私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

話題の電子タバコ(VAPE)を徹底解説!仕組み、選ぶコツ教えます

   

Bedee 電子タバコ スターターキット パワーチェンジ可能 Vape 1500mAH 大容量 爆煙 禁煙 セット 禁煙減煙サポート 日本語取扱説明書付 P801 ブラック

外出先での喫煙が難しくなり、禁煙や分煙が進んでいる現代で、最近人気なのが電子タバコ(VAPE)です。

禁煙グッズとしても人気が高く、JT、kamryなど様々なメーカーから販売されています。

こちらの記事では話題となっている電子タバコ(VAPE)について詳しく解説・紹介いたします。

使用するか悩んでいた人はぜひ参考にしてみてくださいね。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコ(VAPE)ってどんなもの?特徴2つ教えます

はじめに電子タバコ(VAPE)が一体どのような構造で、普通のタバコとは違いどう楽しむものなのか、初めての人でも手に取れるように詳しく紹介いたします。

電子タバコ(VAPE)の構造を解説します

はじめに電子タバコ(VAPE)の構造について詳しく紹介いたします。

電子タバコ(VAPE)には大きく分けて2種類あり、タバコの葉を加熱するものと、香りや味の付いている液体を加熱するリキッドタイプものがあります。

タバコの葉を入れたカートリッジを燃やして煙を吸い込むタイプのものは実質タバコの葉を吸うためニコチンが含まれています。

このリキッドタイプのものには「使い捨て式」と「カートリッジ式」、「リキッド補充式」など様々なタイプがあります。

しかしリキッドタイプの電子タバコを使ってみたい、と思った人は選ぶ時に注意が必要です。

ニコチンを含んでいるリキッドタイプの場合、日本では薬事法で禁止されているため、製造、販売を行っていません。

海外の製品の中にはニコチンを含んでいる商品もありますが、品質が保証されているわけではないので、使用には十分注意しましょう。

香りを楽しめる商品があるのも電子タバコ(VAPE)の特徴です

先ほども解説しましたが、リキッドタイプの電子タバコ(VAPE)場合、香りや味を楽しむことができます。

現在入手することができるリキッドでは様々な香りを楽しむことができます。

フルーツ系のリキッドではオレンジ、レモン、メロンなどがあり、またコーヒーやチョコ、メンソールなどの香りを楽しむこともできます。

また出てくる煙の量を増やすといった楽しみ方も電子タバコ(VAPE)はできます。

電子タバコを利用する時に、煙量を増やす目安になる値が本体のW(電力)とアトマイザーのΩ(抵抗値)になります。

本体の出力W(電力)が上げると、電子タバコの煙の量を増やすことができます。

またΩ(抵抗値)を低くすることでも煙の量を増やすことができます。

大量の煙を吐く、といった楽しみ方をするのも電子タバコ(VAPE)を利用する上でおすすめです。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

自分にピッタリ電子タバコ(VAPE)を見つけ方教えます

つづいて電子タバコ(VAPE)を選ぶコツを紹介いたします。

初めて電子タバコを利用する人は、たくさんの種類の中から自分に合った電子タバコを選ぶのは大変だと思います。

ぜひこちらを参考にしてみてください。

値段・安全性・構造など選ぶ優先順位を決めましょう

電子タバコ(VAPE)を選ぶ時にまず考えてほしいのは、どの機能を優先して選ぶかです。

まずはタバコの葉を加熱するタイプを選ぶか、リキッドタイプにするか選んでください。

そして値段・安全性・構造なども電子タバコを決める大切なポイントになります。

初めて電子タバコを購入する上で、万が一失敗した時に備えて、最初の一つは安いものを買いたい、という人も多いと思います。

電子タバコの中では安い商品だと4,000〜6,000円で購入することができます。

リーズナブルな電子タバコを買い求めている人はこちらがおすすめです。

また温度が高くなる電子タバコを選ぶ時に、小さなお子さんなどがいる場合は安全性も大切です。

そして安全性を重視したい人におすすめしたいのが、温度管理機能が搭載された電子タバコです。

コイルの温度が設定した値以上にならないように工夫されている電子タバコや、外に気温が変わっても温度を維持できる電子タバコなどがあります。

周りの人に迷惑をかけず、安全に電子タバコを利用したい人はぜひチェックしてみてくださいね。

またリキッドタイプを選んだ場合、「使い捨て式」、「カートリッジ式」、「リキッド補充式」があります。

そして初めて電子タバコを試してみたい人におすすめしたいのが「使い捨て式」で、気軽に購入して利用したい人におすすめなのが「カートリッジ式」です。

またリキッド補充式にはペンシル型とボックス型の2種類があるので、自分が使いやすいものを選びましょう。

初めて電子タバコを使う人が準備するべきもの教えます

つづいて初めて電子タバコを購入する際のポイントについて詳しく紹介いたします。

初心者はまずスターターキットを購入しましょう

Bedee 電子タバコ スターターキット パワーチェンジ可能 Vape 1500mAH 大容量 爆煙 禁煙 セット 禁煙減煙サポート 日本語取扱説明書付 P801(ゴールド)

電子タバコを買う時に基本的に必要なものが3つあります。

それは「本体」と「アトマイザー」と「リキッド」です。

タバコの葉を加熱するタイプの電子タバコはカートリッジとポケットチャージャーがあればいいタイプもありますが、リキッドタイプのもののほとんどはこれらの3つが必要になります。

そしてリキッドタイプの電子タバコの場合、海外の商品が多く、かつ本体とアトマイザーが組み合わせられるもの、組み合わせられないものなどあるので、初めて購入するには難易度が高く、複雑です。

なので初めて購入する人におすすめしたいのが本体とアトマイザー、リキッドなどがセットになっているスターターキットです。

スターターキットであれば、よく分からない段階でアトマイザーなどを選ぶ必要がないので簡単です。

初心者の人はスターターキットを中心に探すようにしてください。

電子タバコ(VAPE)の費用はどれくらい?解説します

電子タバコをはじめた場合、月々の費用がどれくらいかかるか、気になる人も多いと思います。

電子タバコもタバコやリキッドなどがその都度必要になるので、最初に本体を買った後も費用は発生します。

購入する前に必要な費用を確認しておきましょう。

つづいて電子タバコの費用について詳しく紹介いたします。

月々の電子タバコ(VAPE)にかかるお金はこれくらいです

毎日利用するのか、毎日利用するにしても何本消費するのかなど、個人差はありますが電子タバコに月々かかる料金は約4,000円程度です。

リキッドタイプの電子タバコの場合、リキッドとコイルが消耗品なので、その都度買い足す必要があります。

リキッドは10mlで約5〜10日でなくなり値段は1,000円以下です。

またコイルも約2週間で交換が必要なので、月々4,000程度の維持費になります。

またタバコの葉を加熱するタイプの場合、喫煙と同じようにタバコをその都度購入する必要があります。

タバコの相場は大体460円前後になるので、使用する頻度で金額は変わっていきます。

1日1箱消費をしていた場合、10,000円は超えてしまいます。

安く抑えたい場合はやはり使用頻度を減らすのが一番の近道です。

電子タバコとはいえ、依存に近い頻度で利用するのはおすすめできません。

適度な頻度で利用することを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

最近人気急上昇中の電子タバコですが、一体どんなものなのか、普通のタバコと何が違うのか、仕組みはどうなっているのかなど、気になっている人も多いと思います。

電子タバコといってもタバコを加熱するタイプ、リキッドタイプなど様々です。

値段も構造も違います。

最初は初心者用のスターターキットから始めてみてください。

ぜひこちらの記事を参考にして、自分にピッタリの電子タバコを探してくださいね。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ