プロテインバーはいつ食べる?ベストなタイミングを紹介!

SOY Concept ボタニカルプロテインバー 植物性大豆プロテイン 砂糖,人口甘味料,香料,着色料,保存料不使用 小麦粉,マーガリン,ショートニング不使用 動物性不使用 12本入 (カカオ)

筋力トレーニングをするだけでは、思ったように筋力アップできなくても、プロテインバーを取り入れる事によって、筋力アップしやすくなります。

しかし、プロテインバーをいつ食べるべきか悩んでいる方も多いでしょう。

実際に、食べるタイミングによって、筋力アップできる成功率に大きな影響を及ぼしてしまうのです。

そこで、朝食・間食・筋力トレーニング前後で食べたら、どのような効果があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。






朝食にプロテインバーを取り入れるケース

多くの方たちは、朝食の時に『ご飯』または『食パン』を取り入れているかもしれません。

しかし、プロテインバーを取り入れる事によって、様々な効果やメリットがあるので詳しく解説しましょう。

集中力をキープ

プロテインバーには、様々な栄養が含まれているので、高い集中力をキープしやすくなります。

何も栄養を摂取していない状態で外出しようとしたら、交通事故を起こす恐れがあるので、軽めの食事でも済ませたほうが良いです。

さらにプロテインバーには『タンパク質』が豊富に含まれているので、健康面で大きなメリットがあります。

タンパク質は筋肉を作る上で必要な栄養素なので、起きてから1日の生活をスタートする時にはプロテインバーを食べたほうが良いでしょう。

時間をカット

朝食を済ませている方であれば問題はないかもしれませんが、忙しい日々を送っている方は、朝食を準備する暇もなければ、食べている時間を確保する事ができない方もいるでしょう。

しかし、朝食を済ませない状態で外出しようとしたら、会社または学校でお腹を空かせてしまって、思ったような成果をあげる事ができないので注意しなければいけません。

ところが、プロテインバーであれば、通勤または通学しながら食べる事もできるので、忙しい日々を送っている方でも食べる時間を確保する事ができます。

置き換えダイエット

ご飯または食パンを食べている方が、食材をプロテインバーに換える事によって『置き換えダイエット』をする事ができます。

実際に、ご飯を食べるだけでも100キロカロリーを超えてしまいますし、味噌汁やオカズなどを合わせたら、カロリーはさらに増えてしまうのです。

それに引き換え、プロテインバーは100キロカロリー前後しかないので、摂取カロリーを簡単にカットする事ができます。




間食にプロテインバーを取り入れるケース

お昼の時間に食事をしても、夕食まで待ちきれずに、お菓子を食べてしまう方は多いでしょう。

実は、間食にプロテインバーを取り入れたら、多くのメリットを得る事ができるので詳しく紹介しましょう。

摂取カロリーをカット

夕食まで待ちきれずに洋菓子を食べてしまう方は、肥満になりやすいのですが、それは洋菓子のカロリーの高さが関係しています。

実際に、和菓子であればプロテインバーのカロリーとあまり変わらないのですが、洋菓子の場合には500キロカロリー近い物もあるのです。

筋力トレーニングや運動をしても、500キロカロリーは簡単に消費できないので、ダイエットしている方は注意しなければいけません。

そのため、洋菓子の代わりにプロテインバーにするだけでも、ダイエットを成功しやすいです。

食欲を抑制

洋菓子を食べていて肥満になってしまうと聞いたら、洋菓子だけではなくプロテインバーも食べないほうが良いと思ってしまうかもしれません。

しかし、間食を取り入れていた方が突然食べなくなってしまえば、夕食の時間帯にドカ食いしたくなってしまうので、リバウンドしやすいです。

リバウンドが起きてしまうのは、ダイエットして筋肉が減っている時に多く食べてしまうからです。

ところが、間食にプロテインバーを取り入れておけば、夕食の時間帯になっても、それほどお腹が空いていないので食欲を抑える事ができます。

ただし、プロテインバーはお菓子のような形状や味になっている商品が多いので、思わず食べすぎてしまう事があるのです。

プロテインバーは低カロリーですが、一度に数本も食べてしまえば、洋菓子のカロリーに近づいてしまうので注意して下さい。

筋力トレーニング前に取り入れるケース

筋力トレーニングの前に、プロテインバーを食べる事によって、筋力アップしやすくなるので、その理由を詳しく解説するので確認してみて下さい。

本来の力を発揮

ダイエットしている方は、何も食べない状態で筋力トレーニングしたいと思うかもしれませんが、空腹の状態では本来の力を発揮する事ができません。

筋力アップするためには、以前よりも重いダンベルまたはバーベルを持ち上げる必要があるので、万全の体調で臨まなくてはいけないのです。

そのため、摂取カロリーを恐れて何も食べない状態では、筋力アップできないのですが、食事をしたら摂取カロリーが増えすぎてしまいます。

プロテインバーであれば、ある程度までカロリーを抑えられる上に、空腹感を緩和できるので、筋力トレーニングをサポートしやすいです。

集中力をキープ

プロテインバーを食べたら、空腹時よりも高い集中力をキープしやすいので、筋力トレーニングに集中しやすいです。

実際に、集中力が低下している時に筋力トレーニングしようとしたら、使うべき筋肉に負荷をかけられない場合があるのです。

例えば、腹筋を鍛えている時でも、腕力に力を入れて頭部を強引に起こそうとする場合があります。

腹筋のトレーニングは、本来であれば腹筋の筋力アップが目的なのに、腕力を使っていたらトレーニングの意味がありません。

そのような事を考えたら、プロテインバーを食べて集中力をキープする方法はおすすめです。

筋力トレーニング後に取り入れるケース

筋力トレーニングした後にプロテインバーを食べたら、筋力アップしやすくなりますが、注意すべきポイントもあるので詳しく紹介します。

筋肉の分解を抑制

筋力トレーニングした後に、何も栄養を摂取しなければ、筋肉は分解されていきます。

なぜ、分解されるのかといえば、筋力トレーニングする事によってエネルギー不足になってしまって、筋肉を分解してアミノ酸を作り出してしまうからです。

筋肉が分解されていったら、筋肉量が減ってしまうので、筋力トレーニングの後にプロテインバーを食べておけば、筋肉の分解を抑制する事ができます。

そうすれば、筋力アップしやすいので、筋力トレーニングした後はプロテインバーを食べたほうが良いでしょう。

食事と睡眠の関連性

会社に勤めている方であれば、多くの方たちは夜になってから自宅またはジムへ向かって、筋力トレーニングしているでしょう。

その後にプロテインバーを食べてしまえば、夕食の時間帯はさらにズレ込んでしまいます。

実は、夕食を済ませる時間が遅れてしまえば、太りやすいので注意しなければいけません。

なぜなら、夕食を済ませてから、時間があまり経過していないのに寝ようとしたら、睡眠中に胃が消火活動しようとするからです。

睡眠中なので、上手く消火できなくて、脂肪が増えやすいので、ダイエットしている肩は注意しなければいけません。

夕食の時間帯が遅くなりやすい場合には、最低でも、食事をしてから1~2時間後になってから眠るようにしましょう。

まとめ

プロテインバーは様々な栄養素が含まれている上に、お菓子のように食べやすくなっているので、どのタイミングで食べてもメリットがあります。

しかし、筋力アップする事を最優先にしたいのであれば、筋力トレーニング前後がおすすめです。

注意して欲しいのは、プロテインバーを食べるだけでは筋力アップできないので、筋力トレーニングをする事を忘れないようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.weider-jp.com/protein/c…
https://www.weider-jp.com/protein/c…
https://officesv.com/protein/2722/