低脂質のプロテインバーの利用価値やダイエット法を紹介!

【まとめ買い】UHA味覚糖 SIXPACK プロテインバー キャラメルピーナッツ味 40g×10本

ダイエットしている方たちの多くが、プロテインバーを利用して、以前よりも痩せる事に成功している方がいます。

実際に、プロテインバーは低脂質になっているので、ダイエットしやすい健康食品になっているのです。

しかし、正しいダイエット法を行わなければ、減量に失敗してしまう可能性があり得ます。

そこで、プロテインバーの利用価値を紹介しながら、ダイエット法をいくつか解説するので参考にしてみて下さい。






プロテインバーの栄養成分を確認

プロテインバーが、ダイエットに向いているのは、低脂質・低カロリー・高タンパク質になっているからです。

ただし、商品によっては栄養成分の量に違いがあるので、選ぶ際のポイントを紹介しましょう。

低脂質

脂質量の多い物を食べてしまえば、脂肪が増えやすいので、ダイエットをする際には、低脂質のプロテインバーを選ぶ必要があります。

栄養管理サービスの栄養パフォーマンスディレクターを務めているブライアン・サン=ピエールさんは、脂質はタンパク質の半分以下になっている食べ物を選んだほうが良いとコメントをしている時がありました。

実際に、タンパク質と脂質のバランスを取る事は重要なので、プロテインバーのタンパク質が20gになっている場合には、脂質が10g以下になっているものを選んだほうが良いでしょう。

低カロリー

プロテインバーは、商品によって1本当たりで、100キロカロリーになっている物もあれば、200キロカロリー前後になっている物もあります。

どのような優れたダイエット法を行なっていたとしても、消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多かったら、痩せる事は難しいのです。

そのため、プロテインバーを購入する際には、100キロカロリー程度になっている物を選んだほうが良いでしょう。

ただし、自分の好みに合わない商品を選んでしまえば、長く利用を続ける事ができないので、味にも注目したほうが良いです。

高タンパク質

ダイエットする際には、筋力アップする方法が有効です。

しかし、筋力アップするためにはタンパク質の摂取が欠かせません。

日本で販売されているプロテインバーの中には、タンパク質が含まれている量も違いがあるので、注意する必要があります。

実際に、プロテインバーのように見える商品でも、タンパク質が10g以下になっている物があって、そのような商品を利用していたら筋力アップしづらいので注意しなければいけません。

そのため、プロテインバーを選ぶ際には、最低でも10g以上になっている物がおすすめです。




プロテインバーを利用するダイエット法

プロテインバーを利用してダイエットをする際には、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておけば、ダイエットしやすいので詳しく紹介しましょう。

カロリーを把握

低カロリーになっているプロテインバーを購入したとしても、食べる量を把握しておかなければ、摂取カロリーが増えやすいので注意しなければいけません。

実際に、プロテインバーはお菓子のような商品になっている物が多いので、食べ過ぎてしまうケースがあるのです。

仮に、1本100キロカロリーのプロテインバーであっても、2本まで食べてしまえば、茶碗一杯分のご飯よりも摂取カロリーが多くなってしまいます(茶碗にご飯を盛る量によって違いがあるので注意)。

そのため、プロテインバーを食べる際には、1本程度にしたほうが良いです。

置き換えダイエット

プロテイン関連の商品を利用している方たちの中には『置き換えダイエット』をしている方が多くいます。

置き換えダイエットとは、1種類の食材を減らす代わりに、プロテインを利用するダイエット法です。

極端な食事制限をしないので、長くダイエットをする事ができます。

ただし、朝食の代わりにプロテインバーを食べる方法も有効です。

実際に、プロテインバーを朝食に取り入れたら、カロリーを抑えられる上に、調理する時間をカットする事も可能です。

食欲を抑制

ダイエットをしている方たちの中には、お菓子を食べないようにしているかもしれません。

しかし、昼食を済ませてから何も食べていなければ、夕方になったら空腹になってしまうので、思わず食べ過ぎてしまう事もあるのです。

そのような事になれば、ドカ食いしてしまって、リバウンドしやすいので注意しなければいけません。

そのため、間食にプロテインバーを取り入れておけば、あまり空腹に悩まされないので、ドカ食いを抑える事も可能です。

脂質ダイエットをする際のポイント

低脂質のプロテインバーであれば『脂質ダイエット』する事ができます。

しかし、脂質ダイエットをする際にも、覚えておくべきポイントがあるので詳しく解説します。

PFCバランス

健康的な食生活を送る場合には、三大栄養素と呼ばれるタンパク質・脂質・炭水化物のバランスが重要になります。

この3種類のバランスを別名で『PFCバランス』とも言われていて、タンパク質・脂質・炭水化物は15・25・60程度のバランスがおすすめです。

脂質を制限する事は重要ですが、あまりにもバランスを崩してしまえば、健康的な食生活を送る事ができないので、脂質ダイエットをする際には適度なバランスを取るようにしましょう。

無理のない食生活

脂質を減らしたら、脂肪が増えづらくなりますが、食事量を減らすだけのダイエットでは、リバウンドしやすくなります。

なぜなら、食事量を減らしてしまえば、脂肪だけではなく筋肉も減ってしまうからです。

脂肪はカロリーを消費してくれませんが、筋肉はカロリーを消費してくれます。

そのため、ダイエットする際には、筋肉量を増やす必要があるので、低脂質で高タンパク質になっているプロテインバーは利用価値が高いのです。

おすすめの低脂質のプロテインバー

プロテインバーは数多くの商品が販売されているので、低脂質になっている商品を見つけられない場合もあり得ます。

そこで、数多くある商品の中から厳選して、おすすめの商品を2種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい(商品の値段は2019年5月29日時点の情報なので注意)。

プロフィットささみプロテインバー

『プロフィットささみプロテインバー』は、1袋当たり(2本)で、エネルギー136キロカロリー・脂質1.4g・タンパク質22.4gになっています。

低カロリー・低脂質になっているのに、脂質が2g以下しかありません。

そのため、筋力アップしやすい上に、摂取カロリーを抑える事も可能です。

さらに、プレーン味・ブラックペッパー味・レモンフレーバー味・レッドペッパー味などがあるので、様々な味を試す事もできます。

値段のほうは、Amazonでは10袋セットで、税込価格2,142円で購入する事が可能です。

inバー プロテイン ヘルシーチキン

『inバー プロテイン ヘルシーチキン』は、1本当たりで、エネルギー92キロカロリー・脂質0.7g・タンパク質10.5gになっています。

タンパク質は、プロフィットささみプロテインバーの半分程度になっていますが、エネルギーや脂質の量が少なくなっているので、ダイエットしやすいです。

さらにザクザクとした食感になっている事から、咀嚼(そしゃく)する必要があるので、満腹感を得やすくなっているのです。

値段のほうは、Amazonでは12本セットで、税込価格1,080円で販売されています。

まとめ

プロテインバーは、低カロリー・低脂質になっている上に、高タンパク質になっています。

そのため、ダイエットしやすい健康食品ですが、栄養バランスに注意して、規則正しい食生活を送らなければリバウンドしてしまうので注意しなければいけません。

そのため、プロテインバーを利用しながら極端に食事量を減らさないで、筋力トレーニングまたは運動などをして、消費カロリーを増やしたほうが良いでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

http://tokuteikenshin-hokensidou.jp…
https://headlines.yahoo.co.jp/artic…
https://www.weider-jp.com/protein/c…
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/…
https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%B8%…
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%…