加圧シャツのめまいを防ぐには?  おすすめの4つの対策

加圧シャツ

加圧シャツは、体にピッタリと密着して適度に圧迫することで、姿勢の矯正や体の引き締めに効果を発揮してくれます。

ただし、適当な使い方をしてはいけません。

使い方によっては、めまいを引き起こしてしまう可能性があるのです。

では、加圧シャツを着てもめまいを起こさないための対策について、詳しく説明していきましょう。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)


無理のないサイズを使う

加圧シャツの効果は、体をぴっちりと覆う生地が、適度な圧迫を行うことで発揮されます。

それにより、猫背のような悪い姿勢を改善したり、ポッコリと出たお腹を引き締めたりすることができるのです。

また、圧迫により体幹が鍛えられると、基礎代謝が上がります。

そのため、普段から着用する時間を増やすことで、ダイエットのサポートも期待できるのです。

このような優れた効果を、さらに高めることを考えたときは、自分に合わない小さいサイズを使ってしまうことがあります。

サイズを極端に小さくすれば、圧迫が強くなるため、体を引き締めたり代謝を上げたりする効果が、より高くなると考えてしまうのです。

しかし、それはNGな方法になります。

加圧シャツのめまいは、無理に小さいサイズを使い続けたときに、よく起こってしまうものなのです。

不快感のないものを

加圧シャツの機能では、体を圧迫することが重要なポイントになることは確かですが、何事にも限度というものがあります。

適度な圧迫を超えて、やりすぎてしまった場合は、血流が悪化し、めまいが起きやすい状態になってしまうのです。

そのため、小さすぎるサイズを無理に使うようなことはしないでください。

着ていると不快感があったり、苦しくなったりするものは避けるべきです。

それはサイズが合っていないという危険信号なので、早急に使用を中止して、ワンサイズ大きいものに変更するようにしましょう。

きちんとサイズを合わせて、快適に着用できるものを選んでおけば、めまいが起きるようなことはありません。

加圧シャツは、おかしな使い方さえしなければ、基本的に安全なアイテムなので、常識的な使い方を心がけるようにしましょう。

眠りを妨げないためにも

加圧シャツは、24時間いつでも着用できるものであり、寝るときにも使うようにすると、さらに効果を高めることができます。

しかし、その方法ができるのは、きちんと自分に合ったサイズを選んだときだけです。

サイズが合っていない場合は、当然ながらデメリットが出てきます。

あまりきつく圧迫するものを着ていると、熟睡できなくなってしまうのです。

まったく眠れないことはないとしても、眠りが浅くなる可能性は高いため、睡眠不足で体調を崩す恐れがあります。

そんなことでは、めまいを防ぐこともできなくなります。

したがって、安全に加圧シャツを使うのであれば、適切なサイズを選ぶという注意点は、必ず守るようにしてください。

不快感や苦しさのない加圧シャツなら、寝るときも快適に使うことができるのです。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)


重ねない

加圧シャツを使うときのめまいを防ぐなら、無茶な使い方は決してしないでください。

正しい使い方ができなければ、どんな不具合が起きてもおかしくはないのです。

そこで注意しておきたいのは、自分に合わないサイズを無理に使うことだけではありません。

加圧シャツを2枚重ねにする方法も、めまいを引き起こす原因になってしまいます。

本来なら1枚ずつ使うはずの加圧シャツを、あえて2枚同時使う方法は、小さすぎるサイズを選ぶ方法と同じ効果を狙ったものです。

つまり、より圧迫を強くして、加圧シャツの効果にブーストをかけるというものです。

確かに、加圧シャツを2枚重ねにすると、体を圧迫する力は強くなります。

代謝の促進による発汗も、1枚のときよりさらに多くなるため、とてもよい効果を得ることができそうですが、デメリットを秘めた諸刃の剣であることを、決して忘れてはいけません。

体を無理に圧迫すれば、血の流れが滞り、めまいが起きやすくなってしまいます。

焦らずコツコツ

2枚重ねにする方法を試したくなるときは、「もっと強い効果が欲しい」「早く結果を出したい」という気持ちがあることも多いですが、あまり焦りすぎるのは禁物です。

正しい使い方で得られる効果に物足りなさを感じると、つい裏技的な方法を試したくなってしまいますが、そうした焦りは、めまいなどの体調不良を引き起こします。

そうなると、加圧シャツの使用を中断しなければならず、結果的には遠回りになってしまうことも多いのです。

失敗しないためには、焦りすぎず、地道にコツコツと続けていくことも、重要なポイントになります。

「急いては事を仕損じる」ということわざもあるので、くれぐれも無理をしないように、安全な使い方をしていきましょう。

体調が悪いときは控える

加圧シャツを使っていて、めまいが起きてしまうようなときは、もともと体調を崩していたことが原因になる場合もあります。

例えば、二日酔いで吐き気をもよおしていたり、貧血の症状があったりするときは、どんなに正しい使い方をしていても、めまいを防ぐことは難しくなってしまいます。

他にも、低血圧や糖尿病の症状があるようなときは、かなりめまいが起きやすい状態です。

そんなときは、無理に加圧シャツを使わないようにしましょう。

加圧シャツは、基本的に健康なときに使うものであり、具合が悪いときに強引に使ったりすれば、体調が悪化する可能性は高くなります。

めまいを防ぐためにも、体調が悪いときの使用は避けて、しっかり体を休めるようにしてください。

健康的な食事をする

めまいを防ぐためには、普段の食生活を見直す方法もおすすめです。

不健康な食生活は、めまいを引き起こす原因になってしまうため、そんな状態で加圧シャツを使うのはよくありません。

体調不良につながる要素をできるだけ少なくしておけば、加圧シャツでまめいが起こることもなくなるので、食事には常に注意しておきましょう。

特に気をつけたいのは、インスタント食品を中心にした生活です。

インスタント食品に多く含まれるフィチン酸は、亜鉛を不足させてしまう成分であり、その状態が続けば、貧血のような症状が出てくるのです。

手軽に食べられるインスタント食品は、つい食べすぎてしまうこともありますが、めまいを防ぐのであれば、なるべく少なくしておきましょう。

アルコールにも注意

亜鉛を不足させないためには、アルコールの大量摂取も避けておくべきです。

アルコールを体内で分解するときは、分解酵素を活性化させる亜鉛がどんどん消費されていきます。

そのため、インスタント食品を食べすぎたときと同じように、めまいが起きやすい不健康な状態になってしまうのです。

そんなときに加圧シャツを使ってしまったのでは、めまいを防ぐことはできないので、飲みすぎにはくれぐれも注意してください。

また、インスタント食品をたくさん食べ、さらにアルコールもガブガブ飲むような生活を続けていると、亜鉛の不足はかなり進んでしまう恐れがあります。

「一切断つべき」というのは無茶な話ですが、あまり偏った食生活になると危険なので、適度な量にとどめておくようにしましょう。

まとめ

加圧シャツはとても便利ですが、使い方によっては、めまいを感じてしまうことがあるので、ここで紹介した対策は、しっかり頭に入れておいてください。

常に正しい使い方をして、体調や普段の食事にも注意しておけば、めまいが起きる心配はありません。

めまいを防ぎながら積極的に加圧シャツを使い、健康を維持していきましょう。






加圧シャツ