男性がソイプロテインを利用する際のポイントを紹介!

大豆プロテイン 3kg 無添加 大豆プロテインシリーズ

ソイプロテインは、女性が利用する際にはメリットが多くても、男性は利用しないほうが良いという話を聞いた事はないでしょうか。

現在は、多くのHPで、男性はソイプロテインを利用しないほうが良いという情報が掲載されています。

ところが、男性が利用する場合でもメリットはいくつもあるのです。

そのメリットを知れば、利用価値の高いプロテインだと分かると思うので、詳しく解説しましょう。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)




男性がソイプロテインを利用する際のポイント

男性にとって、ソイプロテインはデメリットがある飲み物ですが、利用する際に、いくつかポイントを抑えておけば利用価値が高くなります。

それでは、どのようなポイントを抑えておけば良いのか説明するので、確認してみて下さい。

タンパク質を摂取

男性ホルモンには『テストステロン』があって、テストステロン値が少なかったら、筋力アップしづらくなってしまいます。

ソイプロテインには、女性ホルモンに似た働きがあって、テストステロン値が少なくなってしまうのです。

多くの男性たちが、プロテインを飲む場合には筋力アップが目的になっているので、筋力アップしづらいのは大きなデメリットです。

しかし、タンパク質を豊富に含まれている肉を食事で取り入れたら、ソイプロテインを利用しても筋力アップできる可能性が高くなります。

そうすれば、女性ホルモンに似た効果を期待できますし、筋力アップも目指せます。

就寝前の食事を制限

ソイプロテインは、栄養を吸収するスピードが遅いので、早急に栄養を吸収したい後に筋力トレーニングしたい場合には注意しなければいけません。

しかし、栄養を吸収するスピードが遅くなっていれば、長い間に渡って空腹感が出なくなるので、ダイエットを成功しやすくなります。

男性たちの中には、ダイエットしたい方も多いので、食欲を抑えてダイエットしたい場合には、ソイプロテインはおすすめです。

もしも、栄養を吸収してから筋力トレーニングしたい場合には、栄養を吸収するスピードが早い『バナナ』を食べる事も検討したほうが良いです。

牛乳を併用

ソイプロテインは『苦味ペプチド』が含まれているので、水で溶かした場合には苦く感じてしまいます。

苦味を抑えるためには、水よりも牛乳で溶かす方法がおすすめです。

牛乳は、水とは違ってカロリーがありますが、苦味を緩和する事ができます。

さらに、牛乳は『カルシウム』が含まれていて、骨を強化する事ができるので、筋力トレーニングをサポートする事も可能です。

ソイプロテインは、筋力アップしづらい飲み物ですが、カルシウムを摂取しておけば、筋力アップしやすくなるので男性でも利用価値が高くなります。




ソイプロテインのメリット

ソイプロテインは、男性よりも女性にとって嬉しいポイントが多い飲み物ですが、男性にとってもメリットになるポイントがいくつもあります。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので、みていきましょう。

大豆イソフラボン

多くの女性たちが、ソイプロテインに注目しているのは『大豆イソフラボン』があるからです。

実は、ホエイプロテインやカゼインプロテインは牛乳を利用していますが、ソイプロテインは大豆を利用しています。

大豆を利用している事から、大豆イソフラボンの効果を発揮してくれるのです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きがあって、ツヤのある髪をキープしやすくなったり、肌の新陳代謝を促進できたりします。

女性にとって嬉しいメリットですが、男性も美容は無関係という事でもないでしょう。

そのような事を考えたら、男性にとっても利用価値が高い飲み物です。

下痢になる可能性が低い

ホエイプロテインやカゼインプロテインが利用している牛乳は『動物性タンパク質』なので、下痢になりやすい方が多いです。

実際に、日本人の多くは牛乳を飲む事によって、下痢になりやすい方が多いのです。

それに引き換え、ソイプロテインは動物性タンパク質が含まれていないので、下痢になりづらいので、飲みやすくなっています。

コストパフォーマンス

ホエイプロテインやカゼインプロテインは、筋力アップしやすくなっていますが、値段が高い製品が多くあります。

それに引き換え、ソイプロテインは値段の安い商品がある上に、女性ホルモンに似た働きがあるので、コストパフォーマンスが優れているのです。

コストパフォーマンスを重視している方にとって、魅力的な商品と言えるので、筋力アップしづらくなっていても利用価値は高いです。

ソイプロテインのダイエット法

ソイプロテインは、ダイエットに向いている飲み物ですが、効率よくダイエットする方法を行えば、体重が痩せる可能性はさらに高くなります。

ダイエットしようと考えている方には、興味深い所だと思うので、どのようなダイエット法があるのか解説しましょう。

朝食の代用

現代人の食生活は、1日3食が基本となっています。

しかし、ダイエットしている方たちの中には、1日2食の方は意外と多くいるのです。

食事をする回数を少なくする事ができれば、摂取カロリーを減らす事ができるので、ダイエットが成功する可能性は高くなります。

ただし、今まで1日3食を採っていた方が2食に減らす事は簡単ではありません。

そこで、おすすめなのが、朝食の代わりにソイプロテインを飲む方法です。

1日3食から2.5食にするようなものですから、あまりストレスをためないで、摂取カロリーを減らす事ができます。

間食の代用

昼食を済ませてから、しばらく時間が経ったら、夕食を待てなくて、お菓子を食べたくなる方は多いでしょう。

間食でお菓子を選んでしまえば、摂取カロリーが多くなる上に、砂糖まで多く摂取してしまう事になるので、肥満体型になりやすいです。

そこで、間食をお菓子からソイプロテインに代えたら、カロリーや砂糖の量をカットする事ができます。

今まで、お菓子を食べ過ぎてダイエットを失敗していた方は、ソイプロテインを利用してみる価値があるでしょう。

ソイプロテインのコストをカット

ソイプロテインは、コストパフォーマンスが優れている飲み物ですが、少しでもコストをカットしたい方もいるでしょう。

そのような方のために、ソイプロテインのコストをカットする方法を紹介するので、参考にしてみて下さい。

インターネットショッピング

コンビニへ行けば、ソイプロテインを気軽に購入できますが、コンビニの場合には輸送費が高くなっているので、値段は安くなりません。

それに引き換え、インターネットショッピングで、まとめ買いした場合には、値段が安くなります。

利用するサイトによっては、手数料や配送料を負担する必要がありますが、まとめ買いをすれば配送料がカットされる場合があるのです。

さらに、クレジットカードを利用すれば、手数料を負担しないで済むHPもあるので、コストをカットしたい場合にはインターネットショッピングでまとめ買いしたほうが良いです。

手作りのソイプロテイン

インターネットショッピングでも、コストをカットできますが、それよりもコストをカットしたい場合には、調理でソイプロテインを作る方法がおすすめです。

少し手間暇をかけてしまいますが、輸送費や人件費などをカットできる上に、具材の種類や分量を調整できるので、様々なバリエーションを作る事ができます。

手作りの場合であれば、コストをカットしたい方から、同じ味に飽きやすい方でも満足できる可能性は高いので、手作りのソイプロテインを検討してみる価値があります。

まとめ

ソイプロテインは、筋力アップしづらい飲み物ですが、それはカゼインプロテインやホエイプロテインに比べた場合の話です。

多くのタンパク質を含んでいるソイプロテインなので、テストステロン値が少なくなっても、筋力アップする事は十分に可能です。

さらに、美容面でメリットが多い飲み物なので、見た目を気にする男性は、利用してみる価値があります。