手軽さが魅力的!私が日常生活にプロテインバーを取り入れた感想

コンビニやスーパーなどで、主に健康補助食品のコーナーに置いてあるプロテインバー。

プロテインバーはその名の通り、たんぱく質が多く含まれた棒状の健康補助食品になります。

では、プロテインバーにはどのようなメリットや効果を期待することができるのでしょうか?

ここでは、日常生活にプロテインバーを取り入れてみた感想を執筆していくので、興味のある方はぜひご覧ください。






人間の身体に必要なたんぱく質

筋肉の材料といえばたんぱく質ですが、たんぱく質は筋肉だけでなく、骨や皮膚、髪や内臓などあらゆる部分を作るのに必要な栄養素です。

また、神経伝達物質や免疫抗体、ホルモンの生成に必要であり、栄養を運ぶ役割もあります。

それらのことからたんぱく質は健康を維持するため、生きるために必要な栄養素ということが理解できるかと思います。

一般的な1日に摂るべきたんぱく質量は、成人男性が60gで成人女性が50gといわれています。

スポーツや筋トレなどで筋肉を酷使している方は、それよりも多く摂る必要があります。

では、たんぱく質はどのような食べ物に多く含まれているのかというと、お肉や魚介類、乳製品や大豆製品などです。

それらを食べる量が少ないと、たんぱく質が不足してしまいます。

たんぱく質の摂取量が少ないと、筋肉量が減る・肌荒れする・貧血になる・髪や爪の質が悪くなる・免疫力が低下する・精神に悪影響が出る、などの不調が起きやすくなります。

ですから、たんぱく質は普段の食事でしっかり摂ることが大切であり、たんぱく質を手軽に摂ることができるものとしてプロテインバーがあります。




運動後にプロテインバーを取り入れてみた

運動によって傷ついた筋肉は、適した栄養素を摂って休養することで修復し成長します。

そのような仕組みを「超回復」と呼びますが、超回復を促すには筋肉の主原料になるたんぱく質が必要です。

運動した後は身体が疲労しており、エネルギーが不足している状態なため、運動後の身体は栄養素を欲しがっている状態であり、栄養素の吸収率は高まっています。

そのため、運動後できるだけ早くたんぱく質などの栄養素を摂ることが大切であり、ゴールデンタイムといわれている運動後45分以内にたんぱく質を摂ると良いとされています。

運動後、すぐにたんぱく質を摂るために食事をするのは大変で難しいことでもありますが、プロテインバーなら食事の準備をする必要がなく、運動後すぐにたんぱく質を摂ることができます。

それらのことから、私は運動後プロテインバーを取り入れるようになりました。

確かにプロテインバーがあると便利で、運動後速やかにたんぱく質を摂ることができ、水や牛乳などと混ぜる必要がないため手間もかかりません。

たんぱく質だけでなく糖質も補給できるのでエネルギーの補給にもなり、活発的にとまではいきませんが、運動後普通に動いて生活することができます。

今では、運動後にプロテインバーは欠かせないものになっています。

おやつ代わりに食べている

私はおやつ代わりにプロテインバーを食べるようになりました。

おやつで、チョコレートやポテトチップ、クッキーなどを食べると、カロリーを摂り過ぎてしまいます。

また、栄養の面を考えると、エネルギーは補給することができても、たんぱく質やビタミンなどはしっかり摂ることはできません。

一方、プロテインバーの場合は、エネルギーだけでなくたんぱく質もしっかり摂ることができ、多くのプロテインバーにはビタミンBも含まれています。

食べる量を1本までに抑えておけばカロリーを摂り過ぎることはないため、チョコレートなどのお菓子を食べるよりもプロテインバーを食べた方が健康的です。

おやつ代わりにプロテインバーを食べるようになってからは、体重が増えることは少なくなりました。

身体も丈夫になるので一石二鳥ですね。

食欲がない朝に食べている

私は食欲がない朝にもプロテインバーを食べています。

ダイエットのためや、朝は忙しいという理由で朝食を抜く方がいますが、ダイエットでも忙しくても朝食をとることは大切です。

朝食をとることによって、日中活発的に動くことができるようになり、仕事や勉強、家事などを頑張ることができます。

プロテインバーなら、手軽に食べることができるので、忙しい朝にはピッタリで、カロリーを摂り過ぎることはないためダイエットにもピッタリです。

そして、私のように食欲がない朝にもピッタリなのです。

プロテインバーは美味しく食べやすいサイズをしているので、食欲がない時でもストレスなく食べることができます。

たんぱく質が足りないと思った時に食べている

プロテインバーにはたんぱく質が豊富に含まれています。

商品によってたんぱく質の含有量は違ってきますが、1本に10~15gほどのたんぱく質が含まれています。

ですから、たんぱく質が不足している時にプロテインバーを食べることによって、たんぱく質を補うことができます。

私の場合、たんぱく質が少なく、炭水化物の量が多い食事をすることがあり、そのような食事ばかりしているとたんぱく質が不足してしまいます。

たんぱく質が不足してしまうと身体に良くないため、たんぱく質が足りていないと思った時は、いつもの食事にプロテインバーをプラスしています。

そうすることでたんぱく質を補うことができ、健康を維持することができています。

小腹が空いた時に食べている

私の場合、小腹が空くと力は出にくくなり、頭は働きにくくなります。

力が出なかったり、頭が働かなかったりすると、効率的に生活を送ることができなくなるので、私は小腹が空いた時はプロテインバーを食べています。

プロテインバーではなく、飴やお菓子などでも良いのですが、栄養面を考えるとやはりプロテインバーの方が良いので、小腹が空いた時はプロテインバーと決めています。

プロテインバーのメリット

プロテインバーには様々なメリットがあるので、私はプロテインバーを日常生活に取り入れるようになりました。

では、そのメリットについて詳しく説明していきます。

手軽にたんぱく質補給

プロテインバーはお菓子を食べるような感覚でとることができ、手軽にたんぱく質を補給することができます。

一般的なプロテインは飲み物と混ぜたり、飲み終わった後にシェイカーを洗ったりする必要があり、少々手間がかかります。

一方、プロテインバーは、個装されてる袋をあけ、パクパクと食べて、袋をゴミ箱にポイと捨てるだけ。

とても楽ちんです。

美味しく食べることができる

プロテインバーにはたくさんの種類があり、チョコやバニラ、ストロベリーやグラノーラなど様々な味があります。

そのため、自分好みの味のものを見つけやすく、美味しく食べることができます。

美味しく食べることにより満足感を得たり、毎日食べるのが苦にならなかったりします。

持ち運びしやすい

プロテインバーはとてもコンパクトなため、バッグやリュックの中に入れてもかさばることはありません。

つまり、プロテインバーは持ち運びしやすいのです。

持ち運びしやすいということは、外出先で手軽にプロテインバーを食べられることに繋がります。

外出先でスポーツをしたり、お腹が減ったりした時に食べることができるので、とても便利です。

会社のデスクの引き出しに入れておけば、休憩中気軽に食べることができます。

まとめ

プロテインバーがあると、身体に必要なたんぱく質を手軽に摂ることができます。

運動をしている方はもちろん、運動をしていない方にも最適です。

ぜひ、私のようにプロテインバーを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

日常生活にプロテインバーを取り入れることによって様々な嬉しいメリットを得ることができ、快適に生活することが可能になります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://biyodanshi.com/20161031post…