私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコの種類、選び方と注意点 コスパの高い一本を見つける為に

   

近頃、電子タバコ人気が再燃しています。

電子タバコが、日本で発売されて間もない頃は、安全性はどうか、本当に禁煙ができるのかなど、疑心暗鬼な人がいました。

ところが、そのバリエーションが増え、利用者も増加したことで、じわじわと知名度が上がっています。

いまや知らない人の方が少ないような状況です。

あなたもそんな一人なのでしょう。

ここでは、電子タバコの選び方とその際の注意点についてまとめます。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコの種類

そもそも電子タバコには、どういったタイプがあるのでしょうか。

一番自分に適した一本を選ぶのに、まずはどんな種類があるのかを押さえておくのは大事です。

かつては、電子タバコは新種の禁煙グッズと看做されていました。

しかし、その種類は増え続け、禁煙目的以外の人たちにも愛用されるようになっています。

定番の禁煙用電子タバコ

オーソドックスなタイプというと、やはり禁煙向けの電子タバコです。

電子タバコ本体が、ふつうのタバコそのものであり、なおかつ煙も似ているタイプです。

煙の味わいも出来る限り本物に近づけて製造されています。

もちろん、ニコチンやタールを含むものと、含まないものとがあります。

おしゃれ感覚で使える電子タバコ

女性に人気のあるのが、このタイプです。

本体のデザインに凝っていたり、女性向けに細身なフォルムに仕上がっています。

通常のタバコでも、女性に評判のよいタバコというと、ほっそりとしていますよね。

あれと同じです。

見た目にもかわいらしく、おしゃれグッズのひとつとして利用できます。

また、専用ケースにも工夫が凝らされているものもあります。

コンパクトで、薄型なものもあり、バッグへの収納もしやすいです。

化粧品を持ち歩くのと似た感覚で、持ち運ぶことができます。

甘くて美味しい電子タバコ

こちらも、女性に受けています。

チョコレート味、オレンジ味、ペッパーミント味、グレープフルーツ味など、多種多様です。

吸った瞬間に、甘い感じや、柑橘系の匂いが口中に広がります。

探してみると、驚くほどバリエーションが豊富なんですよ。

そのほか、バニラ味、イチゴ味などもあります。

お気に入りのフレーバーを探してみるのもいいでしょう。

吸い心地バツグンの爆煙タイプ

男性に好評なのが、この爆煙タイプです。

一般的な電子タバコと比較して、煙の量が断然違います。

ふつうのタバコでも、なかなかないレベルのものまであります。

爆煙タイプも、禁煙したい人が使ってもよいでしょう。

どうしても、ニコチンやタールのない電子タバコだと、味気なく感じるものです。

その上、煙が乏しいと、吸った気になれません。

言うまでもなく、爆煙タイプは禁煙希望者のあいだでも評価が高いタイプです。

Amazonタイムセール「ブラックフライデー」日本初開催中<最大5000ポイント還元>(11/22~11/24)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

自分用か、プレゼント用か

電子タバコのおおまかなバリエーションが把握できたら、次は、誰のために買うのかです。

自分で使うのなら、そこまで気を遣う必要はないでしょう。

しかし、友人や親のためにとなると、話が変わってきます。

せっかくなら、よりよいものを贈りたいですね。

ネット通販では、贈り物用に専用の包装紙に包んでくれるところもあります。

そうしたネットショップを活用するのもいいでしょう。

電子タバコを購入する目的はなにか

購入目的も重要です。

禁煙目的で、フレーバータイプの電子タバコを買っても失敗するかもしれません。

そこはやはり、禁煙を主眼としたタイプがよいでしょう。

特に評判のよい電子タバコとなると、これで禁煙に成功したなど、レビューが投稿されていることもあります。

どうしても禁煙をしたいというのであれば、口コミやレビューを参考にするのもおすすめです。

また、おしゃれ目的であっても、遊びとしてであっても、最適な電子タバコは異なります。

現在、数え切れないほどの電子タバコが販売されています。

購入理由を明確にして、一番自分に合った一本を見つけられるといいですね。

月々の予算はいくらか?

電子タバコを一回買って、禁煙できたら、即利用をストップ。

そういう人なら、予算はあまり関係がないでしょう。

とはいえ、実際には多くの人たちが長く愛用しています。

電子タバコは、安いもので数千円。

高いものだと、1万円以上します。

カートリッジの価格も確認しよう!

それから、カートリッジの価格も、確認しておきたい事柄です。

長期利用を予定しているなら、カートリッジの買い替えは不可欠です。

カートリッジとは、煙に味をつけたり、煙を作り出すもとになるパーツのことです。

このパーツは、消耗品です。

およそタバコ1箱分前後で、1本を使いきってしまいます。

つまり、日常的な利用が想定されるなら、かなりの頻度で買いなおすことになります。

ですから、予算を考慮する際には、カートリッジの値段もチェックする必要があります。

本体価格と併せて、カートリッジ価格も計算に入れて、最適な一本を選ぶのがベストです。

カートリッジも本体と同じく、その取り扱い価格はピンキリです。

安いものもありますし、高いものもあります。

ランニングコストを考えると、できるだけ安く使い続けられるものがよいでしょう。

破損に備えて、各パーツの買い替えができるか?

ただし、そのほかのパーツも見落とせません。

専用ケースに始まり、アトマイザー(墳霧器とも変霧器とも呼ぶ)、バッテリーまであります。

専用ケースとバッテリーは、それほど心配するものではありません。

まれにバッテリーは故障しますが、問題はアトマイザーです。

アトマイザーは、煙を生成するための装置のことです。

バッテリーは動力源です。

アトマイザーは、故障率の高い部品です。

電子タバコの吸い口に口をつけて、吸うと、自動的に動作するようにできています。

吸うたびに、アトマイザーは動くわけですが、強く吸いすぎるなどすると、たまに壊れます。

長く使うつもりならば、予めこうしたパーツの買い替えができるかの確認も必須です。

パーツ単位での買い替えのできない電子タバコがあるからです。

もし部分的にでも破損してしまうと、まるごと買い直す必要が生じます。

そうなっては、支出額に大きく差が現われます。

ある程度は長期利用を想定して、コストパフォーマンスの優れたものを選びましょう。

店頭でもネット通販でも、電子タバコを買うときには、パーツが買えるか買えないかは少し調べれば分かります。

後々、後悔しないためにも、ばら売りOKの商品かは、欠かさずチェックするのがおすすめです。

おすすめはネット通販

最近では、リアルショップでも取り扱いが増してきた電子タバコ。

とはいっても、その取り扱い数には、限りがあります。

店舗によっては、1種類しか置いていないところもあり、選択の余地がありません。

その点、ネット通販では、星の数ほどの電子タバコを入手可能です。

選択肢がなかったからと、そこそこの製品で妥協する必要がありません。

もちろん、送料無料に対応しているネットショップも多いです。

即日配送に答えてくれるお店もあります。

一度、これはと思う電子タバコを見つけられたら、その通販サイトをブックマークしておくのもおすすめです。

ブックマークやお気に入り登録を済ませておけば、カートリッジの買い替えなどがラクになるからです。

そうなると、やはり通販サイトが断然おすすめというわけです。

まとめ

電子タバコのバリエーションから始まり、選び方、購入時に気をつける点などを解説してきました。

いまでは、雨後のたけのこのように、新型の電子タバコが誕生し続けています。

日本国内での認知度が上がったのと、愛用者が増えたのが理由です。

あまりに種類が多くて、お気に入りの一本を選ぶに選べない人もいるでしょう。

電子タバコについてよく知り、一番いい一本を見つけられるとよいですね。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ