スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

軽くて持ち運びに便利!布タイプのキャリーバッグの魅力と上手な選び方

      2019/02/09

[877]スーツケース ソフトタイプ 布製キャリーバッグ 機内持ち込み ブラック

キャスター付きのキャリーバッグには、表面が硬い樹脂タイプのものと表面が柔らかい布タイプのものがあります。

現在は樹脂タイプのものが主流となっていますが、中には布タイプのキャリーバッグを必要としている方がいるかもしれません。

実は布タイプのキャリーバッグには、樹脂タイプにはない数々の魅力があるのです。

ここでは、布タイプのキャリーバッグの魅力と上手な使い方をご紹介したいと思います。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

布タイプのキャリーバッグの魅力を教えて!

機内持ち込み可能なサイズが揃っている

布タイプのキャリーバッグは、たくさんの荷物を持っていく必要がある海外旅行よりも少ない荷物で済む短期間の旅行に向いているかもしれません。

コンパクトで機内持ち込み可能なサイズのものが揃っているので、豊富な種類の中から気に入ったデザインのものを選ぶと良いでしょう。

機内持ち込み可能なキャリーバッグは、わざわざ空港に荷物を預ける必要がないので手間がかからず、目的地についてからの移動がスムーズです。

本体が軽量で荷物を入れても楽に移動できる

布タイプのキャリーバッグは本体が軽量なので、旅行に必要な荷物を収納した後でも全体の重量を抑えることができます。

樹脂タイプのキャリーバッグよりもはるかに軽いので、たくさんの荷物を入れて楽に収納できるのでおすすめです。

荷物が軽ければ軽いほど移動中に余計なエネルギーの消耗がないので、軽やかな気分で旅行を楽しむことができます。

荷物の出し入れが楽な構造となっている

樹脂タイプのキャリーバッグは蓋と底の部分に荷物を収納する構造となっているので、荷造りの際にはバッグを全開する必要があり場所をとることがあります。

その点、布タイプのキャリーバッグは底の部分に荷物を収納する構造なので、たくさんの荷物をコンパクトにまとめることができます。

また、旅行中に中の荷物を取り出したい時には、キャリーバッグをその場に立てたままファスナーを開けて中の荷物を取り出せるのでおすすめです。

素材に柔軟性があるため壊れにくい

樹脂タイプのキャリーバッグは硬くて丈夫な作りですが、外部からの強い衝撃を受けた際に割れてしまう可能性があります。

その点、布タイプのキャリーバッグは素材の特徴からある程度柔軟性があるので、外部の衝撃を受けた場合でも壊れにくいところが魅力です。

布の部分が何かに引っかかって破けるなどの特殊なトラブルが生じない限りは、バッグの表面の部分が衝撃を受けにくいところが魅力です。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

布タイプのキャリーバッグの上手な選び方とは?

雨にも対応できる撥水加工が施されたものを選ぶ

布タイプのキャリーバッグを選ぶ時には、撥水加工が施されたものがおすすめです。

旅行中は突然気候が変化することもあるので、折りたたみ傘などを携帯される方が多いかもしれませんが、通常の大きさの傘ではキャリーバッグが濡れてしまうことがあります。

そんな時、撥水加工によってキャリーバッグが雨を弾くようになっていれば、中の荷物が雨に濡れることを防ぐ対策がとれます。

しかし、強い雨には対応しきれないこともあるので、あくまでも対策として考えておくと良いかもしれません。

ファスナーの部分に鍵がついたものを選ぶ

旅行中は大切な荷物を守るためにも、鍵付きのキャリーバッグがおすすめです。

布タイプのキャリーバッグの中にはファスナーの部分に鍵がついているものがあるので、使いやすい鍵が付いたものを選んでセキュリティ対策をとると良いでしょう。

鍵を持ち歩くことに面倒さを感じない場合には鍵付きの錠前タイプのもの、鍵を失くしそうで不安な場合にはダイヤル式の錠前タイプのものを選ぶと良いでしょう。

サイドにいくつかポケットがついたものを選ぶ

布タイプのキャリーバッグはサイドにポケットがついたものが豊富にあるところが魅力です。

ガイド本など旅行中に頻繁に取り出したい物がある場合でも、大きめのポケットがついていれば必要なアイテムが楽に収納できて、頻繁に取り出すことが可能なので快適に過ごすことができるでしょう。

ポケットがいくつかついていれば、用途に合わせてアイテムを分けて入れておくことができるのでおすすめです。

折りたためる構造になっているものを選ぶ

布タイプのキャリーバッグの中には折りたためる構造のものがあります。

旅行の時だけ広げて使用すれば良いので、通常の時は折りたたんでコンパクトに収納しておけるのでクローゼットの中で場所をとることもありません。

キャリーバッグは場所をとってしまうアイテムなので、頻繁に旅行に行かない方であれば収納しやすいものがおすすめです

布タイプのキャリーバッグを使用する時の注意点!

強い雨の時には専用カバーを準備する

布タイプのキャリーバッグに撥水加工が施されていても、強い雨には対応できないことがあるので雨を弾く専用のカバーを用意しておくと安心です。

旅行先で強い雨が降っている場合でも、カバーをかけることによって中の荷物が濡れないようにするための対策を取りながら移動することができます。

雨で足止めを食らわずに済むので時間を無駄にせずに済むでしょう。

キャリーバッグが濡れたらすぐにお手入れする

布タイプのキャリーバッグが万が一濡れてしまったら、乾いた布ですぐに拭きとるなどしてすぐにお手入れをすることが大切です。

こまめなお手入れによって生地の劣化を防ぐ対策がとれる上に、旅行先で雨に濡れた時に中の荷物が湿気の影響を受けないようにする対策がとれます。

壊れやすいものを入れて持ち歩かない

旅行先でその土地ならではの民芸品などを見つけることがあります。

繊細なガラス製品などは僅かな衝撃でも壊れやすいので、外部からの衝撃をガードする働きが弱い布タイプのキャリーバッグには壊れやすいものを入れて持ち歩かないようにしましょう。

大切なものは手に持つようにするか配送してもらうようにすると安心です。

使用しない時は通気性の良い場所に保管しておく

布タイプのキャリーバッグは雨に濡れる以外にも湿気を吸ってしまうことがあります。

自宅で収納する際には、できるだけ通気性の良い場所に保管しておくことでカビの発生を防ぐ対策をとることができます。

一旦カビが生えるとその部分の生地がどうしても劣化しやすくなるので、カビ防止対策を十分にとることが大切です。

布タイプのキャリーバッグはこんな方におすすめ!

とにかく荷物を楽に持ち運びたい方

布タイプのキャリーバッグの大きなメリットは何と言っても軽量なところです。

樹脂タイプのキャリーバッグとは比較にならないくらい軽いので、荷物をできるだけ楽に持ち運びたい方におすすめです。

キャリーバーを引いて荷物を持ち運ぶ時も軽やかに移動できるので、行動範囲も広がることでしょう。

バッグのようなお洒落なデザインのものが欲しい方

布タイプのキャリーバッグはリュック型やボストンバッグ型などデザインの種類が豊富なので、自分の好きなデザインのものが選べます。

中には、まったくキャリーバッグに見えないお洒落なデザインのものがあるので、旅行先でのお洒落を楽しみたい方におすすめです。

頻繁に短期間の出張がある方

頻繁に短期間の出張がある場合には、布タイプのキャリーバッグがおすすめです。

短期間であれば必要な荷物が少ないので、本体が軽いキャリーバッグを選んでおく方が移動が楽になります。

機内に持ち込み可能なコンパクトな布タイプのキャリーバッグがあれば、出張中の移動がスムーズです。

まとめ

布タイプのキャリーバッグはたくさんのメリットがありますが、雨に弱いなどのデメリットもあるので、専用カバーなど便利なアイテムを準備しておくことで気になる点を上手にフォローすることが大切です。

シンプルな長方形のタイプ以外にもデザインが豊富なので、ファッションに合わせて自分にぴったりのお洒落なキャリーバッグが選ぶことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ