ソイプロテインって何!?ソイプロテインがダイエットに良い理由とは?

プロテインには筋肉の材料になるたんぱく質が豊富に含まれていることから、「プロテイン=筋トレ」というイメージを持つ方は多くいます。

しかし、プロテインは筋トレやスポーツだけでなく、ダイエットをする方にも最適なものです。

ここでは、ソイプロテインとはどのようなプロテインなのか、なぜソイプロテインはダイエットに良いのかを解説していきます。

ソイプロテインの原料とは

ソイプロテインとは、「ソイ」という名前がついている通り、大豆が原料になっているプロテインです。

大豆にはたくさんのたんぱく質が含まれており、身体作りを手助けしてもらえるだけでなく、様々な栄養成分が含まれているダイエットに最適な食べ物です。

プロテインは主に3種類あり、ホエイプロテインとカゼインプロテイン、ソイプロテインがありますが、その中でもソイプロテインはダイエットにおすすめです。

ソイプロテインの特徴

プロテインは種類によって吸収されるスピードが異なり、ホエイプロテインは吸収されるスピードが比較的早いプロテインです。

カゼインプロテインとソイプロテインは、吸収されるスピードはゆっくりで、ホエイプロテインよりも吸収されるのに時間がかかります。

吸収されるのに時間がかかるということは、効果が持続されやすいということになり、腹持ちが良いということにもなります。

ダイエットでは、お腹が空くことが天敵になり、お腹が空くことによって余計なカロリーを摂り過ぎてしまうことがあります。

ソイプロテインは腹持ちが良いので、いつもよりも空腹になりにくく、ダイエットに役立ちます。

ソイプロテインがダイエットに最適な理由とは

ソイプロテインがダイエットに最適な理由は、腹持ちが良い・ホルモンバランスを整える効果が期待できる・中性脂肪を減らす効果が期待できるからです。

では、それぞれ詳しく解説していきます。

腹持ちが良い

運動してダイエットする場合でも、カロリーの摂取量には注意する必要があります。

お腹が空くと、当然食べ物を食べたくなります。

お腹が空き過ぎることで、ダイエットをしているのに食べ過ぎてしまうことがあるという方もいることでしょう。

当たり前のことですが、食べ過ぎるのはダイエットには良くなく、摂取カロリーはしっかり管理することが大切です。

ソイプロテインは身体に吸収されるスピードがゆっくりで腹持ちが良いので、空腹になりにくくなります。

空腹になりにくいことから、ダイエットしている時の食べ過ぎを抑える効果を期待することができます。

プロテインは基本、水や牛乳などで溶かして飲みますが、水ではなく牛乳で溶かすことによって、更に腹持ちを良くすることができます。

朝食をソイプロテインに置き換えた場合、お昼ご飯まで空腹を感じにくいという方は多く、そのように感じることで間食しないですむようになります。

小腹が減ると、ついつい飴やクッキー、チョコレートなどを食べてしまうという方もいることでしょう。

ですが、間食でそれらのものを食べていると痩せにくくなってしまい、逆に太ってしまうことが多くあります。

ソイプロテインを飲むと腹持ちが良くなるため、自然に摂取カロリーを抑えることが可能になります。

ホルモンバランスを整える効果が期待できる

前述した通り、ソイプロテインの原料は大豆で、大豆には大豆イソフラボンという成分が豊富に含まれています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような作用があるといわれています。

ですから、大豆イソフラボンが含まれているソイプロテインを摂ることによって、メリハリのある女性らしい身体を作ることに役立ち、女性の悩みになる生理不順の解消効果も期待することができます。

生理不順は女性にとって深刻な悩みになることがあり、ホルモンバランスが乱れたり、ストレスが蓄積することによって生理不順に陥ってしまう場合があります。

また、栄養が偏った食事をしている・不規則な生活をしている・身体の冷えなどによって生理不順になることもあります。

生理不順になることによって、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は不安定になってしまいます。

エストロゲンには脂肪の燃焼を促す作用があり、生理不順になってエストロゲンの分泌が不安定になると、当然脂肪燃焼する作用は弱まってしまいます。

そのことにより、通常よりも痩せにくく太りやすくなってしまい、ダイエットを頑張っていても「思ったように体重が減らない」ということが起きやすくなります。

ですから、生理不順を防ぐことは大切で、ソイプロテインに含まれている大豆イソフラボンには、ホルモンバランスを整える効果を期待することができるため、ダイエットの大敵になる生理不順を防ぐ効果を期待することができます。

生理不順になるのを防ぐことにより、生理不順によってダイエットを妨げられることはなくなります。

中性脂肪を減らす効果が期待できる

ソイプロテインの原料である大豆には、大豆レシチンという栄養成分も含まれており、脂質の代謝を促進させる働きがあります。

大豆レシチンには、水と油をなじませる乳化作用があり、乳化作用によってコレステロール値を下げることが可能です。

そのため、大豆レシチンが含まれているソイプロテインには中性脂肪を減らす効果を期待することができ、中性脂肪を減らすことはダイエットに役立ちます。

ソイプロテインはどのタイミングで飲むと良いのか

痩せるためにソイプロテインを取り入れる場合、1日3食のうちの1食をソイプロテインに置き換えると良いです。

ソイプロテインは腹持ちが良いので食事代わりになり、1食分で80~90kcalくらいしかないため、摂取カロリーをかなり減らすことができます。

1食置き換える場合、他の食事の時に栄養が偏らないように注意しましょう。

それは、痩せることができても、栄養が偏ってしまうと不健康になってしまうためです。

痩せていても不健康だと、肌の色や状態は悪く見えてしまうことが多くあり、綺麗に見えません。

健康的に痩せてこそ美しく見えるので、ソイプロテインを飲んでいても栄養バランスには注意して食事をすることが大切です。

当然筋トレ後もおすすめ

当たり前のことですが、ソイプロテインは筋トレをした後のタイミングで飲むのもおすすめです。

筋トレをした後にソイプロテインを飲むことによって、破壊された筋繊維の回復を速やかに行うことが可能になります。

筋肉の回復が速やかに行われることによって効率的に筋肉をつけることができ、筋肉量が増えることで基礎代謝を上げることができます。

1日の基礎代謝量が増えれば、以前よりも痩せやすく太りにくい体質になります。

飲み過ぎには注意しましょう

プロテインをたくさん飲んでも、全てのたんぱく質が吸収されるわけではなく、吸収されないたんぱく質は体外に排出されてしまいます。

また、プロテインの飲み過ぎは健康を害する恐れがあり、とても危険です。

プロテインは適量摂って、ダイエットに役立てましょう。

1食あたりのたんぱく質の限界摂取量は「体重×0.7g」、1日あたりのたんぱく質の限界摂取量は「体重×2.0g」といわれているので、プロテインを摂る時は限界摂取量を超えないように摂りましょう。

まとめ

ソイプロテインの原料となっている大豆には、ダイエットに役立つ大豆イソフラボンや大豆レシチンなども含まれています。

また、腹持ちが良いので、間食や食べ過ぎを防ぎやすくなります。

ソイプロテインはダイエットにおすすめのものですが、過剰摂取には十分注意してください。

それでは、ソイプロテインをダイエットに役立てて、健康的に痩せてください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!