音楽をもっと身近にしてくれるdapの選び方とおすすめ3選

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55 : Bluetooth microSD対応 ハイレゾ対応 最大45時間連続再生 2018年モデル グレイッシュブラック NW-A55 B

通勤・通学の電車の中でイヤホンをしている人が増えました。

大好きな音楽を聞ければ、不快な満員電車も少し快適に過ごせる気がしますよね。

勉強や仕事へのモチベーションも音楽ひとつで上がることがあります。

そんな音楽を手軽に楽しめるのがDAP(デジタルオーディオプレーヤー)です。

今回は、音楽を身近にしてくれるdapの選び方とおすすめについて説明します。

dapとは

音楽をより手軽に楽しめるアイテム

あなたは、通勤・通学などのとき、何で音楽を聞いていますか?

一昔前なら、カセットプレーヤー、CDプレーヤー、MDプレーヤーなどが主流でした。

これらで音楽を聞く場合、プレーヤー+媒体(カセット・CD・MDなど)が必要でした。

通勤・通学カバンに入れるとなると、結構重かったり、媒体の入れ替えが必要だったり不自由なことも多かったですよね。

dapは、本体にあるハードディスクやメモリに音楽を保存させるので、カセット・CD・MDなどの媒体が必要ありません。

さらに、音楽データを圧縮させて保存するので、たくさんの音楽を保存することが可能なのです。

dapが一つあれば、様々な音楽を保存し、気分によって聞くことができるのです。

音楽をより手軽に楽しめるアイテムだということなのです。

dapの種類

dapには、音楽の保存方法が異なるタイプが存在します。

ここでは、保存方法の違いについて説明していきます。

ハードディスクタイプ

ハードディスクタイプは、コンピューター内部にあるHDDと同様の構造で保存するものです。

dap内部に複数枚の磁気ディスクが内蔵され、容量が大きくコストが安いことが特徴です。

保存容量は、数千曲と大きいので、たくさんの音楽を保存することができます。

デメリットは、重さと読み込みが若干遅いことです。

ポケットに入れて歩いたりする場合、重さが気になるかもしれません。

また、衝撃に弱いので、落としたりすると内蔵の磁気ディスクが壊れる可能性があります。

本体カバーやケースなど、かわいいデザインのものもたくさんあるので、入れて保護するのがおすすめです。

メモリータイプ

メモリータイプは、半導体にデータを保存させているので、読み取りがはやいのが特徴です。

ハードディスクに比べると非常に軽く、衝撃にも強いので落として壊れることがありません。

フックがついているプレーヤーもあるので、カバンなどに引っ掛けたり、服に引っ掛けてウォーキングなどもできます。

デメリットは、容量が少ないことです。

なので、時々曲を総入れ替えして保存しなおす必要があります。

いつも決まった音楽を聞いていて、あまり変えないという人には便利かもしれません。

また、ハードディスクタイプに比べると、高価なものが多いのもデメリットです。

メモリータイプは電池の持ちがよく、長期間電池の入れ替えが必要ありません。

バッテリー内蔵型のタイプもあります。

メモリーカードタイプ

メモリーカードタイプは、SDカードなどのメモリーカードに保存するタイプのプレーヤーです。

メモリーカードに音楽を記憶させるので、容量はメモリーカードの上限まで保存可能です。

容量いっぱいになっても、新しいメモリーカードを買い足せば、更に容量が増えるという具合です。

dapの便利な機能

ラジオが聞ける

「通勤のときに、電車遅延があって動けなくて退屈した」そんな経験誰にでもありますよね。

そんなときにおすすめなのがラジオです。

ちょっと気分を変えて、いつもの音楽以外のものを聞きたいときはもちろん、災害などのときもラジオが聞けると安心です。

ボイスレコーディング機能

会議など重要な場面で、メモしきれなかったりすると大変ですよね。

そんなときは、ボイスレコーディング機能があるとあとでゆっくりまとめることができます。

不足の事態があったときに録音しておくと、証拠にもなるので、持っていると安心かもしれません。

スピーカー機能

プレーヤー本体にスピーカーの機能も備わっています。

この場合、音はあまりよくないので、音楽を鑑賞する目的ではあまり使えません。

先程のボイスレコーダー機能で録音したものをもとに、会議の議事録や資料をまとめる際に便利な機能です。

スピーカーを使用したい場合は、別売りのスピーカーにケーブルで接続することもできるので、音楽を聞くときはその方法がおすすめです。

dapの選び方

プレーヤーの容量

先程も説明したとおり、ハードディスクタイプ・メモリータイプ・メモリーカードタイプによって容量はかなり違います。

容量が少ないと、短期間で曲の入れ替えが必要で面倒なので、容量は多いものが当然おすすめです。

ただし、何千曲も保存しても結局聞き切れないので、値段などその他の要素も検討して決めましょう。

動画再生をする場合は、容量が大きいものが必要になります。

ただし、最近ではスマートフォンで動画が見られるようになったので、動画再生の需要は少ないと思います。

連続再生時間

ほとんどの人がdapを外出先で使うと思われるので、連続再生時間も大切なポイントです。

ハードディスクタイプは、ほとんどの場合8~16時間です。

それに比べ、メモリータイプは50時間も動くものもあるので、電池交換や充電の手間が少なく便利です。

USBで充電することができるタイプなら、USBケーブルを持ち歩けば外出先で充電することもできます。

大きさ・重さ・デザイン

毎日カバンに入れて持ち歩くことを考えると、大きさと重さも大切なポイントです。

最近では、小型化・軽量化が進み、コンパクトになりました。

また、デザインやカラーも豊富です。

毎日持ち歩くものですから、気に入ったデザインのものを持ち歩きたいですよね。

dapのおすすめ3選

ここでは、今人気のdap(デジタルオーディオプレーヤー)おすすめ3選を紹介します。

購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

SONY NW-A55(16GB)

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55 : Bluetooth microSD対応 ハイレゾ対応 最大45時間連続再生 2018年モデル グレイッシュブラック NW-A55 B

Bluetoothレシーバー機能を搭載したウォークマンです。

ウォークマンシリーズならではの高の良さが人気です。

スマートフォンやストリーミングサービスの音楽を高音質で楽しめます。

APPLE iPod touch 第6世代(32GB)

Apple iPod touch 32GB 第6世代 2015年モデル ピンク MKHQ2J/A

スマートフォンのようなデザインとコンパクトさで人気の商品です。

立ち上がり時間もはやく、操作性もいいのがおすすめのポイントです。

デザインにこだわる人におすすめの商品です。

ONKYO DP-S1A(B)(16GB)

ONKYO DP-S1A デジタルオーディオプレーヤー rubato ハイレゾ対応 ブラック DP-S1A(B) 【国内正規品】

多彩な音楽ファイルを再生できるハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤーです。

シンプルかつコンパクトなデザインと操作性の良さがおすすめです。

音質にこだわる人におすすめの商品です。

まとめ

あなたが音楽を聞くのは、どんなときですか?

音楽は、聞くだけで楽しい気分になったり、リラックスした気分になったり、生活に欠かせないものですよね。

毎日の生活を豊かにしてくれる音楽、それを手軽に楽しめるのがdap(デジタルオーディオプレーヤー)なのです。

お気に入りのdap(デジタルオーディオプレーヤー)を見つけて、音楽を楽しんでください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!