健康的にダイエット!プロテインバーで痩せる3つのコツを丁寧に説明!

たんぱく質が豊富に含まれているプロテインバー。

現在プロテインバーは、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで売られており、気軽に手軽に購入することができます。

たんぱく質が豊富に含まれている栄養補助食品というと、毎日筋トレを頑張っている人が摂るイメージがありますが、仕事や勉強をしていて小腹が空いた時に摂る人も増えています。

プロテインバーを上手に利用すれば、ダイエットにも役立てることができます。

ここでは、プロテインバーで痩せるコツを説明していくので、興味のある方はぜひご覧ください。






プロテインバーがダイエットに最適な理由

プロテインバーは、たんぱく質がギュッと詰まった栄養補助食品で、多くのものはスティック状になっています。

商品によってたんぱく質の含有量は違ってきますが、1つ10~15gくらいたんぱく質が含まれています。

プロテインバーは主に2つのタイプがあり、お菓子系のものとソーセージ風のものがあります。

どちらも食べやすい味をしており、美味しくいただくこともできます。

一般的なプロテインと違い、袋を開ければすぐに食べることができるので、手軽にたんぱく質を摂ることができます。

手軽に摂ることができることから、筋トレをしている方はもちろん、食事代わりに食べる方もいます。

そして、ダイエットのために摂っている方もいます。

では、なぜプロテインバーは、ダイエットに最適なのでしょうか?

それは、たんぱく質やビタミン、糖質などを摂ることができる・様々なところで売っているから手に入りやすい・味のバリエーションが多いからです。

たんぱく質やビタミンや糖質が摂れる

たんぱく質は筋肉の材料になりますが、健康的な身体を作るのにも必要な栄養素です。

健康的に痩せるには、食事を制限するだけでなく運動をすることも大切です。

運動をしてカロリーを消費し、脂肪を燃焼して筋肉をつけることによって、健康的に痩せることができます。

筋肉量が増えることで代謝がアップするため、リバウンドしにくい体質にもなります。

食事制限するといっても、過度な食事制限は良くなく、1日の消費カロリーを考慮して栄養バランスよく食べることが大切です。

多くのプロテインバーには、たんぱく質だけでなくビタミンBや糖質も含まれています。

ダイエットで糖質を嫌う方がいますが、糖質は身体を動かしたり、頭を働かせるためのエネルギー源になるため、必要量摂ることが大切です。

プロテインバーを摂ることによって栄養管理しやすくなるため、ダイエットの手助けになります。

様々なところで売っているから手に入りやすい

プロテインは、水や牛乳などと混ぜるパウダー状のものが主流となっており、筋トレやスポーツをした後に摂る方は多くいます。

ですが、パウダー状のプロテインは、混ぜる飲み物を用意したり、シャカシャカしたり、意外と面倒で手間がかかります。

そして、自宅で飲むのではなく、外出先で飲む場合は更に面倒です。

一方、プロテインバーの場合は個包装で販売されており、仕事場のデスクやバッグ、キッチンの戸棚などに入れておくことができます。

一般的なプロテインと違いシャカシャカする必要はなく、袋を開けるだけで摂ることができます。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、様々なところで売られているので、手に入りやすいものです。

手軽に摂ることができて手に入りやすいため、自分が好きなタイミングで摂りやすく、上手に摂ることでダイエットに役立てることができます。

味のバリエーションが多い

プロテインバーには様々な種類があり、様々な味があります。

チョコ味やバニラ味、ナッツやグラノーラなど味のバリエーションが多く、ソーセージ風のものもあります。

毎日同じ味のものを食べていると、飽きてしまうことがあります。

飽きてくると、ダイエットのために食べるのが嫌になってしまうものですが、プロテインバーは味のバリエーションが多いため、飽きにくいと言えます。

味のバリエーションが多いといっても、不味いと続かないですよね?

ですが、そのような心配は必要なく、多くのプロテインバーは美味しく作られているので、お菓子感覚やおやつ感覚で食べることができます。

ダイエットでは甘い物を食べると罪悪感を感じる方もいますが、しっかり摂取カロリーを管理していれば問題ありません。




コツ1.自分に合うものを選ぶ

プロテインバーでダイエットする場合、自分に合っているプロテインバーを選ぶことが大切です。

プロテインバーといっても、様々な種類のものが販売されており、たんぱく質が含まれている量や、その他の栄養素の含有量は、商品によって違ってきます。

たんぱく質が不足しがちな方であれば、なるべくたんぱく質量が多い物を選び、カロリーを多く摂りがちな方は、なるべくカロリーの少ないものを選び、食物繊維が不足している方は、食物繊維が多いものを選ぶといった具合に選ぶと良いです。

コツ2.たんぱく質が不足している時に食べる

プロテインバーでダイエットする際、食べるタイミングが重要になります。

食事量を減らすと、どうしてもたんぱく質やビタミン、ミネラルなどは不足しがちになります。

プロテインバーを摂ることで、特にたんぱく質は多く補うことができます。

そのため、たんぱく質の摂取量が少ない食事をする場合は、その食事にプロテインバーをプラスすると良いでしょう。

ですが、プロテインバーをプラスする分、摂取カロリーは増えるので、カロリーはしっかり計算して食事するようにしてください。

朝食を置き換えるのもあり

朝食をプロテインバーに置き換えるのもありです。

朝食をプロテインバーに置き換えることによって、一食分の摂取カロリーを抑えることができます。

プロテインバーだけでは足りないという場合は、野菜ジュースなどのビタミンやミネラルが豊富な飲み物をプラスすると良いです。

ダイエットのために朝食をプロテインバーに置き換えることはおすすめですが、朝食と昼食の2食置き換えたり、朝昼晩の3食置き換えたりするのはおすすめできません。

2食や3食置き換えると、カロリーの摂取量が少なすぎますし、たんぱく質が十分に摂れていても、糖質やビタミン、ミネラルなどの栄養素は不足しがちになります。

栄養は食事から摂るのが基本になります。

そこで、「プロテインバーは食事じゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、プロテインバーは栄養補助食品であり、栄養を補うものです。

ですから、食事をプロテインバーに置き換える場合は、朝食だけ、または昼食だけにしましょう。

コツ3.プロテインバーを食べるだけでなく運動もしよう

プロテインバーは痩せる食べ物ではありません。

プロテインバーを食べれば、当然その分カロリーを摂るため、プロテインバーを食べ過ぎれば摂取カロリーが多くなって太りやすくなります。

また、身体や脳を使うことや、基礎代謝によって消費したカロリーよりも、食べ物や飲み物などから摂ったカロリーの方が多くなれば、当然太りやすくなります。

そのため、ダイエットをする場合、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えて食事をする必要があります。

そして、健康的に痩せるには運動することが大切です。

食事制限だけのダイエットは、体重を減らすことはできますが、筋肉も減ってしまいます。

筋肉が減れば代謝は悪くなり、リバウンドしやすくなります。

運動をしてダイエットをすれば筋肉量を増やすことができ、代謝を良くすることができます。

運動をすることで身体は丈夫になり、健康を高めることができます。

運動している分、食事は過度に制限する必要がないので、食事による苦しみは少なくてすみます。

ですから、健康的に痩せるには、プロテインバーを食べるだけでなく、運動も行うことが大切なのです。

まとめ

ダイエットをする場合、食べる量に注意することから、たんぱく質が不足してしまう場合があります。

痩せることができても、たんぱく質が不足している状態だと、健康的とはいえません。

また、美しい身体を作ることは困難になるため、プロテインバーでたんぱく質を補うようにしましょう。

健康的に痩せて、良いスタイルになりたい場合は運動も必要なので、頑張ってランニングや筋トレなどの運動もするようにしましょう。

参考URL(文献)・根拠など

https://www.morinaga.co.jp/in/bar/
https://clrbar.com/proteinbar_life/
http://cp.glico.jp/powerpro/diet/en…
https://smartlog.jp/129571