スーツケースハンドルカバー付き 国内旅行 海外旅行 出張 修学旅行 3色 (ブルー)

キャリーバッグが盗難被害にあったりすると、そこから先は旅行どころではなくなります。

一人旅ならまだしも、数人で行っている場合は、他の人にも迷惑がかかるわけですから、さらに意気消沈するでしょう。

だからそうならないために、キャリーバッグの防犯対策はしっかりとしておかないとなりません。

では、そのためにはなにをするべきなのでしょうか?



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ベルトをつける

キャリーバッグの防犯対策としてまずおすすめなのは、キャリーバッグにベルトをつけることです。

キャリーバッグのベルトをつけるとは、キャリーバッグの周りを紐のようなものでぐるぐると覆うという事です。

それをするだけで、それを外さないとフルオープン出来なくなるので、まず簡単に開けることができなくなります。

さらにそのベルトに鍵がついていたりしたら、明らかにソレを狙うのは非効率的だとわかります。

いちいちその鍵も開けないとならなくなるわけですから、時間がかかることは明白です。

だから、そもそも狙われる可能性が低くなるのです。

防犯意識の高さのアピールにもなる

そしてそれは、防犯意識の高さのアピールにもなります。

わざわざベルトをまいているような人が、防犯意識が低いわけがありません。

だからそうしてしっかりとキャリーバッグにベルトが巻きつけられている場合、それだけで防犯意識が高いと思われるのです。

誰だって、リスクの高い冒険はしないものです。

もちろんそれだけ防犯意識が高くても、あきらかに見た目がゴージャスで、中身に期待が持てそうであれば、盗難にあう可能性もあるとは言えますが、そうそうそれだけ見た目がゴージャスな人もいないでしょう。

普通の人にみえる人で、かつ防犯意識が高い人からキャリーバッグを盗むなんて言うのはリスクしかありません。

リターンの期待も薄いです。

だから、これだけしっかりと防犯意識をアピールできれば、それだけでも効果はあるのです。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ワイヤーロックを持っておく

キャリーバッグの盗難で一番多いのは何でしょうか?

それは間違いなく置き引きです。

日本人は特に、どこにいってもその国が日本であるかのようにふるまいがちなところがあります。

でも、多くの場合、どこに行っても日本より治安の悪い国ばかりです。

だから、日本にいるつもりで、キャリーバッグで席をとっていたりしたら、一瞬で盗まれてしまうと言えるでしょう。

それは自業自得と言えますが、時には一瞬の油断で盗まれることもあります。

たとえばちょっと自販機で水を買いに一瞬目を離したすきに盗まれるとか、そういうこともあるのです。

それを防ぐためには、いつも一緒に行動することが一番ですが、時にはそれができない事もあるのです。

だから、そういう時にも置き引きに合わないように、ワイヤーロックを持っておくのがおすすめです。

自転車のようにおいておく

ワイヤーロックがあれば、キャリーバッグをまるで自転車のようにとめておくことができます。

街中でロードバイクやクロスバイクがガードレールにワイヤーでつながれているところを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

それと同じように、キャリーバッグもことあるごとに結んでおくのです。

そうすれば、どうしてもそれから目を離さないとならない事態になっても、そうそう簡単には盗むことができなくなります。

そしてこれも、先のベルトと同じように、防犯意識の高さをアピールすることにも繋がるでしょう。

そういう意味でも効果的ですし、使用するシーンは意外と多いので、ワイヤーロックは用意しておいた方が良いでしょう。

ネームタグなどは付けないようにする

キャリーバッグの防犯対策として、ネームタグなどを外しておくという事もいえます。

なぜネームタグを外しておくべきかわかりますでしょうか?

それは、ネームタグをつけておくと日本人だと丸わかりになるからです。

ネームタグには多くの場合で日本語が書かれているでしょう。

もしそれを英語でかいていたとしても、名前の並びなどで日本人の所有物だとばれてしまう可能性が高いです。

それは、海外においては危険なことだといえます。

お金持ちだと思われる

日本人イコールお金持ちという考え方は、やはり海外にはまだ多くの地域であります。

実際に貧困地域と比べるとやはり日本人はかなりお金持ちであることが多いです。

だから、日本人とばれてしまうことは良くないと言えるのです。

日本人だとばれてしまうと、それだけでキャリーバッグが狙われる可能性が高くなるからです。

お金持ちのキャリーバッグと、お金持ちかどうか分からない人のキャリーバッグがあったら、多くの人はお金持ちの人のキャリーバッグを盗むはずです。

そうでないとただただリスクが高いだけの所業になってしまいますから。

日本人を狙えば、お金持ちである可能性が高いので、リスクは高くてもリターンも高そうに思えるものです。

だから、日本人は狙われやすいのです。

日本人はやさしいというイメージも大きい

日本人が狙われてしまうというのには、日本人はやさしいというイメージがあるのも大きいでしょう。

もしキャリーバッグを盗もうとして失敗して見つかっても、日本人が相手ならば大事にはならないだろうという安心感があるはずです。

実際に、日本人の場合もしそうしてキャリーバッグを盗もうとしているところを見てしまっても、あまり大事にはしないはずです。

いきなりそこに駆けつけて殴打をするというような方はほとんどいないのではないでしょうか?

だから、狙いやすいのです。

色々な理由から、日本人だとばれることは危険なので、防犯のためにも、ネームタグは外しておきましょう。

貴重品などを入れないことも大切

キャリーバッグの防犯としては、貴重品などをそこに入れないようにするという事も大切になります。

キャリーバッグの中に貴重品を入れていると、万が一それが盗まれた時にどうする事も出来なくなってしまいます。

もしキャリーバッグとは別で持ち歩いていれば、それが盗まれてもなんとかなります。

そして、キャリーバッグをもって歩いている時、どうしてもそこに目が行くので、盗もうと思う方も、まずターゲットにするのはキャリーバッグになるのです。

つまり、キャリーバッグと別で貴重品を持ち歩いていれば、キャリーバッグをおとりにしてそれらを守れる可能性が高くなると言えるのです。

キャリーバッグの中に貴重品を入れていても、それごと盗まれる可能性は高くなるだけでいいことは何もないです。

だから、貴重品は外しておくべきなのです。

キャリーバッグ内には洋服などだけ入れる

では逆にキャリーバッグの中には何を入れたらよいのでしょうか?

キャリーバッグの中には、洋服などの盗まれても特別問題無いものだけを入れておくようにしましょう。

盗まれたらどうしようもなくなるものや、高価なものは抜いておくのが正しい防犯対策です。

財布やパスポートはもちろんのこと、たとえばカメラなども、キャリーバッグには入れておかない方が良いです。

あとは時計なども避けた方良いでしょう。

まとめ

キャリーバッグの防犯対策としてするべきことは、この4つになります。

これらの4つは最低限やっておいた方が良い事なので、他にも何か浮かんでくる可能性は高いです。

もし何か浮かべばそれも実践して、少しでも防犯力を高めておきましょう。

それが自分のためでもあり、一緒に旅行している人のためにもなるわけなのですから。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ