私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

ベイプを使って禁煙を成功させよう!ベイプと加熱式タバコどっちが禁煙に使いやすい?

   

FLEVO スターターキット [ホワイト]

禁煙の嵐が吹き荒れる昨今の日本、愛煙家にとって住みづらい世の中になってきました。

これを機会に禁煙すれば、などと周りにせっつかれている人も少なくないはずです。

またご当人も、お財布にも厳しくなってきたしそろそろかなあ、と覚悟を固めようとしている人も多いはずです。

しかし長年親しんだタバコと、早々サクッと縁が切れるものではありません。

ここでお助けになるのが電子タバコ、ベイプなのです。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

ベイプは加熱式タバコとは違う?

一般的に電子タバコと呼ばれるのが、ベイプです。

リキッドを使用して蒸気を吸い込むタイプで、日本ではリキッド内にニコチンは含まれません。

一方の加熱式タバコも、時には電子タバコと呼ばれますが、こちらは煙草の葉を使用してしっかりとニコチン摂取できる煙草です。

税金もしっかりとかかっています。

なので本来こちらは、電子タバコではなく普通の煙草に分類されることになります。

普通の煙草の副流煙問題を解決し、それでもニコチンは摂取できるのが加熱式タバコです。

ニコチンの含まれないリキッドを蒸気にして吸い込むのが、電子タバコすなわちベイプと理解しておいてください。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

禁煙する時に問題になるのは?

禁煙を始めた時に、一体何がそれまでの愛煙家に起きるのか、代表的なところを上げてみます。

禁煙の第一の問題

禁煙した時にまず感じるのが、手持ち無沙汰ということです。

それまで、吸わないでも指に挟んでいた煙草が無くなるので、おや?

と言う気分になる人は多いですね。

それでついつい手が煙草に伸びて、などということも多いです。

この手持ち無沙汰が第一の禁煙のネックになります。

単純なようでこれが、結構禁煙の邪魔をしてくれるのです。

ちなみに筆者の場合、ちょっとしたトラブルで停電になり時間を持て余した時に、ここで煙草が手元にあれば格好いいかもと考えたものです。

手元に煙草がなかったのが幸いでしたが、危ういところでした。

本格的に煙草を断ってみると出てくる問題

さて禁煙したはいいけど次に出てくるのが、ニコチンの禁断症状です。

これに関しては、喫煙歴の長さにもよってきますし、かなり個人差があります。

しかも問題は、身体はさして欲しがっていないのに、気持ちがニコチンを欲しがるということです。

中毒しすぎていて止めたくても、気持ち的に欲しがるということです。

これは筆者が経験したことですが、実は禁煙した理由というのは、煙草が凄く不味く感じたからなのです。

ひと口吸うだけでも気持ちが悪くなったからです。

なので止めたのですが、それでも気持ちが欲しがって手が伸びそうになったものです。

あの時にベイプがあったら楽だっただろうな、と今になって思うのです。

禁煙するのに役立つのはベイプかそれとも加熱式タバコか

さてそれらを踏まえて禁煙するとして、実際に役立ってくれるのは加熱式タバコなのか、それともベイプなのか考えてみます。

加熱式タバコの場合

ニコチンが入っていますので、ニコチンがどうしてもやめられないという人にはこちらから入るのがおすすめです。

まず副流煙の問題など解決して、周りの理解を深めておくためには、大変に有用です。

また加熱式タバコで充分満足できそうなら、紙巻きから変更して一段落つけることも出来ます。

ここで段々とニコチンの量を減らしていって、その後禁煙まで持っていくことは出来ます。

しかしどうしても、ニコチン摂取という弊害は抜けないので、完全禁煙に至らないという危険はあります。

なまじ副流煙の問題などが解決できるので、まあこのままでいいかと、あぐらをかいてしまう事があるわけです。

完全な禁煙を目指す人には、あまりおすすめできないということですね。

ベイプで禁煙を目指す場合

こちらは、少なくとも日本で販売されているリキッドには、ニコチンが含まれていませんので禁煙を目指すのにはもってこいの製品です。

一昔前に、タバコの形をしてして吸い込むとミントなどの味がする禁煙アイテム、あったことを記憶している人もいるはずです。

手持ち無沙汰と口寂しさを解決してくれた禁煙グッズで、筆者も飛行機内などでお世話になりました。

これの進化版が、ベイプということです。

特に、喫煙歴の短い人やニコチン量の少ない煙草を吸っていた人には、ベイプで味のある蒸気を吸い込む程度でも、充分に満足できるはずです。

ヘビースモーカーだと、いきなりこれにした場合さすがにニコチン摂取できないところで、きついかもしれません。

しかし蒸気を吸ったり吐いたりする、疑似喫煙気分は味わえますので、煙の出ない加熱式より気分的には煙草の感覚が味わえるのも事実です。

加熱式から徐々にベイプに移行

最も問題なく禁煙まで持っていくなら、まず加熱式タバコで様子を見てその後、ベイプで禁煙まで持っていくのが最もスムースな方法です。

加熱式タバコで、紙巻きタバコの匂いなどから縁を切って、ついでにニコチン摂取量も減らします。

その後ベイプで、本格的に禁煙という順番です。

ベイプのリキッドの味は、かなり煙草の代替として役立ってくれますし、煙の代わりの蒸気の吸ったり吐いたりは、疑似煙草の雰囲気を加熱式よりも満たしてくれます。

コストはどんな感じ?

煙草の税金の上がり方には、愛煙家として忸怩たるものがあるはずです。

お財布の中身やお小遣いの問題も、大きく関係してきます。

このあたりでも、禁煙目指す人は増えていくのですが、ベイプのコスパは良いと言えるのかを計算してみました。

簡単に言うと、メンテの費用などを計算に入れても、月々のコストは煙草よりも加熱式タバコよりも低くなります。

紙巻きの煙草と加熱式タバコのコストは、ほぼ同額と言う感じです。

一方のベイプの場合、これらよりもかなり低い金額で使用できます。

とは言え、加熱式タバコもベイプも、初期費用がかかることは忘れないようにしてください。

そちらも計算の上、切り替えの検討をするのがベストです。

フレーバーは何がいい?

リキッド式のベイプの場合、味の多彩さが嬉しいところです。

とは言え紙巻きタバコからの転向だと、やはり慣れた味が嬉しいものです。

たばこ味というリキッドもありますが、おすすめしたいのはメンソール系です。

メンソール系だと喉に刺激が来ますので、これがニコチンの入った煙草での刺激に似ているからです。

これで随分と、切り替えの感覚の違和感が和らげられるのです。

どこで購入すればいいベイプ?

実店舗でも扱う店が増えてきたベイプです。

勿論専門店も展開されてきました。

どんなものかを知りたい初心者の場合、実店舗を探して1回は行ってみることがおすすめです。

リキッドの味のお試しも出来ますし、重さなども実感できます。

ただやはり、近くに実店舗がない場合はネット通販に頼るのがいいですね。

この時、出来れば大手の通販サイトでの購入がおすすめです。

海外のサイトなどで多くの種類のリキッドも販売されていますが、やはり健康面を考えるとしっかりとした業者のものを選びたいものです。

大手サイトなら、レビューも充実していますので、それらも参考にして選んでいくのがベストです。

また安すぎるサイトの場合、リキッドの偽物を掴まされることがありますので、これも注意しておきたいですね。

まとめ

出来れば人間、苦しい思いをして禁煙はしたくないものです。

しかし状況が喫煙を拒むなら、少しでも楽に禁煙に持っていきたいものです。

ベイプの使用は口寂しさや手持ち無沙汰も解消してくれますし、ニコチンも入っていませんので安心です。

リキッドは基本、食品レベルの成分なので安全ですが、個人差もありますのでお試し後に使うのがおすすめです。

また一応、電子タバコと言う名前の通り、喫煙所使用が推奨されることも記憶にとどめておいてください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ