ソイプロテインって飲むと太るの?太る原因を教えて!

明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

あなたは、「プロテインを飲むと太るのでは?」と思ったことはありませんか?

プロテインは筋肉トレーニングやスポーツをしている多くの方が飲んでいますが、最近では健康や美容のためにソイプロテインを飲んでいる方が増えてきています。

健康や美容のために飲んでいて気になるのが太ることです。

ここでは、ソイプロテインを飲むと太るのかについて解説していくので、ソイプロテインを飲んで太るのか気になる方は、ぜひご覧ください。




ソイプロテインを飲むと太るのか

プロテインというと「ボディービルダーのような筋肉ムッキムキの方が摂っているイメージがある」という方は多くいることでしょう。

プロテインは商品によって、たんぱく質だけでなく、ビタミンや鉄分、カルシウムなども含まれているものもあります。

ビタミンや鉄分なども含まれているものは、栄養バランスよく摂れるのが魅力になっています。

たんぱく質が豊富で、低カロリー低脂質であるプロテインは、筋トレだけでなくダイエットや美容にも役立ちます。

カロリーが低いからといって飲み過ぎると、エネルギーを多く摂り過ぎてしまい、脂肪は増え、太りやすくなります。

ですが、適量飲んでいて、普段の食事を気を付けていれば、太ってブクブクになることはないでしょう。

そのため、プロテインの一種であるソイプロテインも、食事での摂取カロリーを管理し、適量飲んでいれば太る心配をする必要はありません。




上手に取り入れるとダイエットに役立つ

ダイエットには様々な方法がありますが、基本どのダイエットも食事を気を付ける必要があります。

ダイエットで食事を気を付けることは当たり前のことで、暴飲暴食をすれば運動をしていても太りやすくなります。

そのため、ダイエットをする時、多くの方はカロリーの摂取量に気を付けますが、カロリーの摂取量に気を付けることで栄養不足に陥ってしまうことがあります。

痩せるために頑張っていても、たんぱく質や糖質、ビタミンやミネラルなどが不足してしまうと、健康を害してしまいます。

しかし、ダイエットをしている時に、栄養をバランスよく摂るのは意外と難しいことです。

そこでおすすめなものがプロテインです。

たんぱく質だけでなく、ビタミンBやC、鉄分やカルシウムなども含まれているプロテインを取り入れることで、足りない栄養素を補うことが可能になります。

また、プロテインはお腹をそれなりに満たすこともできるため、上手に取り入れることでダイエットによるストレスを軽減することも可能です。

ダイエットで栄養不足になると健康を害しやすくなるだけでなく、肌が荒れたり、抜け毛が増えたりなどのトラブルが起こりやすくなります。

プロテインでたんぱく質をしっかり摂ることで、それらのトラブルは起きにくくなります。

プロテインには、ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインがありますが、ダイエットで飲むならソイプロテインがおすすめです。

ソイプロテインは大豆を原料にしており、大豆イソフラボンも含まれているので、ホルモンバランスを整える効果も期待することができます。

また、吸収されるスピードがゆっくりで、ゆっくりな分、腹持ちが良くなります。

ですから、ソイプロテインはダイエットに最適で、ダイエットをしている方にとって、頼もしい味方になります。

プロテインを飲んでいれば筋肉がつく訳ではない

たんぱく質は、身体のあらゆる部分を構成するのに必要な栄養素であり、筋肉を作る材料にもなります。

そのため、プロテインを飲んでいれば筋肉がつくと勘違いしている方もいますが、プロテインを飲んでいるだけでは筋肉をつけて身体を強くすることはできません。

筋肉をつけるには、筋トレやスポーツトレーニングなどをする必要があります。

筋トレなどのトレーニングをして、筋肉をつけるのに必要な栄養素を摂り、身体を休ませることで筋肉は強くなっていきます。

ですから、プロテインを飲んでいるだけでは筋肉はつきません。

筋肉をつけたいのなら、プロテインを飲むだけでなくトレーニングもしっかり行いましょう。

筋肉をつけたいのならゴールデンタイムに摂ろう

身体に負荷のかかるトレーニングを行うと、筋繊維は傷ついてしまいます。

身体は傷ついた筋繊維を修復するために、たんぱく質を欲しがります。

一般的に、トレーニング後45分以内はゴールデンタイムといわれており、ゴールデンタイムにたんぱく質などの栄養素を補給することによって、筋肉の回復を早める効果を期待することができ、効率的に筋肉をつけることが可能になります。

そのため、トレーニング後45分以内にプロテインを摂ることは、筋肉をつけるのに効果的なのです。

太る原因とは

ここまでの説明で、「適量飲んでいるのならソイプロテインで太ることはない」ということが分かったかと思います。

では、太る原因とはどのようなことなのでしょうか?

太るのを防ぐためにも、次は太る原因について説明していきます。

摂取カロリーを管理していない

1日で消費したカロリーよりも、1日で摂ったカロリーの方が多くなると、当然太りやすくなります。

そのため、プロテインを飲む飲まないに関係なく、摂取カロリーが多すぎると太ってしまいます。

太らないようにするには、1日の消費カロリーを考慮して食事をすることが大切です。

摂取カロリーが消費カロリーを上まわらなければ、太ることはないでしょう。

カロリーの多いものばかり食べている

ケーキやお菓子、揚げ物など、高カロリーのものばかり食べていると、当然太りやすくなります。

そのため、それらのものが大好きで、食べるのを我慢できないという方は要注意です。

高カロリーのものばかり食べていると、摂ったカロリーを全て消費するのは難しくなるため、運動していても太りやすくなります。

朝食や昼食を抜く

朝食や昼食を抜けば、その後お腹は空きやすくなります。

強い空腹感を感じると、「食べ過ぎた」ということが起こりやすくなります。

特に、昼食を抜くと、晩御飯を食べ過ぎてしまうことがあり、晩御飯を多く食べると太りやすくなります。

日中活動して夜に眠るという普通の生活を送っている方の多くは、晩御飯後はゆっくりくつろぎます。

ゆっくりするということは、エネルギーをあまり消費しないことになるため、晩御飯の食べ過ぎは太りやすくなるのです。

食事の時によく噛んでない

食事の時にちゃんと噛まないことも太る原因になります。

ちゃんと噛まないと早食いになりがちになります。

早食いになると、満腹感を感じる前まで食べてしまい、結果的に多く食べてしまうことがあります。

よく噛んで食べると満腹感を感じやすくなります。

また、よく噛んで食べることで、食べるのに時間がかかります。

満腹感を感じやすくなることや、食べるのに時間がかかることで、食べ過ぎるのを防ぐことができます。

ですから、太るのを防ぐには、よく噛んで食べた方が良いのです。

間食することが多い

間食をすることが多いと、余計なカロリーを摂り過ぎてしまうので太りやすくなります。

テレビを見ながらお菓子を食べたり、ゲームをしながらお菓子を食べたりなど、間食することがクセになっている方は、余計なカロリーを摂り過ぎてしまいます。

そして、テレビやゲームに集中することで、食べている方の意識が薄くなるため、満腹感は感じにくくなります。

満腹感を感じにくくなることで、パクパクパクパクたくさん食べてしまいがちになります。

そのことも、余計なカロリーを摂り過ぎてしまう理由の1つになります。

まとめ

ソイプロテインに含まれている栄養素やカロリーなどを把握すれば、太る物ではないということが分かります。

摂り過ぎると太りやすくなりますが、上手に取り入れることで筋肉をつけることや、美しい身体になることを手助けしてもらうことができます。

自分の目的に合わせてトレーニングと食事をし、上手にソイプロテインを活用することで、自分の目的に合った身体を手に入れることが可能になります。